デジタルカメラ情報サイト

ロモグラフィー、ロシアレンズ復刻第2弾「New Jupiter 3+」(デジカメWatch)

ライカマウントの距離計に連動 真鍮鏡筒

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (13)

    • 匿名
    • 2016年 1月 22日

    LOMOがトイカメラメーカーだと考えたら69,800円は高い。でも真鍮鏡胴で最短0.7mまで距離計連動するf1.5ゾナータイプのライカレンズと考えたら激安だ。ルサールといい、最近のLOMOはやってくれる!

    • M-KEY
    • 2016年 1月 22日

    ジュピターは私の中では1万円以下の安価なツァイスコピーという印象だったので、
    ルサール以上に割高に感じちゃいますが、内容を考えれば納得の価格ですね。

      • 匿名
      • 2016年 1月 22日

      1万円で買えますか??? ジュピター8(f2)なら1万円以下ですが、ジュピター3(f1.5)は製造本数がずっと少なく、以前からけっこうレアです。現在、キエフコンタックスマウントで2-3万円、ライカLマウントの美品はベリーレアでさらに高いですよ。本家ツアイスゾナーでもf1.5のほうが遙かに評価が高いし、自分も使っていてそう思います。中古価格と最短距離0.7mを考えると今回のジュピター3+はまあまあの価格なのでちょっと欲しいです。

        • M-KEY
        • 2016年 1月 22日

        >1万円で買えますか?
        まともなモノは絶対に買えないのは承知しています。
        ただ、私がロシアンレンズを知った15年以上前に
        ルサールも含め格安だけど状態も怪しいという認識で
        現時点で、この復刻のスペックを見れば十分に妥当で
        これはルサールのスレでも書いた通りです。
        コシナのゾナー1.5/50と比べて、どうなんでしょう?

          • 匿名
          • 2016年 1月 22日

          コシナのゾナー1.5は最短0.9mですし、デザインが寄せ集めのパクリなので、正統な復刻のLOMOジュピターの方が良さそう。

            • M-KEY
            • 2016年 1月 23日

            最短撮影距離は復刻ジュピターの方が短いですが、
            それを活かすにはライブビューでのピント合わせが必要となり
            ライカ以外のボディでヘリコイド付きのマウントアダプターを
            使うなら、コシナのゾナーでも問題はなくなります。
            前群に空気層がある分,反射面が増えますが、T*コーティングは
            本家準拠でしょうから、デメリットは少ないハズで、
            ソニーツァイスやズミクロンも含めた比較記事を見てみたいです。

            • 匿名
            • 2016年 1月 23日

            なんかズレてません?ライカで0.7mまで距離計連動することが重要なんですが。使った人ならわかるはず。

            • M-KEY
            • 2016年 1月 23日

            スペック上はM3中期以降のライカは0.7mまで距離計が連動しますが、
            ファインダーの視野率がタイトになりピント精度も厳しいので、
            実際に近接撮影するなら一眼レフやライブビューの方が快適です。
            一眼レフでの0.5m付近に慣れていると、0.9mが0.7mになっても
            「寄れない不便」はたいして変わらなず、それならα7あたりに
            ヘリコイド付きマウントアダプターを使う方が実践的なので
            そこに最短撮影距離が少し短くても,それほど問題ではないでしょう。
            この使い方だと一眼レフでも困難な広角接写も楽になるという副産物も。

            正直に言うと、もう10年以上ライカを本気で使っていないので
            最近の機種でも距離計の連動が0.9mだと勘違いしていました。

            • 匿名
            • 2016年 1月 24日

            「0.7m」のために頑張って純正ズミルックスを買う人も少なくないですよ。50mmレンズで最短0.7mだと、一眼レフの助けを借りずにほとんどの場面でライカだけで撮れるんです。MKEYさんがライカファンでないことはわかりました(^^

            • M-KEY
            • 2016年 1月 25日

            >MKEYさんがライカファンでないことはわかりました(^^

            ばれたか〜
            っていうか、新品でライカを一台も買っていない次点でモロバレですね。

    •   
    • 2016年 1月 22日

    うちにあるJupiter3は硝材の進歩かコーティングの差か、OptonのSonnarよりも良かったからね。
    それを更に最近の技術を使ってコストを掛けて、ってのであればちょっと面白くはある。

    まぁ、最近の設計の奴も同等価格からでも有るんだろうから、その辺りは趣味なんだろうけど。

    • 匿名
    • 2016年 1月 25日

    タムロンってどこまで手広く商売するんだろ

      • 匿名
      • 2016年 1月 25日

      タムロン??

コメントは利用できません。

防水・耐衝撃のAPS-Cコンパクト「ライカX-U」(デジカメWatch)

フルサイズ500mmで切り取る超望遠の世界–ニコン「AF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VR」(ITmediaデジカメプラス)

最近のコメント

アーカイブ

最近のコメント