デジタルカメラ情報サイト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ニッシンジャパン、Di700Aのマイクロフォーサーズ用と富士フイルム用(デジカメWatch)

電波式のTTL調光対応ワイヤレスストロボ

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (10)

    • 匿名
    • 2016年 2月 19日

    社外ストロボもミラーレスへの対応が増えてきたね。
    ストロボ使うような撮影だとミラーレスの方が使い易いもんな。

      • 雇われ息子
      • 2016年 2月 19日

      え?どういう理屈で使いやすいの?
      全然想像つかない。

        • ネガティブD800ユーザー
        • 2016年 2月 20日

        自分もレフ機に対するレス機の優位性て何かと考えてみましたが、

        EVFだからカメラを構えてファインダーを覗いたままアフタービューで調光や同調不良、目つぶりの確認ができる

        ですかねえ。

        レフ機だと基本的にはその都度ファインダーから目を離して液晶モニターを見なければならないので、これは確かに価値があると思います。

        人物の全身写真とか集合写真では目つぶり確認までは難しいでしょうが。

          • 雇われ息子
          • 2016年 2月 20日

          あー、EVFですか。
          それならファインダーから目を離さずに済みますね。

          私は普段人物でストロボ使うとき、縦位置のみ
          両目を開けてとる癖がついているので。
          EVFなら横位置でも構えたままプレビューできますね。

          固定概念に縛られている自分を見直さなきゃ。
          つかPEN-Fからでもミラーレスデビューしようかな。

            • ネガティブD800ユーザー
            • 2016年 2月 20日

            もちろんレフ機でもライブビュー撮影で似たことはできますし、レス機でもEVFが無い機種もありますから、厳密に言えば「ミラーレスならではのメリット」というより「EVFのメリット」でしょうけどね。

            レフ機のアイピースに取り付ける外付けEVF、早よ。

          • M-KEY
          • 2016年 2月 20日

          >カメラを構えてファインダーを覗いたままアフタービューで調光や同調不良、目つぶりの確認ができる
          α77/99の数少ない利点ですね。

          • 匿名
          • 2016年 2月 21日

          クリップオンの場合、純正でも発光不発や調光不良が多いソニーのウンコ制御なら直ぐに結果確認しないとダメだろうね。
          一方、スタジオで大型ストロボを使う場合、EVFは露出後の反映を全てOffにしておかないと、スタジオの室内灯消してモデリングのみにしている場合、画面真っ暗になる。
          EVFとは直接関係ないが、ソニー機一般に大型ストロボでのスタジオ撮影ではホワイトバランス上手く合わんね。マニュアルでソニー様ご推奨のマニュアルプリセット自体が、ホワイトバランスセッター使って入射光で合わそうとするとニコン、富士、キヤノンとも違った色になる。マニュアルでやるとメーカー間の違いが普通は縮まるのだが、なにやってんだとしか言いようがない。

    • 匿名
    • 2016年 2月 21日

    ミノルタのエンジニア冷遇してまともな光学ファインダー作れなくなって、EVFに逃げるしかないソニーだからこそ、EVFはしっかりしてもらいたいものだが、あの糸巻き歪曲の入って色ギタギタって健康被害を発生させたいのかと言いたくなる。EVFを否定するつもりはないが、EVFしか作れないならもっとまともなのを作れと言いたい。EVFでも富士とオリンパスのは、その辺がしっかりしていて覗いていて疲れが少ない。歪みのない光学系というのは、目の負担を減らすのは医学の常識。アナスチグマートとアプラナートの違いの説明出来ないレンズのエンジニア抱えているメーカのやる仕事のレベルってことだな。

      • 匿名
      • 2016年 2月 21日

      EVFだからといって光学技術が不要になるわけではないよね。
      覗いた時の見易さは、撮影用レンズとはまた別のノウハウになるんでしょう。
      ソニーの場合、強引なまでの小型化も足を引っ張っていることは間違いないが。

        • 匿名
        • 2016年 2月 21日

        OVFからEVFへ移行するためには、OVFの「見え」のよさを超える必要があると思うので、接眼光学系の重要度は非常に高いですね。
        特にソニーは、あの素晴らしかったミノルタのOVF技術をあっさり捨て去ってTLMなんぞに逃げた上に、今度はそれすらも捨て去ってミラーレスにトンズラこいたわけですから、古くミノルタからのユーザーの心中察して余りあるものがあります。光学をなめるなと。

コメントは利用できません。

「ハイポジション」と「ローポジション」で印象的な写真に!(デジカメWatch)

ニッシンジャパン、小型の電波式ストロボ「i60A」(デジカメWatch)

最近のコメント

アーカイブ