デジタルカメラ情報サイト

【売り場面積の50%】ソニーがデジカメ事業を成長のカギと位置付ける理由(日経トレンディネット)

【大河原克行の数字で見える“デジタル業界”】
事業を3種類に分類して取り組む
売り場面積の半分がデジカメ?
ユーザーとの継続的な“接点”を構築

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (12)

    • 匿名
    • 2015年 3月 23日

    カメラレンズって継続的に買い続けるものではなくて、一通り揃ったら終わりなものに思うけどなぁ。
    今は売れていても、すぐに手詰まりになりそう。実際、APS-C Eマウントは風前の灯?だし。
    しかも、製品寿命が長いから、システムとして長く維持しないといけないし。
    αシステムを頑張って維持しているのは評価しているけど、効率的な経営(=ぼろ儲け)とは真逆な気がする。

      • M-KEY
      • 2015年 3月 23日

      システムカメラの場合、マウント縛りやアクセサリーの互換もあるので、
      よっぽど不満があるとか、代替機種が用意されないとか、
      他社から魅力的な製品が出た、等の理由がないかぎり、
      同じシステムを使い続ける傾向は高いと思います。
      デジタルになって各社の画質傾向の差もあります。
      EマウントのAPS-C機も新レンズはしばらく出ていませんがα6000は人気で、
      「風前の灯」というより「システムの一応の完成」と言うべきでは?
      とはいえ、ソニーの場合「将来が見えにくい」という不安は大きいです。
      Eマウントレンズは「FEを充実させる時期」なのはわかりますが、
      これだけレンズが出ないと不安になりますし、Aマウントも先行きが・・・
      そもそも、ソニーは後継機を出さずに放置するのがお家芸なので余計に不安。
      α700の生産完了からα77までの空白はまだいい方で、
      昇華型プリンターやカーナビはいつの間にかフェードアウトしちゃうし
      短焦点プロジェクターも放置中と前科がいっぱいです。

      • 匿名
      • 2015年 3月 23日

      ソニーの場合は、いったい何をしたいのか見えにくいのが印象です。
      αをミノルタから譲り受け、α900を作ったにも関わらず、
      一眼レフを封印して透過ミラー機に走ってみたり、
      EマウントのNEXを始めたと思ったらNEX名を引っ込めて、
      お次はEマウントのフルサイズ化と・・・
      何が売れるか分からないし、とりあえずなんでも出してしまえー、
      的なところが面白さでもありますが、安定性の無さでもあります。

      カーナビ、カーステレオも知らないうちに撤退、
      ロボット犬も撤退、パソコン事業も売却、テレビも分社化の一方で、
      不動産事業、保険、銀行など事業を拡げています。
      一体なんの会社になりたいのかも不透明です。
      たまたま今はデジカメ関係が堅調だから今のスタンスなだけで、
      状況が変われば、もうどうなるか分からないでしょう。
      なので、私の場合ソニーについてはRX100など、レンズ一体式は購入対象なれど、
      レンズ交換式システムカメラについては手を出す気にはなれません。

        • 襤褸猫
        • 2015年 3月 24日

        つ「General Electric」最早電気屋でも何でもありませんw(重電屋ではありますが)

        それはともかく、

        まだミノルタを吸収する前のF828とかとにかくスタイリッシュなT1とか、性能はともかく(どちらもソレほど大した物じゃないですし、当時としてもw)何かやりたい意思と、メモリースティックに代表される独りよがりさとか、良くも悪くも悪くもwオリジナリティの塊でした。
        今は単に35mmサイズの画像素子をのっけたカメラを尤もらしい事言ってマウントが削れるような代物を平気で出しますから…これ(作りのヤワさ甘さ)も昔からでしたねw

        • 匿名
        • 2015年 3月 24日

        もはや、昔のソニーとは違いますからね。
        10年後、なんの会社になってるか見ものですね。
        センサー事業も売却し、
        絶対なくならない食品業界に進出したりして(笑)

          •   
          • 2015年 3月 25日

          馬鹿にしたもんでもないですよ。
          なんたって昨年は金融より電気製品の利益の方が有ったみたいですから。
          #まるで電機メーカーの様だ。

          • 匿名
          • 2015年 3月 25日

          韓国にうっちゃ絶対ダメ

        • 匿名
        • 2015年 3月 25日

        企業としてみると普通の事の様には思えますけどね。
        単純にヒットしきれないから続かないだけで処分するという流れ。
        保険やゲームはちゃんと利益だしてる分続ける様だしカメラ関係だとセンサーが優れてるのは間違いなくここに投資するのも自然だと思います。

        ま、色々手を出すのも当然だしキャノンやリコーなんかも既に複合機の会社ですしね。

          • M-KEY
          • 2015年 3月 25日

          >単純にヒットしきれないから続かないだけで処分する

          株主目線なら正しいかもしれませんが
          ユーザーから見れば「気にいっているのに後継が出ない」
          という事例が多すぎる感があります。
          一方で一年くらいでモデルチェンジする事もあり
          先が読めなくて安心してシステムを組めません。

            • 匿名
            • 2015年 3月 25日

            今の惨状はユーザーを切り捨て続けた結果に思えるから、
            長期的に見れば、株主目線ですら正しいのか怪しい。

            個人的には、NEX-5系が途絶えてソニーに切り捨てられた気分。

            • 匿名
            • 2015年 3月 25日

            株主目線というけど、ソニーのコンデジ以外で利益が充分出るくらいの
            ヒットってありましたっけ?
            続けるだけの利益を出しているか、本体が安泰であれば問題ないけど現状厳しいので切るのは仕方がない事。
            現状で言えばニコン1やペンタQ、EOSMなんかも似たようなもんでしょう。
            システムカメラだからという事はあるにはあるから続けて欲しいというのもあるでしょうけどじゃ、ユーザーがメーカーを助けてくれるほど金落としてくれるのかというとこじゃないのかな。

            自分はカメラじゃないけどメーカー勤務でメーカーの厳しさはよくわかるのでね。
            ユーザーでもあるけどどちらかといえばメーカー目線だな。
            ちなみに株主ではないんで株主目線じゃないけどね。

            よく、電車がなくなるのを嘆くようなものでなくなるときはあれこれ言うけど実際乗る人少なくて利益もなけりゃ仕方ないだろうと何時も思うけど同じようなもんかな。
            あとは単純に金を出させるだけのものがないのであればメーカーもユーザーも諦めるしかない。

            • 匿名
            • 2015年 3月 26日

            いつまで継続するのか読みづらいシステムを
            わざわざ買おうとは思わないのも人情。
            α900、700後継を出さず、そのまま事実上の終了をさせたり、
            TLMみたいなギミック路線に走ってみたり、
            落ち着きの無さではチャンピオンですから、
            安心して買いたいという観点においては選択外となるのも事実でしょう。

            プロフィールの頃のソニーはほんと輝いてたんだがなぁ。
            カメラを通じて感じるソニーは、そこら辺の行き当たりばったり家電屋級。
            時代が変わり、ソニーも変わった、という事なんでしょうか。
            トリニトロンの時代は価格が多少高くても指名されたソニー、
            そんな時代すら知らない世代がわんさか増えていく今後、
            どうなるんでしょうねぇ。。。

コメントは利用できません。

大阪梅田でキヤノン新製品イベント開催中 明日22日まで(デジカメWatch)

ニコン「D7200」、旧モデルからの乗り換えに最適な高速APS-C一眼レフ(日経トレンディネット)

最近のコメント

アーカイブ