デジタルカメラ情報サイト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

FE初のコンバーターレンズシステムを試す–FE 28mm F2(デジカメWatch)

【交換レンズレビュー】
by 曽根原昇

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (15)

    • 古参者
    • 2016年 1月 29日

    FEでもマトモな対角線魚眼は出さないつもりっぽい。

      • 匿名
      • 2016年 1月 29日

      FEレンズの戦略が少し不明です。
      28-70mm f2.0の特許が出されているらしく、そんな大口径標準レンズは考えていても、240mmを超える望遠レンズは音も聞こえて来ない。
      Aマウントに変わるシステムに仕上げるつもりなら広角からせめて300mmまでの単焦点・ズームをそろえるべきと思うが。
      それとも小型軽量を活かすため、望遠は捨てるつもり?
      そんな状況なので、対角線魚眼がそうそう早く出てくることはないと思いますが。

        • M-KEY
        • 2016年 1月 29日

        α7シリーズのコンセプトをかんがえると、240mm以上の望遠よりは
        (まともな)対角線魚眼の方を優先すべきだとは思いますが、
        せめて70-200mm用に×1.4のテレコンや350mmF5.6レフレックスあたりは
        あった方がシステムとしてはスキが無くなると思います。
        でも、APS-Cも含めて対角線魚眼はコンバーションレンズで済ませるつもりでしょうね。
        シグマあたりがショートフランジの対角線魚眼を出せば・・と思いますが
        APS-C用は出しても35mmフル用は出そうにないですね。

          • 匿名
          • 2016年 1月 30日

          α7のコンセプトって、小型軽量フルサイズ、ってことですか。
          本当にそういうコンセプトならいいのですが、ではAマウントとの併存で行くということ?
          私はソニーユーザーではないから別にいいけど、ユーザーの方々はメーカーの方針が読めず困っているのではないでしょうか。

          シグマがFEレンズを出すか、は微妙ですね。
          セールスを考えればキヤノン・ニコンのレフ機と同じ設計ベースとすることになるでしょうが、マウント径とFBの関係から、Eマウントが一番設計上の制約がありそうなので、それをベースにするだろうか。
          それもEマウントは電子補正が前提でしょうから、サードパーティがその上で複数メーカー対応の設計をするか甚だ疑問です。
          フルサイズEマウントが望遠域までカバーするレンズラインナップを完成させ、Aマウントから完全に置き換わり、エントリークラスのカメラが販売されそれなりの台数が市場に出て、交換レンズを出してもそれなりに売れる、とならない限り専用設計のレンズも出さないように気がしますが・・・。
          ちょっと悲観的過ぎますかね。

            • M-KEY
            • 2016年 1月 30日

            α7シリーズは、
            消費電力に比べ小容量のバッテリーやイメージサークルに満たないマウント径など、
            小型軽量を優先した事による部分がカメラとしての弱点になっています。
            「小型軽量フルサイズ」がコンセプトでないなら、WバッテリーでなくMバッテリー
            F4のズームレンズでなく、F2.8を最初からリリースしたでしょう。
            Eマウントにしても35mmフルをギリギリ満たす口径です。
            もし画質に妥協しない35mmフルのミラーレス機というなら
            もっと大径のマウントを規格したハズです。

            今後は方針を変更するでしょうけどAマウントの処遇も気になりますね。

            • 匿名
            • 2016年 1月 30日

            まぁ今更無いとは思いますが、フルサイズはAマウントに戻るべきと思いますね。ニコンですら、今はAF・絞りともレンズ側制御になっていますから、Aマウントも十分可能でしょうし。TLMでもいいんですけど、やっぱりフルサイズはレフ機であって欲しい。旧ミノルタ→ソニーのAマウントユーザーの人はどのように考えているのでしょうかね。

        • 匿名
        • 2016年 1月 31日

        ミラーレス機のEVF拡大表示のピント検出精度を知れば今更OVFのデジタル一眼レフなんかには戻りたくない。
        AFにしてもミラーレス機の方が原理的にピントズレがない。高級なOVFデジタル一眼レフにはレンズ毎にAF微調整機能が付いているが、裏を返せばレンズ毎にAFが狂うと言うことだ。
        プロの広告写真家でデジタル一眼レフからミラーレス機に替えて「初めてピントズレの不安から解放された」という人がいる。
        それにAFターゲットがファインダー中に散らばっている光学ファインダーなんてうざったい。昔のニコンF~f3やAF機でもF4くらいのシンプルな光学ファインダーだったら気分良いが。

      • 匿名
      • 2016年 1月 29日

      高級路線のはずのFEなのにワイコンとはビンボー臭いよね。
      40万もする42MPα7RIIが泣いてるぜ。

        • 匿名
        • 2016年 1月 30日

        高級一眼カメラ(w)のユーザーがワイコン使うかな・・・。
        結局センサーには強いが、レンズとかの光学性能の重要性を軽んじているのではなかろうか。

        • 匿名
        • 2016年 1月 30日

        案の定、解像力が足りてない。
        オリンパスのボディキャップレンズの方がなんぼかマシじゃないか?

          • 匿名
          • 2016年 1月 30日

          花のやつ2つ見てみたが、解像どうこうよりピンが来てない。

            • 匿名
            • 2016年 1月 30日

            それもそうだが滲みがいろんなところに見えるようだが。
            単焦点でこれはいただけない。

    • 匿名
    • 2016年 1月 30日

    そもそもソニーの写真に対する姿勢なんてそんなもん。
    写ればいいんですから。
    後はカタログを飾る技術力のアピールでしかない。
    フルサイズなんて本当にそういう画が必要と思ったからではなく、どうだすごいだろうってっとこですから。
    バッテリーなんて保たなくてもいいんです。

      • 匿名
      • 2016年 1月 30日

      最初からそうだったわけではないと思うんだけど、やはり会社が傾いてからはだめだね
      経営は持ち直してきたけど、本業は切り捨てることになるだろう
      貧すれば鈍するのは人も会社も同じなんだろう

      • 匿名
      • 2016年 1月 30日

      もっとミノルタの人達を大切にすべきだったのですよ。
      所詮ビデオ屋だったということでしょうか。
      Aマウントの処遇にしても、EVFならEマウントで済む話。
      なぜ一眼レフを継続しないのか、そのあたりも所詮は・・・
      ということでしょう。

コメントは利用できません。

トルク調節までできる Jelly fish「ジェリーレッグス」(デジカメWatch)

レンズ交換で楽しむ、よく晴れた日の猫撮影(ASCII.jp)

最近のコメント

アーカイブ