デジタルカメラ情報サイト

オリンパス「OM-D E-M5 Mark II」が悩ましい~(ケータイWatch)

【スタパ齋藤の「スタパブログ」】

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (67)

    • 匿名
    • 2015年 3月 04日

    今日やっと実物触れたが、E-M1使ってる自分でも手振れ補正の効きに、「えっ!」ってなった。
    シヤッターもレンズシヤッターかと思うくらい軽やか。
    ただ、ボタンやダイヤルがちとちゃっちいね。
    そういうところが100点満点のE-M1と比べてももちろん、E-M5からもやや見劣りするのではないか。

      • 匿名
      • 2015年 3月 04日

      なんかぬめ~て感じがしたような気がするのだが、
      あれが補正が効いている、ということなのかな。

      • 匿名
      • 2015年 3月 05日

      やはりちゃちに感じますか?最低限の水準はあると思いますが。
      まあ、今回に限っては散々議論されてきた微ブレ問題に終止符!?
      例のシャッターユニットの振動を逃がすために追加されたスプリング、
      あれが効いて、やっと微ブレ問題が解消するなら素晴らしいことです。
      以前売り払ったマイクロ4/3システムだが、
      気軽なスナップでそこそこ深度が欲しい場合には便利なのよね。

      ただ、正直言うと、どこまで行ってもセンサーサイズは小さいまま。。
      35mmフルサイズとは言うまい、APS-Cあるいはsuper35(動画用)くらい
      入らないものかな??
      レンズ一体式ですら大型センサー機がゴロゴロしている昨今、
      ここは何とかチャレンジして欲しい。
      入魂の一台であれば20万くらい出しますがな。
      従来レンズはクロップして使えたら十分ですから。

        • 匿名
        • 2015年 3月 06日

        最初にコメントした者ですが、
        シャッターは静かさが素晴らしいです。電子シャッターを使わなくても、大概の場所では音に気を使わないで済むと思います。
        センサーはAPS-Cと1段も違わないから、どうかな?と思います。
        将来的に広角とポートレートはα7、望遠とスナップはOM-Dという使い分けが一つの定番になるかも。
        ただ対角を維持したまま3:2にしてくれたら嬉しいですが。ボケもそれで1/3段くらいは稼げるはずです。
        ここで話題にならなかったけど、E-M1のファームアップもかなりのものでした。
        連写が速くなったのも凄いですが、トラッキングの食い付きが別物に進化してました。
        画像解析によるトラッキングをやるならミラーレスの方が有利なので、この進化の方向性は可能性を感じます。
        E-M1がモデルチェンジしたらAPS-Cの一眼レフ、特にもたついてるニコンあたりは越えてしまうかも。
        ああ、これ言っちゃうとあの人がやって来そうでね(笑)来てもスルーしますが。

          • 匿名
          • 2015年 3月 06日

          ソニーに救済されて延命できたのが現実。
          もう余力ないし、赤字続きで先行き不安厳しい事業なの。
          次と云わず何台も買ってやれ。
          センサーも選択肢少ないし、八方塞がり。
          微ぶれも該当するTv域を避けて使えば問題ないの。
          いまのユーザーは次から次へ求めすぎ。

          • M-KEY
          • 2015年 3月 06日

          チタンカラー待ちですが、こんな情報を聞くと、すぐにでも欲しくなっちゃいます。
          たしかに上下トリミングでなく、対角線維持での3:2モードは欲しい機能ですね。

          MFTマウントでSuper35mmは物理的には可能のようです。
          https://www3.jvckenwood.com/pro/video/gy-ls300/

            • 匿名
            • 2015年 3月 06日

            サイトを見ましたが
            レンズによってはケラレるようです。
            ですから規格的にはSUPER35はアウト~
            ということではないでしょうか

            • M-KEY
            • 2015年 3月 06日

            MFTのサイズが13×17.3mm
            Super35mmが14×24mmなので
            上下に0.5mm左右に3.35mm大きく
            4/3規格のレンズでケラレが出るのは仕方ないでしょう。
            でも、マウント自体はSuper35mmをカバーしており、
            GY-LS300はマウントアダプターでの使用を前提に推奨レンズとして
            M.ZUIKO DIGITAL 17mm F1.8
            M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8
            M.ZUIKO DIGITAL ED 12-50mm F3.5~6.3EZ
            G X VARIO PZ 14-42mm F3.5-5.6 ASPH. POWER O.I.S
            が挙げられており、これらはケラれないようにも読み取れます。

            • 匿名
            • 2015年 3月 06日

            クロップ前提ならsuper35にこだわるまでもなく、大は小を兼ねるの理屈でAPS-Cでもフルサイズでも何でも良いんじゃないでしょうか?
            規格で決められているのは対角長21.63mmだけのようですし、3:2対応は規格的にも問題ないですね。

            • nroff
            • 2015年 3月 06日

            「推奨レンズ」を使うと、アイリス、フォーカス、ズーム、光学手ブレ補正画使える、とは読めますが、推奨レンズがm4/3より余裕を持ったイメージサークル(でケラれず使える)である、とは読めませんでした。

            マウントアダプターで大型フォーマット用のレンズをつける、あるいは「バリアブルスキャンマッピング」でケラれないようにする、ということかと。

            • 匿名
            • 2015年 3月 06日

            Super35mmでも可能なら、もう少し頑張ってAPS-Cにしてくれると脳内換算画角がx1.5で計算が楽なのですが、ビクターの手ぶれ補正がレンズ側なのはSuper35mmでも素子が大きすぎて素子側を動かす余地が無いのかな?
            E-M5Ⅱ買おうかどうか悩み中ですが、Mより大きいL.ZUIKOとかレンズさえ作り直せば対応可能なら、ハイエンドとしてE-M1Ⅱ(?)をAPS-Cで出してくれたら、ボディとレンズ数本を発売日に勢いで買い揃えて嫁に怒られながらニヤニヤするのですが。

            • たで
            • 2015年 3月 06日

            ケラれても、意識しないで使える工夫がGY-LS300のウリということでは。
            で、クロップ前提として、センサーサイズが大きいのでいけるというのは
            サイズ的にはOKですけど、センサーの読み出し速度考えるとちょっと。

            センサーを大きくして画素数を確保した場合、クロップしてもデータを
            転送するときの転送経路に当たるところの画素が転送速度を律速して
            しまうはずなので、読込み速度はあまり増加を期待できないことになる。
            クロップで倍速というなら幾らでもセンサーを大きくして画素増やせるけど。

            まぁ、それも一つの方向性ではあるけど、m4/3の選択肢として有効かなぁ。
            自分は違うような気がする。

            • 匿名
            • 2015年 3月 06日

            え、スーパー35㎜入るんですか!?
            オリ、早くやらんかい!!と言いたいところです。

            カメラ好き仲間でのやりとりフレーズ
            友)「m4/3も悪くはないんだけど、ちょっとセンサー小さいんだよね」
            私)「ペンタのQやニコン1よりは大きいけど?」
            友)「ペンタもニコンも、大型センサーの上位規格持ってるけど、
               オリパスは最大でも4/3で、もう上が無いじゃん」
            私)「大きいだけが能じゃない」
            友)「殻に閉じこもらず、大型センサーの良さも知れよ」
            という平行線をたどるお決まりパターン。

            正直に言えば、OMマウントが健在だったらこんな悔しい思いを
            することも無かっただろうに、などと夢見ることもあります。
            m4/3マウントで可能な大型センサー、ほんとお願いします。
            クロップ機能さえついていたら、レンズは後追いでも良いのだし、
            「センサーが小さい」と小馬鹿にする他社ユーザーを
            見返してやりたい本音・・・何年続いていることか。。。
            子供ですね、ごめんなさい。

            • 匿名
            • 2015年 3月 07日

            「アウト~」と言ったものです。
            もう一度サイトを見、手持ちのm43機のマウント部を見、
            いろいろ考えてみたのですが・・・
            電子接点の位置を考えるとAPS-Cは無理そうですが、
            なんとかSUPER35mmのセンサーをm43マウントの中に押し込むことは
            できるのかもしれない。
            (実際にJVCのカメラは押し込んでいるようですし)
            m43のマウント径はなぜか非公開のようで、
            規定されているのは誰かが仰っているセンサーの対角線長21.63mmという数字だけのようですね。
            で、SUPER35mmの対角線長はこれを超えるので、
            厳密にはm43規格には当てはまらないということにはなるようです。
            ただマウントの機械的な寸法の中にはセンサーはかろうじて納まると。
            ということはこれはm43の拡張規格的な扱いをしてやる必要があるのかもしれない。
            推奨レンズがいくつか設定されていますが、
            これはあてずっぽうですけど、これらのレンズは、
            m43規格の対角線長21.63mmを超えて、
            SUPER35mmの対角線長28mm前後のイメージサークルをカバーできている、
            ということではないか…。

            ただJVCのムービーカメラはm43規格にあたかも準拠しているかのような記載をしており、
            当然m43規格策定主体のオリやパナの了解を得ているはずです。
            今後m43マウントの拡張規格としてのSUPER35mmサイズイメージセンサーへの対応が公式化されるかも…。
            レンズも拡張規格対応レンズが出てくるのか…?
            いろいろ妄想に発展しております(笑)。

            • 匿名
            • 2015年 3月 07日

            その「小さいセンサー」でも、これだけ話題になるカメラを作れるのだから大したものだよ。

            • 匿名
            • 2015年 3月 07日

            微ブレでずいぶん話題(笑い?)になったからね。
            やっと他社で言うところの並みレベルに追いつくわけですから
            喜ぶべきところでしょう。
            シャッター振動を手振れ補正が拾うとか、シャシーが共振するとか、
            そういう悪癖は発売前にふつう潰しておくべきことと私は考えます。

            • 匿名
            • 2015年 3月 08日

            >そういう悪癖は発売前にふつう潰しておくべきことと私は考えます
            確かに仰るとおりだと思うのですが、
            他のメーカーでも結構スカタンな問題が対処されず販売後判明した、
            という例もあるので限界もあるのかもしれませんね。
            キヤノン40Dの振動問題やニコンD600のゴミとか。
            (ちょっと違うか?)

          • 匿名
          • 2015年 3月 07日

          >ビクターの手ぶれ補正がレンズ側なのはSuper35mmでも素子が大きすぎて素子側を動かす余地が無いのかな?
          寸法的にぎりぎりのところのようなので、
          まさしくそれが正解なのでは、と私も思います。
          勝手な言い草ですが、電子接点の位置をもっと外に寄せておけばよかったのに…。
          ニコンFマウントは接点はほぼリング下、
          ペンタックスKマウントはリング面にありますね。
          少なくともFマウントと同等程度の位置に配置しておけば、
          ひょっとするとAPS-Cサイズもカバーできたのでは…などとw

            • 匿名
            • 2015年 3月 07日

            いやほんと、あと少しだけ大きく作っておけば、
            小さなセンサーという制約から解放され、
            他社並みの大型センサー機だって容易に作れたのに・・・
            せめてAPS-Cが入れば、もうそれ以上は望まないんだが。
            フルサイズの1/4の面積の割には頑張ってると思うけど、
            突き詰めれば詰めるほど、物理的な限界を感じてしまうのも確かで。

            • 匿名
            • 2015年 3月 07日

            APS-Cが入ったところでフルサイズは~なんて続くだけだから無意味だよ
            どうせ上の方で競っても駄目なんだからミドルクラスを開拓すればいい
            43は43の良いとこを追求していけばいいし、何もカメラは一社だけしか持っちゃいけないわけでもないしね。

            センサーサイズやそれに伴う機能なんかは個性だと思うけどね。
            あれもこれも全部欲しいって言ってたら結局全部一緒で個性がないとか言い始めるんだから。

            • 匿名
            • 2015年 3月 07日

            >物理的な限界
            それはやはり高感度画質の点で、でしょうか?
            もしそうでしたら、確かにAPS-Cやフルサイズに比べると劣っていますね。
            ただ私はフィルム時代にISO50のフィルムを使っていたので、
            いまの高感度画質は、マイクロフォーサーズレベルでも驚異的なんですよ(笑)。
            このフル>APS-C>マイクロフォーサーズの相対的な関係は、
            どこまで行っても変わらないでしょうから、
            高感度画質を必要とする人は、APS-C規格のミラーレスに移るのが
            精神安定上いいかもしれません。
            ただ私はGMシリーズのようなあんなに小型でレンズ交換できる、
            という点あたりなんかにうれしくなっちゃうほうなので、
            ミラーレスは小型でシステムの充実度からマイクロフォーサーズ規格を使っています。
            高感度画質やボケが欲しいときはフルサイズ一眼レフ、
            小型で軽く行きたいときはマイクロフォーサーズ、
            どっちつかずのときはAPS-C一眼レフ、
            と使い分けています。(レフ機はニコンです)
            フジのX-T1を見たときは少し心が動きましたが(笑)。

            • 匿名
            • 2015年 3月 07日

            自分の場合は、高感度よりもボケ量の違いかな。
            被写界深度を得たい場合にはちょうどよいm4/3なんだけど、
            ボケ表現を含めて撮り歩きたい場合にはちょっと不満あり。
            あとはレタッチ耐性かな。
            RAW現像なら多少救済できることも多いが、
            JPEGで少しだけトーンカーブ変えるだけとかでも、
            ラージフォーマットに比べ破綻が早い点。
            階調に乏しく見える(自分には)し、そこも不満かな。
            まあ、小さなセンサーに求めても仕方ないけれどさ。

            だからミラーレスなら富士を愛用するようになっている。
            ボケ量もそこそこ得られるし、階調、高感度も良いし、
            JPEGそのままでも結構使える。
            一眼レフはニコンだが、FXはやっぱり自由度が違う。
            まあ、使い分けの時代なんでしょうね。
            オリンパスですべてをカバーしようと考えると辛くなるが、
            他社と併用するなら、m4/3はGMのような路線が一番うれしいかな。

            • たで
            • 2015年 3月 07日

            4/3マウントの中に収まってもイメージサークルは保証されない。
            センサーに比べ大きなマウント径を持っているからといって、
            内径ギリギリまでセンサーを入れようものなら、現行のレンズと
            バランスが取れない。αみたいなレンズでっかちを目指すなら別だが。

            スチルカメラとして考える限り、レンズとセンサーのバランスが
            取れている現状のサイズ関係を変更する意味はないよ。

            まぁ隣の芝生はという気持ちにはなるものだけど、今の4/3センサー
            は実に優秀で、ダイナミックレンジもシャドーもよく粘ってよく写る。
            センサーサイズを変えるよりセンサー性能を追求し性能向上を望むよ。

            • 匿名
            • 2015年 3月 07日

            以前のセンサーだといまひとつってのは仕方ない所でしたが、今のセンサーになってからは特に画質で同クラスで劣ってるという印象はないですけどね。
            自分の場合はぼかす写真はほぼ撮らないのでボケないメリットは多分にあるのとレンズはやはり小さいのがいいところですね。

            レンズはともかく今は選択肢も多いしいかに道具を使い分けるかじゃないのかなと思います。

            • 匿名
            • 2015年 3月 07日

            確かに階調表現の乏しさはあるな。
            それを補うようにシャープネス強め。
            このあたりはニコワンと同じ傾向。
            用途によっては悪くないが、
            上位フォーマットを知ってしまうと、
            いろいろ物足りないように感じるわけだ。

            • nroff
            • 2015年 3月 07日

            ↑なんだこれ。どの写真をさしての発言?

            岩清水氏が匿名で出没したかのような底の浅いコメント。

            • 匿名
            • 2015年 3月 07日

            小さなセンサーなんだから仕方ないべ。

            • M-KEY
            • 2015年 3月 07日

            MFT機のマウントに定規をあてがってみると、Super35の短辺の14mmはなんとか接点を避ける感じですが、APS-Cの15.7mmは無理そうです。
            ソニーEマウントもそうですが、なぜ接点を内側につけたがるのででしょう?

            • 匿名
            • 2015年 3月 08日

            JVCのビデオカメラの写真見ても、
            Super35mmのセンサーが接点ぎりぎりのところまで来てますね。
            だからセンサー式の手ぶれ補正は不可なのでしょう。
            私が上に書きましたけど、
            ニコンはマウントのリング下(縁ぎりぎりのところ)、
            ペンタはリング面に接点がありますけど、
            せめてもっとリング際に配置しておけば、
            少なくともAPS-Cは拾えたように思えます。
            (ニコンFマウントなんて、フルサイズ対角線長とほぼ同内径なので。
             フランジバックの差はありますが。)
            まぁ私としては今のセンサーサイズでも特に困らないので、
            敢えてSuper35mm拡張対応とか必要なのですが、
            妄想するには楽しいネタではありますw

            • 匿名
            • 2015年 3月 08日

            自己レス
            「必要なのですが」→「必要ないのですが」
            失礼しました。

    • たで
    • 2015年 3月 05日

    そうですね、ちゃちというか、華奢ですね、作りは全体的に。
    E-M1と操作性で近づいたので両方使っても混乱は少ないかな。
    小さいゆえの押しにくさとかあるけど、しょうがないところ。

    • 匿名
    • 2015年 3月 05日

    オリンパス、というかM4/3ではそんな背伸びもできなかったのだろうけど、今思えばE-M1はあらゆる角度からもっとコストかけて、もう一段高価格帯で強気に売っても良かったんじやない?
    フラッグシップモデルとE-M5 M2との価格差がちと少なすぎるように思うから。

      • 襤褸猫
      • 2015年 3月 05日

      ニコキャノ以外はフラッグシップはD800クラス、画素面積が小さいまで勘案すると本体価格20万オーバーは厳しいです、そんな所ですか、ね?
      でも折角シャッター小さいんだからX接点1/500、ミラーレスらしい秒15コマの連射等盛り込めるものを盛り込んだ、無印フォーサーズのE一桁に胸を張ってm4/3は最高だ、というカメラも見てみたい気もしますね。

      • 匿名
      • 2015年 3月 06日

      センサーが小さなカメラに対して
      消費者がお金を出さないという事情でしょう。
      この先、どう付加価値をつけるか、
      難しい段階に入ってきた気も。

      • 匿名
      • 2015年 3月 08日

      高級コンデジのセンサーサイズが大型化していますからね。
      もっと高値で売りたいところでも、やはり売れない事情があるのでしょう。
      事業がずっと赤字続きなのも、結局利益が出ず、
      旧機種のたたき売りで台数だけ稼ぐという悪循環から抜け出せないだけに、
      価格を上げようものなら・・・ということです。
      センサーの大型化、ちょっとなら出来る(super35)みたいですが、
      この先ジリ貧になるのを防ぐためなら、考えた方が良いでしょう。
      フルサイズが当たり前の世の中になったら、その1/4の面積しかないセンサーでは
      どう逆立ちしたって性能ではかないっこありません。
      せめてAPSサイズをカバーできれば、一矢報いることも出来ようものですが、
      マウント内径の設定上無理でしたら止む無しですね。

        • 匿名
        • 2015年 3月 08日

        「旧機種のたたき売り」
        ここ最近の状況とは違う気もするけど、オリ云々言う人の内容って4,5年前で止まってるのが多いよねぇ。
        フルサイズが当たり前の世の中になった段階でAPSでどうなるのか意味不明。
        一矢も何も今のAPSと43よりも全然比べ物にならない状態で何をどうしたいのやら。

        仕事で使う人はともかく(そういう人はニコキャノ使うだろうし)、個人で使う分には既にセンサー性能は必要充分でかつここから進歩していけば大型センサーは一部の人のぞいて必要なくなると思うけどね。

          • weed
          • 2015年 3月 08日

          自分は生物メインに撮ってますが、フィールド撮影は本格的にOMに変えようかと思ってるよ。
          特にマクロと望遠はね。

          カメラとレンズの重量・サイズはもとより、三脚・バッグなどの機材も含めてトータルで考えると機動性が雲泥の差なんだよね。

          フルサイズセンサー「単体」の性能は認めるけど、カメラは自分の撮影スタイルに合わせてトータルの性能で決めるのが重要だと感じる。
          自分はフルサイズで構築された「でかい・重い・高い」システムには魅力をほとんど感じない

          フォーサーズは画質やEVFも及第点になったし、軽量だし、価格も抑えられてるから、導入しやすい。マクロだと被写界深度の恩恵も大きい。

          もちろんスタジオ用にAPS-Cは残すし、
          水中撮影にはコンデジ使ったりもする。

          何が言いたいかというと、フォーサーズの素子を大型化したら自分にとってのフォーサーズのアドバンテージは無くなるということ。それならフォーサーズである必然性が無い。オリンパス(とパナ)にはブレずに進んでほしい。
          F1.0レンズ群が出てくるのも楽しみではあるけどね。

            • 匿名
            • 2015年 3月 08日

            WEEDさんに全く同意。

            APS-Cの時点で35mmフィルムで十分だった仕事はほぼ置き換えられるし、そもそも小型軽量を生かした機動力こそが35mm判の本領なのだから、雪だるま式に機材が肥大化するフルサイズは中判の役割という印象が強く(高感度や高速連写、耐久性を突き詰めた一桁機は別ね)、「ライカ判カメラ」としてはまだまだ未成熟。

            D5500並みのインパクトのあるサイズにまで小さくならなけりゃ、完成したとは言えないと思うな。

          • 匿名
          • 2015年 3月 08日

          呪文のように同じ文句繰り返してるよね。寝る前にと「オリンパスはもうおしまい」と唱えると安心して寝れるのかな?w

          • 匿名
          • 2015年 3月 08日

          大きな差がなくとも、趣味だからこそ少しでも良いものが欲しくなるのです。
          その上で割り切って4/3センサーサイズという選択も否定はしません。
          深度を得たい撮影には、1型センサーともに適するからです。
          ただ、少しでも階調の美しさ、ボケ味の調整幅、高感度画質などなど、
          差に気付いてしまった人には、なかなか訴求するのも難しいのですよ。
          これはオリンパスの人も認めています。
          だからこそ、なにか秘策を持っていると自分は信じています。
          4/3サイズセンサーで終わり・・・ではない何か。
          OMマウント復活、あるいは提携しているソニーのEマウントか
          手段はいろいろあると思います。キーは決断でしょう。

            • 匿名
            • 2015年 3月 08日

            そこまで「大型センサーは正義」という発想に凝り固まってると
            センサー以外の細かい優劣とか全然想像できないでしょ

            ボケだの階調だの高感度だのって
            当たり前だけどフルとm4/3だけじゃなくて
            APS-Cとm4/3にも1インチとm4/3にも当然違いがある
            WEEDの人がマクロと望遠で積極的にm4/3を運用するように
            被写界深度が浅ければいいって単純な話ではないよ

            もちろんそういう画質関連の話だけじゃなくて
            システムの大きさ・重さ・手軽さなんかも含めると
            フル以外のシステムが劣っていると決めつけるような考えは
            単に視野が狭いだけにしか見えなくなってくる

            オリは少なくともOM-D以降ちゃんと自分の生きる道を
            見据えて企画開発してると思うな
            単純にフルとガチンコで対決するんじゃなくて
            フルにはない良さを積極的に生かそうという発想が
            前よりも明確に製品に反映してる気がする

            コンデジやスマホも含めてベストだと思える選択肢は
            人によって違うのが当たり前で
            そこにm4/3が選択肢としてあることは悪いことじゃない
            もちろんフルがいい人はフルを使って何の問題もないが
            そうじゃない人もいるということも理解しとかないと
            岩清水みたいなことになっちゃうよ

            ちなみにそんな俺は今もしかして
            FZ1000があればもう手持ちのAPS-C一眼手放してもいいんじゃないのか
            とか少し真剣に考えつつある、なんて自分の日記も書いてみる
            田舎住まいなんでまだFZ1000触ったことないけど

        • ***
        • 2015年 3月 08日

        >フルサイズが当たり前の世の中になったら、その1/4の面積しかないセンサーでは
        どう逆立ちしたって性能ではかないっこありません。

        実際に写真を撮ることがほとんどないスペック厨のコメントだな(苦笑)。
        自分はフルサイズもm4/3も使っているが、それぞれ存在意義はあるよ。それにたいていの人にとってはm4/3の画質でも十分以上。
        価格コムなどの画像を見ると「え?こんな程度でフルサイズ画像は素晴らしいと思い込んでいるの???」というような不鮮明な画像もたくさん。
        weed氏のコメントが的確だね。

          • 匿名
          • 2015年 3月 08日

          >たいていの人にとってはm4/3の画質でも十分以上。

          たいての人にとってはスマホの画質でも十分以上。
          と言い換えることも出来ますが?
          どこで線引きするかなんて、それこそ人それぞれ。
          ペンタが今更35mmフルサイズに参入するという発表をしただけで、
          CP+であれだけ注目を集めた事実。
          必要か必要でないか、ではなく人が欲しがるかどうか、なのですよ。
          経費が苦しい業務用とかなら別だが、趣味に自由にお金を出せる人などは、
          やはり上位フォーマットが欲しくなるのが本音でしょう。
          オーバークオリティなのは分かりながらも、ね。

            • 匿名
            • 2015年 3月 08日

            >趣味に自由にお金を出せる人などは、
            >やはり上位フォーマットが欲しくなるのが本音でしょう

            写真・カメラを趣味とする人は、
            全て等しく(フルサイズやAPS-Cレベルの)高画質を求める、
            でないといかんのか?
            街歩きや食べ歩きでスナップを趣味としている女子、
            などは必ずフルサイズ一眼を求めるとは限らないだろうし、
            そんなユーザーは写真・カメラを趣味ですとは言ってはいかんのか?
            以前と違って裾野が広がっているんだから、
            過去のイメージで決め付けてはいかんと思うよ。

            • 匿名
            • 2015年 3月 08日

            たいていの人には言われるまでもなくスマホで充分ですが。
            スマホでは嫌だけど馬鹿でかいカメラを持ちたくないってニーズはあると思いますし各メーカーが同じ方向に進む必要もない。
            趣味に自由にお金を出せる人は一社に拘らず使い分けてるでしょう。
            なので逆にそこまで固執はしてないと思いますが。

            あと、以前からたまに書いてるけど相変わらず大きいものが正義で小さいもの軽視も変わらないな。ハード重視でソフト軽視なのと同じでね。

      • 匿名
      • 2015年 3月 09日

      E-M1は確かにフラッグシップとしては中途半端な気がしますね。自分はあれの出来をみてフォーサーズからマイクロへの乗り換えを断念し、他社カメラへ移行しました。
      Eシステム後継機として、初代E-1並みの質感や高級感、オリジナリティを出して欲しかった。
      とはいえ、E-M5Ⅱの完成度を見ると、ここ5年で最も進化したカメラメーカーはオリンパスじゃないか?と思えてきます。ミラーレスを仕事で使える機械に仕上げてきた功績は大きいと思います。

    • ごまこん
    • 2015年 3月 07日

    スタパさんはきっとE-M5markIIを買うに3000点

    • nroff
    • 2015年 3月 08日

    いやぁ、とにかくOlympusとPanasonicには外野の声は無視してm4/3を育ててくれとしか言いようがないよ。
    定期的にお金落とすからさ、頼むよ。

    購入する気のない、声のデカいマニアの意見に流されて、センサーサイズ変更とかマウント拡張とかホント勘弁してほしい。

      • 襤褸猫
      • 2015年 3月 08日

      オリンパスはいろいろゴタゴタした結果?腰を据えたと思いますよ。
      パナはライカのTみたいなシステムにもリソースを割かないとならないので、さてはて、と。当面4Kフォトはパナソニック、の図式を作れれば安泰だと思います。
      散々小さいから画質が云々(誤解というより、そうでも思わないと精神を保てないんだと思いますw)言われて、42.5mmみたいな超絶レンズを作れば「高い」とかぬかす外野の声なんて話半分にも聞いていないでしょう。APS-Cとの差なんて誤差レベルなんですから、今や。5年前ならともかく。

        • 匿名
        • 2015年 3月 08日

        >APS-Cとの差なんて誤差レベル

        そう思わないと耐えられませんか?
        私はセンサーサイズを使い分けてますよ。
        焦点深度が欲しいときは4/3、
        ボケを含めた表現を前提にしたいときはDX,
        さらに高感度、ボケ量を重視したいときはFXとね。
        だってそれぞれ得意不得意があって少なからず違いがあるんだもの。
        その差が分からない、気にならない、というなら構いませんが。

        古い人間としては(初めて使ったのはPEN EE-3)、
        PENだのOMだの、昔の名前で出ています、じゃないですが、
        一度廃止したOMシステムを名前だけ焼き直して中身はミラーレスとか
        ほんと冗談かと思いましたよ、最初。
        PENから、ああいうやり方が始まって嫌気がさすことが増えました。
        とどめは仰るように粉飾問題です。
        ソニーの力を借りながら、うまくやって欲しい気持ちはありますが、
        E-7をにおわしながら結局・・・という件でもガッカリさせられました。
        腰を据えてやって欲しいのは同感です。
        OMマウント廃止に続き、4/3マウントも事実上廃止、もうたくさんです。
        しっかり腰を据えてもらわないと困ります。

          • 匿名
          • 2015年 3月 08日

          嫌気がさしたならもう気にしなけりゃいいのに。
          過去云々を何時までも言うのなら過去が変わることはないんだからオリは忘れて他にいけばいいんだよ。

          この手の話しを繰り返す人って荒らしてるって自覚はないんだろうが。

            • 匿名
            • 2015年 3月 09日

            古いオリユーザーほど、悔しい思いをしてるのは確か。
            AF時代に上手く乗れずに脱落した、
            これが負の連鎖の始まり。
            もし普通にAFシステムが作れていたら、
            OMデジタルが普通にあり、
            センサーの小ささを馬鹿にされるかこともなかったろう。

          • 匿名
          • 2015年 3月 09日

          腰を据えてやるべきなのに、m4/3はやめるべきなの?ごめん。意味わかんねーや。

            • 匿名
            • 2015年 3月 09日

            開店休業状態だったOMの廃止は、まああれだけ放置プレーが続いたら
            消費者はもうダメだと感じていただろうけどね~
            AF化で失敗したときに、あっさり諦めすぎ。

            次にデジタル時代に適合させて規格としてスタートした
            フォーサーズのEシステムだったはず~
            が、結局ジリ貧となってしまい、行き場を失い、
            パナソニックが始めたマイクロフォーサーズ規格に相乗りし、
            最終的には統合という名のフォーサーズ廃止劇~

            粘りが足りない風土なのは間違いないね。

            マイクロフォーサーズはパナソニックがついているから
            フォーサーズのようなことは無いと思うが~
            センサーサイズの選択肢が無く、しかも豆粒センサー、
            これでずっとやって行けるのかは正直微妙と思うよ~

            • そうかぁ
            • 2015年 3月 09日

            >センサーサイズの選択肢が無く、しかも豆粒センサー、

            フルサイズ・マンセーといっても「所詮豆粒4個分のセンサー」にすぎないのかぁw

            • 匿名
            • 2015年 3月 09日

            4/3は110ポケットフィルムとほぼ同等のサイズなんだから、
            110フルサイズと言えなくもない。
            ダメですか?(笑)

    • 匿名
    • 2015年 3月 08日

    ここの人たちは巷にあふれているペンを持ったカメラ女子達と仲良くなりたいってことはないのだろうか。
    カメラよく知ってるんだし友達になるチャンスなのにもったいない。。。

      • ken
      • 2015年 3月 09日

      ええっ?
      チャンスはどこに転がってるんですか〜!?
      残念ながらカメラ女子達はカメラオジサンを相手にしてくれませんよ。。。
      家内ですら相手にしてくれませんから。
      カメラ女子のベクトルはこのサイトとは違う方向だと思います。

        • 匿名
        • 2015年 3月 09日

        それこそ20年くらい前までは写真・鉄道・アニメは趣味の三冠王(笑だったのに、
        今じゃ門戸がかなり広がってるから。身なりちゃんとして行くとこいけば結構話はずみますよ。
        お金も多少もってるんだから。
        そういう世界を研究するってのも写真趣味の幅を広げるいい機会ですよ。

        • 匿名
        • 2015年 3月 09日

        もちろん、ここのスレッドで盛り上がるようなマニアックな方向で接しても引かれるだけですね。
        でも、自分の周りを見る限り、カメラ女子と分類できそうな方々が本当はレクチャーしてくれる人を求めているパターンって結構多い気がしますよ。
        ま、カメラおじさんがカメラ以外の事もレクチャーしようと下心を持って近づいても、すぐに見破られるのは間違いないでしょけど。

          • ken
          • 2015年 3月 09日

          ダメだ。。。
          カメラ以外のことはレクチャーする技術なんて持ってないし
          下ゴコロを一切持たずに婦女子に話しかけるなんてことができるほど
          人間ができていないし枯れてもいない。。。

        • 匿名
        • 2015年 3月 09日

        > 家内ですら相手にしてくれませんから
        私は妻にGX1+14-42mmの小型軽量セットをまず与えて、カメラ好きの友人と共に最初は近場の植物園とかでカメラに慣れてもらいつつ、帰ったら皆でお酒を飲みながらその日の写真をTVに映して談笑し、7-14と14-140に慣れた頃にはイタリア旅行で広角のパース強調とか望遠の圧縮効果などを試してもらい、京都旅行には12-35F2.8を追加してボケを活かした表現にも挑戦してもらうなど、撮影を一緒に楽しみながら2年くらいかけて妻をこちら側に招きました。
        撮影した写真を肴にみんなでワイワイ飲みながらトリミングやガンマ補正すると構図や露出補正も教えられるし、同じ場所に行きながら見ているものが違ったりしてお互いに良い刺激になるし、何より楽しいのがとても良いです。
        最初はコンデジと同じ構えで背面液晶を見ながら撮影していた妻も、今ではすっかりチョンマゲEVFでホールディングするようになったし、そろそろE-M5Ⅱとか買っても良い頃合いかな?GM5のが軽いとか言われちゃうかな・・・

      • 匿名
      • 2015年 3月 09日

      妄想は自由だが痛いな。
      私の周囲にはPen使いが居ないし見掛けないから何とも。。。
      FM2とか持った女子軍団とは花見で仲良くなったことはあるがな。
      むろんその場限り(笑)

        • 匿名
        • 2015年 3月 09日

        あんたがその世界と縁がないだけじゃんw

        • 匿名
        • 2015年 3月 09日

        カメラ店で安いのを買ったら、たまたまPENだったという人は
        写真クラブに数名いるが、指名買いした人は居ないんですよね。
        しかも皆、女子とはほど遠い人たち・・・
        世の中、想像通りにはいかないものです(笑い)

      • 匿名
      • 2015年 3月 09日

      ブス専カメラだもんPEN。
      やはり変わり者が多いのかな。

        • 匿名
        • 2015年 3月 09日

        そろそろそういう煽りが『痛い』っていうのに気づかないと。。。

コメントは利用できません。

パナソニックが提案する「LUMIX DMC-CM1」の法人ソリューション(ケータイWatch)

iPhoneでもExifをすぐ見たい–ViewExif(デジカメWatch)

最近のコメント

アーカイブ