デジタルカメラ情報サイト

小型化と高性能化を両立–ニコン「AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR」(デジカメWatch)

【インタビュー】
位相フレネルレンズの仕組みとは?
フルサイズ用で世界最軽量の300mmレンズ
位相フレネルレンズの仕組み
なぜPFレンズで軽量化ができるのか
PFフレアとは?
手ブレ補正に「SPORT」モードを搭載
テレコンを付けても高い画質を維持
―インタビューを終えて― 求めやすい製品に最新技術を投入する姿勢に共感
by 杉本利彦

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (33)

    • キツツキ
    • 2015年 3月 06日

    注文済み、早く来い!!

    • 匿名
    • 2015年 3月 07日

    キヤノンにも似たようなのがあったね。もう他にすることがないんだろうか

      • 匿名
      • 2015年 3月 08日

      単に300㎜F4を更新するだけじゃ、売りが無いからでしょう。
      F2.8では得られないこと、それは小型軽量であること、
      そこを突き詰めたんじゃないかと思います。
      新規要素(電磁絞り、VRスポーツモード)も入ってますし、
      意欲的なレンズ開発で、良いと思います。
      もう少し安いと嬉しいですがね(笑い)

    • キツツキ
    • 2015年 3月 08日

    軽さ、大きさは半端でない!!

    • 匿名
    • 2015年 3月 08日

    旧タイプを使っていますが、自分も欲しいです。今使用中の個体はつい先日修理から戻った所、今度故障したら
    修理せずにこの新レンズに買い替えます。
    新レンズに関して色々否定的に言っている意見も結構見られますが、この製品に限らず実際に使っていなかったり
    所有していない人のほうが、ああだ、こうだが多いように感じます。

      • 匿名
      • 2015年 3月 08日

      > この製品に限らず実際に使っていなかったり所有していない人のほうが、ああだ、こうだが多いように感じます。
      そりゃ、当たり前じゃないですか?
      不満があるから買わないわけなんだから。

        • ちがうよ
        • 2015年 3月 08日

        >不満があるから買わないわけなんだから。

        違うな。買えないから不満点を一生懸命見つけ出してるんだw

          • 匿名
          • 2015年 3月 08日

          本当に買えないから不満点を一所懸命見つけ出している人と
          買えないから不満点を一所懸命見つけ出してるんだwという人は
          両方とも自分のそのクソみたいな性格を自省したほうがいいなw
          お前らがそんなクソみたいなことを言ってる間に
          みんなは自分の写真・カメラライフを楽しんでるわw

            • ?
            • 2015年 3月 08日

            言わずもがなでは。

    • 匿名
    • 2015年 3月 08日

    買ってもいないのに不満…ってフレアが自分の撮影ワークにどれだけマイナスかを想像したんですよね。

    …想像。

    • キツツキ
    • 2015年 3月 08日

    私は野鳥を撮ります。特に図鑑写真のようなものを狙っているので、逆光、特に太陽が入るような逆光では全く撮りません。なのでよしんば太陽が入った時にフレアーが出るレンズでも構わないのです。

    野鳥は期待する距離には近づいてくれないことがほとんどなので、大幅なトリミングをします。そのため解像度がまず第一優先ファクターです。

      • 素朴な疑問
      • 2015年 3月 08日

      学術用途や業務ならいざ知らず、趣味で絵葉書や図鑑のような写真を撮って楽しいですか?

        • キツツキ
        • 2015年 3月 09日

        ええ、楽しいですよ。野鳥撮りには4種類あると分類しました。芸術派、蒐集派、学術派、純粋派です。芸術派は素朴な疑問さんの想定しているような芸術作品指向のかたで、蒐集派は私のように初見の鳥を沢山撮ってうれしがるタイプです。まあ、芸術派からは下に見られますが、本人はそれで楽しいのですからよいでしょう。ご参考まで→http://www.woodpecker.me/

          • M-KEY
          • 2015年 3月 09日

          風景とか鉄道で「定番の撮影ポイント」ってありますが、
          個人的には、そういう場所以外の「自分だけのポイント」を大事にしたいです。
          「誰が撮っても同じ」ような写真だと「撮る意味があるのか?」という疑問が出ます。
          なので、CP+なんかでのコンパニオン撮影会も、何が楽しいやら・・・
          もちろん、依頼仕事なら撮りますが、あんまりクリエイティブな気はしません。
          「図鑑のような写真」でも、過去に見た事がないようなより高品位とか
          特異な生態だったりレアな個体なら面白いでしょう。
          でも、撮影禁止の展示会などで撮る人は理解出来ません。
          それ専門のスキルの高い人が撮った目録を買った方がずっと有意義です。

            • 匿名
            • 2015年 3月 09日

            「誰が撮っても同じ」じゃなくて「自分て撮った写真」が大事なんだと思うけどね。
            写真って作品作る人は少なくて記念が多いと思うんだけど観光地でも何処でもそれが自分だけのポイントじゃないのかな。
            10年20年して見返すとあぁここ行ったなとかこの時こういう事あったなぁと思い返すきっかけにもなるし。

            旅行とか観光行っても有名な観光地とかご当地ものには一切興味なくてそこいらを徘徊するの?おそらくそんな事ないし、有名な観光地はそうなるだけの良いとこもあるんだけどね。

            • 匿名
            • 2015年 3月 09日

            アマチュアが専門のスキルを高めることの何が悪いのか。。。
            批判が中途半端すぎる。

          • キツツキ
          • 2015年 3月 09日

          もうひとつ例を挙げれば、野鳥写真蒐集派は切手収集家に近いでしょう。切手収集家は印刷された誰でも入手できる切手を集めて楽しんでいます。もちろん、初期の切手などは入手困難ですが、99.9%以上の切手はお金さえ出せば買うことができます。

          「他人と同じ切手を集めて何が楽しいの?」….それでも楽しいんですよ。大量生産されたもののコレクターは同じような気持ちだと思います。

            • M-KEY
            • 2015年 3月 10日

            旅行などの記念写真はいいんです。
            私が疑問に思っているのは、いわゆる定番ポイントに群がる人たちです。
            初心者のうちは模倣も大事でしょう。
            でも、かなりのベテランと思えるような人が多いのが納得できませんでした。
            私は、そうした定番は一応保険でおさえる事はありますが、できれば誰も撮った事がないシーンを目指したいです。
            野鳥撮影は専門外なのですが、逆光でのドラマチックなシーンを綺麗だと思います。
            小型軽量というメリットは大きいし、基本的に逆光はデジタル機は不得手ですから問題は少ないとはいえ、解像度は高いが逆光に弱いとメーカー自ら認めるレンズが実際にはどうなのか?

            「コレクター」感覚ですか。
            うーん、わかるようなわからないような・・・
            まぁ、タイムスリップグリコや缶コーヒーのオマケはコンプリートした事はありますが、それと撮影が結びつくとは意外でした。

            • キツツキ
            • 2015年 3月 10日

            「かなりのベテランと思えるような人が多いのが納得できませんでした」

            M-KEYさん、私もそうなので天唾になりますが、この人たちは歳くっていますが、本当の意味でのベテランではないのですよ。ただ、風景写真でも同じですよね。富士山のポイント、有名桜のポイント、美瑛のポイント、貴婦人のポイント—-群がるのはみな同じだと思います。

            「誰も撮った事がないシーンを目指したい」—-おっしゃる通りです。私の友人に風景撮りがいますが、よく私に付いて来たがります。何故かと言うと、鳥撮りは風景撮りが行かないような処にいくので、彼にとって皆が撮っていない風景が撮れるからなんだそうです。

            「逆光でのドラマチックなシーンを綺麗」—–おっしゃる通りです、羽のテクスチャーをきちんと撮ることをあきらめれば、その方が印象的な画が撮れる可能性が高いのはよく理解しています。でも図鑑には使えません。

            「解像度は高いが逆光に弱いとメーカー自ら認める」—–Nikonは真面目なメーカーなのですよ。実際に使った人たちがほとんど問題ないと言っていますよね。最初にかなりひどいDOレンズを出したさるメーカーはフレアーに言及していましたっけ?

            「タイムスリップグリコや缶コーヒーのオマケはコンプリートした事はありますが、それと撮影が結びつく」—-これは私の恥を言うことになりますが、私は撮影しているのではなく、記録を撮るために他に手段がないから仕方なくカメラを使っているというほうが当たっているかもしれません。つまり撮影しているという感覚はあまりないのです。

            • なんだかなぁ
            • 2015年 3月 10日

            >でも、かなりのベテランと思えるような人が

            それ 永遠の初心者達のことかな?
            もっともカメラメーカーにとっては一番のお得意さんなんだけどね(笑)

            • M-KEY
            • 2015年 3月 10日

            >記録を撮るために他に手段がない
            採集の代替手段ということですね、納得しました。
            野鳥の場合、鳥種によっては生息場所を見つける事自体が困難ですし、
            見つけたとしても撮影に適する状況とは限らないでしょうから
            「誰が撮っても同じ」以前に「スキルと努力無しでは撮れない」わけで
            有名撮影ポイントに群がる輩とは全然の別物ですね。

        • 匿名
        • 2015年 3月 09日

        絵葉書や図鑑レベルの写真で自分の好きなものが撮れたら最高じゃん。

    • 匿名
    • 2015年 3月 09日

    >キツツキさん

    5番目の投稿者です。純粋派とはどういう写真を撮影される方ですか?

    私は逆光夕日を多く取りますが、PFフレアーはきになりません

      • キツツキ
      • 2015年 3月 09日

      純粋派はじつはカメラマンではありません。肉眼か、せいぜい双眼鏡で見て楽しむ方々です。海外に何回も行きましたが、とくに欧米の方々に多いタイプです。大きいレンズを抱えているカメラマンはアジア系に多いと感じます。

      イギリスで発祥した時代のバードウォッチングはフィルムカメラでさえ高価な時代でしたから、見て楽しむというのが伝統なのだろうと推測しています。

      5年前に分類した私見を挙げています。ご興味あるならご覧ください。

      http://www.woodpecker.me/misc/index.html#style

        • 匿名
        • 2015年 3月 10日

        キツツキさん、丁寧にご説明頂き、有難うございます。私も時々飛鳥を撮りますが、
        私の腕では、白鳥級の大きさの鳥でもミラーレス(OMD-EM1)ではAFが追い付かず
        思うようには撮れないです。最新のファームウェアーではこのあたりが大幅に向上
        したようですが、まだ試してはおりません。

          • キツツキ
          • 2015年 3月 10日

          匿名さん

          私も色々なミラーレスに何回も浮気しましたが、結局レリーズタイムラグが障害となっていまは使っていません。撮影がメインでない旅行の場合に唯一Nikon V3+1 Nikkor 70-300を持ち出しますが、ヒョイと出てきてヒョイと飛び去る鳥にはとても苦労しました。
          ご参考まで、http://www.woodpecker.me/bird/penduline_tit/index.html
          歩留まりはひどく悪かったです。

          X-T1やE-M1の素晴らしいパフォーマンすをみていると、さるプロが冗談交じりに、「一眼レフはスポーツと鳥撮りに特化していくだろう」といっていたのが、あながち冗談でもないのではないかと思えます。少なくとも5年後10年後には。

          野鳥の場合、5分、10分、はては30分でもじっとファインダーをのぞいて鳥が動くのを待つときがあります。EVFはスリープするし、電力を消費するためバッテリーが持ちません。とくにこのような場合はEVFは無理ですね。

          「白鳥級の大きさの鳥でもミラーレス(OMD-EM1)ではAFが追い付かず」—-白鳥のように大きな水鳥は動きが一定方向ですし、相対的には撮りやすい被写体です。練習あるのみですね。ジグザグに飛ぶツバメをきちんと撮るのが最終目標となりますが、この場合には、AFび頼らずオキピンという手段さえ使われます。

            • 匿名
            • 2015年 3月 12日

            ミラーレスの場合、タイムラグやAF速度もそうですが、貴重な一瞬を、TV画面のようなEVFでしか鑑賞出来ないのは大きな欠点だと思います。その瞬間、自分は現実を見ていないわけですからね。

            • わかるよ
            • 2015年 3月 12日

            >その瞬間、自分は現実を見ていないわけですからね。

            光学ファインダーの一眼レフだと「その瞬間は ミラーが上がっているのでまったく見えない」んだけどね、

            • 昔話
            • 2015年 3月 12日

            レンジファインダー機から一眼レフに変わるときも「スクリーンに投影された像で現実感が無い」と一眼レフを嫌う人が居た

            • 匿名
            • 2015年 3月 12日

            そういう理由でレンジファインダーのライカを使ってます。記憶が一眼レフと違うんですね。写真を撮ったというより、ただそこにいた、その光景を見ていたという感じ。一眼レフだとスクリーン上で背景のボケた美しい風景の記憶が強い。
            ましてEVFの場合は、その場にいた人の中で自分だけが現場を見てなくて、参加できなかった感じがしてしまうのです。

    • キツツキ
    • 2015年 3月 10日

    M-KEYさん

    まさにそうなんですよ。蒐集派の行きところは限リなく珍しい鳥を狙うことになり、最終的には数年に一度しか来ない超希少種を狙うことになります。そうなると日々、無聊をかこつことになるので、そこで鳥撮りをやめるか、あるいは芸術派になっていくことになります。現在芸術派の方々には過去、蒐集派だった人がなり居ると推察します。

    もう一つは海外に出かけていくことですが、これは矛盾をはらんでいます。というのは行く先々で撮る鳥の希少度を把握していないので、どれをとっても薄い感動しか得られません。現地のガイドが、「かなりの希少種が撮れた」と喜んでもこちらは「ふーん、そうですか」ってなものです。

    ここでも芸術派に鞍替えしないと長続きしないような気がします。現在鳥撮り6年目に入っていますが、このジレンマを抱えています。まあ、しばらくは悩むことでしょう。その先は…..分かりません。

    • 匿名
    • 2015年 3月 10日

    キツツキさん

    重ねて有り難うございます。
    嘗て取引先が宮城県の築館に有ったため、ついでに伊豆沼や内沼で鴨や白鳥をよく撮ってました。
    流石に1眼レフでは白鳥級は問題なく、屡々生ずる鳶とカラスの空中戦での速い不規則な動きでも
    一眼レフでは捕捉出来ていました。

    寄る年波で400、500ミリ級ではきつくなったので、E-M1に期待したのですが、動体では
    40-150/2.8でも食いついている間は良いのですが、一旦AFを外すともう駄目で追いつ
    かず、一眼レフに比べるとかなり歩留まりが悪いです。とはいえ全然駄目から歩留まりが悪い、まで
    向上したので、E-MiMK2?で動体OKまでUPしてる事を期待しています。今でも軌道動作の
    草野球程度なら、並みの打者の打率程度の率でボールがバットに当たった瞬間が撮れる程度の性能
    がありますから。

    珍しい鳥と言えば、昨年は関東にこうのとりが飛来したり、今年は静岡県の掛川市にカナダ鶴が
    来ていたようですね。知人の鳥カメラマンが目の色変えていました。

      • キツツキ
      • 2015年 3月 10日

      「知人の鳥カメラマンが目の色変えていました」…..そうなんですよ、蒐集派はそんな珍鳥が来ると眼の色が変わります。でも時々海外にいって感じるのですが、日本での超希少種は、海外ではごく普通種と言うことも多く、同じ鳥を撮っても感動が全く違います。いまだにその命題から抜け出られなくて悶々としています。同じ鳥なのに、撮る場所によって時に10倍以上の感激度の違いになりますから。

      「寄る年波で400、500ミリ級ではきつくなった」…..私もまさにその状態です。この新300/4に1.7Xや2Xテレコンつけてまともに撮れるならこれが主システムになりそうな期待があります。

コメントは利用できません。

「木のテーブルで撮る」(デジカメWatch)

猫宅訪問! かわいすぎる肉球を持つ猫(ASCII.jp)

最近のコメント

人気の投稿とページ

アーカイブ

最近のコメント