デジタルカメラ情報サイト

やっと出たα7のマクロレンズ–FE 90mm F2.8 Macro G OSS【デジカメジン気まぐれレビュー:機能操作性編】

 2016年の目標として「制作者の顔が見えるサイトに」と掲げたので、早速、最近買ったカメラやレンズのレビューを書いていきます。どの程度更新できるのか、自分でもわかっていないので、「気まぐれレビュー」と題しました。
 まずは、ソニーのマクロレンズ「FE 90mm F2.8 Macro G OSS」から。

FEレンズのラインナップに思う


 35mmフルサイズ機でありながらそれなりに軽量コンパクトにシステムが構築できるα7系列。私も、ミラーレスカメラの利便性を気に入りα7→α7IIと買い換えてメイン機として愛用している。

 システムの立ち上げ当初は4本だけだったレンズのラインナップも徐々に充実してきており、2015年半ばには、マクロと超望遠域を除けば実用的には不足のない状態になった。

 ただ、個人的には何というか「趣味性」の高いレンズが少ない印象であり、この点では富士フイルムのXマウントやマイクロフォーサーズマウントのレンズに見劣りしていると思う。趣味で使っている一ユーザーとして、実用的なズームレンズ以外に明るい単焦点レンズの充実に期待したい。

 そんな中で、マクロレンズの穴を埋めるべく登場した「FE 90mm F2.8 Macro G OSS」だが、値段もサイズもそれなりの物だったので、しばらく迷ったものの、各所での評価も高いようだし、2015年11月に購入してしまった。

サイズと値段について

R0021604 α7IIに装着してみた。

 α7IIもII型になってそれなりに大きくなったので、それほどアンバランスとも言えないが、やはり90mm F2.8と言うスペックから見れば大きくて重い。
R0021606 附属しているレンズフードを取り付けるともっと長くなる。

 35mmフルサイズ対応の中望遠マクロレンズのスペックを比較してみた。

メーカーソニーニコンキヤノンタムロン
レンズ名FE 90mm F2.8 Macro G OSSAF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-EDEF100mm F2.8Lマクロ IS USMSP 90mm F/2.8 Di MACRO 1:1 VC USD
径 × 長さ79mm x 130.5mm83mm × 116mm77.7mm × 123mm76.4mm x 122.9mm
重さ602g750g625g550g
定価148,000円128,520円120,000円90,000円

 ニコンとキヤノンは100mmだがほぼ同クラスと見ると、このレンズが特別に大きく重いわけでもないことがわかる。どちらかと言うと値段の差が大きい。

 「今どきのマクロレンズは、こんなものだ」と自分を納得させておこう。

操作性

 大きく重いレンズではあるが、α7IIに付けた場合のバランスは悪くなく、手に馴染む大きさである。
R0021606_2
 もちろんAFレンズであるが、やや先端寄りにフォーカスリングがあり、これを手前に引くことでMFレンズとして使える。これは非常に便利であり、リングの操作感もいい。

 手前寄りの部分に、手ブレ補正のスイッチと焦点距離を限定できるスイッチがあり、その中間にホールドボタンがある。

 スイッチがやや軽くてレンズを取り出す時などに動いてしまうことがあるが、これは動かしやすさとの兼ね合いから仕方ないのだと思う。それでも、もう少し重かった方が良かったと思う。

(「実写編」に続きます)

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (7)

    • M-KEY
    • 2016年 1月 03日

    APS-C用にコンパクトでリーズナブルな60mmマクロもお願いしたいです。

    • 匿名
    • 2016年 1月 04日

    たしか管理人は前にも
    APS-CのGR買った時にレビューしよっかなみたいなこと言って
    結局尻切れトンボだったことがあったような?

    今年は頑張ってねー
    なんならGRとか他のレビューの続きも

    • 気長に
    • 2016年 1月 04日

    無理すると続かないので、気が向いたらいいですよ。

    • utsuno
    • 2016年 1月 04日

    感想ありがとうございます
    順調に続きが書けるかわからないので「気まぐれ」と題名を付けました

    GRもOM-D EM-1もレビューとまでは行かなくても、使ってみた感想を「コラム」としてでも書きたいと思っています

    気長にお待ち下さい

    • 読者
    • 2016年 1月 05日

    >その中間にフォールドボタンがある。

    えっ!と思ったが これはフォールド(折りたたみ)ではなくてホールド(Hold 保持する)ボタンではないでしょうか。

      • utsuno
      • 2016年 1月 05日

      ご指摘ありがとうございます
      確かに「ホールド」ですね
      修正しました

    • 匿名
    • 2016年 1月 09日

    やっぱりFEレンズは望遠の設計は厳しいのだろうか。
    短FBかつマウント径が小さいと素子に近いところで光学的なボトルネックが生じるから長焦点レンズほど周囲にケラレ・減光が発生してしまう?
    Fマウントアダプタをつけての望遠レンズの描画がどの程度か見てみたい気がする。

コメントは利用できません。

リカオンを汚い犬と呼ばないで(ITmediaデジカメプラス)

最近のコメント

アーカイブ