デジタルカメラ情報サイト

センサーシフトで超解像「PENTAX K-3 II」(デジカメWatch)

流し撮り対応など、手ブレ補正やAF性能も向上
新たなSR応用技術「リアル・レゾリューション・システム」
新AFアルゴリズムで追尾性能を強化
回折補正など、K-3継承の基本性能

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (85)

    • くま
    • 2015年 4月 23日

    内蔵ストロボを追いだした理由と、今時Wi-Fi接続に追加投資が必要だという処に合点がいかない。
    どう考えても、万人が星を撮ったり山登りをするとは思えない。
    何か目先が狂っちゃあいねえか?

      • ?
      • 2015年 4月 23日

      ターゲットユーザーがそうなんでしょう。

      # 万人向けは他社、とりわけキヤノンにでもまかしておけばいい。

      • 匿名
      • 2015年 4月 23日

      いやこれかなり魅力的なんだが。
      金属筐体のカメラってGPSやWi-Fi内蔵が難しいのよね。

      外付けユニット無しにアストロトレーサーが使えるし、
      従来GPSユニット付けたままだと使えなかった
      クリップオンタイプの外付けストロボが共存できるのは、大変嬉しい。

      細かい更新も嬉しいポイント。

      どうしても内蔵ストロボ欲しいなら
      従来K-3等を買えばいいだけの話。

      • 175でした
      • 2015年 4月 23日

      ちょっとくまさん忘れてますよ。
      ペンタックスのエンジニアは変態だと言う事を。
      画像エンジン処理の点差でもあるけどね。

      • kuro
      • 2015年 4月 24日

      個人的には、メモリーカード内蔵WiFiの方が、カメラを代えても接続設定やアクセス方法が変わらないので便利だと考えます。
      WiFi接続はたまにしか使わないので、特定のメモリーカードをカメラに挿せば、どのカメラでも同じ様に繋がるのは、とても便利です。
      メモリーカードは使いまわせますから、追加投資も発生しません。

      •   
      • 2015年 4月 24日

      上位機種にストロボ内蔵は要らないよなぁ。
      どうせ下位機種と大差ない気休め程度のものしか入れられないのだから。

      勿論、その考えを覆すようなストロボを内蔵して来るというのであれば、
      諸手を上げて歓迎しますが。

        • 匿名
        • 2015年 4月 26日

        賛成。平均的な内蔵ストロボならそこまで必要ないよね。

        同じ様な機能を普通に搭載するより、
        このカメラしか出来ない、そういう尖った部分の方が魅力的。

        単体で星を追尾撮影できるなんて、凄いことですよ。
        内蔵ストロボ欲しければ他に幾らでも選択肢あるんだし。
        似たような製品ばかりより、こうした提案はおおいに支持したい。

      • 匿名
      • 2015年 4月 26日

      これって上位機種なんですかね?いやペンタでは上位機種だけどニコンやキヤノンでは中位機種でしょ。私は個人的にはこのぐらいの機種なら内蔵ストロボは必要と思うし。GN10とかでもマクロ撮影では十分ですよ。10mくらいの被写体なら十分。ただwifiが必要かどうかはかなりユーザーによって意見が分かれると思う。みんながみんな画像をネットに上げるとは思えないしwifiなくてもmicroSDをSDXCへの変換アダプタがあるからネットに上げたきゃそれ使えばいい。メモリカードを取り外す手間は少しかかるけどね。
      GPSはいらないようで便利な機能と思う。何年も後にコレどこで撮ったっけということが必ず出てくるよ。記念写真を撮ったとして後てその場所が精密に分かるんだったらいいじゃないか。ただGPSのためにストロボが犠牲になったのならどっちを優先したいか迷うところ。

        • M-KEY
        • 2015年 4月 26日

        上位機かどうかはともかく、CNでなくあえてペンタックス、
        それもK-S2でなくK-3 IIを選ぶ人は、目的のハッキリした人でしょう。
        この機種に内蔵フラッシュが無い事が「買わない理由」にはならないハズです。
        もし、BTOでGPSと内蔵フラッシュを選べるならGPSを選択する人が多数でしょう。

          • 匿名
          • 2015年 4月 26日

          pentaxの内蔵フラッシュは外付けストロボのワイヤレスコマンダーとしても使えるのであればあったで便利。
          何にしても他人の使いかたまで決めつけ無いでほしい。

          • 匿名
          • 2015年 4月 26日

          そうでうかね?レンズラインナップの劣る中、あえぺンタックスを選ぶ理由は?DD400が出ない中8/コ秒にこだわあるか、レンズはサーだp-ティーに頼るか。でもある使い方にマッチるるならいいでしょう。

    • M-KEY
    • 2015年 4月 23日

    GPSもWi-Fiも両方内蔵してたらベストですが
    「どちらか一方」ならGPSを内蔵という判断は正しいでしょう。
    Wi-Fiを使いたいならフルカードを使えばいいわけで
    これは外部GPSユニットをホットシューに付けるよりもスマートです。
    それにGPS内蔵ならカメラ内蔵時計が正確というメリットもあります。

    • キツツキ
    • 2015年 4月 23日

    レンズで手ぶれ補正できるものだったら、ぶれ補正をするレンズをうまくコントロールすれば同じ事が出来るでしょうかね。

      • 匿名
      • 2015年 4月 23日

      並進ブレに対応したタイプなら可能だと思うけど、そんなのデジカメ用では聞いたことないですね。
      また、カメラ毎に異なる画素ピッチに対応するよう制御しないといけないので、現実問題、不可能だと思います。

      • kuro
      • 2015年 4月 24日

      同一マウントでもセンサーの画素ピッチはカメラのモデル毎に異なりますから、ボディがレンズに対して焦点位置の移動を絶対値で指示する必要が有りますが、ボディ・レンズ間でそのような指示が出来るプロトコルが用意されているとはとても考えられないです。
      レンズ内蔵のブレ補正は、露光時間内の光軸変動で焦点位置が移動しない様に制御しているだけだと思います。

      • キツツキ
      • 2015年 4月 24日

      「デジカメ用では聞いたことないですね」….聞いたことがないからこの書き込みをしました。既にあるなら、誰かが「ここに出てるよ」と教えてくれます。

      「異なる画素ピッチに対応するよう制御しないといけない」….レンズはボディーで個別に特定しているし、原理的に可能でしょう。

      「出来るプロトコルが用意されているとはとても考えられないです」….ええ、ですからこの質問をしたのです。

      技術は進歩するし、物理的な法則を無視していない限り、不可能であるという証明はとても難しいのです。出来るか出来ないかと問われれば、私は原理的に出来ると答えます。現在のレンズ手ぶれ補正の最小移動距離がどれくらいで、1ピクセル分だけ制御できるかどうかが鍵だと思います。

      (話題のレベルは全く異なりますが、29年前ホンダがジェット機製造に着手した時、おそらくほとんどの人たちは狂気の沙汰と思ったに違いない。でもジェット機はすでに世の中にあった。近頃とみに感動した事例です。)

      ピクセル上の像を動かすのは相対的ですから、どこを動かしても原理的に実現できます。すでにオリンパスが実現しています。ブレ補正をレンズでやるか、センサーでやるかの選択ですね。

        • 匿名
        • 2015年 4月 24日

        クレクレ君がそんなデカい顔するもんじゃない

          • キツツキ
          • 2015年 4月 24日

          クレクレ君って??

            • 匿名
            • 2015年 4月 24日

            ネット荒らしに対する基本
            ・まともに相手にしてはいけない!
            ・基本はひたすら無視! 不用意に敵の挑発に乗るな!

            • クレクレ君ってのは
            • 2015年 4月 26日

            これのことだよ

            >「デジカメ用では聞いたことないですね」….聞いたことがないからこの書き込みをしました。既にあるなら、誰かが「ここに出てるよ」と教えてくれます。

            下のkuro氏は俺と違って優しく諭してるけど
            そんなどう見ても素人の勝手な思い付きを
            さも当たり前のように誰かが説明してくれるだろうと
            ドヤ顔で長文垂れ流されてもね
            M-KEYかっつーの

        • kuro
        • 2015年 4月 25日

        原理的に実現可能なことと、現在あるものを利用して実現可能なことは、分けて考えましょうよ。
        レンズ内ブレ補正はレンズ側だけで成立し、カメラ側での対応が不要なのが特徴なのだから、カメラ側から結像位置を移動させる制御プロトコルが、「現在存在するレンズ」にあるとはとても思えません。

        ただでさえレンズとボディ間の通信異常で問題が起きることがあるのに、全くの新規の機能を追加すると過去に出荷した物との互換検証にものすごい手間が掛かる事になります。
        追加機能をサポートしない組み合わせでも、悪影響が出ないことの確認は必要になります。

        なので、単一ボディ内で完結できるケースと、全てのレンズを巻き込むケースを同一に扱うことは出来ません。

    • 匿名
    • 2015年 4月 23日

    GPSかwifiかというならwifiかな。wifiSDカードは使いにくい。でもどうせならiOSかアンドロイド積んでネットに直接接続したい。せっかく綺麗なモニターと高性能なCPUがあるのだから、常に最新アプリ入れて、加工編集したり、撮ったそばから自動でクラウドに放り込む。プロも使うハイエンドカメラにはそれくらい入れて欲しい。

      • 匿名
      • 2015年 4月 23日

      >プロも使うハイエンドカメラにはそれくらい入れて欲しい。

      プロが使うハイエンドカメラは、金属ボディ主体だから
      wifiやGPSを内蔵しても必要な性能が出せないのですよ。
      堅牢性と両立させなきゃならないから、そこが難しいところ。

      だから別の手段でそれぞれ準備されている。
      確実性も求められるハイエンドカメラゆえに、
      しっかり性能が確保されることが大切ゆえに外付けになる。
      D4Sや1DXだって内蔵されていませんが、
      ちゃんと理由があってのこと。

      K-3は中級クラスの割には金属使用率が高いだけに
      ペンタ部をプラにしてGPSだけ搭載するにも
      結構な苦労があったんじゃないかと思う。
      まあ、ストロボを選ぶかGPS,電子コンパスを選ぶか、
      どんな反響があるか注目しましょう。

      • 匿名
      • 2015年 4月 23日

      iOSやアンドロイドだと電源オンオフのたびに酷く待たされる羽目になりますよ。デジカメは電話ではないですからね。しかもアンドロイドとかを積むということはパソコンと同等になるわけですからバッテリの消費も激しいでしょう。ネットにつなげたのは良いが肝心の撮影するための電源がないのでは問題です。サムソンのNXはアンドロイドだけど実用になっているのかな?下手すると電源切るのがめんどくさくなって毎日バッテリを充電していたりして。
      いや、もちろん先にパナが出したスマホの機能があるデジカメはありとは思っていますよ。

        • 匿名
        • 2015年 4月 23日

        失礼しました。Androidを搭載しているのはGALAXY NXのほうでこれはスマホ機能のあるレンズ交換式ミラーレスカメラでした。ですので電源は入れっぱなしで使います。ただやっぱり電池は食うようで大きなバッテリーが入っていました。

          • 匿名
          • 2015年 4月 24日

          また訂正で申し訳ないですがこれには電話をできる機能はないみたいですね。惜しいなぁ、どっちにしろ電源入れっぱなしなんだから通話機能はあっても良いと思いますね。

        • 匿名
        • 2015年 4月 24日

        iPhone6pでも150gしかないのに電話もネットも写真も使って数日持ちます。DSLRにちょっと大きいバッテリー積んで、通信ONOFFをうまく制御すれば十分実用出来ると思いますし、ライカMの底蓋のように一部を樹脂パーツにして通信障害を無くすことは出来ると思うんです。ユーザー目線で考えると、単体でスムーズにネットにつながるハイエンドデジカメは売れると思うし、いずれそうなるでしょう。

          • 匿名
          • 2015年 4月 24日

          ネットに振り回され過ぎでは?
          幕の内弁当ばかりじゃつまらないよ。
          ハイエンドはハイエンドらしく、
          中途半端な便利機能なら載せない!くらいでいい。

          • 匿名
          • 2015年 4月 24日

          ネットに繋がって何をしたいのか 次第でしょう。
          繋ぐだけならWifiで充分ですし。
          GPSにしても内蔵して新しい提案があれば納得ですが単に内蔵しましただけでは
          賛否出るのは仕方ないところでしょう。
          私としてもGPS等はスマホと繋げればいいと思うのでわざわざ内蔵する必要性は感じないです。
          アストロトレーサー自体もスマホ連携でいけると思いますし。

            • 匿名
            • 2015年 4月 24日

            スマホ依存症だな
            怪しいアプリで色々抜き取られても気付かない人か?

            • M-KEY
            • 2015年 4月 25日

            ペンタックスの場合、フィールド特化を目指しているし
            アストロレーサとの連携面からもGPS連動の有用性は高いと思います。
            スマホとつないで位置情報は連動してもカメラの向きまでは無理です。
            (それにカメラ内蔵時計が正確という利点も大きいです)

            エントリークラスや小型軽量機ならWi-Fiによるスマートリモコンは便利ですが
            ミドルクラス以上なら信頼性や確実性で有線リモコン、もしくはオプションでラジオコントロールでしょう。

            SIMカードを挿して通信機能を持つカメラというのもアリだとは思いますが
            カメラは本来は待ち受けの為に常時電源がオンのである電話と違う性格のモノです。
            ネットにダイレクトに転送できる機能は便利ですが、それならNFCでもいいです。

            • 匿名
            • 2015年 4月 25日

            > それならNFCでもいいです。
            NFCはWifiに比べて桁違いに遅い(106kbpsとか)ので、3MB位のjpgでも1枚転送するのに数分かかりますよ?

            • M-KEY
            • 2015年 4月 25日

            NFCのデモを体験しましたが、転送速度はWi-Fiと大差なかったです。
            タブレット用にリサイズされたJPEG画像はものの2〜3秒で転送していました。
            Wi-Fiならペアリングしている時間で数枚の画像が転送できるので
            クラウドに元画像を数十枚もアップするのならともかく
            ブログなどにアップする用途ならWi-FiよりもNFCが早いのでは?

            • 匿名
            • 2015年 4月 25日

            「カメラの向きまでは無理」
            底は少し応用くらいしましょう。
            接続時にスマホを液晶にあわせるなりして位置を決めればスマホはGPSも電子コンパスもあるので問題ありません。
            Wifiとの距離と方位でも可能かのうかもしれませんが。

            GPSでやたらと時計を気にしますが時計メーカーにひきづられてるのでしょうか?
            時計くらいはスマホと繋げば簡単に設定出来ます。

            GPSの問題もあり、GPSは測位が遅い、常時接続するには電池を食いすぎる、室内等では即位が出来ないという問題がありおそらく運用すると時計を正確になんてのはないと思いますよ。
            そういった問題もあるなかであえて積むだけの提案があれば理解出来ますがアストロトレーサー(レーサーではありません)のみだとほとんどの方は必要ないでしょう。

            • nroff
            • 2015年 4月 25日

            今調べてみたら、NFCによるファイル転送と、ペアリングだけをNFCで行ない上位の通信で転送する「ハンドオーバー」は違うようですよ。ご参考まで。
            http://www.nfc-world.com/about/02.html

            • M-KEY
            • 2015年 4月 26日

            私が体験したのは、ペアリングはNFCで、実際の画像転送はWi-Fiだったようです。

          • 匿名
          • 2015年 4月 24日

          使ってもいないのに電源を入れっぱなしにするのには抵抗があるなぁ。スマホは例外としても

            • 匿名
            • 2015年 4月 24日

            というか、電話は毎日使うけどカメラは毎日使わないから電源を入れっぱなしでカメラバッグから取り出したら必ず電池を入れ替えないといけない羽目になるというオチ。

          •   
          • 2015年 4月 24日

          DSLRで写したものを即、クラウドに投げて見る事を考えると判るよ。
          キャリアの制限容量なんかあっと言う間に超えてしまう。
          キャリアの一ヶ月の転送容量の基本は7GBで多目に契約している人で10GBだよね?
          でも、このクラスのカメラに入っているメモリーカードって、そんなに小容量ではないよね?
          ちょいとケチって居る人でも、値段のこなれた32GB程度は入れているでしょ。

          で、そこから取捨選択してネット上に上げるのであれば、常時繋がって居る理由は無い。
          個人的にカシオが EXILIM EX-ZR1600SRでやっている様なBluetooth Smartを活用する方向の方が正しいと思う。
          まあ、あれももう一つ常用域には辿りついていない感が有るが。

            • 匿名
            • 2015年 4月 24日

            多分クラウドに上げたいというのはキャリアを使うんじゃなくて駅とかコンビニとかwifiの入る場所に行って写真を上げるということじゃないですか?でもアマチュアはともかくプロはwifiの入る場所に行くわけにいかない場合があるから、まぁやっぱりそこのところは写真を厳正に選んで送ることになるんじゃないですかね?
            でもスレ主さんのいうようにハイエンドなカメラにネット接続機能が必要かは、接続する手段はあってもいいですが、標準で必要かどうかというと、あんまり思わないです。

            • 匿名
            • 2015年 4月 24日

            確かに常時接続で全部送る必要はないと思いますが、スマホのように、カメラの液晶で数枚、数十枚をパパパッと選んでDROPBOXとかfacebookとかtwitterにアップロードして共有できたら、何でもDSLRで撮りたくなる。今はスマホに転送して使ってますが、その手間とタイムラグが無ければいいなあと思います。出来ればDSLRで綺麗に撮りたい場合でも、速度優先でスマホってことは結構ありますから。

            • 匿名
            • 2015年 4月 24日

            確かにネットにワンアクションでネットに上げられたら便利です。キャリア経由で画像をネットに直接上げられるDSLRはGALAXY NXだと思いますが、コレ、なんだか特殊というか非常に限られたコアなネットユーザーが使うのかなぁって思います。電源は切ったら再立ち上げに時間がかかるので切れませんから電池の充電も頻繁にしないといけないし2,3日もほったらかしていたら電池交換ですよね。だから毎日写真を撮ってネットに上げる、そういうカメラですね。

        • 匿名
        • 2015年 4月 24日

        スマホを使ってないんでしょうか?
        電源オンオフなんて再起動時くらいしかすることはなくて通常はスリープだから
        復帰は一瞬ですね。
        スリープ時にはほとんど電池は消費しないのでスリープだけなら電池云々は意識する事は
        ないです。

          • 匿名
          • 2015年 4月 24日

          私のXPERIAはスリープでもかなり電池食いますが自分だけの問題ですかね。いらないアプリとかプロセスとか外してあるけど

            • 匿名
            • 2015年 4月 24日

            iphoneは待機電力少ないですよ。ネットをしなければ1日で10%くらいしか減りません。電話のための待機をしなくていいカメラならもっともつのでは。

            技術的なことはともかく、ユーザーとしてはスマホ並みに簡単にクラウド保存、アップロードできたらいいなと思いますけどね。家族や友人と共有するにもデジカメだと一手間、ふた手間余計にかかりますから。絶対必要というわけじゃないけど、出来たほうがいいとは思う。カメラだとちょっとだけ面倒だからスマホで撮っているケースって多いんじゃないでしょうか。

            • 匿名
            • 2015年 4月 24日

            iPhone6Plusだと朝から夜までで待機電力3%くらいかな。

            • 匿名
            • 2015年 4月 24日

            iphoneのほうがいいんですか。オープンソースのアンドロイドなら装置メーカーは好き勝手できますがiphoneの場合はアップルが気に入らなければ作れないところが最大の障壁だと思います。

            • 匿名
            • 2015年 4月 24日

            古いXPERIAでしょうか?
            今のはスタミナモードを使えば充分持ちますよ。
            一日にメールを数回、ネットを30分~1時間程度やるだけなら3日は持ちます。
            古い機種でも何が電池を消費してるか把握してやれば対策は取れるはずですが。

            • 匿名
            • 2015年 4月 24日

            最新のZ3です。スタミナモードですか、探してみます、有難うございました。

            • 匿名
            • 2015年 4月 24日

            Z3ですか。
            それならスタミナモードを設定しておけば問題ないかと思います。
            設定>電源管理>電池使用量で上位に来る常時必用でないのを設定しとけば
            スリープ時は一切電池食わなくなりますので。
            LINEとか常時必用なのは入れられないですが。
            最終的にはディスプレイとOSが上位に残るようになるかと。
            それでも残る場合は一度再起動ですね。

    • くま
    • 2015年 4月 25日

    皆さん色々仰ってるけど、このカメラはWi-Fi内蔵していないんでしょう?
    「外付けで別売り」なんですよね。
    カメラ会社のアクセサリー製品なんて、同等品の市場価格無視で超高額なのが普通ですよ。
    いったい幾らになるんでしょうね?安めのレンズ一本買えるくらいかな?

    それとこのカメラ、「動かないような物を連写合成して高解像度を得る」とか言う機能付きなんでしょう?
    だとすると、持っていれば「ブツ撮りなんかに使おう」と思う人が多いんじゃないですか?
    Wi-Fiが備わっていれば、外部モニターから見て撮影したり出来ますよね?
    連写合成なんてものは三脚固定が必須でしょうし、どうせ被写体が動かないのだったら大きな画面で見た方が有利ですよね?
    モニターで鑑賞するのが主流になってきた今日では、その方が鑑賞時の実画像に近い結果を直接確認出来そうだし。

    あと内臓フラッシュは、所謂「緊急避難的に」利用されることが多いのだから、有った方がいいですよ。
    GPS常時Offで生涯星を撮らない人は結構な割合で居ると思いますが、「装備されていた内臓フラッシュを一度も使ったことがない」という人は、全てのカメラユーザーの中でも希有な方ではないでしょうか。

      • 匿名
      • 2015年 4月 25日

      このカメラしか選択肢がないならともかく、
      使い分ければ良いだけでしょう。
      いまやユーザー側も適する機材を見極める能力が必要ですよ。
      各社上級機種をご覧なさい。

      • 匿名
      • 2015年 4月 25日

      このカメラはデュアルスロットでwifiはフルカードを使ってくださいってことになっていますね。フルカードはそんなに高くないからいいんじゃないですか?ニコンD4に付けるwifiアダプタはバカ高いですけどね。

        • 匿名
        • 2015年 4月 25日

        仕方なくflashairを使ってますが、カメラによっては全く使えなかったり、通信on/offが出来なかったりしますし、遅いですし、途切れたりしますし、めっちゃバッテリー食いますし、不便なことが多いです。あんな小さなカードに安価で入る機能なら、全てのカメラに入れてもいいんじゃないかと思います。
        GPSやアストロ機能はその分野のマニア向けだと思うんですが、他社にないニッチを狙ったんでしょうかね。

          • 匿名
          • 2015年 4月 25日

          そうですか。GPSは後になってこれどこで撮ったっけと思うことが少なくないのであってもいいと個人的には思いますが、アストロ機能は完全にマニア向けですね。でもソフトで実現できそうな機能なので完全にオマケ機能かな。
          私は画像を保存するという大事なことをwifiに任すことが出来なくてあいかわらずカードリーダです。転送量も多いですしね。一枚だけというならwifiでいいと思いますけどね。

          • 匿名
          • 2015年 4月 25日

          撮影場所がよく分かってて固定された(あるいは殆ど移動しない)場所と決まってる人はGPSなんていらないだろうね、でも縦横無尽に移動しながら被写体を探し・・・みたいな人にはありがたく感じるものです。
          私は後者なんだけど、数年前からロガー持ち歩くようになって、特に土地勘のない都道府県や海外の移動ではもう無くてはならないものになってしまいました。

            • 匿名
            • 2015年 4月 25日

            自分もロガーですね。
            常時捕捉出来るしカメラに関係ない移動もちゃんとのこしてくれるので旅の記録としては有り難いものです。
            それもあって不便なカメラ内GPSの必要性は感じないです。

            • 匿名
            • 2015年 4月 25日

            全く無知で教えてクレクレで申し訳ないのですが撮った写真のEXIFにGPSロガーのデータを反映できるのですか?

            • 匿名
            • 2015年 4月 25日

            > 撮った写真のEXIFにGPSロガーのデータを反映
            カメラ側の日時が合ってる事が前提ですが、専用GPSロガーを用意しなくてもスマホでGPSログを保存しておき、後で写真のEXIFに反映できるみたいですよ。
            例えば下記URLではiPhone+ViewNX2の例を紹介しています。
            http://aroooy.net/?p=4595

            • M-KEY
            • 2015年 4月 26日

            撮影画像にロガーの情報を関連づけする手間が加わりますし
            前提としてカメラ内蔵時計を合わせる必要がありますね。
            移動経路も知りたいならロガーが必要ですが
            撮影場所や方向の記録ならカメラ内蔵GPSの方が便利でしょう。

            何度も書きますが、K-3 II はフィールド特化というコンセプトなので
            Wi-FiよりもGPSを優先したのは問題ないと思います。

            • 匿名
            • 2015年 4月 26日

            測位の手間を無視して便利と言われても。
            GPS使われた事あるんでしょうか?

            • 匿名
            • 2015年 4月 26日

            あー、VEIW-NXを使う方法はjpegファイルにしか適応できませんね。私はRAW形式で保存しているのでM-KEYさんの言うとおりGPSを内蔵するカメラに買い換えるしかないのか・・・

            • 匿名
            • 2015年 4月 26日

            > 私はRAW形式で保存しているので
            RAWデータでも後からGPS位置情報は付与できます。
            まずは”RAW ジオタグ”などで検索してみてはいかがでしょうか?フリーのソフトも有りますよ。

            • M-KEY
            • 2015年 4月 26日

            単体のGPSロガーを使った事はありません。
            でも、手持ちでGPS内蔵の機器は電源を入れれば自動で測位します。
            手間といえば、時々電子コンパスをキャリブレートするくらいです。
            ちょっと調べてみましたが K-3 II でも移動経路を記録できるようですが
            やっぱりカメラの電源は入れっぱなしなんでしょうかね?
            とはいえ、山を歩きながら撮影していれば,撮影時以外は電源を切っても
            経路は断続的な点線になるでしょうから、実用上は問題なさそうです。
            RAW ジオタグ”などで検索して得体の知れないようなフリーのソフトを
            使うよりも、カメラ内GPSの方が障壁は低いと思います。

            • 匿名
            • 2015年 4月 27日

            コールド状態から測位にどれくらい時間がかかるか考えてますか?
            数分はかかるし場所によっては測位出来ません。
            カメラ構えて数分まって録るなんてきとくな運用可能ならいいですけどね。

            • M-KEY
            • 2015年 4月 27日

            手持ちの機材だと起動後1分もあればGPSを補足しています。
            「GPS 測緯 時間」で検索すると15分もかかったとありますが、
            K-3 IIはどうなんでしょうか?
            毎度3分以上かかるようなら積極的に使いたくないですね。

            • 匿名
            • 2015年 4月 27日

            対応衛星 GPS、QZSS、SBAS(WAAS/EGNOS/GAGAN/MSAS)のようですね。
            このQZSSは「みちびき」のようなので、日本で「みちびき」が使える時間帯ならWIKIによると15秒程度で測位できるらしい。また、2019年頃までに準天頂衛星は4基体制になるようなので、即測位になるんじゃないのかな?

            • 匿名
            • 2015年 4月 28日

            現行機でコールドスタート40秒とありますが、開けた場所でそのくらいって事でしょうかね。
            アストロトレーサーであればさらに調整時間があるので気になるほどではないんでしょうけど、撮影都度この時間だとやはり運用には無理があるのかと。
            常時だと問題ないけどどの程度電池を消耗するかでしょうかね。
            個人的には即位出来たかどうか気にするくらいならNFC積んでもらって即接続の方がありがたいかな。

            WiFi否定されてる方も多いですね。
            GPSよりは使い勝手はいいと思うんですがだめなんでしょうかね。
            個人的にはリモコン代わりになるだけでも十分だけど。

            • M-KEY
            • 2015年 4月 28日

            別にWi-Fi内蔵を否定している訳じゃないです。
            GPSもWi-Fiも両方内蔵しているのがベストですが
            K-3 IIにかんしてはダブルスロットの片方にフルカードを
            入れる事でWi-Fiの「内蔵化」が可能だから
            現状のスペックでも問題はないのでは?ということです。
            それに、現状のWi-Fiリモコンは1秒弱のタイムラグがあるので
            撮影内容によっては有線のリモコンでないとダメだったりします。

            • 匿名
            • 2015年 4月 28日

            「現状のWi-Fiリモコンは1秒弱のタイムラグがあるので
            撮影内容によっては有線のリモコンでないとダメだったりします。」
            自分基準でいいならわたしはそういう事はないし、wifiだと有線使えないわけでもないでしょう。
            GPSだって場合によっては測位を待てない事もあるでしょう。
            別途というのであればGPSも今でもユニットはあるんで付ければいいわけだし。

            GPS内蔵ならではという話もあるけど、wifiにしても内蔵であればアプリなんかでいろいろと応用は利くようになる可能性はある。
            逆にカードを入れただけだと単純な「転送のみ」であり、これも自分の使い方なら転送は有線でやるほうがましなんで使わない。

            ま、全部入りであればそれはそれで不要と文句を言う人も出るとは思う。
            前に書いてるけど、GPSを積んでアストロトレーサーにプラスした用途を提示してくれてればよかったんだけどね。

        •   
        • 2015年 4月 27日

        後での手間を考えると、内蔵のGPSは有り難い。
        無いのと有るのを比較すれば、断然有りがいい。
        チップも安くなったし、これからはフツーに入って来るのではないかな。
        実際コンデジでもチョコチョコ入って来ているでしょう。

        #しかし、この前出たチップとか、GPSにGLONASSにGallieoどころか北斗迄対応して、
        #既にその辺は全部入りになりつつあるんですよね。

      • 匿名
      • 2015年 4月 25日

      むしろWiFiには対応して欲しくないです。
      容易に接続出来ない方が良いです。
      そんな装備にコスト掛けるくらいなら、他に使って欲しいわ。

        • 匿名
        • 2015年 4月 25日

        撮った写真をネットに上げるなんてこと全くしない私も同感ですね。でも私のカメラにはいらないのにwifi付いてますけど、やっぱりネットにシームレスに上げたいという要望が強いんでしょうね。時代には逆らえないかな。しかしプロ機にはそういう機能は外付けというのを堅持していただきたいものです。

      • M-KEY
      • 2015年 4月 26日

      内蔵フラッシュはテスト撮影とかシンクロコードの変換アダプターを忘れた時にトリガーにしたくらいで実際の撮影で内蔵フラッシュを使う事はまずないです。
      その、トリガー用途もカメラにシンクロコネクターがあれば不必要ですし・・・

      • 匿名
      • 2015年 4月 26日

      >RAWデータでも後からGPS位置情報は付与できます。
      ホントですか?GPSロガーは安いので数千円で買えるので検討したいですね。

        • 匿名
        • 2015年 4月 26日

        「得体の知れないようなフリーのソフト」で申し訳ありませんが、Microsoft Pro Photo Tools 2というのもありますよ。ソフトは英語版のみのようですが、使い方は以下の日本語ページを参考にすれば良いかと。
        http://gps2cycling2climbing.seesaa.net/article/113088431.html

        無料ほど高いものは無い、というならPhotoshop Lightroomなどでいかがでしょう。
        https://helpx.adobe.com/jp/lightroom/help/maps-module.html#work_with_photos_and_gps_data

        以上、ご参考まで。

          • M-KEY
          • 2015年 4月 27日

          情報ありがとうございます。
          紹介されたソフトなら信頼出来ますね。
          「得体の知れない」というのは言い過ぎでしたが、ネット上から、目的に見合ってかつ信頼出来るモノを見つけるのは結構な手間です。
          内蔵GPSなら、そうした苦労無しに自動的に撮影データに位置情報を付ける事が可能です。
          それにより、どれだけのコストアップがあるかは不明ですが、私には毎日のように時刻の設定を見直す手間が省けるだけでも価値を感じます。

        • 匿名
        • 2015年 4月 27日

        検討してみます、有難うございました。

      • たで
      • 2015年 4月 27日

      やっとみなさんのご意見を読み終えた…。面白かった。

      自分の感想は、フラッシュ省いてGPS/電子コンパスという提案は
      面白いけど、あんまり実用的に思えないというものです。だって、
      アストロトレーサー以外の、際立った使い道を思いつけないので。

      GPSは時計とかジオタグとか便利だけど、単体ロガーで事足りるし、
      日の出、日の入りで電子コンパスと合わせて便利かもと思ったけど
      実はスマホアプリで事足りる。今、インドにいますが、都会なら
      位置情報はスマホで取れるし、移動経路の取得には単体ロガーの
      は気を使わないでよくて楽。カメラで方角を探すのはどうでしょ。

      WiFiついては結構多くの方がカメラ内蔵に否定的ですね。自分は
      目的がWEBなら内蔵WiFiを搭載する必要はないと思っていますが、
      WiFi接続したタブレットからカメラ操作ができるなどのプラスαが
      WiFi内蔵で達成されるなら使い勝手の提案として有用と思っています。

        • 匿名
        • 2015年 4月 27日

        > WiFi接続したタブレットからカメラ操作
        K-3Ⅱは、別売の「FLUCARD FOR PENTAX」でそれが可能なのが素晴らしい。

        • M-KEY
        • 2015年 4月 27日

        たでさん
        位置情報を知るためにカメラの内蔵GPSを使うのではなく、撮った写真データに位置情報を加味するための手段として有効で便利だと考えています。
        日の出、日の入、月の出の方光、標高などはスマホやタブレットで情報を得た方がいいでしょう。
        Wi-Fi内蔵を否定している訳じゃありません。
        あれば便利なのは理解しています。
        両方入ればベストだけど、どちらか一方ならGPS優先ということです。
        それに、K-3IIならフルカードを使う事で「Wi-Fi内蔵」と同様にできます。
        (外付けGPSでは「内蔵」と同じ使い勝手にはなりません)

          • 匿名
          • 2015年 4月 27日

          フルカードは遅くて使い物にならないという書き込みをどこかで見ましたが実際はどうなんでしょうね?

    • 古参者
    • 2015年 4月 25日

    Wii-Fi は内蔵していないがオプションのカードで内蔵と同様の運用は出来る。
    Wi-Fiを内蔵すれば、それなりのコストがかかりカメラの価格にも反映される。
    必要な人のみオプションを付加するというのは、ある意味見識なのでは?

      • 匿名
      • 2015年 4月 26日

      んだね。Wi-Fiはワークフローと絡むから、「俺はこいつで」ってのもあるし。かくいう私は、Eye-Fiで揃えているので、内蔵されてもな…

      • kuro
      • 2015年 4月 28日

      先にも書きましたが、複数のメーカーのカメラを使う場合にはカード内蔵の方が「いちいち設定を変えなくて済む」ので、「内蔵されました、でも別設定です」と言われても不便なだけです。
      それに「WiFi接続」と言っても実際の接続までの手順やデータのアクセスの方法は皆違いますからねぇ。
      カード内蔵の方なら後で変更が利きますが、カメラ内蔵だとそうは行きません。
      カメラ内で完結する機能は内蔵が良いですが、非特定の相手が対象となる機能は下手に内蔵しない方が良いと思います。

      今自分が使っているのは”ezShare”で、Internet上にあるサーバーへ直接アップロードする等の機能はありませんが、カード自体が簡易WebServerになるタイプなのでスマホやタブレットから「今撮った写真を見る、取り込む」には十分な機能かつ設定が簡易なので、便利に使っています。
      自動アップロードの機能が必要になったなら、それをサポートしたカードを買い足せば済む話ですし。

コメントは利用できません。

クリップオンストロボ用の多機能ソフトボックス–バウンスライト(デジカメWatch)

海外発表:カールツァイス、フルサイズEマウント用AFレンズ「Batis」2本(デジカメWatch)

最近のコメント

アーカイブ