デジタルカメラ情報サイト

デジタル時代の“新ディスタゴン”現る!!–新ツァイスレンズ「Distagon T* 1.4/35 ZM」をライカMとα7 IIで試す(デジカメWatch)

【特別企画】
なぜ“ディスタゴン”なのか?
MFレンズならではの高い品位
余裕のあるシャープな描写力
是非使いたい「クローズフォーカスアダプター」
3本の35mmレンズが揃った
by 赤城耕一

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (3)

    • 匿名
    • 2015年 5月 29日

    開放から凄くシャープ。ボケもいい。ライカ純正より良いかも?ちょっと重くて大きいのが欠点か。

    • 名無しさん
    • 2015年 6月 02日

    コシナには、フォクトレンダー銘で50ミリF2のスリムなレンズを出して貰いたいな―。ズミクロンは高過ぎるし、コシナ製プラナーも悪くはないが、もっと軽いのが欲しい。

    • 古参者
    • 2015年 6月 02日

    ボデイとセット50mmF2沈胴があったね。

コメントは利用できません。

気軽に携行して手持ちで撮れる超望遠ズーム――シグマ「SIGMA 150-600mm F5-6.3 DG OS HSM | Contemporary」(ITmedia デジカメプラス)

チョー使うキヤノンの「TS-Eレンズ」(ケータイWatch)

最近のコメント

アーカイブ