デジタルカメラ情報サイト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2015年「私はこれを買いました!」(第1回)(デジカメWatch)

シャープネスとボケ味のバランスが絶妙–Carl Zeiss Distagon T* 1.4/35 ZM/赤城耕一
目がさめるような解像感に驚かされた–ニコンD7200/秋山薫
E-M1のサブ機として十分な役割を担う–OLYMPUS OM-D E-M10 Mark II/礒村浩一
あまりにも万能! 昨年に続いて2台目を購入–ニコンD750/上田晃司

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (48)

    • 匿名
    • 2015年 12月 22日

    この2-3年カメラは買っていなかったのですが、今年は3台爆買しました。 ま、他人のそんな話を聞いても、どうでもいいでしょうね。

    • 雇われ息子
    • 2015年 12月 22日

    何買ったの?
    機種次第では爆じゃないから。

    • 匿名
    • 2015年 12月 22日

    D750, D5500, パナGX8です。D5500はもうありません。
    まぁ、私的には爆買いです。

      • 雇われ息子
      • 2015年 12月 23日

      悔しいが、許可するっ!

      • 匿名
      • 2015年 12月 23日

      D5500評判良いけど、どこかあかんかったん?

        • 匿名
        • 2015年 12月 23日

        ニコンのAPS-C機を見てると、7000系はまだわかるが5000系・3000系などのエントリークラスはもうミラーレスに意向したほうがいいように思える。ファインダーが井戸底なので使い辛い。ボディもプラスチッキーで安っぽい・・・。D5500の薄型ボディは非常にいいものとは思うが、ミラーレスの技術的進歩も目覚しいので、そろそろどうだろうか。Fマウントのままミラーレス化するのはどうかと思うので、Fマウント用マウントアダプタを用意して、新マウント移行と行こう!・・・失礼。

          • 古参者
          • 2015年 12月 23日

          それが意外と3000系は売れているんだよ。

            • 匿名
            • 2015年 12月 23日

            そうですか、確かに軽いしそれなりに写るし、そういう意味では必要十分ではありますよね。
            でもあそこまで軽いのにボディの大きさがそれなりだから、どうしてもスカスカ感があって安っぽく感じてしまう。EOSKissの方が剛性を感じるくらい。であればいっそのことEVF搭載のミラーレス化としてより小型化してしまってもいいように思いますが(マウントアダプターは込みにして)。

          • 匿名
          • 2015年 12月 24日

          電池の持ち、信頼性、安心感なんか考えると、
          やっぱりミラーレスより一眼レフに軍配があがるというのが実際だと思うよ。
          幾つも買える人なら、適材適所で使い分ければ良いんだけどさ、
          一台ですべてを賄いたい人だって多いから。

          現に、「コンデジと同じ液晶ファインダーが良いなら、
          m4/3やNikon1で十分スナップに使えるし、軽くて済むよ」
          と甥に進言したのだが、最後の最後でやっぱり一眼レフが良いとなり、
          まさにD5500買いましたよ。

        • 匿名
        • 2015年 12月 23日

        D5500は悪くなかったんだけど、理由は、中途半端、大きさも、機能も。
        本体は持ちやすくなったし、軽いのだけれど、やはりm4/3に比べるとレンズが大きい。上級機種に比べると、シャッターがペチャリとした感じで、気に入らない、ファインダー倍率が低く見えにくい、AFの微調整がない、など。それに、FX,DX、M4/3の三種類は多すぎ。というわけで、手放しました。

          • 匿名
          • 2015年 12月 23日

          返信ありがとうございます。
          APS-Cは単体だとバランスいい感じですが、フルサイズと組み合わせると中途半端に感じますか。
          フルサイズブームの陰でm4/3はサブ需要に良いポジションを得られましたね。
          ミラーレスだからと言ってセンサーが大きくなればレンズも大きくなるし、
          一眼レフでセンサーを小さくするとファインダーが厳しくなる。
          割と必然の棲み分けかもしれない。

    • M-KEY
    • 2015年 12月 22日

    ボディはE-M5 II(ブラック)とD7200、レンズはニッコールAF-S 20mmF1.8Gです。
    必要なモノが一通り揃っているので、この数年はリプレイス中心で
    E-M5 IIはE-M5の、D7200はD7100の代替というカタチです。
    実はE-M5 IIはチタンカラーも買って2台体制を目論んでいましたが
    既に持っている14-150mm IIとのセット販売のみなので見送り中、
    微妙に操作性の違うE-M5との併用にちょっとだけ苦労しています。
    20mmF1.8はFXはもちろんDXでも30mm相当と重宝しています。

    • 匿名
    • 2015年 12月 23日

    今年はソニーα7IIだった、もうそれで十分。重たくてかさばるデジタル一眼レフには興味が無くなった(超望遠撮影や高速移動被写体撮影をしないので)。
    デジタル一眼レフよりピント精度が格段に高いし ボディも軽量。昔のMFレンズが手ぶれ補正で使える。肥大化したAFレンズを使わないで済むので 特に旅行ではシステム全体の小型軽量がありがたい。

      • 匿名
      • 2015年 12月 23日

      しかし別メーカーのレンズのベースマシンになる使い方はソニーの本意なのかと疑問が・・・。

        • 古参者
        • 2015年 12月 23日

        ソニーはカメラ屋の他にセンサー屋という側面もある。
        ろくにレンズを出さないのにボディは短期間で6機種も出した。
        ボディが売れればセンサーも売れているからいいんじゃね。

          • 匿名
          • 2015年 12月 23日

          ケチをつけるつもりはないけど、α7ってそんなに売れてるの?
          一部のソニーファンやマニアがほとんどで、一般購買層に対しての購買訴求力がないように思えるのだけど。
          APS-Cはボディ・レンズとも停滞中だし、フルサイズはマニア向けでレンズは高く、一応代表格の大三元レンズは出るような話も聞こえないし、ボディの小型軽量を活かすような標準ズームも乏しい。どの層に対して商売をしようと思っているのか不明なので、トータルとして自社機でのセンサー使用数はさほど多くないような気がしているのですが。
          本当にシェアを伸ばしたいなら、EマウントのフルサイズはそこそこにしてAPS-Cを拡充すべきと思うのですが。

            • 匿名
            • 2015年 12月 23日

            「一般購買層」がどのあたりをさすかによるけど元々フルサイズなんてマニアにしか売れてないのでは?

            • M-KEY
            • 2015年 12月 23日

            実際の販売数は知りませんが、景勝地などでα7系は良く見かけます。
            それに一人でα7系を無印からR、IIなどと数台買ったっていう例も周りでは多いです。
            あくまで私の印象ですが、この2年ほどで一番売れている35mmフル機がα7系かと。
            もちろん、その数倍はAPS-CのEマウント機が売れているでしょうけど・・・

            一方、旧来からのカメラファンで「一眼レフ以外のレンズ交換式カメラ」を喰わず嫌いというか
            小型軽量だからと「「一眼レフ以外のレンズ交換式カメラ」を買いに行っても、
            価格的な問題もあり、CNのエントリークラスのキットを買う人も多いです。
            ニコンの場合、D5500をベースに3000系をしつらえたら需要はあると思います。
            新マウントでスピードライトなどのシステムが一眼レフと共用できる
            「一眼レフ以外のレンズ交換式カメラ」を発売しても、エントリー層にはあまり受けず、
            むしろ一眼レフの重さに辟易としたベテランに受け入れられそうな気がします。

            • 匿名
            • 2015年 12月 23日

            今日キタムラで電話を買い換えてきたけど、
            「他の家電や同様にキタムラも電話売り場ばっかりになっちゃいましたねぇ」
            みたいに言ったら
            「いや~ でもカメラも結構売れてますよ。 α7とか長く売れ続けてるし」
            って言ってましたよ

            • 匿名
            • 2015年 12月 24日

            α7rII言うほど小型って訳でもないし、バッテリー保たないし、1年とかでモデルチェンジするのに40万じゃあね。ボディに4kなんちゃらって書いてある時点で醒める。
            evfでマニュアルは楽しみではなく作業という感じで目も精神的にもとても疲れる。
            αってスペックは高いし綺麗に写るんだけどなんか魅力ないんだよな。
            記録って感じで写真がつまらなくなる。家電っぽい。んで来年もっといいのが出るから買い替えてねってか。
            Leica(M)に100万は出せてもSonyに40万は出せん。

            • 匿名
            • 2015年 12月 24日

            周りの撮影会仲間でも最近α7系列に手を出す人が出てきてます。
            ただ、そういう方々もちょっと懐に余裕があり買ってみたという人が多く、あくまでキヤノン、ニコンが主力になってるパターンが(今のところは)圧倒的であり、ボディ更新間隔が長い機種のユーザーは、その間着々とレンズの充実に努めてる印象を持ちます。
            でもその中からもう一眼レフ止めちゃってもいいかなって言い出してる人が存在するのも確かです。
            メーカーにはそれぞれ置かれた立場があり、システムの充実で地盤を固めるレフ機勢と、まずはどんどんボディを出し、きっかけなんて何でも良いと切り崩しにかかるソニー。。。私の周囲はその販売戦略の縮図を見ているようで面白いです。

            • M-KEY
            • 2015年 12月 24日

            >あくまでキヤノン、ニコンが主力になってる
            本人も「そのつもり」なんでしょうけど、いつのまにかα7の方を多用してるとか?
            撮影対象によるでしょけど同じ結果が,より小型軽量の機材で可能なら
            わざわざ大きく重いカメラを持って行く理由は希薄になります。

            • 匿名
            • 2015年 12月 25日

            海外じゃ売れてないよ、α7。
            電池の持ちが悪いし、初代のヤワなボディ問題など、
            買うには心配がある。
            わざわざ最初に選ぶカメラではない。
            既に何らかのカメラがあり、追加という場合が多い。
            ちなみに、自分の周囲ではソニーの迷走ぶりに嫌気が差し、
            乗り換えが増えているんだがな。

            • 匿名
            • 2015年 12月 25日

            ソニーが迷走してようがなんだろうが、
            キャノニコのサブに買ってみたり、
            マウントアダプタで他社マウント使っているような層(いったいどんだけ居るんだか)には関係ないのでは

            • 匿名
            • 2015年 12月 25日

            欧州人は物凄く保守的で、中身はともかく一眼レフみたいな形をした立派なカメラじゃないとカメラとして受け入れられないという事情があるので、世界的に見たら小型軽量のミラーレスは売れないのではないでしょうか。
            ソニーがフルサイズに注力しているのも、そういった事情があると思います。
            ソニーに限らず一眼レフのようなデザインの大きめのミラーレスが大半を占めるようになったのは、欧米のニーズが大きいですし。

            • 匿名
            • 2015年 12月 25日

            もともとソニーというかα主体な人には、
            ソニーの迷走ぶりは無視出来ないでしょう。

            • 匿名
            • 2015年 12月 25日

            >欧州人は物凄く保守的で、中身はともかく一眼レフみたいな形をした立派なカメラじゃないとカメラとして受け入れられないという事情があるので、
            どこかの記事でファインダーさえついてれば、EVFでも一眼レフの仲間として受け入れられてるみたいなこと書いてあったな。
            ただファインダー付のミラーレスは、それなりのお値段になるので、コスト重視でもある欧米だと安い一眼レフに流れるみたい。
            Kiss x70(あちらだとRebelだっけ?)も欧米向けでしょ。
            でも中国だとミラーレスは売れてるらしいし、「海外で」と言い切っちゃうのは語弊がある。

            • 匿名
            • 2015年 12月 26日

            買ってもすぐに売られるイメージだな、α7系って。
            ソニータイマー作動前に次から次へと買い替えさせる
            壮大な戦略かも知れぬ(笑)

          • 匿名
          • 2015年 12月 25日

          α7無印を買った友人が二人いるよ。
          キヤノンをメインに持ってるから、
          古いFDレンズ使用目的で。
          ただ、カメラの作りや、マウントグニャグニャ問題に突き当たり、
          今ではあまり持ち出さなくなってるよ。
          片方は近々オクに出すとか。

      • nroff
      • 2015年 12月 24日

      フィルム時代に購入したMFレンズを持ってる人にはとてもよい組み合わせだと思います。
      レンズろくすっぽ持ってないのに、マウントアダプター遊びを始めるために購入した知り合いもいますよ。

    • 匿名
    • 2015年 12月 24日

    >Leica(M)に100万は出せてもSonyに40万は出せん。
    出せない奴に限って見栄を張るw

      • 匿名
      • 2015年 12月 25日

      この人じゃないけど、自分はライカMに100万出したけどSONYは20万でも高いと感じます。

        • 匿名
        • 2015年 12月 25日

        自分の場合、同じ価格ならライカ選ぶ理由が無いですね。
        ライカに価値があったのはフィルム時代ですし。

        • 匿名
        • 2015年 12月 25日

        たしかに。
        ソニーの場合、すぐに製品が陳腐化するし、
        迷走も目立つし、
        なによりブランド性がないからな。
        投資しづらい。

      • 匿名
      • 2015年 12月 26日

      まあこの手の商品は10万円代後半がいいところだね。
      Sonyは結局どんなカメラ造っても写真に対する確固とした哲学がないから、技術屋の技術のお披露目でしかなく、単にカタログスペック上の勝ち負けで終わってしまう。
      全方位をターゲットにした八方美人っぷりは相変わらずで、そのくせ一番大事なものは放っておいて次々とモデルチェンジ、だから信頼されない。

        • 匿名
        • 2015年 12月 26日

        カメラ屋としての歴史の無さが、いまに至る迷走劇に表れているんだと思う。
        とりあえず数撃ってみて手さぐり状態から脱出できないのも、哲学の無さゆえ。
        AIBOをばっさり切った(修理さえ)あたりから、ソニーの変節を感じていたが、
        メーカー事情による商品展開しかされないから、ソニーのカメラはコンパクトしか
        買う気に慣れないのも事実。
        買ってる友人も、すぐに売ること考えたり、単なる道具としか見ておらず
        趣味性とか愛着とは無縁のところに位置付けられている。
        このあたり、もう少しちゃんと考えないと、いつまでたっても迷走から
        抜け出せないんじゃないかと思うね。

          • 匿名
          • 2015年 12月 26日

          何言ってるんだ?
          放送用カメラのソニーは老舗中の老舗だぞ。
          偉そうなこと言うなら勉強しろよ。

            • 匿名
            • 2015年 12月 26日

            ビデオの世界じゃソニーは盟主だわ。
            ただ、スチルカメラの世界ではひよっこ。
            実際の製品を見ても、一貫性がなく行き当たりばったりだし
            ボディの作りに不備があったり、
            ビデオで見せるソニーの王者ぶりとはまったく別モノなんだ。
            ミノルタの人たちをもっと大切にすべきだったと思う。

            • 匿名
            • 2015年 12月 26日

            買ったとたんに値が下がらない内に、傷つけない内にと思ってしまう俺。
            そして下取りだと+10%なのでまた別の機種を買ってそれを繰り返すのであった。

            • 匿名
            • 2015年 12月 26日

            α900のファインダーは良かったね。

          • 匿名
          • 2015年 12月 26日

          少し前まで、ポートレはキヤノンかフジと言われてニコンは黄ばむとかオリンパスは原色が強く肌は赤みががかると言われたが、今はカメラメーカーのレンズ交換式カメラなら、どのメーカーでもAWBでもそんなにおかしくはならなくなったと思う。特に、カラーメーター使って光源の色温度測ってマニュアルで色温度で合わせれば、かなりメーカー間の差がなくなる。マニュアルで色温度で決めうちして差が大きいならマニュアルの意味ないから当たり前だけど。
          しかし、ソニーにはその当たり前が通用しない。そもそもマニュアルにカラーメーターはフィルム用だから計測値で合わせるよりも、テスト撮影で合わせる様に書いてある。確かに、カラーメーターの計測値で合わせると肌がオレンジ被りする。だから、マニュアルに書いてあることは正しいのだが、これはマニュアルホワイトバランスを機能で用意するに当たって根本的におかしいだろう。
          カラーメーターの計測値がデジタルであてにならないのは、演色性の悪い蛍光灯やLED場合。太陽光、ストロボ、タングステン、HMIと言った演色性がRa値で95以上いく光源なら、デジタル、銀塩問わず色温度での設定合わせることで大体似た傾向になる。スタンダードだとニコンとペンタはシャープネスがやや強いとか、オリンパスは彩度が強めとかと言った微妙な個性はあるが、カラーメーター使ってなおかつ肌がオレンジ被りするのはソニーだけ。スチルのホワイトバランス全然わかってないよ。バカ設計としか思えない。ソニーセンサーはニコン、ペンタ、オリンパスがうまく使いこなしている。こればかりはフィルムの発色の研究の蓄積のないソニーには無理な相談かもしれないが。

            • 古参者
            • 2015年 12月 26日

            ソニー機はビデオみたいに白セットすればいい。

          • 匿名
          • 2015年 12月 26日

          α900の頃までは、ソニーの意欲を感じ取れたんだがなぁ。
          あれの後継機を出さない判断からして、所詮・・・と思ったのは確かだな。

        • 古参者
        • 2015年 12月 26日

        メーカーとしては、いつまでも古い機種を使われ続け
        コストのかかる修理対応をするよりも、2年くらいで
        どんどん買い替えてもらう方が有難いだろうが、
        ソニーの場合は、それが露骨だな。
        それに名称上の後継機がコストダウンの影響で
        実際は下位ランクの機種になっている事も多く
        常に最新を買っておけば安心という訳でもない。
        それどころか、後継が出ずにそのまま放置する事も多い。
        これじゃ付ついて行けない。

        • 匿名
        • 2015年 12月 26日

        むしろ、今それをやってるのはライカだと思うけどな。

          • 匿名
          • 2015年 12月 26日

          確かに新しいモデルはいろいろと出てるけど、ライカの場合おいそれと買い替えられないのが防波堤になっている。
          それに古くなってもあまり気にならない。

    • 匿名
    • 2015年 12月 26日

    古参者 :
    ソニー機はビデオみたいに白セットすればいい。

    それも違うな。
    価格.comのα99のスレッドを自分のブログ化し、他メーカーのカメラのスレッドにもやたらと出てきてソニー機を押すのでうざがられていて、2ちゃんねるでもヲチ対象となっているけーぞー@自宅というおっさんが、ホワイトカードとグレーカード、更にカラーチャートまで使ってマニュアルでホワイトバランス合わせて肌がオレンジ被りした黄疸患者のねーちゃんのポトレを量産してるよ。
    根本的にソニー機の静止画のホワイトバランスの設計がおかしいんだよ。

      • M-KEY
      • 2015年 12月 27日

      ソニー機は黎明期から使っています。
      初期のサイバーショットは、WBがオートだ少し青っぽかったのですが
      R1以降は色味に問題を感じた事はありません。
      (むしろ、ニコンがCCDからCMOSに切り替えたあたりで苦労しました)
      件の写真を見ましたが、自作のディフューザーでフラッシュの色温度が
      落ちたのが原因のような気がします。(モニターの色温度が高いのかも?)

コメントは利用できません。

静止画専用で身軽になった、ピュアなMデジタル–ライカM(Typ262)(デジカメWatch)

「GoProはカメラじゃない」―ニック・ウッドマンCEO独占インタビュー(後編)(日経トレンディネット)

最近のコメント

アーカイブ