デジタルカメラ情報サイト

「Adobe Creative Cloud」が2015年版にメジャーアップデート、使い勝手が向上する新機能とは?(ITmedia デジカメプラス)

お得なCSユーザー向け乗り換えキャンペーンも
表現力が増した「Photoshop CC」
 霞(かすみ)を除去する「Dehaze」
 わざとらしさが薄まった「ぼかしギャラリー」
 移動ツールが進化した「コンテンツに応じた移動」
使い勝手が向上した「Illustrator CC」
選べる日本語フォントが追加「Typekit」
月額1980円からCCを利用できる「Creative Cloud 2015導入応援キャンペーン」
by 山口恵祐,ITmedia

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (8)

    • 匿名
    • 2015年 6月 17日

    おお。今電源入れたらCreative Cloudが「アップデートあり」、との事でアップデートしたけど
    そういう事か。今日から突然カスミっぽい写真が出回ったりして。

    • コニン
    • 2015年 6月 17日

    クラウド化のおかげでデータの外部流出対策にコストがかかるようになった。
    プロ向けに共有機能を完全に外したバージョンだしてくれアドビ。

    • 匿名
    • 2015年 6月 17日

    今回のメジャーアップデートは今までに比べると少し地味な感じはしますね。
    まあ1年おきなので、毎年の飛躍なバージョンアップは必要なくなってきてるのでしょうね。
    Photoshopの方は、ちょっとずつだけど着実に使いやすくなってる感じ。
    Illustratorの自動保存はありがたいけど、まあ地味ですわなあ。

    • 匿名
    • 2015年 6月 17日

    月払いで確実に儲けたい気持ちは分からないでもないが使う頻度にムラがあるし、常に最新である必要のないアマチュアに強いるのは問題だ。買い取りのオプションも選択できるようにして欲しい。

      • M-KEY
      • 2015年 6月 18日

      従来のパッケージ版でキッチリアップデートすると、おおよそ1600円/月かかっていたので
      安くはなっていますが、1個飛ばしでアップデートしていた人にとってはコスト増ですね。
      機能を減らしたライト版で安いコースがあってもいいと思います。

    • T.T
    • 2015年 6月 17日

    CC2015 昨夜アップデートしたばかりでまだまだ使いこんでませんが 着実に進化していると感じます
    特に動画系は時代の先端をゆく各社各様のフォーマットが混在でき大変助かります
    スチル系も各社各モデルのRAWが比較的早期に可能となり(逐次アップデート)これも助かります
    確かに業務ユーザーに絞った提供なのかもしれませんが
    一度クラウドを経験すると手放せなくなります
    月々5000円は 携帯の利用料金から比べたら破格に安いと感じてしまいます
    フォトショップとの付き合いは30年近くになりますが もう身体の一部です

    • たで
    • 2015年 6月 18日

    ネット環境がイマイチな国にいるときに使っていると
    時々余分な接続を試みたりして、ちょっと慌てたりします。
    ないと困るしお布施を続けていますが、ライト版は欲しい…

    • 匿名
    • 2015年 6月 22日

    気がつけばプラグイン・フィルターが全部リセットされちまってた。
    そのまま移行してくれないのね。

コメントは利用できません。

オリンパス、OM-D E-M5 Mark IIチタンカラーを6月26日に発売(デジカメWatch)

イメージサークルを超える冒険–α7 II + Prominar 12mm F1.8(デジカメWatch)

最近のコメント

アーカイブ