デジタルカメラ情報サイト

「K-3 II」から読み解くPENTAXの魅力(デジカメWatch)

【特別企画】
各部にみる“PENTAXらしさ”とは
小型で手に馴染む堅牢なボディ
フィールドカメラとしての信頼性
柔軟にカスタマイズできる操作系
インターフェイスを“写真の言葉”で考える
「高画質とは?」を考えるPENTAX
伝統のPENTAX Kマウントレンズ
by 大高隆

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (14)

    • キツツキ
    • 2015年 8月 18日

    鳥撮るために、当時500mm以上の単焦点がなかったPentaxシステムを泣く泣く跡にして、Nikonに移行しました。今でも総合的にみて、APS-CではK-3がベストと個人的に思っています。Pentaxはミラーレスとの棲み分けにおいて、レ7機の売りを突き詰めることをしなかったのだと思います。

    ミラーレスに対するレフ機の最後の砦は、ファインダーの表示遅れがないこと、待ち時間内においてEVFやセンサーの電力消費がないから電池が長く持つこと、これらから動きものを長時間狙うには適することと思っています。

    • 匿名
    • 2015年 8月 18日

    交換レンズは奇妙な焦点距離のラインアップだが これではペンタックスファンしか興味を示さないのではないか。フジのXシリーズ交換レンズが着々と充実しているのに比べ、魅力が薄い。

    • 匿名
    • 2015年 8月 18日

    ペンタックスユーザーはこっちよりKs-2を選ぶんじゃ無いかな。

    • 匿名
    • 2015年 8月 18日

    K-5からK-3に買い替えたら、★やリミテッドでも背景が汚く写ることがあるが、これも高画素化の悪影響なのか思う。自分は今後出てくる予定のフルサイズに期待するのみ。

    • 匿名
    • 2015年 8月 18日

    ペンタはK52やK3使ってるが、レンズのAFがギュアンギュアンうるさいのが多くてね。
    静かな場所だと目立って恥ずかしいんだよなあ。

      • 匿名
      • 2015年 8月 19日

      たしかに。
      モーターを内蔵したタイプがまだ半分以下だからね。
      ただ、Z-1の頃って、ボディ駆動のレンズしかなかったけど今ほどうるさくなったんだよなぁ。
      なんでだろう??

      K-3、5とかは、シャッター音が静かだけに、余計気になるよね。
      ボディに見合うレンズ(DCモータータイプ)も徐々に出てきてはいるけどね。

      とはいえ、ファインダーの良いペンタックスだけに、
      MFでピント合わせを愉しむってのも乙なもの。

        • 匿名
        • 2015年 8月 19日

        AFの速度を優先させるあまり、静粛性はおろそかになっているんでしょうかね。
        ニコンのボディ内AFはもっと大人しい音なので、ペンタもやろうと思えば改善できるはず。

          • コニン
          • 2015年 8月 19日

          ペンタのボディ内モーターは回転力が強くて速い気がします。そのせいかも?

            • 匿名
            • 2015年 8月 19日

            駆動スピードすごく速いもんね。
            回転数の高いモーターを減速させるかギヤ音だろうけど、
            昔のSFシリーズより音が大きいのは確かに不思議だ。

            • kuro
            • 2015年 8月 20日

            AFカプラーから先のレンズ内での減速比が、フィルムの頃とデジタルで異なるのが原因かと推測しています。
            フィルムの頃のレンズは、最短距離から無限遠までカプラーの回転が4回転に届かないのがあるのに対して、デジタルの物は20回以上回るものがあります。
            減速比が大きくなっているのは、AF精度の向上のためでしょうが、AF速度の確保のためにカプラーの回転速度を上げなければならないので、フィルムの頃より相対的に煩くなってしまっているのでしょう。

            ちなみにカプラーが3回転半しか回らないFA35-80だと、「ガッコッ、コッ、コッ」と言った調子で、「ギュィーン」とまで行きませんです。

        • 匿名
        • 2015年 8月 23日

        K100Dが出たときに、多少の静かさよりAFスピード優先でそれまでのウォームギヤからベベルギヤに変えたという話だったかと。
        モーター自体のパワーもK10Dから強力なものになったはず。*ist-DSとかのボディ駆動AFモーターはいまいち力ない感じだった。まあ今から思うとZ-1のころ使っていたズームは前玉回転だったのが、デジタルになってからはインナーフォーカスで反動が少なかったせいもあるかもしれないけれど。

    • コニン
    • 2015年 8月 19日

    K-3がAPS-Cでは群を抜いて良いカメラなのは認めるけど、ボディだけ良くてもシステムが…。
    レンズラインナップが限られているうえに、サードパーティも出してくれない。
    レンズによるけどAF精度も微妙。しかもペンタは親指AF時にレリーズボタンでAEロックができない謎仕様で動き物が厳しい。ストロボもC,Nから見ると時代遅れ。
    実際に使ってみて、ペンタは趣味ならすごく楽しいカメラだけど仕事のメインに使うのは正直厳しいと感じた。フルサイズでの改善に期待。

      • キツツキ
      • 2015年 8月 19日

      「ボディだけ良くてもシステムが…」….おおいに賛同、それで泣く泣くペンタを去りました。でも記念に*istDは残し、時々最高のシャッター音を楽しんでいます。今となっては液晶の小さいこと、小さいことに感動すら覚えます。

        • 匿名
        • 2015年 8月 19日

        旧MZ系のミラーボックスを流用していた*istDは、
        やや高い金属系の音を絹で包んだような最高な音でしたね。
        次に出たistDSの音が、あまりに平凡でガッカリした記憶があります。

        私はペンタは*istDとK-5Ⅱだけ取ってあり、他社機と併用していますが、
        いよいよMZ-Dから何年?フルサイズが間もなく登場するだけに、
        今また注目したいところですわ。

コメントは利用できません。

4K動画と高速シャッターに対応した“RX100 4兄弟”の最上位モデル 「RX100 IV」徹底検証(ITmedia デジカメプラス)

第7回新宿クラシックカメラ博が開催中(デジカメWatch)

最近のコメント

アーカイブ