デジタルカメラ情報サイト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

キヤノン「EF35mm F1.4L II」、新技術を凝縮した5000万画素時代の高画質レンズ(日経トレンディネット)

【鹿野貴司の「実写で味わう最新レンズ】
5060万画素センサーに繊細で緻密な像を結ぶ光学系
常用レンズだからこそ最高のぜいたくを!?

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (17)

    • 匿名
    • 2016年 2月 10日

    実戦投入してしばらく経つが、性能には文句はない。新しいEFの完成度を感じさせられた。
    フードを接地させ自立可能。フード先端が直線でカット。便利になったがそのぶん短くなった。それでも内面反射の少なさは、旧機種より上。ロック機構が装備され、ハードな現場でズレることを心配することはなくなった。
    軸上色収差だが完全除去とは言えなく、それなりに残存する。とはいえ旧機種とは別次元で補正されている。開放からフレアが極めて少なく局所コントラストが高い。従来の大口径レンズが創ってきた、画質のためなら絞り込む必要があるということは皆無で、開放でじゅうぶんに実用となることが最大の魅力。
    5DsRユーザーなら買い換え買い足しの検討になるが、他機種ユーザーなら、シグマがコストパフォーマンスにすぐれ、タムロンは手振れ補正がISO感度を下げてくれる。実売価格が高すぎることが最大かつ唯一の欠点。
    例えるなら、オーディオケーブルは、銅の純度がごく僅かに高いことで価格が跳ね上がる。そしてその違いを実感し購入に至るまでのユーザーは、その不純物より少ないだろう。

      • 匿名
      • 2016年 2月 10日

      >その不純物より少ないだろう。

      その表現の上手さに惚れた

    • 匿名
    • 2016年 2月 10日

    オーディオケーブルはその素材純度に応じて音は変わるでしょう、それは事実。でも、人間の耳にはその違いはまず感知できないでしょうね。プラセボですよ。

      • 匿名
      • 2016年 2月 10日

      ヘッドホンケーブル(with HD-598)で自分が試した範囲では、明らかに音の分解能が劣化するケーブルがあったり、微かに低域が純正よりパワフルになりつつ中高域の繊細さは維持したケーブルがあったりと、人間の耳でも充分に違いを聞き分ける事が出来て楽しかったです。
      まぁ、明らかに音質劣化した奴に限るとインピーダンス不整合の可能性もありますが、リケーブルの全てをプラシーボと一蹴するのは視野が狭いですよ。

        • 匿名
        • 2016年 2月 10日

        偽薬(プラセボ、プラシーボ)効果を誤解してませんか。
        偽薬ですら薬の効果があるという話なんですから、
        もし偽薬効果だとしても、実際に違って聞こえるんですよ。
        ところが測定してみると明確な差は見られない、という可能性があるわけです。
        本当のところは実際にきちんとした測定をしてみないとわからないのですよ。

          • 匿名
          • 2016年 2月 10日

          > 偽薬(プラセボ、プラシーボ)効果を誤解してませんか。
          誤解してませんよ
          リケーブル実験の際、ヘッドホン側とアンプ側のコネクタを大量に購入し、値段とか気にせず手持ちのケーブルをかき集めて両端にコネクタをハンダ付けして試聴しまくった結果であり、太さも長さも違うのに聴感上では純正品と違いがわからないケーブルも実際にありました。
          ケーブルを替えたから音が変わるはず、などという先入観はないつもりです。

            • 匿名
            • 2016年 2月 10日

            であるならば、選定過程に問題はないとしてもおそらく差し支えないでしょうね。
            ただしその選定によって理想の音ではなくて、より自分好みの音に近づけられたということですが。

            そして趣味の分野ではいかに自分の好みに近づけるのかが最も重要であって、尊重されるべきだと思います。

        • 匿名
        • 2016年 2月 13日

        ケーブルで音が変わるのは確かで、耳でもわかることがある。ただし価格には全く比例しないし、周辺機器のセッティングによっても評価が変わり、一般性や再現性がない。写真の等倍比較みたいなこともできないので優劣ははっきりしない。ハイエンドケーブルはそこを狙った商売で、買うのは博打に近いけれど、高いケーブルにしとけばなんとなく音がよく感じる、という心理はある。

      • 2016年 2月 11日

      えっ! そのケーブル1本で冷蔵庫が買える!?
      とーちゃん 馬鹿なことに無駄金使ってないで、はやく冷蔵庫買い換えてよっ!!!!
      あんたの駄耳じゃ その辺の電線使っても判らないくせにっ。判った振りして見栄張ってるんじゃないよっ!

    • 匿名
    • 2016年 2月 10日

    私は聴く音楽で銅線と銀泉を使い分けてますよ。音が違うもん。

      • 匿名
      • 2016年 2月 10日

      銀の泉かぁ。。。

    • 匿名
    • 2016年 2月 10日

    鰯の頭を否定している人は誰もいないわけで。

    • 匿名
    • 2016年 2月 11日

    まぁ趣味の世界ですから、大枚はたいて「やはりこのケーブルはいい音がする」と喜んでいる人は、それはそれで幸せです、厳密に測定したら、なんて野暮というもんです。

    • 匿名
    • 2016年 2月 11日

    オカルトを批判する早稲田大の大槻教授がオーディオケーブルの電気特性は測定できるが高いケーブルのほうが音が良いかは人の主観によると言ってますよ。

    • 匿名
    • 2016年 2月 12日

    違いが判らないから、バカにされると思っている人も結構いるでしょう、でも、違っているように聞こえる人の方が偉いわけないのにね。 王様はじつは誰が見ても裸なんです・・・

    • 匿名
    • 2016年 2月 12日

    →の「最近のコメント」を観て
    俺様のありがたいピュア☆オーディオ論を聴かせてやろうと思ったのに
    既に多数に語られているじゃないか! 

      • 匿名
      • 2016年 2月 12日

      > 俺様のありがたいピュア☆オーディオ論
      崇高な写真論なんぞより、よほど興味深いので聞かせてはくれまいか?

コメントは利用できません。

蘇る伝説のロシアレンズ…Lomography「New Jupiter-3+」(デジカメWatch)

うねる多脚でイカのようにカメラをホールド「Splat Flexible Tripod」(ケータイWatch)

最近のコメント

アーカイブ