デジタルカメラ情報サイト

99万円のフルサイズミラーレス一眼「ライカ SL」を触ってきた!(ASCII.jp)

by ハシモト/ASCII編集部

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (19)

    • 匿名
    • 2015年 11月 09日

    ていうかミラーレスでもなんでもいいのだが、
    第一世代のα7シリーズなみにデザインがダサい、壊滅的に。
    どうせ俺は貧乏人なので買えない僻みと思ってもらっていいが、こんなカメラに100万近い金を出すのはお金に対する冒涜ではなかろうか

      • 匿名
      • 2015年 11月 09日

      500万のパテックフィリップは少ないにしても、100万のロレックスしてるのはゴロゴロいるんだよ? それに比べればライカの100万は内容が濃いと思うけどね。 世の中は貧乏人だけで形成されている訳じゃない。価値観の違いはあるだろう。

        • 匿名
        • 2015年 11月 10日

        腕時計は実質的に宝飾品だからね。
        その理屈だとライカも宝飾品なんですか?ってことになってしまうね。

        カメラの価値を例えば画質を決めるとすると、
        そこに寄与するレンズ、センサー、画像処理エンジンのうち、
        センサーはサイズもメーカーも一緒なら差別化できないし、
        画像処理エンジンも汎用ソフトがある。
        そうなると、高価な価値を主張できるのはレンズだけになるのではないかと思う。

          • 匿名
          • 2015年 11月 10日

          屁理屈もいいとこ

          • 匿名
          • 2015年 11月 10日

          酷いこじつけだなw

          • 匿名
          • 2015年 11月 10日

          ◆腕時計
          30年ぐらい使える。(機械式はもっと長く)
          常時身に着ける事で価値を償却できる。
          腕時計の格で相手から受ける評価が違ってくる。特にビジネスの場においてはTPOに応じて相応レベルの腕時計が求められる(ある一定レベル以上の場合)。

        • 匿名
        • 2015年 11月 10日

        ブランド時計やブランバッグをすぐバカにする奴多いけど、あれはあれでいいものだぞ

      • 匿名
      • 2015年 11月 10日

      >こんなカメラに100万近い金を出すのはお金に対する冒涜ではなかろうか
      このコメントこそこのカメラを買う人への冒涜だと思うが

      • 匿名
      • 2015年 11月 10日

      そういうことばかり言ってるから、
      負け犬の遠吠えとか言われるんだよ。

    • ken
    • 2015年 11月 10日

    これに価値を見出す方とか買う人は買うんですよ。
    それに対して値段云々でどうこういうのは。。。ミジメになります。
    ちなみに僕は絶対買いません!いや買えません!

      • 匿名
      • 2015年 11月 10日

      同じ性能のものを例えばパナが作って出しても・・・せいぜい30万円がいいとこでしょうか。
      それ以上の70万円は何の価値ですか、ていえば、ライカというブランド価値ということですね。
      需要と供給によって決定されるものだから、多分それだけの価値がブランドにあるということなんでしょうが・・・納得はし難いけれども。

        • 匿名
        • 2015年 11月 10日

        アルミ削り出し防塵防滴ボディとか金かかってるところもあるし、同じ内容でロゴだけLUMIXにしてパナが出したとしても、50万円はいくと思う。最近のSONYα7系を見ているとね。

    • nroff
    • 2015年 11月 10日

    最前線で何年気持ちよく使えますかね。

    デジタルものは数年で使い捨てるしかないので、
    いわゆるブランドものとは一線を画すべきだと思います。

      • 匿名
      • 2015年 11月 10日

      そこがレンジファインダーのMとは違う気がしますね。画質は普通の人にとって現状でもう十分だけど、EVFやAFなどは日進月歩ですしね。

    • 匿名
    • 2015年 11月 10日

    フルサイズミラーレス機で、タフで高速なプロフェッショナル機はまだこの世に出ていない。
    2005年のライカM8はデジバック以外には無かったベイヤーローパスレス機。2009年のライカM9はフルサイズになったが一眼レフと比べてずば抜けてコンパクトだった。2013年のMtyp240は史上初のフルサイズミラーレス機。
    単なるブランドだけではなくて、他に比べるものが無いパッケージングがライカらしいところかな?
    ただ、このSLがEOS1やD4系のようなプロ機と同様に使えるカメラかどうかはちょっと疑問もあるけど。

    • 匿名
    • 2015年 11月 11日

    レンズはまだしも、本体のデジ物は機械式と違って製品寿命が非常に短いですよ、あっというまに新しい技術に追い越される。アルミの削りだしボディーはいいけどなぁ、中身が時々アップデイトできるのならべつだけど、そんなにする必要があるのかな??

      • M-KEY
      • 2015年 11月 12日

      この価格帯なら、デジタルモジュールRのように
      カメラ本体とセンサー部(+背面モニターや操作部)を
      セパレートにして,必要に応じて組上げる方が良さそうな気がしますね。
      というか、M型こそデジタルモジュールに向いてそうなんですけど・・・

        • 匿名
        • 2015年 11月 12日

        デジタルモジュールMがあったら最高ですね。
        でもデジタルモジュールRと同様に、フィルターの厚み分、センサーをフィルムアパチュアに嵌めこむことになるから、フルサイズは無理なんですよね。面積10%減でもいいから実現して欲しかったけどなあ。ライカモーターくらいのサイズで...

    • 匿名
    • 2015年 11月 15日

    前にも書いたが、どうしてR8,9をモチーフにしたデザインにしなかったんだろう。あの形ならば、多少大柄でも納得がいくだろうし。

コメントは利用できません。

“後からピント合わせ”のLytro、VR用全周カメラを発表(ASCII.jp)

レンズ前約7センチまで寄れる新型ワイドレンズの実力–タムロン「SP 35mm F/1.8 Di VC USD」(ITmediaデジカメプラス)

最近のコメント

アーカイブ