デジタルカメラ情報サイト

コシナ、カールツァイスと共同開発したレンズ「Milvus」(デジカメWatch)

デジタル一眼レフカメラに最適化した設計
 Milvus 2.8/21(20万8,000円)
 Milvus 2/35(12万4,000円)
 Milvus 1.4/50(14万8,500円)
 Milvus 1.4/85(20万5,000円)
 Milvus 2/50M(15万1,000円)
 Milvus 2/100M(21万4,500円)

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (13)

    • 匿名
    • 2015年 9月 11日

    1本につき10万払うからzeissフォントよこセヨ
    共同開発した事にさせてやるニダ byコシナ

      • 匿名
      • 2015年 9月 11日

      それ逆やろ

      • 匿名
      • 2015年 9月 11日

      コシナを在日企業とでも言わんばかりの言い草やな

    • 匿名
    • 2015年 9月 11日

    カール・ツァイスだらけでワケわからん。

    • 匿名
    • 2015年 9月 11日

    「デジタル一眼レフカメラに最適化した設計 」って、
    特別な事では無く、今時そうせざるをえないよね?

    • 匿名
    • 2015年 9月 12日

    会社の沿革読んだら、「1969年7月、35mm一眼レフ製造開始」とありましたが、カメラのブランド名は何なのでしょうか?昔のことを知らないので教えてください。会社の設立は1959年とあるので歴史のあるメーカーなんですね。まあカメラ会社のルーツは皆古いのかもしれませんが。

      • 匿名
      • 2015年 9月 12日

      ggrks

        • 匿名
        • 2015年 9月 15日

        ありがとう、ggrksなんて略語をggしたらppでした。なおgg,ppは私の造語です。はて何でしょう?

          • 匿名
          • 2015年 9月 15日

          ググレカス

    • 匿名
    • 2015年 9月 12日

    いっぺんにこんなに出すなんてすごいですね。ビックリ。

      • M-KEY
      • 2015年 9月 12日

      50mmF1.4と85mmF1.4以外は従来の光学系の流用だから
      実質は「Otus」のデザインに合わせた外観の変更ですね。
      従来のZE/ZF2レンズはフェードアウトするかもしれません。

    • M-KEY
    • 2015年 9月 12日

    Pianar T* 1.4/85 ZF.2:5群6枚 1m~∞ 77.0×62.1mm フィルター径φ72mm 570g ¥119,500
    Milvus 1.4/85 ZF.2:9 群11枚 0.8m ~∞ 90.2×94.4mm フィルター径φ77mm 1120g ¥205,000
    Otus 1.4/85 ZF.2:9群11枚 0.8m ~∞101×113.8mm フィルター径φ86mm 1090g ¥490,000

    MilvusとOtusは同じ9群11枚ですが、構成図をみると光学系は別物ですね。
    実際の性能差はどうなんでしょう?

    • 匿名
    • 2015年 9月 12日

    このデザインは、ぬるぬるシェイプのEOSには合うだろうね。個人的には旧来のニコンマウント用デザインの方が好きだな。

コメントは利用できません。

FUJINON 13mm F1.1をPENTAX Q-S1に装着(デジカメWatch)

ソニー、フルサイズミラーレス「α7S II」を海外発表(デジカメWatch)

最近のコメント

アーカイブ