デジタルカメラ情報サイト

ニコン、定価17万円台の「AF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VR」(デジカメWatch)

手ブレ補正モード「SPORT」搭載

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (6)

    • 古参者
    • 2015年 8月 04日

    望遠重視なら80-400より魅力的なスペックだが安過ぎて不安だ。

      • 匿名
      • 2015年 8月 04日

      テレ側がF6.3でなくてF5.6というのがいいです。シグタムはF6.3をF5.6と騙してAFを駆動しているようですから。ズーム倍率を気にしないならシグタムにする理由がないですね。

        • 匿名
        • 2015年 8月 04日

        うんたらinfoのサイトでタムロン共同開発だそうですが、製造もタムロンでないとこの価格では出せない気もするし、でもやっぱりテレ端が1/3段明るいのは大きいです。

        • 匿名
        • 2015年 8月 05日

        >シグタムはF6.3をF5.6と騙してAFを駆動している

        これマジなの?
        こんな事したら1/3段分暗い画像になっちゃうんじゃないの?

          • ネガティブD800ユーザー
          • 2015年 8月 05日

          レンズによって実効F値が違うなんて今さら。

          ニコン純正でも暗く写るレンズはあるよ。

            • 匿名
            • 2015年 8月 05日

            昔ニコンのD1XではAFレンズで撮ると適正露光だが、MFレンズ(Aiニッコール)で撮ると1段必ず暗く写った。
            ニコンの新宿SCに苦情を言う津「そんなはずはない!」と社員が息巻いていたが、半年後に「はい D1Xにはそのような不具合がありました」と認めた。
            自社のレンズ同士でも不具合が起きるんだから、まして他社のレンズでは・・・

コメントは利用できません。

ニコン、フルサイズ対応の「AF-S NIKKOR 24mm f/1.8G ED」(デジカメWatch)

ニコン、フルサイズ大口径標準ズーム「AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8E ED VR」(デジカメWatch)

最近のコメント

アーカイブ