デジタルカメラ情報サイト

飛び交う「蛍」の撮影を写真家・田中達也が伝授!(デジカメWatch)

【何気ない風景をダイナミックに変える「絶景写真術」】
背景にピントを合わせて“作品”に
星のように舞うヒメボタル
光跡を描くゲンジボタル
蛍写真も星の光跡と同様、「撮影」と「合成(レタッチ)」の2つの工程で仕上げる
撮影のポイント
比較明合成の手順

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (2)

    • 匿名
    • 2015年 7月 01日

    ヒメボタルのこの手の写真、出始めは感動したけど誰が撮っても同じようなものになるから、早々に飽きてしまった。このテクニックの公開から、何か新しいもの出てくるといいね。

    • weed
    • 2015年 7月 02日

    デジカメのノイズリダクションが進化してから、ホタルの撮影は格段に楽になりましたね。
    フィルムの頃も長時間露光していましたが、相反則不軌や色温度の補正に悩みました。
    何よりその場で結果が分かりませんし。

    ネットで撮影地の共有も楽になったり、観光施設で養殖蛍を公開したりするようになって、今ではどちらかというと都会のイルミネーションみたいに大衆化した感があります。

    車のライトが行き交う用水路で、ごくわずかな個体が微かに光っていることが結構あります。
    それこそ広角マクロで蛍の発光と車の強烈な光線を同時に写しこんだら、象徴的な絵になりそうです。

コメントは利用できません。

「リアル・レゾリューション・システム」で動きものは本当に撮れないかを試す–PENTAX K-3 II(デジカメWatch)

必携レンズ「XF56mmF1.2 R」とのマッチングは? 「FUJIFILM X-T10」で撮り歩く(ITmedia デジカメプラス)

最近のコメント

アーカイブ