デジタルカメラ情報サイト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

エプソン、カートリッジより低ランニングコストの「エコタンク」搭載プリンター(デジカメWatch)

A4カラー複合機とモノクロ専用機を発売

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (6)

    • 匿名
    • 2016年 1月 13日

    インクで儲けようとしていたのがミエミエだったのがこのようになったことは前進かな。しかし平凡なA4の4色プリンタが5万とはちょっと高いですね。

      • 古参者
      • 2016年 1月 13日

      インクジェットプリンターに限らず、コダックをはじめフィルムメーカーは総て
      カメラを安価で売って感剤で儲けるというビジネススタイルだ。
      カメラ店もカメラを売って出る利益は僅かでDPEで儲けで成り立っている。
      太陽電池ビジネスは逆だね。

      • 襤褸猫
      • 2016年 1月 13日

      EP-10VAも本体の値段を若干あげる代わりにインクカートリッジ価格を半額近く下げましたね(元が8千円だったのが5千円でお釣りに)。
      一方ガチの業務用A2プリンタPX-H6000は本体価格20万超えでインクもでかいだけあって高いですが、ランニングコストはかなり安く上がりますよ。月にA3を30枚くらいなら1年持つんじゃ? ロール紙も使えるので紙代も案外安く上がります。

        • M-KEY
        • 2016年 1月 13日

        10年以上前に「ナイアガラシステム」というのがありましたが,それを思い出しました。
        (検索してもネット上に公式情報が残っていませんね)
        プロセレクションのA3ノビ以上のモデルが、このエコタンク方式になると嬉しいですね。
        たしかにインクでの儲けは減るでしょうが、それでも用紙で囲い込めるので・・・

        • 匿名
        • 2016年 1月 14日

        本体バラ撒いてインクで回収するビジネスモデルがとっくに破綻していたこと、
        エプソンもようやく気がついたみたいですね。といっても、時既に遅し、か。

        何千万画素級の高価な眼デジ使っていても、
        頻繁にA3以上にプリントしている人なんていったいどれだけ居るんだか。
        特定のプロを除けば、モニタで等倍鑑賞して自己満足して終わり、でしょ。
        だってプリントコストが高すぎますもん。楽しむどころかヒヤヒヤしますよ。

        そういう自分も、A3印刷することほとんど無くなっちゃいました。
        プリンタヘッドが閉塞していて、クリーニングにまたインクがかかる。。。

    • 匿名
    • 2016年 1月 13日

    こんな動画作られちゃったしね。
    http://gigazine.net/news/20150915-epson-printer-wasted-ink/

コメントは利用できません。

「FUJIFILM X-T10」のレンズ選び 中望遠単焦点レンズ編(ITmediaデジカメプラス)

カシオEX-FR100+ラジコンカーで“超低視点”動画(デジカメWatch)

最近のコメント

アーカイブ