デジタルカメラ情報サイト

Xシリーズ旗艦モデル「FUJIFILM X-Pro2」(デジカメWatch)

約3年ぶりのモデルチェンジ Xシリーズ初の2,000万画素超え
X-Trans CMOS初の2,000万画素クラス
ハイブリッドビューファインダーはさらに強化
Xシリーズ初のSDデュアルスロットも
X-Proらしい重厚なボディは健在
例によって外付けハンドグリップも

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (54)

    • 匿名
    • 2016年 1月 15日

    右手側に着いているグリップとも言えない中途半端で不格好な「でっぱり」は外せるのか?

      • M-KEY
      • 2016年 1月 16日

      このグリップ、内部のパーツがはみ出していて、それを隠す目的なら仕方ないのですが
      おそらく内部の機構とは無関係でしょうから,E-P3のように着脱式にして
      サードパーティを含めたXシリーズ共通のオプショングリップにすればいいと思います。

      • 匿名
      • 2016年 1月 16日

      マグ合金のフレーム写真とかメモリー抜き差し写真にある蓋部分とかみると、ダメだろうね。

        • 古参者
        • 2016年 1月 16日

        F3のような形状でいいのにな。

          • 匿名
          • 2016年 1月 16日

          そうかぁ?
          F3の中途半端なグリップこそ無駄だったぞ。
          願うなら、ペンタックスLXだろう。
          着脱はもちろん、好きな形に削るキットまであったんだから。

            • ネガティブD800ユーザー
            • 2016年 1月 16日

            LX方式、いいですね。

            LXといえばヘビーデューティー、ヘビーデューティーといえばフジのスペシャルサイトのTOP画像に、傷だらけでフードも凹んだ画像があり、それが実にいい。
            フジはわかってるわ。

            かつての破損したコンタックスT2とか思い出すし、「そうそう、金属製のカメラってこういうのが味だよな」と思わせてくれる。

            個人的にはフジのXシリーズは往年のコニカのヘキサーシリーズのデジタル版だと思っていて、その初代が似たポジションのT2と比べられるたびに「プラボディなのが残念」と言われていたのを思うと、同じフィルムメーカーのフジがヘキサーの遺志を引き継ぎ仇を取ったようにも思え、感慨深い。

    • 匿名
    • 2016年 1月 15日

    こんなのどこがイイんだか、オヤジのオレにも理解不能

    • 匿名
    • 2016年 1月 15日

    だらしなく下がった右肩。なんで水平基調の軍艦部にしないんだろう? フジのデザインはどの機種もどこか垢抜けない。

      • 匿名
      • 2016年 1月 15日

      垢抜けたら富士のカメラじゃないだろ。
      富士のカメラ好きだけど、そーゆーもんだと思ってる。

      • 匿名
      • 2016年 1月 17日

      X-Pro1でも結構言われてたと思うから、もう確信犯ですね。
      フジ的にはこれが良いのだという信念があるんでしょう。

    • 匿名
    • 2016年 1月 15日

    段階の世代までは、一眼レフを使いながら、心の片隅ではレンジファインダーに憧れを抱いていた。いうなればライカの伝説を多かれ少なかれ信じていたし、それなりの敬意を払っていた。

    このX-Pro2をお好みでない皆さんは60歳以下の方々ではないだろうか?

      • 匿名
      • 2016年 1月 16日

      「段階の世代」…(-_-;)

    • 匿名
    • 2016年 1月 16日

    中途半端なグリップを設ける傾向はどうにかならんのかね。
    X-Pro1の方がまだマシ。

    • 匿名
    • 2016年 1月 16日

    公式サンプル見るかぎり、画素数増えた分そっくりノイズが増えてしまってる。

    • じじかめ
    • 2016年 1月 16日

    好評だったX100をレンズ交換にしたら、こんなにカッコ悪くなりました。

    •    
    • 2016年 1月 17日

    スペシャルサイトのトップ画像の傷だらけのX-Pro2の画像、いかにも使い込んだ風に傷付けましたという感じであざといですね。発売前のテスト期間だけでこんなになることは有り得ないですし、ここまで擦り切れていて上カバーの角にアタリや凹みが無いなどとてつもなく不自然。これが実際に数年間使い込まれたX-Pro1であれば説得力大きいのですが… 使い込んだように加工するならもう少し上手にやらないと、宣伝広告として逆効果ですよ。

      • 匿名
      • 2016年 1月 17日

      誰に向かって言ってるんだ?

      • ネガティブD800ユーザー
      • 2016年 1月 17日

      「使い込まれた演出」というより、対衝撃テストの機体の画像かもしれないし。

      そもそもマグネシウムボディて凹むのかな?
      昔の真鍮と違って凹むような気がしないんだけど、実際どうなんだろ?
      (自分のカメラじゃ怖くて試せません。)

      まあ感じ方は人それぞれだからね。
      広告なんてあざとくて当たり前、これで「いい」と思う人も、少なくともここに一人はいるよ。(^-^)/
      ガンダムのプラモデルにシルバーの塗料で喜々として汚し塗装したのを思い出すわ。(笑)
      それともT2みたいに爆弾の破片が当たった跡くらいでないとダメ?

      >宣伝広告として逆効果

      具体的にどう逆効果なのかぜひご教示いただきたいなあ。

        • 古参者
        • 2016年 1月 17日

        マグボディは凹む前に割れるし、塗装の剥げた所が酸化して白い粉を吹く。

          • ネガティブD800ユーザー
          • 2016年 1月 17日

          だよねえ。
          素材の性質上、凹むってのは考えにくいですよねえ。
          酸化が激しいって、そりゃキャンプやサバイバルの用品に「マグネシウム発火具」なんてあって燃えるくらいだから、そうなりますわなあ。(あくまで「合金」ということを差し引いても。)

            •   
            • 2016年 1月 18日

            それは昔々の考え方ですけどね。
            最近はマグネシウムでプレスとかチタンのスプリングとかが有りますよ。

            • 匿名
            • 2016年 1月 18日

            調べてみると今は割れにくく燃えにくいものもあるようですね。

            • M-KEY
            • 2016年 1月 18日

            カメラ筐体にはマグネシウム合金の中でも減衰能が高く,
            耐くぼみ性の低い材料が使われていたのでは?
            少なくとも、D1HやD3に使われていたモノはそうでしょう。

            • 匿名
            • 2016年 1月 18日

            だから昔はという話しでしょ?

            • M-KEY
            • 2016年 1月 18日

            件の写真も、アルミ製であろうフードは凹んでいますが
            ボディそのものは傷だらけですが凹んでおらず
            X-Pro2も「凹まずに割れる材質」なのでは?と想像します。

            • 匿名
            • 2016年 1月 18日

            想像でしょ?
            ここまでは素材の性質について割れると確信で言ってるからそうじゃないのもあるよという話し。

            • 古参者
            • 2016年 1月 18日

            > そうじゃないのもあるよという話し。

            そういう例があったら教えて欲しい。
            マグカバーが割れたカメラは実際に見た事があるが
            凹んだのはネット上でも見た事がない。

            • 匿名
            • 2016年 1月 18日

            どのカメラに何が使われてるか知らないけど、合金そのものであれば
            http://mect-japan.com/2015/go/vol04
            みたいなのが出てきてるみたい。

            • ネガティブD800ユーザー
            • 2016年 1月 18日

            >すぐ上の匿名さん

            情報ありがとうございます。
            でもその記事の合金だと、プレス加工は想定されておらず切削加工のみで、むしろ凹まないような気が…。
            僕の読解力が足りないのかな?(^_^;)

            • ネガティブD800ユーザー
            • 2016年 1月 18日

            いずれにせよ、「バネに使えるくらいの柔軟性を持ち」「割れにくい」マグネシウム合金の存在には異論は無いとして、果たして件のX-pro2の筺体にそのような性質のマグネシウム合金が使われているのかどうか、てことですが。

            「使われている」というのも想像でしかないでしょ?

            従来通りの「割れる」タイプの合金が使われているであろうことも想像でしかないけれど、どちらが現実的かといえば、「割れる」方でしょ?

            普通に考えて、カメラ本体がそんな新素材に変わるのならば、メーカーもその旨公表するでしょう。

            また、そんな新素材を使うことで製造コストが上がることも容易に想像できるわけで、そんなところに金をかけるくらいなら、もっと他にかけるべきところがあるでしょ。(あるいは販売価格を下げる。)

            そもそも衝撃の受け方として、
            「凹む」
            「割れる」
            どちらが電子機器の外殻としてベターなのかを考えたら、材質工学を知らない素人の個人的な感覚では、「割れる」方に軍配が上がるように思えるんだけど。

            凹むと、内部の基盤や部品を圧迫して、そっちまで壊してしまいそうじゃない?

            甲殻動物の外殻は凹まないよね?割るよね?

            そういうことなんじゃないかなあ?

            • 匿名
            • 2016年 1月 18日

            ネガティブD800ユーザーさん
            深絞り加工を可能にしてるという事なので(上写真の右下)割れずに曲がる事から凹むのもあると読めるのですが。
            切削加工は燃えない方の特徴ですかね。

            • ネガティブD800ユーザー
            • 2016年 1月 19日

            まあ、いずれにしてもまだ工業製品の部品や部材として大量生産されるレベルのものでもなさそうですし、製造コストも高くなるそうなので、件のカメラだけでなく、民生用の機器の外装に使われるのはまだまだ先のような気がしますね…。

            • M-KEY
            • 2016年 1月 19日

            マジンガーZ世代です。
            >甲殻動物の外殻は凹まないよね?割るよね?
            甲殻類は割れる前に歪むのでは?
            凹んだのも胴が割れているのに生きているのも見た記憶がありません。
            端が欠けたり、脚や触角などの欠損はありますが・・・
            例えるならマグというよりもプラでしょうか?
            プラは経年劣化がありますが,新しい時の耐衝撃性はマグ以上と感じています。

            • ネガティブD800ユーザー
            • 2016年 1月 19日

            >甲殻類は割れる前に歪むのでは?

            うん、まずは歪んで、耐えられる限界を超えると割れたり穴があく、という順番になるかと思います。

            歪んだままそれが維持されると「凹み」になるのでしょうが、そうした甲殻動物を、僕も見たことは無いです。

            >例えるならマグというよりもプラでしょうか?

            甲殻類の外殻の硬さと柔軟性を併せ持つ性質の表現としてはその方がより近いでしょうが、そもそも「凹むマグ」と「割れるマグ」という比較での喩えとして書いたのでね。

            ま、我々のこんな会話よりも、言いだしっぺの人の意見を早く伺いたいものですなあ。

        • M-KEY
        • 2016年 1月 17日

        私は、あのX-Pro2の写真をみて「あざとい」というより悲しい気持ちになりました。
        ヘヴィデューティーさをアピールしているんでしょうが、戦場から帰ってきた
        傷だらけのライカや銃弾を受けたニコンと違って「偽物」な感じがします。

        ぶつけたら凹む真鍮と違って,マグネシウム合金ボディは一定以上の衝撃で割れますね。
        私はD1HとD3で経験しました。
        D1やD2系は外装の継ぎ目から粉を吹いていましたが、形状の効果か塗装は剝げにくいです。
        逆に剝げやすいのはOM-Dですね。
        あのエッジの効いたペンタ部の形状はカッコいいけど剝げやすいです。
        3年以上使ったE-M5はもちろんですが、一年経っていないE-M5IIも結構キテます。
        NEX-6も2年くらいからエッジが剝げてきましたし、金属外装のレンズもエッジが剝げています。
        それが真鍮とちがって銀色の地肌なのが興ざめです。
        あと、ボタンに機能を印刷している機種が多いですが、使用過程で印字が薄くなって
        何のボタンか判らなくなるのも困りますね。
        (印字が消えるほど使えばボタンの機能は覚えているんですけど・・・)

          • ネガティブD800ユーザー
          • 2016年 1月 18日

          ううーん、その「悲しい」気持ちは自分には理解できない…。

          角の塗装が剥げて銀色が出てくるのは、銃と同じだね。

          照星がホルスターで擦れて地金の銀色になったら一人前、みたいなポリス漫画があったなあ。

            • M-KEY
            • 2016年 1月 18日

            銃は所持していないので使用過程での劣化がどうなのか知りませんが
            真鍮外装のカメラとマグ外装のカメラは経験しており、
            見ようによっては「味」とも言える真鍮に対してマグは「見窄らしい」です。
            同じように地肌が銀色のミノルタXDやライカのブラッククロームは
            「味のあるスレ具合」なのですけど、マグはどうしても・・・
            (もちろん、人によって感じ方は違うでしょうけど)
            http://sve.2chan.net/dat/45/src/1453126582844.jpg

            • ネガティブD800ユーザー
            • 2016年 1月 19日

            むむう、やはりM-KEYさんとは世代が違うようだ…。

            前にも書いたように、自分は「プラモ狂四郎」という漫画を読みながらガンダムのプラモデルに後からシルバーの塗料で塗装が剥げたような汚し塗装をして喜んでいた世代で、仕事として写真を始めた頃もすでにプラ外装が当たり前のEOSやF4が主流でした。

            もちろんF2やF3なども使いましたが、それらは「照明や露出が一定条件」で「35mm判で十分な仕事」でなおかつ「被写体が動かないもの」の場合の機材で、35mm判ならではの機動力を活かした撮影の場合は完全にオートフォーカス一眼レフで楽をするというスタンスでしたから、M-KEYさんの言われるような真鍮の質感とかに特別な思い入れがないんですよね。

            ので、マグネシウム合金の塗装が剥げて銀色の地金が出てきても、原体験のガンプラの思い出と重ねてむしろ「カッコイイ」とすら感じてしまうのです。
            なにしろあのF4にシルバーの塗料で汚し塗装を入れてやろうかと思ったことがあるくらいですから。(笑)

            案外、件の広告写真を用意させた広告デザイナーも、僕と同じような世代・感覚だったりして。(笑)

            ま、趣味趣向なんて人それぞれですから、いろんな感じ方があっていいと思います。

          • 匿名
          • 2016年 1月 18日

          エッジが多いデザインは、そこから剥げるんですよね。
          むかしの真鍮カバーだと、味わいもあったのですが、
          マグネシウムじゃグレーの下地が出るだけで素っ気ないですから
          こればかりは真鍮に遠く及ばないところです。

          • 匿名
          • 2016年 1月 21日

          重箱の隅をつつくようにこういうことばかり言う人がいるから、みんな当たり障りのないようなことしか出来なくなるんですよ。
          もう少し寛容になったらどうですか?
          どうしても嫌なら、執拗に叩いたり自分の考えを押し付けるのではなく距離を置くべき。

        •    
        • 2016年 1月 19日

        >具体的にどう逆効果なのかぜひご教示いただきたいなあ。

        書かなくてもお分かりでしょうが富士の広報の人もチェックしていると聞いて
        いますのであえて書きますが、ユーザーの反感を買うような広告宣伝はその製品
        のみならず企業への批判にも繋がり商売上マイナスですよ ということですね。
        デジカメジンを読んでいればパナソニックの「一眼」商法を批判する人が根強く
        いるのは一目瞭然ですし、フジで言えばその昔のハニカムセンサーの画素数水増し
        批判(それが原理的にどうなのかは別にして)を覚えている人は多いはず。
        せっかく良い製品を作っても広告宣伝で悪い印象を持たれたら販売に悪影響が
        出ますよというごく当たり前の指摘です。

        今回の画像が酷使に耐えるというアピールをするために 擦り切れた加工したもので
        あるのであれば 何らかの形で加工品であることを示すべきでしょうね。
        と言う訳で、もう遅いかもしれませんが紙のカタログには「イメージです」とか
        「ダメージ加工品です」などと添えたうえで今回の画像が使われていることを
        期待したいと思います。

          • ネガティブD800ユーザー
          • 2016年 1月 19日

          ご回答ありがとうございます。
          あっちこっちバラけると厄介なので、2件のコメントについて、まとめてレスさせていただきますね。

          >ユーザーの反感を買うような広告宣伝はその製品のみならず企業への批判にも繋がり商売上マイナスですよ

          この部分が「マイナスになるのではないか」ではなく「マイナスです」と言い切っているところに違和感はありますが、なるほど、現に名無しさんやM-KEYさんは反感と言うか悪い印象を持っているんですものね。

          「あざとい」のが当たり前の広告ですが、行き過ぎたフィクションは控えるべきというのは同感です。

          ただ、
          >今回の画像が酷使に耐えるというアピールをするために 擦り切れた加工したものであるのであれば

          「わざわざ加工したのではないか」というのはあくまで仮定の話、名無しさん(M-KEYさんも?)の想像での話ですよね?

          事実は今のところ誰にもわかりません。

          僕個人は以前書いたように、対衝撃を含む耐久試験に使われた機体なのではないかと想像しますが、これもまた個人の想像に過ぎません。

          >どうすればより効果的なのかは、実際のユーザーに使い込んでもらったカメラを使うのが一番でしょうね。

          理屈としては同感ですが、発表や発売の直後では難しいですよね…。
          理想的にはそうですが、今のタイミングにおいては現実的には「ウソくさい」と感じる人もいるでしょう。(実際私はそう感じます。)

          >「これが実際に数年間使い込まれたX-Pro1であれば説得力大きいのですが…」

          わざわざ旧型のカメラの画像をTOPページのあの位置に持ってくるのもまたおかしいでしょう。
          注意書きをすれば良いのでしょうが、あの広告デザインとしては文章を入れずに画像だけで訴える企画でしょうし。

          となると、「そもそもあの位置にああいう画像を配置したこと自体が間違い」とおっしゃりたいのでしょうが、後出しでどうこう言うのは誰にでもできることです。

          一つの事象について感じ方が人それぞれ違うのは重々承知ですのでこれ以上の議論も不毛でしょうが、今回こういう議論になっただけでも広告デザイナーにしてみたら「してやったり」なのかな~とも思います。

          ありがとうございました。

            • ネガティブD800ユーザー
            • 2016年 1月 19日

            自己レスです。
            読み返してみて自分で「?」となったので。
            (ここは削除できないから厄介ですね。今後は気をつけます。)

            >ユーザーの反感を買うような広告宣伝はその製品のみならず企業への批判にも繋がり商売上マイナスですよ

            この部分が「マイナスになるのではないか」ではなく「マイナスです」と言い切っているところに違和感はありますが、なるほど、現に名無しさんやM-KEYさんは反感と言うか悪い印象を持っているんですものね。

            自分の文章の頭に追記と修正です。

            この文章、

            ・「ユーザーの反感を買うような広告宣伝」と「反感を買う」ことが確定かつユーザーの全員がそうであるかのように一括りにされている
            ・「マイナスになるのではないか」ではなく「マイナスです」と言い切っている

            以上の2点に違和感はありますが、なるほど、現に名無しさんやM-KEYさんは反感と言うか悪い印象を持っているんですものね。

            と修正させていただきます。
            申し訳ありません、今後は投稿前によく確認いたします。m(_ _)m

          • 匿名
          • 2016年 1月 21日

          そういえば、あれだけ一眼って言葉を叩いている人達が、何故かライカがミラーレスのEVFにビゾフレックスと命名したのに文句言う人はいないですよね。
          あれってミラーレスを一眼って言うのなんかよりも遥かに酷いと思いますが。
          まぁいずれにしても、一眼っていう言葉を叩いている人はマイノリティだと思います。

          っていうか、こういうのにいちいち文句言うのってどうなんでしょうね?
          自分にはクレーマーと大差ないように見えますけど。

            • 匿名
            • 2016年 1月 21日

            正直その話を蒸し返しても不毛なのが続くだけだし。
            他所(オリパナ)で叩き出したら持ち出すくらいでいいんじゃないかと。

            • 匿名
            • 2016年 1月 21日

            >EVFにビゾフレックスと命名したのに文句言う人はいないですよね。

            ここにいるが?
            前にも否定的なコメント見たし。
            昔のライツじゃないから矜持も何も無いのが嘆かわしいわな。

            • M-KEY
            • 2016年 1月 21日

            私もEVFを「ビゾフレックス」と呼ぶ事に対して
            「違和感がある」と表明していますが・・・
            形状を引用するのはいいと思います。
            まぁ他社に波及する心配はないし、
            角度を変えられるから「フレックス」は
            間違いとは言えないのですが厳しいですね。

      • 匿名
      • 2016年 1月 17日

      何年か前、ダメージジーンズ着用で帰省した時のばあちゃん(昭和一桁生まれ)の反応を思い出した。
      使い込んでいかにもって感じに仕立てて売ってるんだよ。。。と説明しても、もう一つ納得していない様子で小遣いくれた。

      • ネガティブD800ユーザー
      • 2016年 1月 19日

      で、最初の「匿名」表記ですらない名無しさん?

      >ここまで擦り切れていて上カバーの角にアタリや凹みが無いなどとてつもなく不自然。

      これまでの情報から判断するに、むしろ「外装の材質的に凹みがある方が不自然」となるのだけれど、そこんとこどうなの~?

      >もう少し上手にやらないと、宣伝広告として逆効果ですよ。

      どう逆効果なのか、またどういうやり方だったなら効果的なのか、早く教えてくださいよ~。

        •    
        • 2016年 1月 19日

        http://www.sei.co.jp/az91/strength/index.html
        カメラのカバーにも多用されるAZ91系はへこみますが…
        もちろん真鍮やアルミよりへこみにくいし、割れやすいですが。

          • ネガティブD800ユーザー
          • 2016年 1月 19日

          資料をご用意くださり、ありがとうございます。

        •    
        • 2016年 1月 19日

        >どう逆効果なのか、またどういうやり方だったなら効果的なのか、早く教えてくださいよ~。

        どう逆効果かは 上のほうに書いたので読んで下さい。

        どうすればより効果的なのかは、実際のユーザーに使い込んでもらったカメラを使うのが
        一番でしょうね。
        「これが実際に数年間使い込まれたX-Pro1であれば説得力大きいのですが…」と
        書いたのはそのためですね。

        •    
        • 2016年 1月 19日

        歴代レッツノートはマグネシウムダイカストのカバーを売りにしていますが、
        ボンネット構造の液晶裏天板はへこんでいるのよく見かけますね。というか
        私の会社のも以下より激しくへこんでいる。
        https://manualmaton.files.wordpress.com/2013/03/r8245132.jpg
        同じくPCでカメラの画像ではないですが、角部に当たれば以下のようにダイキャストの
        Mgでもへこむ。
        http://liebeaute.com/note/panasonic/cf-t7dw6aas/img/6.jpg
        既に手元に無いのですが、リコーGXRのMマウントのやつボディから外したときに
        勢い余って飛んで行き階段転げ落ちたことが有ったのですが その時は前カバーの
        側面が見事にへこみましたね。。。

          • ネガティブD800ユーザー
          • 2016年 1月 19日

          画像まで用意していただき、ありがとうございます。

          なるほど、よくわかりました。

コメントは利用できません。

富士フイルム、超望遠ズーム「XF100-400mm」を正式発表(デジカメWatch)

「けっこう毛だらけ猫灰だらけ」の猫はなぜ灰だらけなのか?(ASCII.jp)

最近のコメント

アーカイブ