デジタルカメラ情報サイト

撮ることが純粋に楽しくなる明るい単焦点レンズ3選(ITmediaデジカメプラス)

【2015年に注目したレンズ&トピックス(フォトグラファー永山編)】
接写にも強い標準レンズ、タムロン「SP 45mm F/1.8 Di VC USD」
ワイド感と明るさを両立、シグマ「20mm F1.4 DG HSM」
色にじみのないクリアな写り、キヤノン「EF35mm F1.4L II USM」
by 永山昌克,ITmedia

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (7)

    • 匿名
    • 2015年 12月 24日

    撮ることが「純粋に楽しい」のは、その人の中にあるからじゃないか?

    すごく違和感がある。レンズは手段に過ぎない。

      • 匿名
      • 2015年 12月 24日


      本文を読まずにタイトルだけ読んでいちゃもんつける典型例だな。
      そういう性格だと人生楽しくないだろうね~。

      • 詠み人知らず
      • 2015年 12月 24日

      たしかに「純粋に」は余計な気はする。
      なぜ純粋なのかをきちんと説明ができそうにない。

      ネット上の文章はたとえ大手メディアのものであっても
      校正が仕事しているようには思えないことは多い。

      • 匿名
      • 2015年 12月 25日

      でもそういうのに文句ばかり言っているから、レビューする側も当たり障りのないことしか言えなくなってるんだと思うけどなぁ。
      大抵のレビューは、文の最初に「個人的に」って付くでしょ?
      あれ好きじゃないんだよな。

      • 匿名
      • 2015年 12月 25日

      確かに撮ることが純粋に楽しいかどうかなんて撮影者の心持ちによるものなのは間違いないのだけれど、私などはタイトルで物欲を煽って欲しい方だから、こういうのは(多少語弊があってもなるべく汲みとって)受け取るようにしてる。
      こういった部分を突っ込まれるとネタを提供する側は本当やりにくいだろうね。

    • 匿名
    • 2015年 12月 24日

    EF35mmF1.4Ⅱって、口径食が目立ちますね。

      • 匿名
      • 2015年 12月 24日

      フルサイズならこんなもんでしょう。
      フルサイズの35mmF1.4で、これより口径食少ないレンズってある?
      ttp://ganref.jp/navi/magazines/index/8/17/357

コメントは利用できません。

絞り開放から高画質。広角11mmは新しい世界を見せてくれる–星景写真:中西昭雄 with EF11-24mm F4L USM(デジカメWatch)

コスプレイベントで無線ストロボ「Cactus RF60」を体験(デジカメWatch)

最近のコメント

アーカイブ

最近のコメント