デジタルカメラ情報サイト

オリンパス、超広角ズーム「M.ZUIKO DIGITAL ED 7-14mm F2.8 PRO」を正式発表(デジカメWatch)

スーパーEDレンズは同社最多の3枚

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (37)

    • あの荷物
    • 2015年 5月 13日

    標準ズームの12-40/2.8より150gも重たい。マイクロフォーサーズはボディが軽いから、このレンズだとバランス悪そうだ。

      • M-KEY
      • 2015年 5月 13日

      MZD ED 9-18mm F4.0-5.6をどうぞ
      http://olympus-imaging.jp/product/dslr/mlens/9-18_40-56/
      沈胴構造でコンパクトですし155gと軽量、保護フィルターも使えます。
      でも,PENに準じた意匠なので14-150mmのように防塵防滴化も
      あわせたリニューアルが近いかもしれませんね。

      広い画角が必要なら、パナソニックのGバリオ7-14mmF4.0
      http://panasonic.jp/dc/lens/lumix_g_vario_7-14/index.html
      という選択肢もあります。

        • あの荷物
        • 2015年 5月 14日

        >MZD ED 9-18mm F4.0-5.6をどうぞ
        お勧めのレンズ 描写がゆるいんだよ。M-KEY氏は気にしないで使っているんだろうか?

          • M-KEY
          • 2015年 5月 14日

          たしかにZD7-14mmF4.0と比べると「ゆるい」かもしれませんが
          一眼レフ用の普及タイプの超広角ズームよりは描写はいいです。
          荷物を少なくしたいなら、コレと14-150mmで充分だったりします。
          (45mmF1.8も持っていきたいですけど)

            • 匿名
            • 2015年 5月 14日

            素の状態が分からないm4/3だから何だけど、
            収差補正前提でなんとか成り立ってるレンズのひとつでしょう。

            • 匿名
            • 2015年 5月 15日

            わからないで成り立ってるなら問題ないと思うけどね。

            • 匿名
            • 2015年 5月 15日

            いまいちなレンズでも、こっそり補正されるから
            それなりに使えるのがミラーレス機ならではでしょうな。
            一眼レフなら光学ファインダーでバレることでも、
            画像処理後の電子ファインダーなら、あらま、バレない。
            これはいい。

            • 匿名
            • 2015年 5月 15日

            凄く良いレンズでも電子ファインダー像は大差無く見え、写欲が萎える。
            これはよくない。

            • 匿名
            • 2015年 5月 15日

            そういう人は一眼レフ使えばいいじゃん。いいんだよ人それぞれで。

            • 匿名
            • 2015年 5月 15日

            > そういう人は一眼レフ使えばいいじゃん。
            俺だって使いたいんだよ、一眼レフを。
            500mmなのに驚くほど軽量な反射望遠レンズをAFで。
            手持ちの17本のレンズを今時の最新撮像素子で。
            この歯がゆさ、あんたにはわかるまい・・・

            • 匿名
            • 2015年 5月 15日

            知らない方が幸せなこともある。

            すっぴん見てガッカリするなら、見なきゃいい。

            他にも、M.ZDレンズの中にも、実はS社製が幾つもあるとか、
            知らない方が幸せな事って、実は沢山あるわけ。

            • 匿名
            • 2015年 5月 15日

            明るいレンズでも暗いレンズでも同じに見えてしまう、それを電子ファインダの利点と感じるか欠点と感じるか、によるでしょう。

    • 匿名
    • 2015年 5月 14日

    このレンズ、歪曲はデジタル補正ですね。社外ソフトでの現像には苦労しそう。

      • 匿名
      • 2015年 5月 14日

      5種類の特殊レンズを含む11群14枚構成でも、スーパーEDレンズをオリンパス最多の3枚組みこんでも、それでもまだ社外ソフトでは苦労しそうなくらい歪曲が残っているのですか・・・
      実写サンプルがメーカーサイトにも出ていますが、私にはどこまでが光学特性でどこからがデジタル補正なのかは分かりませんでした。
      後学のためにもデジタル補正を見抜くポイントなど教えて頂けないでしょうか?

        • M-KEY
        • 2015年 5月 16日

        レンズ無しレリーズを有効にしたカメラにレンズの接点をテープなどで絶縁して装着すれば
        絞りは開放のままですが、歪曲収差補正なしの画像を見る事が可能です。

      • nroff
      • 2015年 5月 14日

      m4/3は全てraw段階でデジタル補正済みのデータなので、
      一般的な現像ソフトではそれ以上いじれない、補正のオンオフもできない、
      ということを言っているのだと想像します。

        • 匿名
        • 2015年 5月 14日

        もう使うのやめちゃったけど、light roomなら補正のオンオフは出来たと思う。
        今使ってるDxO Optics proなら補正オフに出来るし、DxOが独自に作成するよりキッチリした補正もかけられる。

          • 匿名
          • 2015年 5月 14日

          連投すみません
          いま、CaptureonePRO8を確認してみましたが、現在ではオリンパスのMZDはほとんどプロファイル登録済みですね。でもパナソニックレンズは5本だけ、SONYのEレンズは4本、FUJIは0本でした。FUJIは光学補正されているらしいので問題ないかも。他のソフトはどうなんでしょう。

        • 匿名
        • 2015年 5月 14日

        あれ?RAW段階で補正済み?そうなんですか?社外ソフトでも自動補正されるのですか??
        自分がE-P3とMZD12mmを使っていた頃は、CaptureonePROでは自動補正出来ず、デフォルトで歪みまくりの絵(魚眼並み?)になってしまいました。しばらくレンズプロファイルも公開されず、オリンパスのソフトは使いにくいし、結局カメラを手放したんです。 

        MZD7-14の補正データはここにありました→ http://www.amateurphotographer.co.uk/reviews/lenses/olympus-m-zuiko-digital-ed-7-14mm-1-2-8-pro-review/3

        • nroff
        • 2015年 5月 14日

        オリボディ+オリレンズ:歪曲補正、周辺光量補正されたrawまたはjpg
        パナボディ+オリレンズ:歪曲補正、周辺光量補正されたrawまたはjpg
        パナボディ+パナレンズ:歪曲補正、周辺光量補正、色収差補正されたrawまたはjpg
        マウントアダプター等使用:補正されず。

        Lightroom:上記補正後のraw(のみ)をいじれる。Adobeのレンズプロファイルは配布されず。

        だったかと思います。

        DxO Optics Pro:補正前のrawをいじれると聞きました(持ってません)。
        Capture One Pro:すみません。わかりません(持ってません)。

        • 匿名
        • 2015年 5月 15日

        上でDxO使ってると書いたものですが、最近純正のOlympus Viewer(OV)を使ってなかったので、ちょっと試してみました。

        OVには歪み補正という項目があって、デフォルトでこれがオフになっています。
        オンにして自動補正をかけると、若干歪曲が修正されます。オフで現像したものはカメラjpegと全く同じ結果です。

        DxOには補正なしというプリセットがあって、これを適用するとMZD9-18など大きく歪みます。
        DxO工学モジュールをダウンロードして、ディストーションの項目をオンにすると歪みがゼロになります。

        歪曲の大きさはこんな感じです。
        DxO補正なし > OV歪み補正オフ = カメラjpeg > OV歪み補正オン > DxOディストーションオン(歪曲ゼロ)
        これはオリンパスボディ+パナソニックレンズでも同様です。leica 15mmで試してみました。

    • 匿名
    • 2015年 5月 15日

    匿名 :
    凄く良いレンズでも電子ファインダー像は大差無く見え、写欲が萎える。
    これはよくない。

    わかるわかる。しかしレンジファインダーのライカも同じなんだけど、あっちはオールドレンズでも同じく超クリアなライカのファインダー視野が嬉しくて写欲が上がったりするのは僕だけだろうか?

      • M-KEY
      • 2015年 5月 16日

      >凄く良いレンズでも電子ファインダー像は大差無く見え
      撮影データでも大差なく見える訳ですから、実用上はむしろ好都合なのでは?

        • 匿名
        • 2015年 5月 16日

        撮影データでも大差なく見えるなら、わざわざ高価なレンズを買わなくても済むし、不便な単焦点を付け替える手間も省けて高倍率ズーム1本で済むから撮影も楽なんですけど、私にはあんな小さな覗き窓で作品全体の鑑賞をするスキルはないので、プリントアウトすれば大きな差がある撮影データでも、小さなファインダースクリーンでは大差なく見えてしまうのですよ。

          • M-KEY
          • 2015年 5月 16日

          少なくとも、撮影結果に近いのは一眼レフのファインダ―像よりも
          EVFでの「パラメーター反映」な訳です。

            • 匿名
            • 2015年 5月 16日

            あぁなるほど、話がようやく見えました。
            凄く良いレンズを使っても安ズームを使っても撮影データは大差ないという馬鹿げた主張だと思っていたけど、色味や露出補正など撮影パラメータをファインダー像にも反映できて実用的な面もあるという話ですか。
            仕事の道具なら実用性こそ正義かもしれませんが、趣味としては楽しさをスポイルすると感じさせる便利さは、その人にとっては悪なのです。自動車でも昨今はオートマの方が操作性だけでなく燃費も加速も良いかもしれませんが、あえてマニュアルミッションの不便さを楽しみたい人も居るのです。
            EVFの利点なら他にも、動画との親和性が高いとか、OVFより自然なボケ味をファインダーに表示できるとか、ファインダーから回り込んだ光で露出が狂ったりしないとか、フルサイズ素子にAPS-C用レンズでクリッピングされてもファインダー画面の広さは変わらないとか、日々色々な利点を自分に言い聞かせながらトランスルーセントミラーと付き合っていますが、それでも萎えるものは萎えるのです。最初からEVFならAマウントなんて使っておらず、とはいえ今更レンズからフラッシュまで全て他社で買い直すのもつらく、OVF復活を願いながらTLM機を使うのです・・・と、後半は完全にスレチですね。ごめんなさい。

            • 匿名
            • 2015年 5月 16日

            前半も概ねスレチな件
            見え具合がどうとか言ってたのが不便を楽しむとか
            勝手に話がドリフトしてるし
            TLM以前のOVFαでも使ってれば

            • 匿名
            • 2015年 5月 16日

            現状のEVFはまだまだ極小のサムネイルを見てる感じの性能ですし、録画された過去の映像に思えてしまいます。撮影している自分だけが現実を見られないというジレンマ。良く出来た一眼レフやレンジファインダーの視野は今起こっている現実そのものと思えるのですが。

            • M-KEY
            • 2015年 5月 17日

            「今を見たい」のか「どう撮れているかを見たい」のか?
            という違いはあるしEVFの場合は表示遅延の為に動体は撮りづらいという問題はあります。
            被写体に応じて使い分けが出来ればいいのでですが、一つのシステムで両方に対応しているモノは現行品ではありませんね。

            歪曲収差の補正ですが、光学で完全に補正されているのが理想。
            でもライブビュー機なら、電子補正も任せることでレンズを小型で安価にできます。
            それにファインダー像も補正されているのならフレーミングも楽です。
            でも歪曲補正すると画面周辺部の解像度が少し落ちるしレンズ本来の画角より狭くなります。
            ソニーのEマウント機はファインダ―像は補正されていますがRAWは無補正です。
            (ACRのプロファイルで補正可能)
            画面周辺に直線要素が無いときは歪曲補正を使わないという選択も出来ます。

        • 匿名
        • 2015年 5月 16日

        >撮影データでも大差なく見える訳

        良いレンズ使っても意味ないってことですな。
        結果が大差ないなら何でも良いと。

        なら、食事で良いモノ味わおうが意味ないって感じだな。
        結果的に満腹になれば大差ないと。

        結果論だけだとそうなる。
        でもプロセスも楽しみたいな。

          • 匿名
          • 2015年 5月 16日

          食事で言えば素材がなんであれおいしければって話でしょう。
          満腹になればってのは撮れればいいって感じでスマホでいいみたいな。

          感覚的なものは大事だけど、個人の好き嫌いを理由に否定意見を書くとおかしくなる。
          EVFは嫌だけどデジカメで撮ってPCモニタでは観てるんでしょうし。

        • 古参者
        • 2015年 5月 16日

        EVFで大差無くなるのは明るさくらいだろ?

          • M-KEY
          • 2015年 5月 17日

          ここでの話題になっている歪曲収差も差が無くなります。
          もちろん、EVFなら暗いレンズでも、その暗さを感じないと言う利点はあり
          F1.4級とか収差補正が優れたレンズなら光学ファインダーがいいですが
          歪曲収差でまくりの暗黒ズームを使っているならEVFの方がレンズの粗が見えない
          =結果としてファインダーが見やすいというメリットは大きいでしょう。

            • 匿名
            • 2015年 5月 17日

            明るいレンズを買ってファインダーを覗いたときの感動、
            そういうのはOVFならではだからな。

            調整画像を見ながら撮るEVFは、
            レンズの素の光学像は見ることが出来ないし、
            電子像も裏で各種補正が効いてしまっているから
            それを承知で、結果だけを見たいならそれで良いでしょう。

            ゲインを勝手に調整されるのが不快なのと、
            どうしてもガンマが感覚に合わないから
            手持ちがEVF機しかない場合は我慢して使うけど、
            やっぱり光学像で見たい衝動がいつもあるなぁ。
            知らなきゃそれまでなんだが。

            • 匿名
            • 2015年 5月 17日

            「ファインダーを覗いたときの感動、そういうのはOVFならではだから」
            個人的な好き嫌いと客観的な話しをごっちゃにして感覚の話しを繰り返すのはどうなのかね?

            個人的な話しで言えば自分はメガネかけてるからファインダーそのものが
            嫌いで背面液晶が一番いい(タッチパネル対応だとベスト)
            背面液晶なら構図も取りやすいし操作性もいい、タッチ対応だとAFも楽だからファインダーでちまちまやってるのはどうにもね

            などと書かれても面倒なだけでしょう(上の気持ちは本音だけど)

            • 匿名
            • 2015年 5月 17日

            やっぱり普通の光線状態のときはOVFで撮影したい。
            ただEVFで補正してくれたほうが助かるときもある。
            並存は実際難しいのだろうとおもうけど、
            たとえばミラーレス機のように
            OVF機もホットシューに外付EVFをつけることができる、
            なんてのはどうだろうか。

    • 匿名
    • 2015年 5月 19日

    匿名 :
    やっぱり普通の光線状態のときはOVFで撮影したい。
    ただEVFで補正してくれたほうが助かるときもある。
    並存は実際難しいのだろうとおもうけど、
    たとえばミラーレス機のように
    OVF機もホットシューに外付EVFをつけることができる、
    なんてのはどうだろうか。

    自分もそれがいいと思います。OVF一眼レフをミラーアップしてEVF付ければコントラストAFのミラーレス機として動作する、そういうハイブリッドカメラはいまだに存在しませんね。レンジファインダーのライカMがある意味そうですが。

コメントは利用できません。

オリンパス、対角魚眼レンズ「M.ZUIKO DIGITAL ED 8mm F1.8 Fisheye PRO」(デジカメWatch)

OM-D E-M5 Mark IIに、チタンカラーの限定モデル(デジカメWatch)

最近のコメント

アーカイブ