デジタルカメラ情報サイト

どんなシーンもオールマイティにこなせる安心感–ソニー「FE 24-240mm F3.5-6.3 OSS」(ITmedia デジカメプラス)

【交換レンズ百景】
by 園部修,ITmedia

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (43)

    • M-KEY
    • 2015年 5月 08日

    このレンズに需要があるのかが疑問です。
    APS-Cの18-200mmでも巨大で、いくら便利とはいえ常用はしたくない感じ、
    α7系にコレを使うなら一眼レフでもいいのでは?

    むしろ12mmF4.5のような超広角レンズなら、インテリア撮影などで
    ライカやキヤノン11-24mmを買えない人に訴求できそうなんですけどねぇ。

    • 匿名
    • 2015年 5月 08日

    いやーホントソニーのフルEマウントにかける情熱は並々ならぬものを感じますね。しかしおっしゃるとおり旅行とかで高倍率ズームを持ち出すのならAPS-Cの18-200mmの一眼レフを持っていったほうがいいですね。

    • いや
    • 2015年 5月 08日

    今、自分が欲しい欲しくない、買う買わないは別としても、選択肢がそこにあるということは喜ばしいと思いますけどね。

      • M-KEY
      • 2015年 5月 08日

      操作性を犠牲にしてまで小型軽量にこだわったα7シリーズのコンセプト、
      そして、APS-C機やAマウント機も含めたラインアップを考慮すると、
      FE24-240mmは必要度の低いレンズのように思えます。
      便利ズームを必要とするような人でα7を選ぶのはレアケースでしょう。
      そりゃ,選択肢として便利ズームはあった方がいいでしょうけど、
      もっと優先すべきレンズはあるハズです。

        • 逆でしょ
        • 2015年 5月 09日

        はじめに、アナタは「自分が世の中の基準だ」「自分を中心に世の中は回るべきだ」と勘違いしていません?あと、「自分が話したいばかりで、他人の話を聞かない」ってよく言われませんか?
        自覚はないかもしれませんが、アナタの発言からは上のような印象をうけますよ。

        余計なお世話かもしれませんが、「自分はメーカーがターゲットとする標準的なユーザーの分布から外れたニッチなユーザーだ」という自覚を持つべきだと思います。そうしないとずっと不幸なままになりかねない。
        「いや、自分の都合だけではなく一般ユーザーのニーズを代弁しているつもり。」と仰るかもしれませんが、周りの一般ユーザーからすれば「勝手にオレの意見を代弁するな!」ですよ。それこそ余計なお世話です。

        本題ですが、α7を入手したあとで「押さえとして便利ズームも欲しい」と考える人や、
        ユーザー予備軍で「便利ズームがないからα7は買いにくい」と考える人がいるかもしれない、と想像できませんか?
        皆が皆、アナタのように複数のシステムを使い分けているとは限りません。
        初めてノンレフ機を購入する人で「どうせ買うなら一番上等なやつを」とα7を選ぶ人が居るかもしれない。

        私自身もかつてはそうでしたが初心者は高倍率ズームを有難がります。
        メーカーからするとそういうお客に「買わない言い訳」を与えないことも重要で、実際には売れなくてもラインアップに存在することに価値があります。

        実用面でも、悪天候下でレンズ交換がはばかられる条件でどうしても撮影したいようなシーンを想像すればたとえでかくたって重くたってそのシステム(マウント)の中で記事のタイトルとおりの「どんなシーンもオールマイティにこなせる安心感」が得られるというのは大きな価値でしょう。

        私はソニーの従業員ではありませんが、ボランティア団体ではなくグローバルな営利企業として、ソニーはニッチな需要よりはこちらの需要のほうが「優先すべき」と判断したのだろう、ということはちょっと考えれば判りそうなものです。(その判断が正しいか正しくないかとは別の話。)

        単に無いものねだりをしているだけならまだしも、メーカーが一所懸命に開発して世に出した商品に対して使ってもいないのに存在自体を否定するというのは、中の人に対して失礼だし、傍から見ていても不愉快です。
        純粋に「オレはこうこうこういうレンズのほうが欲しいんだ!」と主張したほうがまだ潔いと感じますね。

        開発リソースについてはメーカーが心配することです。このレンズを開発したから別のレンズが開発できない、なんてことはなく、「別のレンズ」のニーズが本当に高ければメーカーは並行して開発しますよ。

        以上、長々と失礼。

          • M-KEY
          • 2015年 5月 09日

          EマウントのAPS-C機には高倍率ズームとして3種の18-200mmがありますが
          (サードパーティも含めたら4種)VG系以外で使っているのをあまり見かけません。
          (18-105mmF4もスペック割りにはリーズナブルですが電動ズームが災いしている?)
          やはり,小型軽量のボディとのマッティングが良くないと感じる人が多いのでしょう。
          その18-200mmよりも一回り大きな24-240mmって、そんなにマストなんでしょうか?
          80.5×118.5mm 780gという大きさなら、F2.8ズームが欲しいという人が多いかもしれません。
          90mmF2.8マクロはもうすぐ出るでしょうけど、55〜60mm付近のマクロも欲しいし
          20mmF1.8、24mmF1.8、85mmF1.8あたりは便利ズームよりも需要は多いハズです。
          魚眼もコンバーションレンズじゃなくて、ちゃんとしたモノが必要なのでは?
          100mmF2、135mmF2、180mmF2.8あたりもおもしろそうですが、
          望遠はとりあえず70-200mmF4ZAがあるので少し猶予はあると思います。

            • 上の長文の人じゃないけどね
            • 2015年 5月 09日

            M-KEYの挙げてるどのレンズよりも
            便利ズームの方が数は捌けると思うよ

            それにフォーマット乗換という観点からしても
            APS-Cで便利ズームがそれだけ出てるってことは
            似たような画角でフルE用のレンズもあった方がいいだろ

            あとマッティングって何よw艶消しにでもすんの?

          • 匿名
          • 2015年 5月 09日

          私もスケベ根性で何本か高倍率ズームを買ったクチですが写りが良くないんでみんな売却しました。M-KEYさんもその体験を下に高倍率ズームは必要ないって言ったんじゃないですかね。いくら旅行で持ち物が限られても標準ズームと望遠ズームの二本持っていっています。初心者さんが高倍率ズームを買われるのであれば恐らく高い勉強代を支払うことになると思いますよ。

            • ?
            • 2015年 5月 09日

            きちんと買ってから懲りてくれるということなら、
            ある意味、十分に商機はあるということでしょう。

            • 匿名
            • 2015年 5月 09日

            「レンズのせいにする」勉強?

            • M-KEY
            • 2015年 5月 09日

            個人的には便利ズームは好きです。
            タムロンの28−200スーパーにはじまり、28-300mmXR、
            18-270mmVC、ニッコール18-200mmなど使ってきました。
            画質がイマイチだったりAFが遅いなどの欠点もありますが,
            APS-C機の場合だと10-24mmと併用する事で2本で
            画角的には「常用域プラスをカバー」するのでチャンスに強く
            機動力重視の撮影では重宝しています。
            でも、小型軽量のEマウント機では、大きなズームよりも
            広角〜標準域の単焦点レンズ中心で使いたい、
            便利ズームとしても24-105mmくらいでいいんじゃないか、と。

            マイクロフォーサーズの14-150(140)mmは充分に小型で
            EVF付のボディと組み合わせて、ワンポイント的に明るい単焦点
            という使い方はアリだと思います。

            • 匿名
            • 2015年 5月 11日

            ここ10年ばかり超広角ズーム+高倍率ズームの2本組を海外旅行セットとして活用してますけど、確かに画質面で最上級のクオリティは求められないものの、最新のレンズはそう酷いとも思わないし、制約が多い状況の中その2本で殆どの被写体に対応出来るというメリットの方がはるかに大きいと感じてますけどね。

    • 匿名
    • 2015年 5月 08日

    私はフルサイズシステムの魅力を上げるならズームより単焦点のラインナップが重要と思います。
    あと20、24,85,135、200 必要です。しかも描写はすこぶる良いのが条件です。多少高くても。全部ツアイスブランドで良いでしょう。しかしFマウントとEFマウントとの共通化ができないからサードパーティーから事実上出ないのがミラーレスシステムの欠点です。

      • へ?
      • 2015年 5月 10日

      >しかしFマウントとEFマウントとの共通化ができないから

      Fマウントはニコンだから そもそも共通化は無理だよ。でもマウントアダプターが出ているので MFでは使えるけどね。

      • 匿名
      • 2015年 5月 10日

      あ、言い方が悪かったですがFマウントとEFマウントでなくFマウントやEFマウントとの間違いです。
      シグマなんかはマウント変更サービスをしてますが一眼レフ用レンズだから出来るのであって。
      全くフランジバックが違うミラーレス用レンズは一眼レフ用レンズと部品共通化が出来なくて専用設計
      になってしまうからサードパーティーは出しにくいよということです。

        • 匿名
        • 2015年 5月 10日

        書き忘れたけどミラーレス用レンズはセンサーサイズやマウント口径がマチマチだから更にサードパーティは出しにくいですね。もっとも例えばMFTがミラーレスの業界標準になったとかならその限りではないですが、その可能性は限りなく低いでしょう。

        • わかってないな
        • 2015年 5月 10日

        APS-Cの一眼レフだって各社フランジバックやマウント口径はバラバラ
        センサーサイズもキヤノンは×1.6で後は×1.5と言いながらも機種毎に微妙に違う
        一眼レフ用のレンズはマウントを交換できれば光学系そのままでミラーレス機用に出来る
        逆はリレー光学系を入れないと無理

          • 匿名
          • 2015年 5月 10日

          ミラーレス機は一眼レフとはフランジバックが違いすぎるので、
          ミラーレス用にサイズや写りを最適化したレンズを作ると一眼レフ用に転用できず、リスクが高い
          たったコレだけの話でしょ?

            • M-KEY
            • 2015年 5月 10日

            一眼レフ用の光学系をそのままでノンレフレックス用マウントになったレンズといえば
            ケンコー扱いのミラー望遠レンズや中一光学の85mmF1.2がありますね。
            いずれもフランジバックの差分を付け加えた=マウントアダプターが固定化された形状です。
            でも、絞りやAFの連動を考えなければいいというなら、わざわざノンレフ用マウントでなく
            絞りリングのついたニコンFマウント用を買って,アダプターで対応したほうがツブシが効きます。

            メジャーなノンレフレックスにはMFT、ソニーE、フジX、EOS Mの3マウントがあり
            一番フランジが短く口径の小さいフジXに合わせれば、同じ光学系のままで
            ソニーE(APS−C)やMFT、EOS Mに流用は可能です。
            (ツァイスは同光学系でフジXとソニーE(APS-C)のレンズをラインアップ)

            • 匿名
            • 2015年 5月 10日

            ただ絞りリングの付いたFマウントレンズは今新しく出ているものはついている物がなく銀塩時代に作られたものがまだ残っているのでそれを買うか中古を買うしかないんですよね。Aマウントなんかもレバーで駆動するタイプですね。
            それにピントあわせが面倒なんですよ。いちいち開放にしてピントを合わせてから絞りますから。
            そうすると電磁絞りのEFマウントのアダプタを使うのが良いようにも感じます。しかしEFマウントのアダプタにサードパーティのレンズをつけて動かなかったらさすがにメーカーの対応は受けられそうにないし結局純正品を使うのが一番無難だということになっちゃいますね。

            • 古参者
            • 2015年 5月 10日

            http://www.zeiss.co.jp/camera-lenses/ja_jp/camera_lenses/otus/otus1485.html
            http://www.cosina.co.jp/seihin/voigt/v-lens/sl2/index.html
            http://www.kenko-tokina.co.jp/imaging/eq/camera-lens/lensbaby/lineup/4961607859735.html
            あたりは?

            • 匿名
            • 2015年 5月 10日

            コントラストAFと位相差AFの違いもあるんじゃないの。

            • M-KEY
            • 2015年 5月 11日

            ツァイスやコシナレンダーのような現行の絞りリング付はありますし
            絞りリングの無いGタイプのFマウントレンズでもアダプター側から絞りを
            操作できるので、(正確な絞り値はわかりませんが)実用上は問題ありません。
            絞りリング付レンズなら「プリセット式」として使え、思った以上に実用的です。
            もちろん、純正と同じように絞りやAFが連動しExifも記録される方が便利ですが
            夜景や花火など、ピントを完全に固定したい時は、むしろ安心です。

            Eマウント機+素通しの純正アダプターでAマウントレンズを使うより
            社外アダプターで絞りリング付レンズを使う方が、なにかと便利で
            α7系のユーザーなら、24-240mm欲するよりも旧レンズをアダプターで
            使う方が、よりα7系を楽しく使えると思います。

            • 匿名
            • 2015年 5月 11日

            正確な絞り値がわからないと絞り優先オートしか使えないので問題だと思いますが。マニュアル露出できないじゃないですか。でもニコワン用のFマウントアダプターは絞りレバーを制御するみたいですけど。

            • 匿名
            • 2015年 5月 11日

            ここを見てるような人は長々と書かずとも全て折りこみ済みで分かってると思いますが
            そう思ってのあの三行
            長々と書き込むのもみっともないですし

            • 匿名
            • 2015年 5月 11日

            >>一眼レフ用の光学系をそのままでノンレフレックス用マウントになったレンズといえばケンコー扱いのミラー望遠レンズや中一光学の85mmF1.2がありますね。

            しかし短フランジバック用に専用設計されたレンズと一眼レフ用のをアダプタで付けたのとで周辺画質に違いはないんでしょうかね?

            • M-KEY
            • 2015年 5月 11日

            >短フランジバック用に専用設計されたレンズと一眼レフ用

            銀塩カメラ前提で設計された短バックフォーカスレンズなら
            周辺の像が流れたり色かぶりが出るでしょうけど
            レンズ交換式デジタルカメラ用に設計されたレンズなら
            描写で問題になる事は無いハズです。
            焦点距離が50mmよりも短いレンズならバックフォーカスを
            無理に延ばす必要がない分、小型化に期待が出来ます。

        • 匿名
        • 2015年 5月 10日

        APS-Cの一眼レフて言ってるところでしったか認定

    • 匿名
    • 2015年 5月 09日

    フルサイズ用の高倍率ズームで24mmスタートって、現状では唯一なので羨ましいです。
    ニコンもキャノンもタムロンもシグマもみんな28-300mmで、せっかく高倍率で便利なはずなのに、広角は24mmが欲しい自分には他にもう1本必要となり、それならダブルズームセットと大差ないなぁと感じてました。
    このレンズのおかげでEマウントに興味深々ですが、でもEVFかぁ・・・う~ん。

      • M-KEY
      • 2015年 5月 09日

      Aマウントで24−240mm、そしてα900 IIの登場なら諸手で歓迎なんですがねぇ。

    • 匿名
    • 2015年 5月 09日

    ミラーレスはミラー周りの機構が不要なので小型軽量化できます!
     ↓
    Eマウントのフルサイズ対応しました!
     ↓
    レンズは一眼レフと同程度に大きいです・・・

    なぜなのか。

      • 匿名
      • 2015年 5月 09日

      > レンズは一眼レフと同程度に大きいです・・・
      > なぜなのか。

      なぜも何も、自分で一行目に書いている通りでしょう。
      レンズ側にはミラー周りの機構が入ってないからですよ。

      • 匿名
      • 2015年 5月 09日

      フルサイズを選択した時点で携帯性は諦めないと。しかしα7シリーズはスペックヲタに選ばれているような気がしてならない。

        • へ?
        • 2015年 5月 09日

        スペヲタが選ぶなら ニコンのD810だろう。α7シリーズはスペック的には大したことないよ。

        • 匿名
        • 2015年 5月 09日

        α7は宣伝文句が先進技術のミラーレスってことだから中高生が入学祝に欲しがりそうな感じがする。
        関係ないけどオレの入学祝はNewF-1だった。やっぱりスペックヲタ。でもレンズ買う金なくて
        全部50mmで撮ってた。それがいまだに染み付いていて50mmつけっぱだよ。

          • 匿名
          • 2015年 5月 09日

          >α7は宣伝文句が先進技術のミラーレス

          実は、なにも先進技術なんて無いのだけれどね。
          α7を当時に当てはめるなら、せいぜいX700級だろう。
          いやX700に失礼かも。。。

          • 匿名
          • 2015年 5月 11日

          そう、その通り。だけどニコキャノ以外のメーカーは一眼レフと差別化したいばっかりに先進のミラーレスと言いたくてしょうがないらしい

            • 匿名
            • 2015年 5月 11日

            ミラーレス機なら海外メーカーでも作れるからね。
            先進どころか、簡略版でしかないのに、モノは言い様ですね。

    • utsuno
    • 2015年 5月 11日

    α7IIユーザとしてこのレンズが出てくれたのは非常に嬉しいです
    FEマウントの交換レンズは、広角域のレンズばかり充実しているのに、望遠域のレンズがこれを除けば70-200mmF4.0の200mmが最長というのはいくら何でも足りません
    せめて70-300mm F4.5-5.6ぐらいは初期のラインアップに欲しかったです
    「アダプターを使えば」との声もありましたが、LA-EA4はでかくてフォールディングも悪くなるので常用したくありません
    α7系を「高感度に強くてフルサイズにしてはコンパクトなシステムカメラ」として使うには最適なレンズだと思います。併用しているOM-D E-M1との兼ね合いもありますが、そのうちに買いたいと思います
    多少スレ違いですが、ソニーには、広角レンズだけでなく、85mm F1.4とかフルサイズ機のメリットを活かせるレンズを充実させてもらいたいです

      • 匿名
      • 2015年 5月 11日

      望遠や大口径はミラーレスでも、どう足掻いても一眼レフ並のサイズになるので、
      ユーザーがガッチリ食い付いてから出す腹積もりでしょう。
      ボディもちょっとずつ大きくしていって…。
      望遠に関してはフランジバックが短い分、レンズの方が長くなるはずです。

    • 匿名
    • 2015年 5月 11日

    運動会の動画撮影も、これ一本あればいけるじゃん。あんな所でレンズ交換なんかしてる場合じゃないでしょ?
    そしてそのことは、嫁さんの説得材料に少しはなる。決定打とは言い難いけど。

      • 古参者
      • 2015年 5月 11日

      そういう場合はクロップでパワーズームの18-200mm使うがよろし。

        • M-KEY
        • 2015年 5月 11日

        その電動ズームの18-200mmはズームスピードの可変域が狭くて動画向きとは言い難い仕様です。
        (動画用途なら28-135mmでしょうが,サイズと価格が現実的じゃありませんね)
        便利ズームを使う時は画質に妥協している時でもあり、APS-Cにクロップというのは賛成です。
        タムロンかその同等品の方がいくらか小型軽量なので、そっちがいいかも。
        ただ、24-240mmはメーカーによると「防塵防滴に配慮した設計」なので
        運動会のように土煙が舞う状況では真価を発揮するかもしれませんね。
        雨中の撮影でも、ニコンやタムロンの高倍率ズームだとズームングによるポンプ効果で
        内部に湿気を取り込み曇ってしまう事があるので、そういう明確な目的があるなら
        24-240mmが最適な選択肢になりうるでしょうけど、かなりレアなのでは・・・

コメントは利用できません。

スマホ合体プレミアムコンデジ「LUMIX CM1」を行楽のお供に(ITmedia デジカメプラス)

ありそうでなかったキヤノン一眼レフケース–EOS 7D Mark II + Planar T* 80mm F2(デジカメWatch)

最近のコメント

アーカイブ