デジタルカメラ情報サイト

ニコン、フルサイズ大口径標準ズーム「AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8E ED VR」(デジカメWatch)

手ブレ補正搭載 ED非球面レンズを初採用

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (11)

    • 匿名
    • 2015年 8月 04日

    重い腰を上げるように、やっとVR付きの登場だね。これでキヤノンも重い腰を上げそうな気がする。

    • 匿名
    • 2015年 8月 04日

    でかそう・・・。APS-Cの17-55 f2.8を持ってるけど、あれ+D7000程度でも重くて首が痛くなる・・・。
    最近はm43のミラーレスを持ち出す機会が多く、レフ機の回数が減っているなぁ・・・。

    • 匿名
    • 2015年 8月 05日

    値段が・・・
    金持ち相手の商売ってことで開き直っているのかな。
    Nikon使っていますが、そろそろFujiに乗り換えようか。

      • 匿名
      • 2015年 8月 05日

      この内容でこの値段なら高くないでしょ

    • 匿名
    • 2015年 8月 05日

    ボディーこみ2kg超えですね。どんどん肥大化するなぁ。

      • ネガティブD800ユーザー
      • 2015年 8月 05日

      昔はF2にモータードライブ着けた時点で2Kg超えたりしてたけどね。

      でもやっぱ標準ズームレンズが1Kgというのは衝撃ですなあ。

      カメラ本体が1Kgの方が重心的には持ちやすい=疲れにくいよね。

    • 匿名
    • 2015年 8月 05日

    DX用の16-80/F2.8-4みたいな、
    ちょうど良いと思える標準ズームが欲しいな。

      • ネガティブD800ユーザー
      • 2015年 8月 05日

      小型軽量ならいちおう24-85があるけどね。

      24-120がもっと短くなればとも思うけれど、フルサイズ用は仕方ないね。

      • 匿名
      • 2015年 8月 05日

      という事ならAF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VRがほぼFX用に相当するけど?

        • ネガティブD800ユーザー
        • 2015年 8月 05日

        D750やD600系に着けると、レンズ側の方が重く感じてバランス悪いのよ。

        だから「DX16-80のような大きさ重さで24-120に近い守備範囲の標準ズームが欲しい」という気持ちはわかる。

        でも、実際は望遠側の開放F値を5.6に下げない限り無理だろうね。

        A:望遠を我慢してでも小型軽量を重視して24-85
        B:大きさ重さを我慢しても守備範囲の広さを重視して24-120
        C:さらに大きさ重さを我慢し守備範囲も狭いけれど明るさと性能重視な新型24-70

        上記全てにVR付いてるんだから、選択肢としては十分過ぎるはず。

        強いて言えばAとBの間に28-105mmF3.5-4.5VRがあれば、という感じだろうけど、結局今の時代には中途半端な存在になっちゃうんじゃなかろうか。

    • ネガティブD800ユーザー
    • 2015年 8月 05日

    製品画像だけ見ると、フードの取り付け部から先が伸びて、焦点距離に合わせてフード効果が追従するような構造に見えるけど、ニコンの製品紹介ページにはそういう記事が無い。

    フード自体は大きくて頼もしいと思うけど、どうせ画質優先でここまで大きく高価にするのだったら、ズーム対応フードにして欲しかったな…。

コメントは利用できません。

ニコン、定価17万円台の「AF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VR」(デジカメWatch)

スキャンデータにExif情報を付与–紙の写真の「いつ撮ったか」を解析する、撮影日記録サービス(ASCII.jp)

最近のコメント

アーカイブ