デジタルカメラ情報サイト

デジタルならではの絵作りコントロールを楽しむ–OLYMPUS PEN-F(デジカメWatch)

【新製品レビュー(実写編)】
有効2,030万画素にアップ。高精細記録の「50Mハイレゾショット」も
「プロファイルコントロール」を使いこなす
まずプリセットから試してみる
単焦点レンズで軽快に楽しみたい1台
by 藤井智弘

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (2)

    • 匿名
    • 2016年 2月 13日

    >レンズの性能の差がそのまま画質に現れるので
    この方式って、センサーを半画素分ずらして、それまで受光部と受光部の間で死んでいた情報を拾うっていうものだから、レンズに求められる分解能が倍になるというものではないと理解しているのだが実際どうなのだろうか。

      • 匿名
      • 2016年 2月 14日

      私もその辺が気になっていました。出てきた絵は確かに画素が増えているのだから、レンズ性能は必要と言う気もしているんですが、どうなんでしょうか??

コメントは利用できません。

新フジノンレンズの実力やいかに!–FUJIFILM X70(デジカメWatch)

星景・天体写真編:星降る夜の美しさを再現、見事な解像力–シャープな超望遠システム「PROMINAR 500mm F5.6 FL」も登場(デジカメWatch)

最近のコメント

アーカイブ