デジタルカメラ情報サイト

独自開発するデバイス技術とその未来–ソニーRXシリーズ(デジカメWatch)

【メーカー直撃インタビュー:伊達淳一の技術のフカボリ!】
動画に強い新製品は既存のハンディカムと競合する? 大きく3つに分かれるRXシリーズのラインアップ
“メモリー”と“積層型”という2つのキーワードに迫る! メモリー一体積層型CMOSセンサーの仕組み
RX10 IIとRX 100 IVに搭載されているスーパースロー撮影機能「HFRモード」の機能と上手な使い方
電圧をコントロールして偏光特性を変える? RX1R IIの新機能「可変ローパスフィルター」の技術とは
【実写ミニレビュー】個性が光るCMOSセンサー技術がカメラの次の進化を予感させる

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (1)

    • M-KEY
    • 2016年 1月 21日

    >内蔵フラッシュも外すわけにはいきませんので

    個人的には、内蔵フラッシュよりもマルチインターフェースシューが嬉しかったです。
    このクラスで直射しか出来ない内蔵フラッシュを使う頻度ってどうなんでしょうか?
    それならクリップオンフラッシュだけでなく、動画撮影でマイクを付けられるし、
    どうしても必要だけどHVL-F20Mだと大き過ぎるというなら、NEX-5に付属していたような
    カメラから電源を供給するようなモノを用意すればいいでしょう。

コメントは利用できません。

ソニー、約4,240万画素フルサイズコンパクト「RX1R II」の発売日を決定(デジカメWatch)

修理のプロに聞く!(2)カメラ外装の上手なクリーニング(デジカメWatch TV)

最近のコメント

アーカイブ