デジタルカメラ情報サイト

若いお客も増加中!フィルムで撮る魅力とは?(デジカメWatch)

【中古カメラのススメ(第5回)フィルムカメラ編】
デジタルでデビュー→フィルムに夢中な人も
カメラの仕組みを知るにも良し。機材は安く入手可能
by 大浦タケシ

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (20)

    • 匿名
    • 2015年 3月 21日

    富士フィルムですら、
    フィルムカメラはGF670 Professional SILVER EX Nだけで、
    白黒フィルムはアクロス100のみだしなぁ。

    もう未来がないものを使いたいと思わないわ・・・。

      • 匿名
      • 2015年 3月 21日

      でもボディはもったいないんですよね。
      フィルム型のセンサーユニット的なの出ないかな。
      かなり以前に計画はあったようだけど。
      当時は裏ブタ交換式にするとかだったですけど、
      今はスマホとかタブレットとかあるので、
      外付液晶がなくても何とでもなりそうだし・・・。
      フルサイズ1200万画素くらいで。

        • M-KEY
        • 2015年 3月 21日

        操作やモニターはスマホからとしても
        センサーはフィルムより厚いし、電源の問題もあるから、
        ライカモジュールRのように裏蓋交換式じゃないと難しいでしょう。
        オリンパスなら裏蓋は全機種互換性が高かったから
        そのままOMが順当にAF化してれば・・・なんて夢想しちゃいます。
        http://www3.pf-x.net/~ari/0/f2npc/index.html
        という方法もあるにはあるけど、そうまでして使いたいボディがあるかどうか?

          • 匿名
          • 2015年 3月 21日

          まさにF2(photomicA)を使いたいのだけれど。
          親父の遺品でもあるので。
          他にはFM2とか、F4も使いたいと思う。

            • 古参者
            • 2015年 3月 21日

            フィルムカメラを使いたいならば素直にフィルムを使えばいい。
            フィルムは以前よりは値上げしたとはいえ、その生産数からはバーゲンプライスだ。
            ネガからのプリントのシステムなんて今後の更新は見込めなくなっている。
            現在が普通にフィルムで引き伸ばしの写真が楽しめる最後のチャンスだ。

      • 匿名
      • 2015年 3月 21日

      確かにね。。。フイルムでやりたいなら言うまでもなく現像のプロセスまでセットで考えねばならない訳で、少しくらいリバイバルのブームが来たところで、非効率な銀塩処理で世界中のラボが再興するとも思えず、若い人が物珍しさから飛びついても、永続させていくのは大きな困難が伴うことでしょう。
      自分も本音を言えば富士フイルムにはそういうマイノリティが存在する以上、何としてもフイルムを続けて欲しいと願う一人ではあるのだけれど。

      • たで
      • 2015年 3月 22日

      フィルムの楽しみに自分好みの色調のフィルムを探すというのが
      有りました。自分はEPNが定番でしたが、KMやVelvia、Agfaなど
      渋くて好きでした。モノクロはXP2とかHIEとかで楽しみました。

      まだ幾分かは冷蔵庫に多少ストックがあるので、休日の散歩にCL
      +フォクトレンダーとかF2+S.C.55mmとか、OMとかBessaなど
      ということも稀にするけど、ま、デジタルとは別の写り方だし、
      ディスプレーでなくプリントも味。そこが受けるんだと思う。

      …そういえばKodakブランドの4/3面白そうな色調のがあったっけ。

      • 匿名
      • 2015年 3月 22日

      D-76とD-23を自家調合できればまだ大丈夫。というか、昔からそれで写真やってる人以外
      フィルム使用にもう意味ないでしょう。でもそういう人の写真はとても力強く感じる。

        • 古参者
        • 2015年 3月 22日

        自家処理の場合、廃液の処理が割とグレー

          • M-KEY
          • 2015年 3月 23日

          自家処理で廃液を処理業者に依頼している人は少数派でしょう。
          ほとんどの人は下水に流していそうです。
          でも、最近は環境負荷の少ない薬品も出ているし、
          個人で趣味での暗室なら処理量も少ないでしょうから
          廃液を流す先が上水道の取水口や農業用水に繋がっていないなら
          それほど神経質になる必要はないと思います。

          • たで
          • 2015年 3月 23日

          知り合いの薬品屋に引き取ってもらっていますが、
          ここが引き取れなくなったらやめようと思ってます。

          確かに産業廃棄物扱いではないけど、せめて必ず、
          中和してからとか、大量の水で希釈が必要という
          廃液だからこそ自分で捨てたくないという気持ち。

          しかし、プリント(焼き付け)するのは稀なのですが
          液の中で像が浮かび上がる瞬間は、今でもワクワク
          するのは確かです。これはプリンターとは違いますね。

    • 雇われ息子
    • 2015年 3月 21日

    撮影するためのフィルムは減退の一方ですが、
    プリント用のミニラボ向けカラー印画紙は
    需要が減りつつありますが、フィルムほど
    顕著ではありまでん。
    プリントさえできる環境があれば、フイルムも
    ある程度持つのではないでしょうか?
    ちなみに今、ロシア製のパノラマカメラにはまっております。

    • 匿名
    • 2015年 3月 21日

    クラウドファンディングがあと10年早く普及していれば、フィルム型のセンサー開発も可能だったかも。
    今となってはニッチ過ぎて無理でしょうね...最もしぶとく生き残っていくのはインスタントのチェキだろうなと思ってます。

    • 匿名
    • 2015年 3月 22日

    数年前にもトイカメラを中心にフィルムブームあったよね。

    でも、街のカメラ屋さんやDPショップから、現像機は確実に消えていっている。

    近所のお店ももう限界らしく、今年が最後になるだろう、と。

    銀塩プリンターのフロンティアはまだまだ使われるだろうけど、それもここ数年で「ドライラボ」という名のインクジェットに切り替わってしまうのかな…。

    富士フイルムよ、フィルム現像機を維持している店に援助の手を頼むよ。

      • M-KEY
      • 2015年 3月 22日

      ネガの自動現像機はどんどん減っていますね。
      私の知っている店でも、最盛期は一日に70〜100本現像していましたが
      今や「週に5本あるかないか」という状態で、売り上げ<メンテ費用です。
      「今度故障したらその内容次第で撤廃するかも」と言っていました。
      また、プリンターも印画紙は使うけど「スキャナー」機能がないモノも増えており
      代替でそういった機種に切り替わっている店もあります。
      というかDPEショップ自体が激減しましたね。
      10年前は各地にあったプロラボもほとんど閉鎖しており、
      国内のE6処理が出来る所って何カ所残っているのでしょうか?

    • 匿名
    • 2015年 3月 22日

    フィルム使用者はいるし、細々と続いていくと思う。
    ただ増加中って事はないだろう。
    要はフィルムカメラが珍しくなり、たまに見ると今まで以上に目立つんじゃないか。

      • 匿名
      • 2015年 3月 22日

      そうなると良いのですが、上の方でも出てますけど、問題は現像環境ですね。
      自身で暗室入られる方はフィルムと薬品と印画紙さえ手に入れば何とかなる訳ですが、ラボや街のDPE屋さんはとうに慈善事業のような状態なってますので、この先いつまでやってくれるのだろう? といった印象です。

        • 匿名
        • 2015年 3月 22日

        慈善事業は続かないから、残ったところも単価が上がるだろうね。
        今の相場をしらないけど、ネガ1本現像2000円、とかね。
        で、現実的には現像と同時にスキャンでデジタルデータ化がセット。
        フィルムを出して戻ってくるまで一週間くらいかかるのだろう。

          • 古参者
          • 2015年 3月 22日

          キタムラの店舗からネガの自現機が消えた時が国内における銀塩写真の事実上の終焉だな

    • 匿名
    • 2015年 3月 23日

    ランニングコストと仕上がりまでの時間が段違いだからもう帰れないよ。

コメントは利用できません。

アクションカメラで、子どものいきいき姿を全部撮り(日経トレンディネット)

前進するレンズ小型化への道–AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR(デジカメWatch)

最近のコメント

  • User Avatarken撮る道具としての完成度が高まったフラッグシップ機――FUJIFILM X-H1(デジカメWatch)へのコメント(05/21 00:55)
    →【システムとして構築するメリットを感じるのがシステムカメラ、】 これがM-KEYさんにとってのシステムカメラの定義? システムとして構築するにはどの程度の関連機材が必要なんでしょう? その機種内での互換性だけじゃなく、同じメーカーなら違うシリーズ(ニコン1と一眼レフ)間にも互換性を持たせないとダメなんですね? 確かにストロボのシューくらいは同じ方が便利だけどニコン1に一眼レフ用ストロボつけたらでっかすぎない? V1からV2への機能アップは多かったし レンズもあったのでV2も使いました。 まあ二台だから複数機種か。。。機材スキル低いって特定されちゃった! ところで引用までしたけどほぼ、問いに答えてないよね? 匿名さんへの問いにはなぜか答えるくせに。 まあ義務はないので消えちゃっても構わないけど。
  • User Avatar2018年4月の新品・中古デジカメ人気ランキング(デジカメWatch)へのコメント(05/21 00:38)
    →そこは所詮ソニー機ですから。 すぐに陳腐化するか動かなくなるのが宿命。
  • User AvatarM-KEY撮る道具としての完成度が高まったフラッグシップ機――FUJIFILM X-H1(デジカメWatch)へのコメント(05/20 23:48)
    →ken : 【システムカメラは、メーカー視点では「囲い込み」でユーザーを縛りますが ユーザー視点だと、レンズやアクセサリーの互換性や将来性、用途による使い分けなどそのメーカーのシステムで揃えることによるメリットを享受できる利点があります。】 いやいや僕がお伺いしているのは メーカー視点やユーザー視点のメリット、利点じゃなく M-KEYさんにとってのシステムカメラの定義です。 例えば広角何ミリから望遠何ミリまで(35mm換算でもかまいません)もしくはマクロなどレンズ交換ができるとか、用途に合わせた数種類のボディがあるとか、その数種のボディ共通のアクセサリー(バッテリーを含め)があるとかの定義です。 もちろん賢明なM-KEYさんならおわかりだと思いますが。。。(その辺のダメシステムについて指摘だけはしていましたから) いつものことで別方向でしょうか? 【フジの場合、レンズ一体型も含めてスピードライトやバッテリーを共用できます。フィルター/フードアダプターのように汎用品を使えなようにしたこともありますがそのコンセプトも含めて、中判のGFXまでシリーズとしての共通性が確保されており、X70を他社機のサブに買ったユーザーが、レンズ交換式のXシリーズに移行する足がかりになるという効果が期待できます。】 え~っとX70を買ったユーザーが中版のGFXまで移行する効果も期待できるという理念のもとにフジが開発していると考えていいのでしょうか? GFXまでのシリーズの共通性と言われますがさすがにバッテリーやレンズは違いますよね? また【X-H1の操作系は、中判のGFXとの共通性があるようで併用に好都合だと思いますが、X-T系やX-PR0系、X-E系とは違っていて、既存APS-C機との併用に不便そうです。】これはコンセプトの共通性がそれほど(あくまでそれほど)一貫していないと読んだんですが違いますか?(フジのカメラはフィルムしか使ったことないので僕はわかりません) 【Fマウントレンズをアダプターで使えるけれど機能制限が多く、画角変化も大きいのでレンズ共有のメリットは少なく】 画角変化が大きいのはセンサーサイズが違うので物理的にどうしょうもないねでは?僕はV1/V2にFマウントを使う場合は17-35F2.8がメインで超望遠が必要なときは70-200F2.8を使うことで活用してます。 中央部しかAFができない点はフォーカスロックがしにくい分、非常にやりにくいですが。。。 【V1では一眼レフと共用できたバッテリーも他機種では廃止とFマウントユーザーでさえ、併用のメリットのないシステムでした。】 V1と一眼レフの共用バッテリーは便利でしたね。 でもこれもニコン1と一眼レフの共用することが基準の利点であり(何度も書いたかな)一機種のニコン1だけ使用するユーザーにはあまり関係ないですよね。一眼レフとニコン1シリーズを同システムとして考えた場合には重要ですがそれはどのくらいの需要なんでしょう? 【Nikon 1を買ってしまった人がステップアップしようとしてもFマウント機に行くメリットは「ほぼ皆無」です。】 ニコン1から一眼レフにステップアップにFマウントにいけない(メリットがない)のはニコン1の価値を落とす何%の要素でしょう? フジにはフルサイズがないのだからメリットどころかAPSからステップアップ(フジのAPSがフルサイズの格下とは思いませんがあえて『ステップアップ』という言葉を使うためにこの表現をしました)もできませんが、フジのカメラの価値を落とす要素であるとは思いません。 (いきなり中版に行っちゃうユーザーは多くないと思うけど。。根拠なし)...
  • User Avatar2018年4月の新品・中古デジカメ人気ランキング(デジカメWatch)へのコメント(05/20 23:44)
    →自分らでハードル上げすぎると失敗になる確率もその分あがるんだが。 今のソニー以上のスペック出すのは相当難しいと思うよ。
  • User Avatarken撮る道具としての完成度が高まったフラッグシップ機――FUJIFILM X-H1(デジカメWatch)へのコメント(05/20 23:22)
    →勢いで長文書いちゃったから そろそろ【なんかアナタ病的ですよね。】とか 爺呼ばわりが出て〆かな?
  • User Avatarken2018年4月の新品・中古デジカメ人気ランキング(デジカメWatch)へのコメント(05/20 23:10)
    →アラーキーがコンパクトカメラ使ってたって 笑うものはいないし、肩身狭く撮影してたとは思えない。 卒業時『機材を見るのは学生まで。これからはどうやって撮影してるのか見ろ』と言われました。
  • User Avatarken2018年4月の新品・中古デジカメ人気ランキング(デジカメWatch)へのコメント(05/20 23:04)
    →まあα7系は『買って失敗』は言い過ぎでしょう。 ニコン、キヤノンが出すまではそのカメラで数多くの写真が撮れたんですから。 (ニコンが特に長く待たすから、予想以上に数多くの写真が撮れたと思う) 失敗だと思ったら早めに売って中古市場のタマを増やすのに協力してもいいし。 それにもしかしてニコンの新規ミラーレスやキヤノンの中型(以上)機が出てみたら 『やっぱりα7系は買って成功!』ってことになるかも?
  • User Avatarken撮る道具としての完成度が高まったフラッグシップ機――FUJIFILM X-H1(デジカメWatch)へのコメント(05/20 22:49)
    →【システムカメラは、メーカー視点では「囲い込み」でユーザーを縛りますが ユーザー視点だと、レンズやアクセサリーの互換性や将来性、用途による使い分けなどそのメーカーのシステムで揃えることによるメリットを享受できる利点があります。】 いやいや僕がお伺いしているのは メーカー視点やユーザー視点のメリット、利点じゃなく M-KEYさんにとってのシステムカメラの定義です。 例えば広角何ミリから望遠何ミリまで(35mm換算でもかまいません)もしくはマクロなどレンズ交換ができるとか、用途に合わせた数種類のボディがあるとか、その数種のボディ共通のアクセサリー(バッテリーを含め)があるとかの定義です。 もちろん賢明なM-KEYさんならおわかりだと思いますが。。。(その辺のダメシステムについて指摘だけはしていましたから) いつものことで別方向でしょうか? 【フジの場合、レンズ一体型も含めてスピードライトやバッテリーを共用できます。フィルター/フードアダプターのように汎用品を使えなようにしたこともありますがそのコンセプトも含めて、中判のGFXまでシリーズとしての共通性が確保されており、X70を他社機のサブに買ったユーザーが、レンズ交換式のXシリーズに移行する足がかりになるという効果が期待できます。】 え~っとX70を買ったユーザーが中版のGFXまで移行する効果も期待できるという理念のもとにフジが開発していると考えていいのでしょうか? GFXまでのシリーズの共通性と言われますがさすがにバッテリーやレンズは違いますよね? また【X-H1の操作系は、中判のGFXとの共通性があるようで併用に好都合だと思いますが、X-T系やX-PR0系、X-E系とは違っていて、既存APS-C機との併用に不便そうです。】これはコンセプトの共通性がそれほど(あくまでそれほど)一貫していないと読んだんですが違いますか?(フジのカメラはフィルムしか使ったことないので僕はわかりません) 【Fマウントレンズをアダプターで使えるけれど機能制限が多く、画角変化も大きいのでレンズ共有のメリットは少なく】 画角変化が大きいのはセンサーサイズが違うので物理的にどうしょうもないねでは?僕はV1/V2にFマウントを使う場合は17-35F2.8がメインで超望遠が必要なときは70-200F2.8を使うことで活用してます。 中央部しかAFができない点はフォーカスロックがしにくい分、非常にやりにくいですが。。。 【V1では一眼レフと共用できたバッテリーも他機種では廃止とFマウントユーザーでさえ、併用のメリットのないシステムでした。】 V1と一眼レフの共用バッテリーは便利でしたね。 でもこれもニコン1と一眼レフの共用することが基準の利点であり(何度も書いたかな)一機種のニコン1だけ使用するユーザーにはあまり関係ないですよね。一眼レフとニコン1シリーズを同システムとして考えた場合には重要ですがそれはどのくらいの需要なんでしょう? 【Nikon 1を買ってしまった人がステップアップしようとしてもFマウント機に行くメリットは「ほぼ皆無」です。】 ニコン1から一眼レフにステップアップにFマウントにいけない(メリットがない)のはニコン1の価値を落とす何%の要素でしょう? フジにはフルサイズがないのだからメリットどころかAPSからステップアップ(フジのAPSがフルサイズの格下とは思いませんがあえて『ステップアップ』という言葉を使うためにこの表現をしました)もできませんが、フジのカメラの価値を落とす要素であるとは思いません。 (いきなり中版に行っちゃうユーザーは多くないと思うけど。。根拠なし) 【D3000/5000系のキットレンズだけで完結した人は、レンズ一体型でも充分な人ですが、交換レンズなどのシステムを拡大する余地はありますしその後にDX上位機やFX機を買った時にサブ機として有効に活用できます。】 最初にM-KEYさんがJ5をキットレンズしか買わなかったユーザーが多いと書いたんですよね?J5でもFマウントレンズに比べれば少ないですが【交換レンズなどのシステムを拡大する余地はあります】よ。...
  • User Avatarnroff2018年4月の新品・中古デジカメ人気ランキング(デジカメWatch)へのコメント(05/20 22:25)
    →周りをみると、α7系は、「乗り換え先最有力候補のサブ機」に見えます。 一眼レフのシステムを残したまま、買い増ししている人が多いような気が。 一応「サブ」なので、複数台所有の必要はなく、ボディは「買い増し」せず、買い替え。
  • User Avatarニコン好き2018年4月の新品・中古デジカメ人気ランキング(デジカメWatch)へのコメント(05/20 20:40)
    →ニコンとキャノンのフルサイズEVF内蔵ミラーレス機が出たら ソニーα7系の場合「買って失敗」になりそうな気がしますが
  • User Avatarニコン好き2018年4月の新品・中古デジカメ人気ランキング(デジカメWatch)へのコメント(05/20 20:36)
    →安心しました。 このまま油断せずにニコンさんには、頑張って欲しいですね。 ニコンのミラーレス機どんなのが出るか待ち遠しいです。
  • User AvatarM-KEY2018年4月の新品・中古デジカメ人気ランキング(デジカメWatch)へのコメント(05/20 19:37)
    →ソニーα7系の場合「買って失敗」というよりも後継機への買い替えが多いと思います。
  • User AvatarM-KEY撮る道具としての完成度が高まったフラッグシップ機――FUJIFILM X-H1(デジカメWatch)へのコメント(05/20 19:28)
    →システムカメラは、メーカー視点では「囲い込み」でユーザーを縛りますが ユーザー視点だと、レンズやアクセサリーの互換性や将来性、用途による使い分けなど そのメーカーのシステムで揃えることによるメリットを享受できる利点があります。 フジの場合、レンズ一体型も含めてスピードライトやバッテリーを共用できます。 フィルター/フードアダプターのように汎用品を使えなようにしたこともありますが そのコンセプトも含めて、中判のGFXまでシリーズとしての共通性が確保されており、 X70を他社機のサブに買ったユーザーが、レンズ交換式のXシリーズに移行する 足がかりになるという効果が期待できます。 一方、Nikon 1 はアクセサリーシューの互換性もアダプターもなく、 かろうじてFマウントレンズをアダプターで使えるけれど 機能制限が多く、画角変化も大きいのでレンズ共有のメリットは少なく V1では一眼レフと共用できたバッテリーも他機種では廃止と Fマウントユーザーでさえ、併用のメリットのないシステムでした。 (まちがって)Nikon 1を買ってしまった人がステップアップしようとしても Fマウント機に行くメリットは「ほぼ皆無」です。 D3000/5000系のキットレンズだけで完結した人は、レンズ一体型でも 充分な人ですが、交換レンズなどのシステムを拡大する余地はありますし その後にDX上位機やFX機を買った時にサブ機として有効に活用できます。 EOS Mは初号機の完成度は低いもののEOSシステムの一角としての メリットは十分にあります。 ソニーの場合、Eマウント機はAマウント機との併用メリットは小さいですが...
  • User Avatar2018年4月の新品・中古デジカメ人気ランキング(デジカメWatch)へのコメント(05/20 16:47)
    →ソニーなら、タイマー前提だから、 ある意味あきらめがつきやすいよね。
  • User Avatarken撮る道具としての完成度が高まったフラッグシップ機――FUJIFILM X-H1(デジカメWatch)へのコメント(05/20 16:01)
    →ここでは、たくさんいる=複数の人って意味で書いたんじゃないけど。。。 まあいいや。 【自社の一眼に忖度した】 忖度したかどうかはわからないけど ニコン1が出た時は一眼レフと同等というより コンデジのグレードアップという感じがしました。 育て方が悪かったとの意見もありますが 一眼レフと同時進行するメーカーと ミラーレスしかないメーカーではやっぱり違ってしまいますね。 だからと言ってVシリーズの迷走は仕方なかったとは言いませんが。。。 で、上の匿名さんも【ダメシステム】とありますが あなたのシステムカメラの定義を教えてもらえますか? いいシステム、ダメシステムの定義も含めて。
  • User Avatar2018年4月の新品・中古デジカメ人気ランキング(デジカメWatch)へのコメント(05/20 13:04)
    →>隣に老舗メーカーユーザーがいると、肩身が狭いのは本音としてあるね。 使ってる道具や周りを気にして生きてるんですね 今時の若い人ならブランドとか気にしないしくだらん見得の世界じゃないとこに出た方がいいのでは?
  • User Avatar撮る道具としての完成度が高まったフラッグシップ機――FUJIFILM X-H1(デジカメWatch)へのコメント(05/20 12:45)
    →ニコワンが自社の一眼に忖度したダメシステムなのは事実だ。 複数の人が指摘してもおかしくない。
  • User Avatar2018年4月の新品・中古デジカメ人気ランキング(デジカメWatch)へのコメント(05/20 12:40)
    →クレジットカード現金化も含んでいるだろうね
  • User Avatar沖縄旅行にレンズベビーを持って行ったら(デジカメWatch)へのコメント(05/20 12:27)
    →F1.8をF8と書き間違えたんだろう。 そもそもこのレンズには電気接点は無いので 絞り値がカメラに自動記録されるわけではない。
  • User Avatarnroff沖縄旅行にレンズベビーを持って行ったら(デジカメWatch)へのコメント(05/20 11:41)
    →収差を利用したソフトレンズならば、f8.0でこんなにボケているのは納得いきません。 エレメントの一つがソフトンになっているだけなのでは?
  • User Avatar強化されたリアル・レゾリューション・システムや高感度画質をチェック!――PENTAX K-1 Mark II(デジカメWatch)へのコメント(05/20 10:56)
    →原稿料に応じた内容とさせていただきました、はい。

アーカイブ