デジタルカメラ情報サイト

フルサイズならではの立体感と4240万画素による豊かな描写–α7R II(ITmedia デジカメプラス)

高性能な単焦点レンズが生きる高画素
by 三井公一,ITmedia

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (5)

    • 匿名
    • 2015年 9月 24日

    微妙なブレの写真が多いな。モデルを前に手が震えたのか?それにAPS-C用のレンズをわざわざ使うのも意味不明。

    • 匿名
    • 2015年 9月 24日

    Vario-Tessar T* E 16-70mm F4 ZA OSSとFE 24-240mm F3.5-6.3 OSSはレンズの限界が出ちゃってるね。

    それと↑と同じ、なんで16-70mmを使ったのかネ。

    最後の1枚は1/60秒だけど、ブレてるね!!

    • 匿名
    • 2015年 9月 24日

    鼻の小さな産毛まで見てるのは凄い。

    • くま
    • 2015年 9月 24日

    うぶ毛とか・・他のカメラでもっとドギツク写して見せたサンプルがあったけど、いいもんじゃないね。
    まあこれくらいだったら、許容範囲かな・・。
    三井公一さんは今、シグマのHPで連載記事受け持ってるよね。結構撮れる人なんだろうと思う。
    シグマでもこの記事でもタイトルに「ブラブラ」を入れているから、スナップ派なんだろう。
    こういうメーカーの宣伝みたいな記事も、色々な人が色々撮った方が賑やかでいいじゃん。

    • 匿名
    • 2015年 9月 28日

    カメラの良し悪しだのレンズの良し悪しだの写真の良し悪しだのいくら言っても、
    結局はモデルの良し悪しが全てだよな。

コメントは利用できません。

坂と海と猫の街! 尾道でも猫写真三昧!!(ASCII.jp)

キヤノン「EOS Kiss X8i ダブルズームキット」が好調、早くもトップ3入り(ITmediaデジカメプラス)

最近のコメント

アーカイブ