デジタルカメラ情報サイト

「深度合成」がブツ撮りを変える!–こだわりのコレクション撮影術(デジカメWatch)

【特別企画】
被写体のすべてにピントあわせるには……
深度合成モードの使い方
実際に撮影してみた
まとめ:料理やテーブルフォト、プロユースにも
by 上田晃司

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (45)

    • 匿名
    • 2015年 12月 15日

    これ使えるな。

      • 匿名
      • 2015年 12月 20日

      カシオのZR1000(数年前の機種ですが)で使ってますが、
      ボケを排除してブツ撮りしたいときは便利ですね。
      カシオの場合は、全焦点マクロとか言ってますが。

    • M-KEY
    • 2015年 12月 15日

    センサーの素性がいいE-M5IIでも出来るようにならないか?
    あと、パナのマクロレンズにも対応してほしい。

      • 匿名
      • 2015年 12月 16日

      使ってる本人は何の疑問も無く使ってるんでしょうし、
      初めに使いだした人も他意が無い・他に適当な言葉が思いつかなかったのかもしれませんが、
      「素性が良い・悪い」って、日常生活で(特に人に対して)使ってたらドン引きしますよね・・・

        • 古参者
        • 2015年 12月 16日

        お里が知れますな(笑)

          • 匿名
          • 2015年 12月 16日

          育ちが悪い

          ↑これ

          • 匿名
          • 2015年 12月 18日

          あと言葉の定義が自分勝手
          ミラーレスは許してもミラーレス一眼は許せないとか
          コンデジは蔑称だとか

            • 匿名
            • 2015年 12月 18日

            コンデジが蔑称ってのは本当に訳が分からない。
            「コンデジ画質」っていう揶揄のしかたはあるけど、コンデジが蔑称だと思う人なんて普通いないってば。

            • 匿名
            • 2015年 12月 19日

            一眼レフと比較をするならば、ミラーレス構造というのは
            別におかしくないぜよ。
            無理やりそれに一眼という語句をくっつける行為がダメってことだろ。
            要は、ミラーレス一眼という名詞的な用法はNGだが、
            ミラーレスな構造という後句を修飾する語句ならば俺も問題ないと思うぞ。

            ニコンユーザーではないが、この点に関してはニコンは立派。
            安易に一眼サギに走らない矜持には頭が下がる。

            • 匿名
            • 2015年 12月 19日

            ↑ミラーレスはミラーレス一眼レフの略。「ミラーレス」という名詞自体がNG。

            • 匿名
            • 2015年 12月 19日

            またこの議論か・・・と思うが

            >一眼レフと比較をするならば

            「ミラーレス」という言葉自体が、「一眼レフ」を基本に置き、それとの対比において発生し存在しうる言葉であるから、どんな理屈をつけても「ミラーレス」と呼称した時点で、一眼レフの影でしかない。
            それを「ミラーレス」は今の時点で最適とは言えないが他に適切な言葉はないといいながら、「ミラーレス一眼」はダメだ、という輩がいるが、それは欺瞞。
            「ミラーレス」自体が一眼レフベースの言葉であり、語尾に一眼が付くか付かないか、なんてのは単にそいつがそこで線を引いているだけであって、合理的な根拠なんてなにもない。だから「ミラーレス一眼」がだめ、というなら「ミラーレス」もだめでないと論理的にはおかしいはずだ。
            俺は、ミラーレス機の成り立ちを考えれば、一眼レフのレフ構造をなくすことで出来たということに疑いはないから、一眼レフのミラーレス機、という意味をこめた「ミラーレス」は呼称として何も問題ないと思う。ただ正式な型式に「ミラーレス」はおかしいと考える。それこそ「レンズ交換式デジタルカメラ」とか「レンズ交換式EVF方式デジタルカメラ」なんぞというのが正しいと考える。

            • 古参者
            • 2015年 12月 19日

            成り立ちで言うならば、コシナのベッサシリーズは
            ベースの一眼レフからミラーボックスを取り去った
            ミラーレス一眼と呼ぶことができるかもしれない。
            でも、EマウントαやMFT機なんかは、それまでの
            レンズ固定式のデジタルカメラセンサーを大きくして
            レンズを取外せるようにしただけで、マケ的には
            一眼レフの影響はあるが構造的には全くの別物だ。

            • 匿名
            • 2015年 12月 19日

            >古参者
            >EマウントαやMFT機なんかは、それまでの
            >レンズ固定式のデジタルカメラセンサーを大きくして
            >レンズを取外せるようにしただけ
            >マケ的には一眼レフの影響はあるが構造的には全くの別物だ。

            構造的にレンズ固定式コンパクトデジタルカメラのセンサーサイズを大きくしてレンズ交換式にする、というルートでも説明できるとしても、歴史を正順で見ていけば、現在の「ミラーレス機」の成り立ちがそのような性格のものではないのは明らかだろう。
            MFTはその前にFTがあった。Eマウントαはその前にMFTがあった。
            レンズ固定式デジカメのレンズを外せるようにしたと見るか、レンズ交換式一眼レフのミラーをなくすようにしたと見るか。最初のMFT機パナソニックG1が「ミラーレス構造」とアピールしているところから、どっちが意図されたものかは明らかだろう。

            • M-KEY
            • 2015年 12月 20日

            ベッサはレンジファインダー機です。
            たしかに一眼レフをベースにはしていますが、
            目指すのは「普段使いのライカ」であり
            一眼レフの代用ではありません。

            同様にEマウント機はAマウント機の代用品ではなく
            ソニーが本来作りたかったレンズ交換式カメラでしょうし
            フジXも「ライカの現在的な解釈」の一種だといえます。
            たしかにパナG1が契機にはなりましたが、もしコニカミノルタが
            ソニーにカメラ事業を押し付けなかったら、G1より先に
            レンズ交換式のサイバーショットR2が出ていたかもしれません。
            歴史的な流れでみれば一眼レフから派生したというよりは、
            20世紀末にブームになったライカなどのレンジファインダー機、
            その亜流のコンタックスGの延長上に位置するデジタルカメラが、
            いわゆるミラーレス機だといえます。

            • 匿名
            • 2015年 12月 20日

            電気的には、コンデジの素子を巨大化してメカシャッターを追加してボディとレンズのインターフェースを新規に規定するとなると、それはもう延長上ではなく完全に新規設計だと思います。
            むしろ、ライブビュー可能な一眼レフから光学ファインダーを削除する方向で開発を進めた方が合理的なのでは?

            • 匿名
            • 2015年 12月 20日

            歴史的に見ればE330からマイクロに繋がったと見るのが自然でしょう。
            というか別スレであれだけ殴り合い続けて話し合いにすらなってないのにいつまで続けるの?

            • 匿名
            • 2015年 12月 20日

            >歴史的に見ればE330からマイクロに繋がったと見るのが自然でしょう

            普通に見ればそう思うのが自然だろうとおもうのだが、

            >殴り合い続けて話し合いにすらなってない

            こういう流れがあるのだからこうではないのか?という問いかけに対して、その流れでの反論はせずに別のスジからよくわからない反論にもならん反論をする輩がいるから話し合いにならん。結局のところ、自分の論を意地でも曲げるのがイヤという偏狭さがその根底にあるということだろう。
            MFTやEマウント機などを「ミラーレス」と呼ぶのはあくまで呼称であり、カメラの歴史的流れの中で大勢の認識に嵌ったものとして定着している。が、正式な型式や分類などにおいては、機能や構造に基づく名称を用いるべきで、それが「レンズ交換・EVF式デジタルカメラ」であるならそれで良し。なにか問題があるのだろうか。

            • 匿名
            • 2015年 12月 20日

            「カメラの歴史的流れの中で大勢の認識に嵌ったものとして定着している。が、正式な型式や分類などにおいては、機能や構造に基づく名称を用いるべき」

            現状の各メーカーの出してるものが答えでいいんじゃないの?
            ニコンとフジ以外が既にミラーレスや一眼をよしとしてるし、アドバンストやプレミアムの分類や型式の何処が機能や構造に基づくものなの?
            また、分類の中に構造に基づく物と概念?的なものをいっしょくたにする事自体既に分類として破綻してるし、分類だからいいのであればなんでもいいという事でしょう。
            正式なといいつつ「コンパクトデジタルカメラ」とはどういった機能や構造に基くものなのか答えは未だに聞けませんし。

            カメラとはこうであるといった考え自体をメーカーそのものが否定してるんだから既にユーザーの思い違いでしかないって事。

            コンデジの話しもそうだけど、まず前提を決めてゴールを決めての話し合いでもするならいいが、前提すら不明の議論は無意味だって前のすれでも結論出てるでしょうに。

            ま、繰り返しても仕方ないので自分はこれで最後にするけど。

            • 古参者
            • 2015年 12月 20日

            >ベッサはレンジファインダー機です。

            S型ニコンをストレッチしてミラーボックスを付けたのがFなら
            ベッサはその逆で、成り立ちは間違いなくミラーレス化された一眼レフだよ。
            そもそもカメラの開発の事情でなく現実のカメラの構造で見ないといけない。
            今のミラーレスと呼ばれているカメラが一眼レフの派生かどうかなんて関係ない。

            ミラーレスならレンズ交換式カメラというジャンルの中で一眼レフの対語、すなわち一眼レフでない物の総称と捉える事が出来る。
            でも、ミラーレス一眼と呼んでしまうと、一眼カメラというカテゴリーの中に一眼レフとミラーレス一眼があるという構図になる。
            この一眼カメラというのが謎の存在なんだな。

            • 匿名
            • 2015年 12月 21日

            すりガラスとフィルムいちいち付け替えるのめんどくせぇ→鏡つけた
            デジタルセンサでプレビューできる→鏡いらね
            じゃないの?
            一眼レフって言葉のどこにもクイックリターンなんて書いてないし(初期の一眼レフで動体もクソもないし)。

        • 匿名
        • 2015年 12月 18日

        彼は言葉の使い方に関して口を酸っぱくしてコメントするのに、自分自身の使っている言葉に対しては疑問を抱かないんですよね・・・。

        • M-KEY
        • 2015年 12月 21日

        >ミラーレスならレンズ交換式カメラというジャンルの中で一眼レフの対語、すなわち一眼レフでない物の総称と捉える事が出来る。
        >でも、ミラーレス一眼と呼んでしまうと、一眼カメラというカテゴリーの中に一眼レフとミラーレス一眼があるという構図になる。

        言いたかったのは、そういう事です。
        そして「一眼カメラ」という呼び方に違和感を感じますし、
        無理矢理に「レンズ交換式」という意味を持たせているのが納得できないんです。

          • 襤褸猫
          • 2015年 12月 21日

          70Dのキャッチコピー「イチガン新世界。」についてのツッコミを是非(わらい)

          元々一眼レフレックスといっていたのを、言い易いように略したと思われる「一眼レフ」恐らくCMかなんかで流れで出来たんでしょう。そもそもが2眼レフに対応した言葉で、レンズ一つでレフレックスミラーを表した一般名詞の組み合わせ。
          で、一眼レフカメラもリコーのミライとかオリンパスのLシリーズ、京セラサムライのようにレンズ一体型があるので、レンズ交換式云々は所謂一眼レフに対しても対応を求めるのが筋(わらい)
          ついでにマミヤの二眼レフCシリーズをあげて、退路も絶っておきます。w

            • 匿名
            • 2015年 12月 22日

            一眼レフを略して一眼とも呼ばれてきた。

            80年代なら「AF一眼、徹底比較」
            という具合に使われていた。

            • 匿名
            • 2015年 12月 22日

            >一眼レフを略して一眼とも呼ばれてきた。

            その通り。
            口語だけでなく雑誌上の記事でも、
            ”新型一眼十番勝負”など書かれていたものさ。
            それを知りながら、EV式カメラについて
            ”一眼レフのレフを外して一眼です”
            と、言葉を悪用し始めたメーカーがあった。
            それが諸悪の根源だが、自浄作用のないメーカーゆえに、
            いまだにまともな呼称が無いのが実態。

            • 匿名
            • 2015年 12月 22日

            ミラーレスはミラーレス一眼レフの略です。「一眼」を批判するなら「ミラーレス」も批判しないとね。

          • 匿名
          • 2015年 12月 22日

          今月のCAPA誌にも「フルサイズ一眼」というくくりでフルサイズのレフ機とミラーレス機の記事が載っているようだが、どうやら「一眼カメラ」のカテゴリーの中に2つがある構図のようだぞ。

    • 匿名
    • 2015年 12月 15日

    恥ずかしながら深度合成という技術を知りませんでした。
    ググったらフリーソフトでも深度合成できる物があるみたいですね。
    今度使ってみようかと思いました。
    ちなみに誰かこのようなの使った事あります?情報あったらください。

      • weed
      • 2015年 12月 15日

      HeliconFocusおすすめですよん

      • 匿名
      • 2015年 12月 16日

      カシオのコンデジに入ってますね。
      便利です。

        • 匿名
        • 2015年 12月 16日

        「コンデジ」は蔑称 らしいですよ。

          • 匿名
          • 2015年 12月 17日

          みたいなもんですかね。
          軽にしては上質、なんてよく聞きます。

            • 匿名
            • 2015年 12月 18日

            その反対で、高級車にしては燃費がいい。
            というとき、燃費について高級車を見下してるとも解釈できる。

            コンデジほどではないが、一眼レフにしては軽い。
            というとき、一眼レフは重くてどうしようもないとも解釈できる。

            どう捉えるかの問題だわさ、そんなもん。

          • 匿名
          • 2015年 12月 17日

          バカチョンカメラなんて呼称も昔はあったわけでして…

          • 匿名
          • 2015年 12月 17日

          誰がそんなこと決めた?

            • 匿名
            • 2015年 12月 18日

            ここデジカメジンの別のスレでね・・・
            誰だったか探すの嫌になるぐらい伸びまくってるけど

            • ニセM-KEY
            • 2015年 12月 18日

            > 誰がそんなこと決めた?
            俺だよ俺。え、声がおかしい?いや~風邪ひいちゃってさぁ・・・
            http://www.digicamezine.com/wp/2015/12/08/8888/?comment-page-1/#comment-21356

            • 匿名
            • 2015年 12月 18日

            何か妙に言葉狩りにご執心な人達がいるんですよねー。
            ドヤ顔で語っている割には、簡単な英語すら分かっていないみたいですが・・・。
            ノイジーマイノリティって本当に糞ですよ。

        • 匿名
        • 2015年 12月 18日

        キーエンスの電子拡大鏡にも
        ずっと前から付いてる機能ですな。

        いまさら驚くものではない。

          • 襤褸猫
          • 2015年 12月 19日

          VHXでしたっけ? カタログ送ってくれましたわ。形態観察に非常に便利なのですが高くて買えんw
          アレもまだまだ手動で顕微鏡のピントを動かすのが主流の時代(てもたかが10年前)にモータードライブでピント自動あわせで、その余力で深度合成、だった気が。

    • 匿名
    • 2015年 12月 19日

    スレ変えてまで続ける話なの?
    言葉云々よりスレチを続ける方がどうかと思うが。

    • 匿名
    • 2015年 12月 22日

    古参者 :
    成り立ちで言うならば、コシナのベッサシリーズは
    ベースの一眼レフからミラーボックスを取り去った
    ミラーレス一眼と呼ぶことができるかもしれない。
    でも、EマウントαやMFT機なんかは、それまでの
    レンズ固定式のデジタルカメラセンサーを大きくして
    レンズを取外せるようにしただけで、マケ的には
    一眼レフの影響はあるが構造的には全くの別物だ。

    ベッサシリーズのどこが「一眼」なんだ? カメラの構造についての知識なさ過ぎ。

      • 匿名
      • 2015年 12月 22日

      いや、ベッサはコシナの中ではもとからあったFM10とかのOEM向け一眼レフベースボディからレフ機構他を取り去って作られたカメラだといいたいんだろう。
      さすがにそこは読み取ろうよ。
      だけどEマウント機やMFT機がコンデジをレンズ交換できて素子サイズを大きくしたものだ、という主張は違うとおもう。構造的にそうとも言えるとしても、ルートとしては明らかにレフ機のレフ撤去側ルートで説明されるべきものだ。

        • 古参者
        • 2015年 12月 22日

        >OEM向け一眼レフベースボディからレフ機構他を取り去って作られたカメラ

        そういう事、ミラーレス機は一眼レフから派生したという奇説と唱える奴が居るから例として挙げてみた。
        出処が一眼レフであってもミラーレス一眼とかミラーレス一眼レフなんていう概念は分類には必要ない。
        レンズ交換式というジャンルの中に一眼レフやそうでない物があるという図式が正しい。

        • 匿名
        • 2015年 12月 22日

        メーカーの都合で、なにから派生したとか言い出したらキリがないの。
        AWD車だって、FFベースだろうがFRベースだろうが、AWDならAWD。
        FFならFF、FRならFR。
        リア駆動レスAWD、フロント駆動レスAWDなんて言わないの。

コメントは利用できません。

リングライトを使って生っぽさを演出する(デジカメWatch)

キヤノンの「ミニチュア・カメラUSBメモリーが限定発売

最近のコメント

アーカイブ