デジタルカメラ情報サイト

セコニック、ストロボ制御に対応した露出計(デジカメWatch)

ワイヤレスでモノブロックストロボなどコントロール

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (15)

    • Ken
    • 2016年 1月 26日

    これは便利!
    ただエリンクロームなるストロボ持ってない。。。。

    • 雇われ息子
    • 2016年 1月 26日

    なんでエリンクロームだけなんだよ・・・

    • 匿名
    • 2016年 1月 26日

    > ただエリンクロームなるストロボ持ってない。。。。

    エリンクロームはストロボの種類ではない。スイスの大型ストロボメーカーのことだが。
    新宿のヨドバシには実機が展示してあるけどね。
    それから、もっと言うと非中華・韓国では最も安い海外製ストロボ。
    でも、スイス設計中国生産。安いことにはわけがある。

    • Ken
    • 2016年 1月 26日

    文章が下手で申し訳ないです。
    でもエリンクロームなるメーカーの製品の総称で書いたつもりでしたが気にさわっちゃいましたか。
    『エリンクロームというメーカーのストロボは持ってない』と書くべきなんですね。

    スイス設計中国生産は企業としては悪いことではないと思いますが
    スイス生産はやっぱりいいのかな?

    • 匿名
    • 2016年 1月 26日

    >> スイス設計中国生産は企業としては悪いことではないと思いますが

    中国生産の問題点は、たとえ組み立て工程がしっかりしてても、部品の保管を恐ろしい環境でやってたりすることだ。
    電解コンデンサーは出来れば気温5~10℃の環境で保管しておくべきだが、他のビスだのソケットのパーツだのと言った温度管理の必要ない部品と一緒に環境劣悪の倉庫で保管されている。だから、運悪く長くそういう環境で保管されたコンデンサーが使われたロットにあたると簡単にコンデンサーの爆発を経験できる。
    まだ、欧米人や日本人の指導に素直に従うタイやマレーシア生産の方がまし。

      • Ken
      • 2016年 1月 27日

      なるほど!
      中国生産の問題は組み立て工程より部品の保管にあるんですね。
      勉強になります。ありがとうございます。

      ところでこちらも重箱の隅をつつくようですが
      『運悪く』『ロットにあたると』ときて『簡単に』『経験できる』。。。
      運悪くあたらないと経験できないから簡単ではないと思いますが。。。。
      僕の読解力が悪いのでしょうか?
      それにしょっちゅう爆発する機材だとリコールにならないんでしょうか?
      『ポンッ』と焼け焦げる程度でしょうが被写体に何かあったら大問題になると思いますが
      このメーカーはそういう事例はあるんでしょうか?

        • 匿名
        • 2016年 1月 27日

        君は皮肉がわかってないね。それから、(クリップオン様と比べて)大容量の電解コンデンサーの物理特性も知らないこともわかったよ。
        というか、大型ストロボ自体持ってもないし、使ったことともないんだろ。そういう人には関係ないと思って貰って構わないけどな。所有することもなく使うこともなければ気にしなくていいよ。

          • Ken
          • 2016年 1月 27日

          皮肉わからなくてすみません!
          一応サンスターとか古いプロフォトとかは使ってます。
          電解コンデンサーの物理特性は全く理解してません。
          知らなきゃ写真撮れないワケじゃないので
          それで約30年、写真でメシ食ってきました。
          今まではそれで済んできましたが
          大型ストロボ使うにあたって物理特性知らなきゃダメでしょうか?

          • M-KEY
          • 2016年 1月 27日

          部品の管理が大事というのは理解できますが、問題になる程の長期にわたって
          劣悪な環境で保管されるものなんでしょうか?
          むしろ購入してからの使用状況の方が環境としては醜悪でしょう。
          夏場なんか室内でも30度を超えるし車内なら50度超えもあります。
          バルカーやプロフォトの中古で火柱を上げた事がありますが
          コメットでは20年以上そうした事故は経験していません。
          (一度、初期のモノブロックで煙が出た事があるがコンデンサーは無事)

          たしかにフラッシュメーターから光量をコントロール出来たら便利ですが
          一般的にはプロフォトのようなTTLワイヤレスの方が敷居が低いかも?

            • Ken
            • 2016年 1月 28日

            M~KEYさん
            火柱は怖いですね。
            前に有名カメラマンの撮影の取材(ややこしい)をした時
            漏れ灯りを切るための黒紙が燃えあがったのを見ました。
            まだモデルさんが入る前だったのが不幸中の幸でしたが
            撮影中だったらモデル事務所やクライアントからクレームつけられたでしょうね。
            なによりその後の撮影の雰囲気が最悪でしょう。
            匿名さんが言われる爆発とはどのレベルなのか聞きたかったのですが
            やはりコンデンサーの物理特性を理解してない無知な輩に何を説明しても無駄だと判断されたんでしょうかいなくなられてしまいました。

            昨日は写真スタジオでの撮影だったのでスタジオのプロフォト(今は8sだっだかな?)を使用しましたが普通にスタジオさんに発光してもらい
            いにしえのミノルタのメーターで調光しました。
            今は大型ストロボでもTTLで調光が可能なんですか?
            時代に取り残されて感じです。
            それはニコンのクリップオンを数台使うTTLオートと同じようなものなんでしょうか?
            なんでも聞くのは良くないと叱られそうですが使用している方の意見としてお聞きしたいのですが
            所詮オートなので被写体の反射率やちょっとして変化により光量が不安定にはならないものなんでしょうか?
            (そもそもTTL=オートという考えが古いのかな?)

            • M-KEY
            • 2016年 1月 28日

            火柱はスタジオマン時代に経験しました。
            幸いセッティング中だったので、クライアントもおらず
            すぐに別のゼネと入れ替えて作業を続けましたが
            一度、モデルの上のカサバンが燃えた事があります。
            モデリング用に100Wのアイランを入れていたのですが
            カメラマン氏が「もっと明るいモノを」と要求して
            仕方なく300Wを入れて、スライダックスで電圧を下げていましたが
            それでも暗いと電圧を上げられて,案の定・・・
            その時のモデルは強面で有名な大物俳優さんでして、
            「こんなの平気だ、もっと怖い経験をしてきた」と
            まったく動じた風も無く笑顔で許してはくれましたが、
            カメラマン氏を含めた周りのスタッフは凍り付いていました。

            モノブロックは住宅の取材中に電源を入れたとたん
            臭いとともに煙が出たので,即座にコードを抜いて
            2灯の予定を1灯で済ましましたが、この時も冷や汗モノでした。
            (内部の回路がショートしていたようです)

            プロフォトのTTLは,大光量のクリップオンの様に使える機能です。
            http://profoto.com/ja/products/air-system-wireless-sync-remote-control/air-camera-tranceivers/item/air-remote-ttl-c?category_id=213
            これ、D5やD500なら、純正スピードライトと混用できそうな気がします。
            前にも書きましたが、最近はメーターレス運用が多くなっているので
            セコニックの方式よりも,こちらの方がスマートだと思います。

            • Ken
            • 2016年 1月 28日

            M~KEYさん
            モデリング用のアイランプでそんな惨事に。。。。
            カメラマン氏は目が悪かったのでしょうか?
            AFない(信用できない)時代だったんでしょうね。

            大型ストロボのTTLの情報ありがとうございました。
            実はよく理解できてません。
            新聞社さんのインタビュー撮影とかはクリップオンを数台使ってのTTL撮影を使っているのをよく見ますが
            それの大型ストロボ版みたいなもんなんでしょうね。
            JPEGで撮る身としたらやっぱり大型ストロボとはいえオートは信用できません。
            たとえスマートじゃなくても僕にとってはメーターでの調光の方が
            確実簡単だと思いました。
            時代遅れでしょうが光を測って塩梅を加えて露出決定が僕に合っているみたいです。
            まあカメラマンによっても撮影方法は千差万別。
            M~KEYさんの撮影方法を否定している訳ではないのはわかってください。
            いろいろ勉強になりました。ありがとうございました。

            • M-KEY
            • 2016年 1月 29日

            平成になってすぐだったのでAF一眼レフはありましたが
            仕事の第一線ではAF一眼レフどころか中判がメインの時代でした。
            たしか、カメラはRZ67だったと記憶しています。

            カラーメーターの記事でもコメントしましたが、露出や色は
            結局はカメラ側の実効感度や色再現性に依存してしますので、
            いくらメーターで測定しても、カメラに合わせて加減する必要があり
            照明機材のチェックには有効ですが,撮影の現場(とくにロケ)では
            もはやメーターは絶対ではないと考えています。
            プロフォトのエアーはマニュアルで光量を制御する事も可能なので
            カメラのポストビューを見て発光量の加減をする事が迅速にできます。

            • Ken
            • 2016年 1月 29日

            M~KEYさん
            RZは使ったことはないのですが中判のレンズは開放値が暗かったので
            ピント合わせは大変でしたね。
            平成だとウチはハッセルからフジ6×8に移行するあたりだったかな。
            中判使うのはポスターが多かったからハッセルのスクエアサイズは無駄が多かったと記憶しています。(デザイナーは使いやすかったと思いますが)

            僕のやり方だと各ストロボをバランスに合わせて調光し
            全部つけて最終調整。
            カメラはだいたいD800なので(使うレンズもだいたい決まっている)
            実効感度やクセはわかっているので
            メーターで出た値に塩梅を加えて絞りや感度で調整して露出決定をします。
            パソコンですぐ見えるし(カメラのモニターは確認程度)便利な時代になったと思います。
            フィルム時代はベルビアの実効感度の無さはテスト現像が上がるまでドキドキでしたからね。
            やはり一枚ごとに発光量が変わる恐れのあるストロボのオート(僕がそう認識しているだけですが)は僕には合ってないようです。
            (大型ストロボのマニュアルでも厳密には毎回同じ光量というワケではありませんが)
            ロケだとストロボは(大型ストロボでも)補助光程度にしか使わないスタイルなのでそんなにシビアに考えていません。
            そしてなにより。。。プロフォトの最新機種なんて高くて買えません〜!
            取れないブドウは酸っぱいと思うキツネの戯言でした。

    • 匿名
    • 2016年 1月 27日

    ラジオスレーブのテストっ発光機能を付けることよりもタッチパネルのふた昔前のローエンドのスマホなみのもっさりしたタッチパネルの操作性を改善してほしい。

コメントは利用できません。

いままでにない画角で、見たままの海の世界を表現できる–EF11-24mm F4L USM(デジカメWatch)

GANREFに、撮影スポットから投稿写真を探せる新機能(デジカメWatch)

最近のコメント

アーカイブ