デジタルカメラ情報サイト

5軸手ブレ補正の24倍コンパクト「OLYMPUS STYLUS SH-3」(デジカメWatch)

PEN風デザインを継承 アートフィルターは全13種類に増える

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (134)

    • 匿名
    • 2016年 2月 09日

    これじゃないっ!てばよ。皆さん待っているのは、STYLUS 1sの後継機でしょ?

      • 匿名
      • 2016年 2月 09日

      いやこれちょっと欲しいよ。
      ポケットサイズの高倍率ズーム機でRAW記録できるのは、これかパナのTZシリーズしかない。

    • 匿名
    • 2016年 2月 09日

    ペンってなんですか?
    そしてペン風って?
    昔売れたカメラの名前らしいですが、それにすがっているようでなんかかっこ悪いです。

      •   
      • 2016年 2月 10日

      それよりも、ペン=ペンFとしか考えられない様な人たちがメーカー内でも増えたのか?って思うとね。

      大ヒットしたペンは決して一眼レフのペンFではない。

        • 匿名
        • 2016年 2月 10日

        ほんとにそれ。
        ペンはEEシリーズとかが主力で、
        安くてまずまず写るバカ○ョンとして
        人気を博したシリーズ。
        今ならスタイラスシリーズとかのポジション。

        まあ、当時を知らない社員が、
        なんとなく出所として引用してるだけで、
        非常に軽く見えてしまうんだよね。
        違う違う、と言ってやりたいわ(笑)

        • 匿名
        • 2016年 2月 11日

        おっしゃるとおり。
        むかし実家に2台くらいPENがあったが、レンズ固定式の簡単カメラだった。
        近所のカメラ店で聞くと、ハーフサイズで大きく伸ばさないなら経済的なカメラで、
        それがオリンパスの主力製品なんだとのことだった。
        PEN-Fなどは亜流で、屋台骨を支えたのは紛れもなくPENのEEシリーズであった。
        一眼レフのOMもあったが、売れる量は圧倒的にPENだった。

        そういう時代を見てきた人間としては、今のデジタルPENはどうも違和感が拭えないのは
        ほんと同感なんですわ。違う性格のカメラに無理やり昔の名前を当てはめて・・・
        と見えてしまうので。
        それを言うとデジタルOMもそうなんだけど、AF化での失敗が祟りジリ貧で続けるも
        とうとう耐え切れずにOM廃止になった経緯を見てきたものとしては、
        今更OM?と思ったし。格好だけオマージュして、なんか薄っぺらい商売だなぁと思った。
        しかもフォーサーズ立ち上げ時にデジタルOMを謳わず、禊が終わったとでも思ったのか
        いまさら全く関係のない、しかもEVF機をOMって、どういう感覚なんだ?と。

        でもこれしか出来ないのが今のオリンパスという現実。
        今のOMが出たことで、自分の中のOMは死んだ気がした。
        110サイズのEVF機にOMと名付ける神経が理解できなかったわけだが、
        かつてオリンパスに入れ込んでた自分を懐かしく思う。長文失礼。

          • 匿名
          • 2016年 2月 11日

          えらいナイーブで悲観的ですね。

          • 匿名
          • 2016年 2月 11日

          > かつてオリンパスに入れ込んでた自分を懐かしく思う
          かつて入れ込んでいたのはどの時期?
          フィルム時代から一貫して遠巻きに眺めてただけのように読めるのですが……

          • 匿名
          • 2016年 2月 11日

          定期的に出てくる昔は良かった話。
          単純に売れなかったからなくなっただけの話で鉄道とかでも無くなる時に
          続けて欲しいとかどの口がいうのだろうと何時も思う。

          センサーサイズが違うから同じ名前はおかしいというのもオリだけに出てくる話。
          同じ流れでKissとかは一切出てこないのもね。

            • ネガティブD800ユーザー
            • 2016年 2月 11日

            kissを同じ流れに巻き込むのは違うでしょ。

            フィルム・デジタルどちらにおいても「キヤノンのレンズ交換式一眼レフカメラの小型軽量廉価機」という立ち位置的で基本構造も似ているのだから、銘柄を継承するのは何の違和感も無いどころかむしろ自然だと思うのだけれど。

            強いて挙げるならコンパクトタイプのIXYでしょ。オリならμシリーズ。
            とはいえ「フィルムのIXY(μ)はまさにAPSフルサイズだったのに、コンデジIXY(μ)は1インチに満たないセンサーじゃないか!」と怒る声は今も昔も聞かない。

            それは「コンパクトカメラのブランドとしての説得力」があったからだと思うのだけれど、今回の件は「PENやOMにはそういった説得力や銘柄の蓋然性が感じられない人が多い」ということでしょ。

            • 匿名
            • 2016年 2月 11日

            センサーサイズでどうのって話をしてるだけだが。

            • ネガティブD800ユーザー
            • 2016年 2月 11日

            だからセンサーサイズの話をしたんだけど?

            何か間違ってたかな?

            その上で今回のようなオリへの批判はセンサーサイズの他にも銘柄の説得力や蓋然性が問われてるってことじゃないかという考察を述べたのが余計だというのなら、すまないね。

            • 匿名
            • 2016年 2月 11日

            μは使ってたけどAPSではなかったけどね。
            違うセンサーサイズという意味での括りなら書き方が違うのかと。

            上にも書いたように、センサーサイズが違うから同じ名前はおかしいというのはどうかという話でそれ以外の要素が同じだからOKと言うのも何のことやら。
            説得力とか感情論的なものは収束することはないんでそこであれこれ言う事はない。

            • ネガティブD800ユーザー
            • 2016年 2月 11日

            いや、だから、

            「センサーサイズが違うことで批判されてることがおかしい」

            ということに対し、

            「そういう批判をされていない同業他社製品があり、それはセンサーサイズの違いがあっても根っこを辿ると同じところからの派生だという説得力があり、それがブランド名の引継ぎに蓋然性を感じられるから批判が起きにくいんじゃない?」

            ということを書いたつもりなんだけど、伝わらなかったみたいだね。

            投稿者があなたか違う人かわからないけれど、
            >同じ流れでKissとかは一切出てこないのもね。
            とkissをPENやOMと同じように扱ってるから、上記の主旨を以て「同じ立ち位置に扱うのは違うんじゃない?」と疑問に思ったの。
            kissと現行のPEN、OMとでは全然生い立ちが違うからね。

            それがあなたには「論点がずれている」と思われるならば、それはあなたの感じ方だから仕方ないね。

            ちなみにオリンパスのAPSフィルムカメラのブランドはμではなくiズームだったね、申し訳ない。

            • 匿名
            • 2016年 2月 12日

            上の匿名じゃないけどね
            Kissが叩かれなくてPenが叩かれる理由が
            センサーサイズじゃなくて説得力とか蓋然性のせいなら
            つまりPenはオリのカメラだから叩かれるってことなんだが
            それはおかしいだろって話じゃないのか

            • ネガティブD800ユーザー
            • 2016年 2月 12日

            うん、だから「おかしい」ことについても否定してないよね?

            言うなれば「オリンパス批判」をおかしいと思うかどうかに言及せず、その批判の土壌にはこういうことがあるんじゃないの、ということを書いたの。

            フィルムのKissとデジタルのKissとではその立ち位置やコンセプトがメーカー内で地続きなのが明確なのに、デジタルのPENやOMはなんの血統や歴史の繋がりも無く突然現れたわけでしょ。

            そういう点で「KissをPENやOMと同じ流れに入れないで」と書いただけのことが、なぜこうも尾を引くのか、オリンパス批判に感じられるのかがわからない。
            逆に、同じ流れに一括りにして良いというのなら、その論拠を示していただきたい。

            僕はあくまで「批判されている原因の考察を述べた」だけ。

            >つまりPenはオリのカメラだから叩かれるってことなんだが
            それはおかしいだろって話じゃないのか

            だから、上に書いた脈絡なくブランド名を振りかざす行為がオリンパスの企業的特徴だとするのなら、「そういう行為を平然とするオリのカメラだから叩かれる」ということになるのだろうけど、僕はそんなことはひとつも書いてないんだけど。

            もちろん、「オリのカメラだということだけで叩く」ことはよくないこと、おかしいことだと思ってるよ。

            でも、「そういう行為を平然とするオリの作っているカメラだからカメラ自体も悪い奴なんだろう」というのが「オリのカメラが叩かれる原因」だと定義するのなら、実際に叩かれる原因を作ってるのはオリンパス自身でもあるわけだから、おかしいことだけれども仕方ないよね、とも思う。

            あ~、なんかぐるぐるループして書いてて自分でもぐちゃぐちゃしてきた。(笑)
            こんな複雑な言い回しになるような話じゃないはずなのにな…。
            最初の投稿で十分伝わると思ったんだが…。

            • 匿名
            • 2016年 2月 12日

            難しい話はやめにして
            ソニーの悪口、あらさがしでもしてみんなで盛り上がりましょうよ

            • 匿名
            • 2016年 2月 12日

            いや、オリンパスのスレでソニー談議はご遠慮下さい。

            • 匿名
            • 2016年 2月 12日

            何故恩人ソニーの悪口?
            助けていただきありがとう、
            というのなら分かるが。

            恩を仇で返すようじゃ、
            どこかの反日国家と変わらんぞ?

            • 匿名
            • 2016年 2月 13日

            論理的に比較するなら、OMと比較すべきキヤノンカメラはkissじゃなくFDのTシリーズでしょう。

            おっと、デジカメジンではタブーでしたね。みんなわかりながら書いてるんですよね。

            2016年2月13日 7:58 総アクセス数66157214 現在の閲覧者数3人

            • M-KEY
            • 2016年 2月 13日

            >論理的に比較するなら、OMと比較すべきキヤノンカメラはkissじゃなくFDのTシリーズでしょう。

            OMにもいろいろあるのですが、私の印象は
            OM-1:FTb
            OM-2:EF
            OM-1N:該当無し、無理に例えるなら輸出用のAT-1
            OM-2N:A-1
            OM10:AE-1/AV-1
            OM20:AE-1P
            OM30:AL-1
            OM-4:T90
            OM-2SP:該当無し
            0M-3:該当無し
            OM40:T70
            OM707:T80
            OM101:該当無し
            OM2000:T60(輸出用)
            なんですが、発売年や価格等で無理がありますね。

            • ネガティブD800ユーザー
            • 2016年 2月 13日

            >M-KEYさんの上の匿名さん

            主旨がねじ曲がってるよ~。( ̄▽ ̄;)
            それともわざと?(笑)

            最初の匿名さんは「キヤノンというメーカー」を引き合いに出したかったんじゃなくて、「フィルム時代とセンサーサイズ(厳密にはフォーマット)が違うのに同じブランドを名乗るのはおかしいという理屈でPENやOMは叩かれてる。同じ流れのKissは叩かれていないのに」と書いてたのよ。

            しかしあれだな、新旧OMと新旧Kissとを比較して改めて考えると、ブランド名を継承する際世間に納得してもらえる条件としては「新旧でフォーマットが同じ」ではなく、「出自や立ち位置において新旧間の繋がりが明確なこと」だということなのかな。

            オリを叩く人は、センサーサイズよりもむしろそっちに重きを置いて叩いてるんじゃない?

            • 匿名
            • 2016年 2月 13日

            どうでもいいから、誰かキヤノンT80のこと、語ってくれない?
            FDの唯一のAF。

            • 匿名
            • 2016年 2月 13日

            >OMにもいろいろあるのですが、私の印象は
            >OM707:T80

            M-KEYにしては珍しく、正しい書き方。
            このままマウント維持することが出来ないことを明らかにした機種という意味で。
            OM全体とkissを比較しようなどというドンブリ書き込みよりずっとまし。

            • ネガティブD800ユーザー
            • 2016年 2月 13日

            M-KEYさんの比較表、読み込んでみるとなるほど良く出来てるなあ。

            匿名さんのOM707とT80のくだり、膝を叩かずにいられない。

            T80より後に出たT90の相手がOM707より先に出てるOM4というのも面白い。
            キヤノンもAFの波にはむしろ乗り遅れた組だからね。

            該当機なしのOM3には…いちおうF-1を当てておいてあげてもいいかもよ。

          • 匿名
          • 2016年 2月 14日

          頑張って調べたのでしょうけど、ちょっと違和感あるのが下記です。

          >OM-2N:A-1

          これ、カメラの性格がまったく別モノですから。
          片やAE主体のカメラロボット、
          片や古典的なカメラ。

          >OM20:AE-1P

          これも、ちょっと違いますね。
          プログラムをフィーチャーした関係からも
          OM-2SP:AE-1P が妥当でしょう。

          >OM-4:T90

          片や手巻きのスポット測光機、
          片やモータードライブ内蔵の8モード機
          カメラの性格がまったく違います。

          >OM707:T80

          これもちょっと違いますね。
          特定の数本のレンズではなく、新レンズ群を率いての
          AFシステムという意味と、アルファ追撃機という位置づけ上、
          OM707:EOS650
          がしっくりきますよ。実力差はさておき。

          >OM2000:T60(輸出用)

          これも苦しいですね。
          OM2000はコシナOEM機で、これが最後のOMというのも
          悲しみを呼びました。

          改めて思ったのが、かっぷり四つの競合になるカメラがあまり無いことです。
          あと、AF化で失敗した後、オリンパスOMとしては焼きお直し機種以外に、
          OEM機のOM2000しかないこと・・・この急制動は、いろいろ憶測を呼びましたね。
          開発現場の混乱、技術遅滞など、真相は闇の中ですが。

            • 匿名
            • 2016年 2月 14日

            OM放置期は隠蔽した損失の穴埋めに忙しかった頃だからね。
            開発現場はいろいろとアイデアは出してたと思うんだ。
            でも上からはあれもダメこれもダメと、そんな事何も知らない社員たちも不思議に感じてただろうね。

            • 匿名
            • 2016年 2月 14日

            ????????
            (02/14 00:13)
            >>OM707:T80
            >これもちょっと違いますね。
            >特定の数本のレンズではなく、新レンズ群を率いての
            >AFシステムという意味と、アルファ追撃機という位置づけ上、
            >OM707:EOS650
            >がしっくりきますよ。実力差はさておき。

            OM707が、「新レンズ群を率いて」の「アルファ追撃機」か?
            ご丁寧に「実力差はさておき。」までつけて。
            何でぜんぜん違うものを並べる?マウント変更の話を塗りつぶしたい?

            必死すぎますね。あ、でも、OM3桁用レンズもわずかながら、ピントリングのないAF専用レンズを作ったから、それでもって
            「OM707:EOS650」を並べた上で「ぜんぜん違いますよ」といいたいわけか。

            恣意性丸出し。そこまでしてT80を隠しておきたいわけだ。

            オリンパスは、「マウント変更してのAF対応銀塩は」「作らなかった」ただそれだけじゃん。(←ムキになって、ここの細かいところを突っ込みます?)
            FD撤退、Tシリーズ撤退とは絶対言わない連中。
            別に、OMに思い入れなんかないけど、ここまで必死で板に張り付いてる人たちが滑稽なだけ。
            >02/14 00:13 夜中に大変ですね。がんばってね。

            >実力差はさておき。
            大笑い。
            >しっくりきますよ。実力差はさておき。

            • M-KEY
            • 2016年 2月 14日

            頑張って調べたというより,抜かりがないように
            オリンパスのHPで機種名と発売年の確認はしました。
            当時の記憶を頼りに比較してみましたが、あくまで
            私の感覚や記憶ですので同意できない部分もあるでしょう。
            でもOM-2は「古典的」なんかじゃありませんよ。
            フィルムの反射光を測り、露光中にも測光可能な
            TTLダイレクト測光は「5モードAE」以上に先進的でした。
            (当時の私は、それに気付かずA-1を選びましたが・・・)
            T60はOM2000と異父兄弟なんですけどねぇ。

            • 匿名
            • 2016年 2月 14日

            OM-2以前とOM-2以後で何が変わったかを知ってる人なんか、こんなところには来ないでしょ。
            OM-2が変えたのは「フラッシュ撮影の自由度」。
            一般の外光撮影のTTLダイレクト測光は、ほかではLXぐらいじゃなかったかな。
            フラッシュTTLオートについては、時間をかけながらも各社がどんどん取り入れたんだよね。
            佐々木 崑がマクロのリングライトのTTLオートを絶賛してた。
            OM-2以前は「フィルムカメラのマクロのフラッシュ撮影」は経験値に負うところ大だったから。

            デジカメにはTTLダイレクト測光は合わないけど。
            TTLダイレクト測光はミノルタが捨て、オリンパスが開花させた技術。

            デジカメ使ってる人には分からないでしょうね。

            というか、何でここで歴史の話をしてるの?
            昔のカメラに敬意を評してるの?ケチ付けてるの?客観的に比較しようとしてるの?

            • ネガティブD800ユーザー
            • 2016年 2月 14日

            まあ人それぞれ考え方があるのは仕方ないけど、

            >OM-2N:A-1

            これは当時の各メーカー内のラインアップ上での立ち位置から言えば妥当な組み合わせだと思う。
            実際最初の1台目にどちらを買うか迷った人は多いはず。

            A-1:電子技術とやたらと多い撮影モード(実態はそれこそ粉飾ものだったけど)をアピールしたアマチュア向け最高級機。
            OM-2:斬新なダイレクト測光と医療関係で実績のあるマクロ撮影アクセサリー、互換性のあるモータードライブ&ワインダーなどシステムとしての完成度をアピールした最高級機。

            そういう意味で「OM-2SP:AE-1P」では格が違うと思う。

            >OM707:T80

            これも前にあった「このままのマウントや規格では未来が無い」ということを決定づけたという点において納得の組み合わせ。

            ま、それぞれの中に自分なりの格付けや組み合わせがあるのだから、お互いに「ふーん、そんな考え方もあるのか」くらいに思っておけばいいのに、いちいち「頑張って調べたのでしょうけど」とか書いちゃうのは大人げないと思ったよ。個人的には。

            • ネガティブD800ユーザー
            • 2016年 2月 14日

            >改めて思ったのが、かっぷり四つの競合になるカメラがあまり無いことです。

            良くも悪くも、それぞれのメーカーが個性的な製品作りをしていたということだよ。

            • 匿名
            • 2016年 2月 14日

            ダイレクト測光自体は良いアイデアなんだけど、
            電池の電圧変動で測光値が変わってしまうという
            致命的な欠陥を抱えていたことはスルーかい?w

            同時期のペンタックスは、ブリッジ回路が入っていて
            電池の電圧が変動しても影響を受けないよう配慮がされている。

            謳い文句は立派なんだが、中身が・・・
            というオリの特徴はこの頃から変わってないな。

            こういう事を知らない人間が増えたことがよく分かる。
            変わらないのはオリの体質のみかw

            • Ken
            • 2016年 2月 14日

            OM-2Nって電圧で(電池が消耗したらってこと?)で測光が変わってしまうんですね。
            初耳ですが勉強になります。(どっちにしろ買わないけど)
            ちなみそれはストロボの電池?本体の電池?
            CanonがなかなかTTLダイレクト測光に行かないのでモヤモヤした年代です。
            基本、M-KEYさんの並びに賛同であう。
            OM-2NとA-1、どっち買おうか迷ったひといると思うけどなあ。
            OM-10はAV-1でしょう。
            あのクラスはEM、X-7、MV-1(ちょっと下かな?)の対決でしたから。
            AE-1はちょっと上の感じがしました。
            (僕の初めてのカメラがAV-1だったのでよく覚えています)
            EMもニコンは値引き率が悪かったので売り値はAE-1クラス?

            OM-4とT90も違う方向向いてたけど同じレベルのユーザーを相手にしてたと思いますよ。
            FAマルチスポットとマルチパターンでよく比べられるFAとおなじく。
            たのしいので時間あるときでいいからニコンやペンタ、ミノルタも並べてください〜!
            ミノルタはかなり特殊だと思いますけど。
            なんせ上にはX-1モーターが鎮座してましたから。。。

            • 古参者
            • 2016年 2月 14日

            銀電池を使えばいい。

            • 匿名
            • 2016年 2月 15日

            >致命的な欠陥を抱えていたことはスルーかい?w
            ソースは?w

            • 匿名
            • 2016年 2月 15日

            A-1とライバル関係にあり、論議を盛り上げたのはミノルタXD。
            絞り優先グループとシャッター優先グループのぶつかり合いに
            終止符を打った二台であり、OM-2は正直議論の外だったよ。
            メーカー内での位置づけや実売価が近かったというのなら分かるが。
            A-1のライバルになり得る機種は、オリンパスには無い。

            • M-KEY
            • 2016年 2月 15日

            当時のカメラ雑誌では「キヤノンA-1 vs ミノルタXD」みたいな論調でしたが、
            実際にカメラを購入する人の中には、A-1とOM-2で悩んだ人は居ました。
            というか、私がそうでした。
            A-1とスペックで比べるならフジAX-5やマミヤZE-Xが近いのですが、
            カメラのイメージという点ではコニカFS-1が最大のライバルかも?
            当時は、カメラのサイクルが今よりずっと長かったので、
            比べる年によってライバル機が違ってきますね。

            • 匿名
            • 2016年 2月 15日

            >A-1とライバル関係にあり、論議を盛り上げたのはミノルタXD。
            >A-1のライバルになり得る機種は、オリンパスには無い。

            ドヤ顔でKY発言ご苦労さま。
            あくまで「オリンパスvsキヤノン」という設定での話だからね。
            多少の無理があるのは承知の上でみんな話してるのよ?

            場の流れをきちんと読もうね。

            • nroff(当時の「カメラカタログ」何冊か持ってます)
            • 2016年 2月 15日

            ここまで話が脱線したので、もうどうでもいいじゃないですか。
            当時を懐かしく思い出しながらみなさんの発言を読んでますよ。

            • ネガティブD800ユーザー
            • 2016年 2月 15日

            ken様やM-KEY氏も書いておられるように、A-1とOM-2で悩んだ人は実際にいたんだよ。

            自分が小学5年生の時、ガンダムの劇場版が放映され一眼レフカメラが男の子の憧れアイテムだった時代だが、同級生が一眼レフを買うのについて行ったことがある。

            その彼はやはりA-1とOM-2で悩んで、結局OM-2のブラックを買っていった。
            当時自分は祖父のお古のアサペンSVを使ってたから、羨ましくて仕方なかった。(父はF2とOM-2だった。)

            ちなみに時が過ぎ、α登場の後でも、別の友人だがT90とOM-4とで悩んだ奴もいた。

            人それぞれの経験や考え方があるとは思うけれど、カタログスペックや雑誌の記事だけで比較して対抗馬になりえないなどというのは、知識だけの頭でっかちに感じます。

          • 匿名
          • 2016年 2月 14日

          >一般の外光撮影のTTLダイレクト測光は、ほかではLXぐらいじゃなかったかな。

          ニコンF3を忘れちゃ駄目でしょ。
          電池が無いと鉄屑だのボロクソ言われたものですが。
          ニコンはボディ測光、ペンタはIDMシステムと呼んでいたが、
          ファインダー交換式に適した測光だった。
          ファインダーを換えても露出に影響しないから。

          そういや、ファインダー交換式の一眼レフを出していないのって、
          大手じゃオリンパスだけなんだね。
          ダイレクト測光を生かしてOM-5くらいまで作れば良かったのに。
          (振り返ってみると、アルファショックが無かったら、
           OMの行く末もかなり違っていたかもね。)

            • 古参者
            • 2016年 2月 15日

            TTLダイレクト調光とボディ測光が混じっているな。
            F3は、定常光ではメインミラーの微細孔を抜けた光を
            サブミラーでミラーボックス下のSPDで測っている。
            スピードライトでのTTL調光は、同じSPDを使い
            フィルム面の反射を測っており、これはF4にも継承されたが
            定常光のマルチパターン測光はファインダーが受け持っている。

            • 匿名
            • 2016年 2月 15日

            ダイレクト測光制御はフィルムによる反射率の差により
            どうしても差が出てしまうと度々指摘され、
            必ずしも全て良い面ばかりでは無かったのも事実です。
            もっとも優れたダイレクト測光はアサペンLXだと思いますが、
            これも同様の問題は抱えていましたからね。
            ダイレクト測光もいまや懐かしい方式ですが、
            それ以前からのアイピース横やペンタ部に測光センサーをおくやり方が
            今でも続いているのは、興味深いものがありますね。

            • 匿名
            • 2016年 2月 15日

            自分もそう記憶してます。F3は通常の撮影では、サブミラーでの測定結果を使った露出制御で、フィルム面での反射を用いたダイレクト測光では無かったはず。

            でさ、人それぞれ記憶違いはあるのはいいとして、
            >ニコンF3を忘れちゃ駄目でしょ。
            いちいちこう突っ込まずにはいられないという性って、何なんだろうね。
            仕事ですか?

            • 匿名
            • 2016年 2月 15日

            >駄目でしょ
            >大手じゃオリンパスだけなんだね

            ここまで必死だと、もう、何というか、、、、
            いや、何も言えない。

            • M-KEY
            • 2016年 2月 15日

            フィルム面の反射で測光するのは、ペンタックスLXの他にミノルタCLEもありました。
            両機とも、シャッター前幕にドットパターンがありフィルムの反射率に近づけていました。
            基本はシャッター前幕の反射で測光いたので、スローシャッターでないと
            フィルム銘柄による反射率の違いの影響はなかったハズです。
            TTL調光では、差が出るでしょうけど、そこまで調光精度があったかどうか・・・

            • 匿名
            • 2016年 2月 15日

            ダイレクト測光は、
            シャッター幕とフィルムの反射率が違うと辻褄が合わなくなるから、
            同調速度を跨いで露出を変えると、
            相反則が崩れすいのですよ。
            シャッター幕の反射率に近いフィルムなら良いですが、
            銘柄により違うのが実情でした。

      • M-KEY
      • 2016年 2月 10日

      マジレスするなら、ここで言う「PEN風」は銀塩ハーフカメラではなく
      E-P1からの一連のシリーズを指していると思います。
      で、E-P1が「PEN」を名乗った点については、
      「非一眼レフのレンズ交換式カメラ」として
      オリジナルのPEN Fを意識していたのは明らかですし、
      当時それは、E-300からの流れもあり、おおむね好感を得ていました。

        • 匿名
        • 2016年 2月 11日

        すいません。
        知らんがな。

          • M-KEY
          • 2016年 2月 13日

          過去の自社製品のイメージを拝借するのは、別に悪くはないと思います。
          カメラのコンセプトから考えれると、MFTの上面がフラットなモデルよりも
          このSHシリーズの方が「PEN」にふさわしいのでは?
          で、1/1.7型センサー機は「TRIP」TGシリーズは「ピカソ」・・・
          さすがに無理がありますね。
          個人的にはEVFレスで25倍ズームというのに引っかかりますし。
          XZの系譜が途切れてしまったのが残念です。

            • 匿名
            • 2016年 2月 15日

            これをそのままPENと言ってくれた方が、
            過去の銀塩PENとイメージがシンクロするわ。
            PEN風などと言わず、現代のPENとして、
            ストレートに言えばよいのにという感じ。

    • 匿名さん
    • 2016年 2月 10日

    こういうズームレンズ固定で、4/3素子タイプのカメラを開発して欲しいです。パナのLX100みたいなのを是非出して欲しい(LX100はゴミ取り機能がなくて悲惨なので)。

      • 匿名
      • 2016年 2月 10日

      ですよねえ。

      てゆうか
      >同社のミラーレスカメラOLYMPUS PENシリーズのデザインを継承し

      そもそもこの記事の文章もおかしい。

      センサーがPENと同じm4/3ならわかるけど、PENの血が1ミリも入ってない、スタイラスシリーズに「継承」て。

      上の匿名さんが言う「こういうズームレンズ固定で、4/3素子」になって初めて使える表現だろうに。

      この場合は「デザインを取り入れ」とか「模したデザイン」くらいが正しい表現だと思う。

        • 匿名
        • 2016年 2月 10日

        宣伝になれば何でもありという感じだよね。
        まあ、マイクロ一眼なんて呼んだ段階で、
        矜持の無さは分かっていたから
        そのころから落ちぶれてたわけだが。

          • 匿名
          • 2016年 2月 13日

          興味深い話がいっぱい出ているけれど、
          80年代、もしもオリンパスが他社並みにAF対応を果たしていたら・・・
          ふと考えてしまった。
          正真正銘の由緒正しいOM-Dが出ていても不思議でないと。
          歴史の転換点て、後から見ると怖いものだね。

            • M-KEY
            • 2016年 2月 13日

            歴史に「もし」はありませんが、
            仮にOMがAF化に成功していたとしても
            そのままデジタル化はしなかったような気がします。

            • 匿名
            • 2016年 2月 13日

            M-KEY氏と同じだが、AF化において一定の成果が出たとしても、OMマウントはデジタルに上手くバトンタッチ出来なかった気がするな。
            マウント引きずってもその後ニコン、キヤノンのような強者連合にはなれなかっただろうし、さりとてミノルタやペンタのような浮き草な生き方もオリには無理だっただろう。
            それでもゴリ押しするしかない状況になってたら、それはそれで今頃はいろんな意味で窮地に立ってる気がする。

            • 匿名
            • 2016年 2月 13日

            上手く行かなかったかなぁ・・・
            そんなにOMシステムって素性が悪かったのかな?
            そこまでダメなメーカーじゃないと信じたいが、
            ここ読んでると、どうも・・・

            • 匿名
            • 2016年 2月 13日

            ここは悲観論者の爺の多いところだから半値八掛けで聞いておくべき。

            • M-KEY
            • 2016年 2月 14日

            オリンパスの技術者は真面目でセンサのサイズが
            長辺を1インチ以下にしないとダメとなった時に
            換算1.5倍でなく、計算しやすい2倍を選んだくらいですから、
            OMのままでデジタル化するなら35mmフルに固執したでしょう。
            35mmより小さいセンサーサイズを選んだ次点で
            そのサイズに応じた新しいマウントにしたと思います。

            • 匿名
            • 2016年 2月 14日

            ソニー・パナソニックをdisるわけではないが、原理原則からスタートしようとする光学メーカーとその時の状況にあわせて対応しようとする家電メーカーの違いってものが見える気がしますね。

            • 匿名
            • 2016年 2月 14日

            >オリンパスの技術者は真面目でセンサのサイズが
            >長辺を1インチ以下にしないとダメとなった時に
            >換算1.5倍でなく、計算しやすい2倍を選んだくらいですから、

            そんな「幼稚な理由」なのか?
            換算1.5倍で計算がしにくいというのも 頭悪すぎるようだが。。。

            • 匿名
            • 2016年 2月 14日

            比較の問題で言えば、1.5倍換算より2倍換算の方が簡単なのは自明じゃないのか?
            一体何を気にしてるんだ?
            何をそんなにいらついてるんだ?
            大丈夫か?
            >幼稚
            >頭悪すぎ

            • 匿名
            • 2016年 2月 14日

            >換算1.5倍で計算がしにくいというのも 頭悪すぎるようだが。。。
            確かに1.5倍より2倍のほうが換算自体はしやすい。
            ニコワンの2.7倍は・・・勘弁してくれ。

            • 匿名
            • 2016年 2月 14日

            レンズ群を一新してAFシステムを揃えたのがミノルタα7000で、
            それまでシェア一桁だったミノルタの逆転ホームランだった。
            カメラ業界を震撼させた大ヒットとなり、各社α追撃を急ぐことになった。
            ミノルタ同様にマウントを換えたのがキヤノン。
            元々限界と言われていたFDマウントだけに、T80での大失敗が契機にもなり
            完全電子マウントとしαと違うレンズ内モーター、電磁絞りを備えて
            αシリーズに対抗すべくEOSへ舵を切った。

            一方で、従来マウントのままAF化をしたのが、ニコン、ペンタ、オリンパ。
            ニコンもペンタも従来との互換性を重視し、新旧混在させての使用も可能に
            なっていた。
            ところがオリンパは、従来ボディでAFレンズが使えないわ、嵌め殺しになるわで、
            慌てて作られたのが見え見えな出来で(たしかに登場は早かったが)、
            αの牙城を崩すどころか、オリンパユーザーにすら唖然とされたもの。
            こんなことなら、新マウントでも良かったと思ったものさ。
            個人的にはOMマウントの素性は、そこまで悪くないと考える。

            • 匿名
            • 2016年 2月 14日

            素朴な疑問だが、換算1.6倍があまり問題視されないのは何故だろう?
            大半はキットレンズで終了、換算の面倒な人はフルサイズを買ってね、という構図なのかなぁ。
            まさかキヤノン様に疑問を抱いてはならないという宗教的理由じゃないよね。

            • 匿名
            • 2016年 2月 15日

            そうですね!
            AF化で失敗していなければ、
            OMはそのまま生き延びて、
            他社と対等にやれてたと思います。
            技術的にも、そんなに他社より劣るとは
            見えないし、
            経営や企画など会社の問題に足を引っ張られたのなら残念過ぎます。。。

          • 匿名
          • 2016年 2月 13日

          廃止に追い込まれた名前でも、
          時間が経てば再利用できる、
          という商売手法を編み出したわけだ。
          オリンパスあっぱれ。

            • ネガティブD800ユーザー
            • 2016年 2月 13日

            まあ、ヤシカコンタックスという偉大な先駆者もいるからねえ。

            車業界だと日産のスカイラインやトヨタのハチロク、三菱のRVRとかも元ネタ無視の名前だけのモデルだね。

        • 匿名
        • 2016年 2月 10日

        言いたくはないが、
        やはり粉飾の土壌のある会社なんだな。
        染み付いた癖はなかなか治らないもの。

          • 匿名
          • 2016年 2月 10日

          >言いたくはないが、
          >やはり粉飾の土壌のある会社なんだな。
          嘘つけ。いつもそればっかり書き込みに来てるんだろ?

          • 匿名
          • 2016年 2月 11日

          粉飾事件のことはともかく、 銀塩OMとかxDピクチャーカード、フォーサーズの経緯を横目で見てると、ハッタリかましてその場を凌ぎ、都合が悪くなれば簡単にとんずら・・・といったような朝令暮改な土壌はありそうですね。

            • 匿名
            • 2016年 2月 11日

            確かにそうですね。
            強気な事を言う割には、結局廃止に至るパターンが目立ちます。
            OMを廃止して、新たにデジタル時代に適合させたと豪語していた4/3の
            Eシリーズが10年持たずに終焉を迎えたのにはホント驚いたものです。
            さらに従来OMと全く関連のないm4/3機にOMと名付けたこと。
            正気か?と思ったものです。
            この変わり身というかいい加減さも、どうやらオリの土壌にありそうですね。

            • 古参者
            • 2016年 2月 11日

            Xdカードはフジにも責任があるよ。
            銀塩OMも相当頑張った、あれはAF化に失敗しただけ。
            フォーサーズだって先に捨てたのはパナの方だ。
            みんな、そんなにオリンパスに玉砕して欲しいのか?

            • 匿名
            • 2016年 2月 12日

            OM707のミステイクが響いたわな。
            しかも挽回の努力も見られず、
            後継AF機が出ることはなかった。
            で、あっさりレンズ一体式一眼レフの
            Lシリーズにシフトしてしまった。
            上手く行かないと、簡単にとんずらする癖は、
            この時代から発症していたわけ。
            企業体質って、変わらないもんだな。

            • M-KEY
            • 2016年 2月 12日

            >都合が悪くなれば簡単にとんずら・・・
            営利企業である以上、売れないモノは廃止するのは仕方ないでしょう。
            1973年のOM-1発売から、30年でOMを廃止しましたが、
            OM707(1986年)の失敗からは15年以上我慢していますし
            フォーサーズだって、比較的上手くMFTにシフト出来ているのでは?
            xDピクチャーカードも出た段階で終わっていたのに随分と引っ張ったし
            もっと言えば,儲けないカメラ事業を未だに継続していますし
            マイクロカセットのパールコーダーも21世紀まで売っていました。
            むしろ「往生際が悪い」印象の方が強いです。

            • 匿名
            • 2016年 2月 12日

            前半15年は良かったが、後半15年は開店休業状態の
            酷いものだったんだぜ?
            他社に対抗出来るようなAF一眼は、
            オリンパスには作れないんだと、
            どん底に落とされた気分だったよ。
            オリンパスなんか選ぶからそうなるんだよ、
            と周囲にバカにもされるし
            オリンパスのへたれぶりは情けない限りだった。

            • 匿名
            • 2016年 2月 12日

            京セラ信じた奴はじゃぁどうすんだよと

            • 匿名
            • 2016年 2月 12日

            京セラは何台かAF機を出して、頑張っていたし、
            MFのコンタックスは進化を続けたからな。
            オリンパスと比べちゃ京セラに失礼。

            • 匿名
            • 2016年 2月 12日

            >京セラは何台かAF機を出して、頑張っていたし、
            >MFのコンタックスは進化を続けたからな。
            >オリンパスと比べちゃ京セラに失礼。

            そうか?
            OMシステムは変なAF化のまま突き進まず、あそこで終わってくれて逆によかったのではないだろうか。
            Nシステムに移行してフィルムでボディ2台、デジタルに至っては1台で終了。
            信じてついていったユーザーはそこで終わり。
            オリンパスはデジタル化以降はフォーサーズ、その後マイクロフォーサーズでもフォーサーズのレンズは一応使えるし、既に8年の歴史を積み、いろいろ批判されてもいまだ新製品は出続けている。賛同メーカーも(中国ということはあるが)徐々に増えてきているという現状において、そんなに責められなければならない?
            失礼ながらあなたの書き込みは、どうもオリンパスという会社を不当に貶めたいだけにしか見えないのだが。

            • 古参者
            • 2016年 2月 12日

            OMの開店休業はニコンのMFみたいなもので
            ニコンなら褒められるのにオリンパスだと責められる。
            京セラもNやらGやら645と大風呂敷を拡げての撤退で
            おいてけぼりになった被害者は多いぞ。

            • 匿名
            • 2016年 2月 12日

            難民を作り出すことにかけては、
            他の追随をゆるさないオリンパ(笑)

            • 匿名
            • 2016年 2月 12日

            自分はOM使いじゃなかったですが、
            兄貴がOM2sp使いで、
            AF化で失敗してからというもの、
            OM全体が放置プレーされたのには、
            かなり落胆してましたよ。

            AF機では失敗してもMFなら、
            OM5、OM50と続けられたと思いますが、
            それもやらかったのは謎ですね。

            一度そういうことをやると、
            当事者の方にとっては強烈な印象として
            残留してしまうのではないでしょうか。

            だから同じような撤退や放置が繰り返さろると、
            当時の記憶が簡単に蘇ってしまうんだと想像します。

            • 匿名
            • 2016年 2月 12日

            OM-2SP,OM-3,OM-4で攻めてた頃のオリンパスを見てたから、AF時代も(出遅れた分)何か凄いものを期待してしまったんだな。
            だが、件の粉飾事件も今思えばその後のバブル崩壊で出した損失の隠蔽がそこから常態化してしまったという流れがあっての話みたいだから、一眼レフAF化失敗後のあたりと重なる。
            当時のユーザー放置のありさまは、やはり開発部門にもそういったネガティブな影響が及んでいたのだろうと考えてしまうよね。

            • 古参者
            • 2016年 2月 12日

            OM707のAFはF501よりは出来が良かったが必要以上の自動化で、
            従来のMFレンズと事実上は互換性が無いという部分が問題だった。
            OM707の不人気よりもハネウエル訴訟が影響してのAF撤退だが
            世に出てしまったAFレンズ救済の為にOM101を出すなど
            トンズラどころか、むしろケアは厚いと言える。

            • 匿名
            • 2016年 2月 12日

            ハネウェル問題なんて90年代の話だろ。
            それ以前にギブアップしてしまったのさオリは。
            501より優れたAF機だったなら、
            諦める必要などどこにも無かったろ。

            話がめちゃくちゃだぞ、おまえさん。
            都合よく、時代を入れ替えるな。

            • 匿名
            • 2016年 2月 12日

            >OMの開店休業はニコンのMFみたいなもので

            どこをどう見たらそうなるの?
            OMシステム丸ごと放置したオリンパスと、
            着実にAFシステムを進化させ、MFにも配慮したレンズを準備していたニコン。

            >OM707のAFはF501よりは出来が良かったが必要以上の自動化で、

            それは初耳だし、自動化しすぎたなら次作で直せば良いだけだろ?
            低迷していたミノルタが、αで起死回生のトップ奪取が成し得た時代。
            オリンパスにだけチャンスが無かったとでも言うのか?

            >従来のMFレンズと事実上は互換性が無いという部分が問題だった。

            違うよ。AFレンズを従来ボディに付けると外せなくなってしまう、
            という致命的なミスが最大の問題だったのだよ。

            >OM707の不人気よりもハネウエル訴訟が影響してのAF撤退だが

            君の頭の中で勝手に夢見るのは自由だけど、捏造しちゃいかんよ。

            あまりのメチャクチャ加減に黙っておれなかったわ。

            • 匿名
            • 2016年 2月 12日

            正直昔オリンパスがOMシステムを放置したとか、今のミラーレスにOM-DとかPENという名前をつけるのがいかがなものか、とかどうでもいいわ、そんなの。
            今のカメラがよければ使えばいいし、イヤなら使うな。

            • M-KEY
            • 2016年 2月 13日

            フォーカスエイドのOM-30をそのままAF化せずに、
            何故中途半端なマウント変更でOM707を出し、
            次機種では、パワーフォーカスのという謎のOM101なのか?
            気になったので調べてみました。
            OM-30やOM707のフォーカスセンサーはハネウエル製ですね。
            たしかに訴訟が決着して各社が賠償金を払ったのは1990年代ですが
            訴訟そのものは1987年に起こしており、その影響でオリンパスが
            フォーカスセンサーを調達できなくなった可能性はあります。
            オリンパスとしては、OM707以降もAF一眼レフを出すつもりだったが
            フォーカスセンサーが入手できないので、仕方なくパワーフォーカスの
            OM101を出したが、そこでOMのAF化を諦めたとすると納得です。
            そうしてOMのAFは終わった訳ですが、1990年代前半は
            まだAF一眼レフが主流ではなく、オリンパスのAF一眼レフからの撤退は、
            それほど問題視されませんでした。
            その後、レンズ一体型のLシリーズに舵を切って、それがE-10/20を経て
            フォーサーズにつながっていく訳です。
            で、ハネウエルセンサーを使った機種にニコンF501がありますが
            そのAFはα7000と比べると、見劣りするモノだったので
            OM707の方がAF性能が上だったとしても驚きません。
            (そういう証言はネット上にいくつかあります)

            2002年にOMシステムの廃止が正式に発表されましたが、
            徐々にフェードアウトしての廃止ですし、
            一応は純正のマウントアダブターで受け皿は用意されていました。
            でもヤシコンはメーカーの撤退で、そのタイミングはGやN、645など
            ラインナップが拡大していく中での寝耳に水で、難民の数はともかく
            一人当たりの被害額はOMと比較にならないくらい多いでしょう。

            • 匿名
            • 2016年 2月 13日

            ハネウェル問題ってのは、ほとんどαがやり玉に挙げられて進んだもので、
            その他のメーカーは、後から芋づる式についてきたもの。
            そんな中、なぜオリンパスだけが断念せざるを得なかったの?
            チン説もほどほどにせい!

            >OM707以降もAF一眼レフを出すつもりだったがフォーカスセンサーが入手できないので

            他社だって同様だったのではないの?
            独自センサーだったキヤノン以外、例えばニコンやペンタは
            じゃあどうやってセンサーを入手したんだ?
            どうしてオリンパスには出来なかった?

            >オリンパスのAF一眼レフからの撤退は、それほど問題視されませんでした。

            ユーザー自身にとっては、まさかの梯子外しだったし、
            誌上だってOM101の謎みたいな記事があったろ。
            そして従来ユーザーの多くは、まだOM-5とか従来路線で続いていくものと
            思っていたのも事実。
            ところが放置プレーに走った。
            これを問題視しなくて済むのは当時を知らない若造か、
            オリンパスに最初から期待なんてしていないにわか。

            >1990年代前半は
            >まだAF一眼レフが主流ではなく

            いえいえ。もうカメラ売り場はAF機がメインだったが?
            いい加減なことばかり書くなってほんと。
            αに関しては、もう第三世代に入っていたころだぜ?
            時代感覚が滅茶苦茶。

            • 匿名
            • 2016年 2月 13日

            何でずっとけんか腰なんだろうか?

            擁護するわけじゃないが、M-KEYの話の方が具体例もあってわかりやすいけどね。

            • 匿名
            • 2016年 2月 13日

            私は昔の話は知りませんが、
            E-7を待っていたので、
            出す出す詐欺に遭ったような気にはなりましたね。
            さんざん匂わせて、最後には統合ですから。。。
            ここで、昔からそういう土壌があったのを知り、
            仕方ないのかな…という気になりました。
            時代は繰り返す、ですから。

            • M-KEY
            • 2016年 2月 13日

            >なぜオリンパスだけが断念せざるを得なかったの?

            OM707、そしてOM101が売れなかったからでしょう。
            当時のオリンパスの開発陣は、AF機と3ケタナンバーにした点と
            AF(PF)レンズ群にZUIKO銘を入れなかった点AF機をMF機よりも
            下に見ていたフシがあります。
            もちろん、他社と同様に自前のフォーカスセンサーの開発は
            していたでしょうが、OM101のタイミングには間に合わず
            当時はまだ発展途上でフォーカシングリングさえないどころか
            地獄嵌めになるAFレンズシステムをリニューアルするよりも
            レンズ一体型とした方が合理的だと判断したと想像します。

            1990年代前半、たしかに新製品の品数ではAF一眼レフが多かったですが
            実際には、まだまだAFに絶対的な信頼をおいている人は少数派で
            キヤノン(New)F-1やニコンF3が販売されていました。
            (今のミラーレス機に似たような状態?)
            AFがプロの間で本格的に使われるようになるのはEOS-1NやF5からで
            入れ替わるように販売終了したNewFDシステムは騒ぎになりました。

            OM視点では「放置」ですが、限られたリソースをレンズ一体型や
            デジタルカメラに振った当時のオリンパスの判断は正しかったと思います。
            デジタルカメラ黎明期にリーディングになり(これがxDに繋がるわけですが)
            現時点でカメラ事業から撤退せずに続けられている点でも明らかでしょう。

          • 匿名
          • 2016年 2月 12日

          会社を正そうとすると社長ですら追いやられるブラックぶりですから。

          • たで
          • 2016年 2月 12日

          いや、まぁ、どうしても、これをいい続けたいんだろうから、ま、頑張ってね。

          OM使っていたし、自分も恨みを抱えそうなものなのに、全然そう思わない (笑)
          放置で悔しいとも思わなかった。自分が100%機材を使い倒して不満を持つなら
          恨みもあり得ただろうけど、MFで事足りたし嫉妬するほどのAF性能じゃなかった。
          今でもM-1とOM-3 持ってるよ。L-3も持ってたりする。よく写るいいカメラだよ。

          で、何故、あまり感じないのか考えてみた。要するに、自分の仕事に使えるカメラ
          を求めていて、当時のだって銀塩で頑張れるだけ頑張ってからニコンDを買い足した。
          今だってOMの名前に惹かれて使っているんじゃなく、使えるからOM-Dを使ってる。

          正直、名前だとかフォーマットだけで蔑む人は損するよね、心が自由になれない分。
          まぁ、強く生きてください。

      • 匿名
      • 2016年 2月 13日

      やって欲しいことは、みんなパナソニックが先行しちゃうんだよね。
      マイクロ4/3自体もそうだが。

        • 匿名
        • 2016年 2月 14日

        M4/3規格もパナ先行でしたから、確かにそうかも知れません。
        もともとカメラ屋でないパナの方が、自由に企画できる風土があり、
        それがM4/3、GMシリーズ、LX100などに繋がっている気がしますね。
        昔の名前を再登板させる商法に熱心な今のオリですが、
        そろそろ新機軸を見せて欲しいですね。

    • 匿名
    • 2016年 2月 12日

    過去のあれこれでオリンパスが嫌いなのは別にいいと思うが、事ある度にネガチャンで粘着してるのみると
    気持ち悪いなと思う。
    昔の事で今も駄目なら今後も嫌いなままなんだからほっとけばいいのにストーカーとかわらんね。

      • 匿名
      • 2016年 2月 12日

      「ベ、別にオリンパスなんて好きじゃないんだからねっ!」
      というツンデレの、さらに歪んだ愛情表現ではなかろうか。

        • 匿名
        • 2016年 2月 12日

        ツンデレというか既にヤンデレだね。
        しかもデレない。

      • 匿名
      • 2016年 2月 13日

      廃止されたり黒歴史ですら美化する技法は、
      オリンパスの独壇場ですわ。
      節操なしとも言う。

      ただ、潰れない為には
      仕方ない事情があったんだろうて。

    • nroff(元OM-3ユーザー OM-2SPやOM-1も)
    • 2016年 2月 12日

    わたしも初めての一眼レフがOM-1だったので、ここで嘆いているみなさんの気持ちはわかるつもりです。
    デジタルのPENやOM-Dが初めて出た時もすごくイヤでしたが、最近はさほどそのように感じなくなりました。
    なんだかんだで最新機はたいへんこなれており(特にE-M5m2)、普通に気になる機種になったのが理由です。
    小型センサーのシステムカメラとして実用的なので「当時は当時、今は今」と捉えています。

    • 古参者
    • 2016年 2月 13日

    SH-3についてのコメントが、ほとんど無い。
    ま、今更1/2.3型機なんて話題にもならない。
    この系統よりも1/1.7型の方を残すべきなんじゃないかな?

      • 匿名
      • 2016年 2月 13日

      1/1.7型はどこも1インチにシフトするか消滅してるから作りようがないのかと。
      ここでは興味のない人がほとんどだろうけど、安いコンデジはそれなりの需要はあるようだし安い便利ズーム系とかタフみたいなのが残ってるんだろうね。
      10万近い高級路線に手を出せるかと言えば微妙。

      個人的にはLX100みたいなm43の一体型が出れば欲しいけど。

        • 古参者
        • 2016年 2月 13日

        スタイラス1sがあるから1/1.7型センサーの調達が問題とは思えないが、
        1型だとオリンパスのブランドで売るには高価になり過ぎかと?

    • 匿名
    • 2016年 2月 13日

    スタイラス1sが売れまくってるならともかく、既に一年経過して新規に調達してるかは怪しいと思うが。
    スタイラス1s自体1の在庫調整みたいな感じだったし。

    • M-KEY
    • 2016年 2月 13日

    たしかオリンパスは「ラインナップを整理して高付加価値商材に絞る」と発表しており、
    それなら、1/1.7型のXZ-◯を1型化していても、タイミング的にはおかしくないんですが、
    現実にはXZ−10を高倍率化してPENテイストにしたSHにシフトしていますね。
    TG-870なんて21-105mm相当と魅力的で、この画角レンジで1/1.7型以上の防水機なんて
    欲しがっている人は多そうなのに、いつまで経っても1/2.3型しか作らない・・・

    • 175でした
    • 2016年 2月 14日

    スレが健全に伸びるのは良いことですね。
    何処かの、金貰ってそうなブログとは大違いです。

    • 匿名
    • 2016年 2月 15日

    ネガティブD800ユーザー :
    ken様やM-KEY氏も書いておられるように、A-1とOM-2で悩んだ人は実際にいたんだよ。

    自分もXD、A-1、OM2で悩んだクチ
    この3台はガチだった。
    OM2はちょっと毛色が違ってたが、ライバルだったのは間違いない

      • 匿名
      • 2016年 2月 16日

      必死すぎると逆効果ですぜ(笑い)

        • 匿名
        • 2016年 2月 16日

        ブーメラン。w

        涙拭けよ。w

      • 匿名
      • 2016年 2月 16日

      頓珍漢な比較をしていたボクチンの思い出、
      恥ずかしがらずに披露ご苦労様。
      もっとやれw

        • Ken
        • 2016年 2月 17日

        この時代のカメラには今のデジタルにはない魅力がありました。
        せっせとカタログを集めワクワクしながら悩んだ思い出はある意味宝です。
        笑うんなら笑えや!
        単なる貧乏な時代のノスタルジーかも知れませんけど。

          • 匿名
          • 2016年 2月 17日

          センサーも安くなってきたし無線技術も成熟してる、スマホ連携も当たり前の今こそフィルム型センサーで古いカメラの復活を!
          なんてね。

          • ネガティブD800ユーザー
          • 2016年 2月 17日

          >ken様

          コニカFS-1のカタログとは別の、ほとんど単体の雑誌として成立するかのような、インベーダーゲームの開発者の話とかブリキのおもちゃとかの読み物のついでみたいにFS-1の昨日紹介が載ってた小冊子があったのですが、今思えばとても文化的で、保存しておくべきでした。

          オリンパスのマクロアクセサリーカタログ、実際の医療現場の写真で構成され、手術中の眼球のドアップ写真に「うおお、さすがオリンパスだ!やっぱ細かいものを撮るならオリンパスなのか?!」などと興奮したものです。

          近所のうどん屋さんで「ピンボケ写太」という漫画と出会い、主人公が使っていたのがOM-2だったこともあり、父や友人がOM-2を買った時には心底羨んだものでした。

          その後今度はガンプラブームの盛り上げ役となったコミックボンボンに連載された「シャッター№1」という漫画では、主人公とそのライバルが自分と同じ小学生。
          主人公がお小遣いやお年玉を貯めて買ったA-1で、ライバルのカメラは最新鋭のミノルタX-700。
          スキー場でモータードライブをつけたX-700のシャッターを切りながら滑り降りてくるシーンにグワシと心を掴まれ、またカタログの稲妻が走る写真にも痺れたものでした。

          キヤノンのT50だか70のカタログでは著名なカメラマンを起用し、モデルの女の子とデートしながらポートレートを撮る、という体でのストーリー仕立ての構成で、最後の方では風で女の子のスカートが捲れ上がるショットで、ドキドキしたものでした。
          その写真に「その夜、僕は彼女に何もしなかった。本当だよ。」というようなキャプションがついていたのが印象的。
          今だったら考えられない、しかしそれまでの電子技術を売りにしたカタイ内容のカタログだったキヤノンの「新しいカメラを売ってやろう」という意気込みを感じられる、冒険的なカタログでした。

          そしてその後、αショック到来…。

          今はもうカメラに対する考え方が変わってしまったせいか、あの頃のようにカタログを見てドキドキワクワクどころか、カタログ自体に興味が湧きません。

          でも、あんな少年時代を過ごせてよかった、と思っています。

          現代のオトコノコ達は、もうあんなふうに買えもしないカメラや腕時計、デコトラみたいな電気ピカピカの自転車やスポーツカーのカタログを集めて妄想の翼を羽ばたかせる、なんてことはしないんだろうなあ。

            • 匿名
            • 2016年 2月 17日

            今の子も変わらないですよ。
            カタログがネットに変わったくらいで。

            昔は~今の若い人は って考えは良くないですね。

            • ネガティブD800ユーザー
            • 2016年 2月 17日

            そうですか、ありがとう。

            自分の子供は女の子なので、イマイチ今時の男の子のことがわからなくて。

            ところで語句修正。

            X:FS-1の昨日紹介
            ○:FS-1の機能紹介

            他人様の文章でもよく見る変換ミスだけど、自分がやってしまうと恥ずかしい!

            • 匿名
            • 2016年 2月 17日

            盛り上がってるところすみませんが
            >ピンボケ写太
            検索してみたら「ビッグ錠」先生なんですね
            色んな意味で面白そう

            • nroff
            • 2016年 2月 17日

            え!! 同じ値段でフルサイズを!?

            • ネガティブD800ユーザー
            • 2016年 2月 17日

            >nroffさん

            できらぁ!

            とはさすがにいかないか…。(笑)

            >その上の匿名さん

            先生独特のケレン味バッチリですが、意外と(?)カメラや写真に関してはきちんと描かれていて、現在でも通じるところがあると思いますよ。
            ブックオフなどで見つけるのはこんなんでしょうが、古い漫画を置いているマンガ喫茶ならあるかも?

            自分は電子版を買いました。

            • Ken
            • 2016年 2月 17日

            ネガティブさん
            FS-1の小冊子カタログ、僕も持ってました。
            ラジコン撮影の活用方法とか書いてなかったですか?
            『ホットドックプレス』みたいな感じだったような。。。
            当時『ホット〜』は読んでませんので断定はできませんが。。。
            西友で10円で売ってた『〇〇面白マガジン』と同じ匂いがしました。
            (10円だけどフリーペーパーのさきがけ?)
            ちなみFS-1は『シャッターシャワー』の主人公が使ってましたね。
            プロは使わんだろう!とツッコミましたが機材偏重主義だった自分が恥ずかしい。
            『ピンボケ写太』はジャンプで読んでましたが機材名は後で知りました。
            ゴーストカメラマンのマシンガンモードラはなんだったのでしょう。
            ピッカリコニカの日中シンクロも作中に出てましたね。
            何もかも懐かしい。。。

            当時のカタログはやっぱり今のネット情報とは違うと思いますよ。
            新宿行くたびに新しいカタログに胸ときめかして抱えて帰る気持ちは
            ワンクリックでスペックを比較して
            パソコン上で作例を拡大して隅っこの画質をあーだこうだとは違うワクワクだと思います。(新しい楽しみ方なのでそっちを否定はしませんが)

            • ネガティブD800ユーザー
            • 2016年 2月 18日

            >ken様

            そうそう、多分同じものを想像しておられると思います。
            よかった、わかる人がいてくれた!(笑)

            ピンボケ写太は今読んでも示唆に富んでいると思います。

            「AEで誰でも簡単に撮れるようになった」
            「今じゃプロとアマチュアとで使うカメラはそれほど変わらない」
            などとモブが言う場面がありますが、現実世界で後にAEがAFに入れ替わっても同じことが言われましたし、デジタルに入れ替わってもやはり同じことが言われました。

            カメラファイトの練習の際に編み出した「ピントストッパー」はAFレンズのフォーカスリミッターに通じるものがありますし、被写体となるキジの生態を調べるなど日中シンクロに至る過程もしっかり描かれていて、「撮る前に被写体のことをよく知っておく」ことの大切さ、「撮る前から勝負は始まっていて、己の技術に自惚れたプロが素人に負ける」ことに説得力を持たせていました。

            ライバルの青年カメラマンのおじいさん(YAWARAのジゴロウ先生みたいな人)の
            「三流のプロがゴロゴロしている時代じゃ、一流の素人に負けることもあろうて」
            というようなセリフは、今でも自分の胸に刻まれています。

            「シャッターシャワー」は…すみません、読んだことがありません。(笑)

    • 虫撮り
    • 2016年 2月 16日

    スレチガイだが、小型センサーは作り続けてもらわないと困る
    TG-4後継が1インチだのになったら、ほんとに困る
    ボケないから使い出があるのに…
    ここでも、デジカメInfoでもセンサー大きく白みたいな意見が多くて悲しい

      • nroff
      • 2016年 2月 16日

      > 小型センサーは作り続けてもらわないと困る

      同意します。
      既存の豆粒センサー機、1/1.7とか1/2.3(1/2.4)とかの高性能版を開発し続けてくれるとうれしい
      (1/2.3センサー機で一番高画質なのはどれだろう)。

      > スレチガイだが、

      オリの防水カメラのスレと間違えた?

      • 古参者
      • 2016年 2月 16日

      センサーが小さい方が近接撮影に強く被写界深度も深いが、
      画質との兼ね合いなら1/1.7型がベストバランスだろう。
      もちろん、安価、高倍率ズームが小型軽量など1/2.3型の
      メリットは認めるが、各社の防水モデルが1/2.3型横並では
      選択肢としてはつまらないし、オリンパスの宣言した
      高付加価値にシフトとも矛盾している。

        • 匿名
        • 2016年 2月 16日

        画質は価値の一要素に過ぎないと思うが

        • 匿名
        • 2016年 2月 16日

        安く作って高く売る、これを成立させたのがメーカーの本音。
        高付加価値とか言っても、メーカーの言うことが本当にそうだとは限らないので、
        その辺は差し引いて聞いておくべきでしょう。
        株主向けのリップサービスもありますから。
        目指すこと、結果的にそうならなかったことが必ず一致せずとも
        姿勢を示すことが必要なこともありますからね。
        特に赤字続きだったオリンパスとしては、そういう側面も考慮しないと
        真意は読めないことが多いのです。

          • M-KEY
          • 2016年 2月 17日

          オリンパスの発表を見ると

          2012年頃は
          「光学技術を前面に押し出した製品展開が可能な高価格帯コンパクトへ資源集中していく」
          となっていますが,2015年は
          「市場縮小の続くコンパクトカメラから収益性の高いミラーレス一眼へのシフトを加速する」
          となっており、積極的にレンズ一体型を売る気はなくなったようです。

            • 匿名
            • 2016年 2月 17日

            広報発表をバカ正直に信じてどないするねん。
            利益になる方向に行くだけのことで、
            他社に置き換えても同じじゃろ。

            • 匿名
            • 2016年 2月 17日

            >広報発表をバカ正直に信じてどないするねん

            それは消費者を煙に巻くパターンが多い広告と間違えてませんかね?
            広報発表は株主やメディアも見てますから、一般論としては正直に信じてよいと思いますが。

            • 匿名
            • 2016年 2月 17日

            発表と違うとクレームつける人予備群。

          • 匿名
          • 2016年 2月 17日

          採算部門に絞り、○○にリソース集中することで効率化し、
          来期こそ黒字化を達成します!

          なんてフレーズ、
          まともに信じる人いるんですかね?
          信じるのは自由ですが。

      • 匿名
      • 2016年 2月 17日

      森山大道は1/2.3のNikonのS9000のシリーズ愛用らしいしね。

コメントは利用できません。

15m防水の「OLYMPUS STYLUS TG-870 Tough」(デジカメWatch)

蘇る伝説のロシアレンズ…Lomography「New Jupiter-3+」(デジカメWatch)

最近のコメント

アーカイブ