デジタルカメラ情報サイト

高精度でノイズを除去・低減し、ハイクォリティなデジカメ写真に仕上げる画像処理ソフト–Neat Image standalone Demo edition(Vector)

画像を解析して作成されたプロファイルによって高精度な処理を行う
Windows用、フリーソフトウェア
by 福住 護

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (7)

    • 匿名
    • 2015年 10月 17日

    このソフト昔はシェアウェアだったと思いますが今はフリーになってるんだ。インストールしてみよう。

      •  
      • 2015年 10月 20日

      機能の低いフリーバージョンもあるという感じですね。
      有償版だとバッチ処理できたり、多少使い勝手が上がります。

      昔コンデジがISO1600でもカラーノイズだらけだった頃に一番安いバージョン買って使ってましたが
      カメラ自体の高感度性能がそれなりに上がったこと、このソフトではちゃんと処理しようと思うと
      プロファイルを感度と解像度毎に作らないといけないことから、この数年はほとんど使ってません。

    • う~ん
    • 2015年 10月 18日

    ノイズの減少が確認できた。
    もっとも、ディテールが若干失われる気がする。

    • 匿名
    • 2015年 10月 18日

    これはけっこう凄いですね。
    ただ最初にMacのPhotoshopにプラグインとして入れて試してみたんですが、
    処理できる面積に制限があって、部分的にしかノイズを除去できませんでした。
    単体のデモの方はその制限がなく、画像全体にノイズを除去できるみたいですね。

    • weed
    • 2015年 10月 18日

    懐かしい。
    コンデジが300-500万画素くらいの時代に、高感度(といっても当時はISO400-800くらい)のノイズを除去する際にだいぶお世話になりました。
    ノイズリダクションが進化してから使わなくなったけど、まだ開発されていたんだね。

    • 匿名
    • 2015年 10月 19日

    Lightroomのノイズ除去機能と比べてどうなんだろう?
    時間ができたら試してみよう。

    • 匿名
    • 2015年 10月 19日

    結構凄いね。
    Lightroomよりは多少劣るし設定項目も少ないけどフォトショのノイズ除去機能のショボさに比べたら段違い。
    Lm持ってない人に勧めるにはいいかも。

コメントは利用できません。

シグマ、世界初のフルサイズ用“20mm F1.4”レンズ(デジカメWatch)

iPhone 6s Plusの「Live Photos」で猫の決定的瞬間を残す!(ASCII.jp)

最近のコメント

アーカイブ