デジタルカメラ情報サイト

小型ボディーに高性能を凝縮 システム充実の“本命”旅カメラ–OLYMPUS OM-D E-M5 Mark II(デジカメWatch)

【特別企画:旅×カメラ】
キットレンズも含めて「旅向け」好バランス
多彩な機能が旅写真をアシスト
高性能なEVFと便利なバリアングル液晶モニター
まとめ:旅に最適なシステム
by 上田晃司

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (4)

    • 匿名
    • 2015年 5月 23日

    2枚目の画像はなんで濡れてるんだ?一見、変わった塗装に見えたよ。

      • 匿名
      • 2015年 5月 23日

      12mm F2は防塵防滴じゃないから、これはあかんね。
      初心者が勘違いする可能性もある。この画像は差し替えた方がいい。

        • M-KEY
        • 2015年 5月 25日

        非公式だけど、ある程度の防塵防滴は考慮されており
        飛沫を浴びるくらいならOKという情報もあります。
        実際はどうなんでしょうか?

          • たで
          • 2015年 5月 31日

          自分は防滴でないレンズにも雨とか潮とかをバシバシかける
          常にヒドイ使い方をレンズに強いていますが、まだ壊れては
          無いですね。

          あまり推奨はしませんがヘリコイド部だけ気にすれば、多少の
          水滴ぐらいは問題はないかと。

コメントは利用できません。

HD DA 20-40mm Limitedは“ズームできる標準レンズ”である–PENTAX K-3(デジカメWatch)

ライカ、「ズミルックスM f1.4/28mm ASPH.」を発売(デジカメWatch)

最近のコメント

アーカイブ