デジタルカメラ情報サイト

文句のない解像度と雰囲気のあるボケ–FE 90mm F2.8 Macro G OSS【デジカメジン気まぐれレビュー:実写編】

まさに「気まぐれ」

 第1回の「機能操作性編」に続く「FE 90mm F2.8 Macro G OSS」のレビュー第2回目をお送りします。

 前回から2ヶ月も空いてしまい、まさに「気まぐれレビュー」の名に恥じない(?)結果となってしまったが、公私ともに何かと忙しく「1月が行き、2月が逃げる」状態だったのでご容赦を…、などと、無駄話はそれくらいにして、本題へ。

「マクロレンズ」として使う

基本的な接写性能

 「FE 90mm F2.8 Macro G OSS(以下SEL90M28G)」は「マクロレンズ」である。マクロレンズとは「一般より高い撮影倍率で接写撮影ができるよう設計されたレンズ。通常のマクロレンズでは最大撮影倍率が1/2倍、もしくは等倍のものが多い」(Wikipedia)と定義されているように、「小さい物を大きく写せること」を特徴である。

 そこで、このレンズが小さい物をどこまで大きく写せるのか、テストしてみた。

img
α7II / FE 90mm F2.8 Macro G OSS / 6000 x 4000 / 90.0 mm / 1/80 秒 /ISO12800 / F5.6 / ±0.00

 この通り十円硬貨をほぼ画面一杯に写すことが出来る。夜に思いついて撮ったので感度がISO12800になっていて画質的には厳しいが、F8.0に絞ってもそれなりにボケるのは、フルサイズならではだろう。

 若干斜めに撮っているので縦のサイズは縮まっているが、十円硬貨の直径は23.5mmなので、24mm×36mmフルサイズの撮像素子にほぼ一杯というのは、「最大撮影倍率:1倍」の「カタログデータ通り」と言える。

小さな物を写す

 取り敢えずマクロレンズの定番の被写体である花を撮ってみた。

img
α7II / FE 90mm F2.8 Macro G OSS / 6000 x 4000 / 90.0 mm / 1/640 秒 / ISO640 / F5.6 / ±0.00

 手持ち撮影でありピントが合う範囲をある程度広げようとF5.6で撮ってみたが、それなりにきれいなボケになっていると思う。

絞り値による変化

 それでは絞り値の変化によってボケがどの程度変わるのかをチェックしてみた。

F2.8
img
α7II / FE 90mm F2.8 Macro G OSS / 6000 x 4000 / 90.0 mm / 1/160 秒 / F2.8 / ISO100 / ±0.00
F4.0
img
α7II / FE 90mm F2.8 Macro G OSS / 6000 x 4000 / 90.0 mm / 1/100 秒 / F4.0 / ISO100 / ±0.00
F5.6
img
α7II / FE 90mm F2.8 Macro G OSS / 6000 x 4000 / 90.0 mm / 1/100 秒 / F5.6 / ISO200 / ±0.00
F8.0
img
α7II / FE 90mm F2.8 Macro G OSS / 6000 x 4000 / 90.0 mm / 1/100 秒 / F8.0 / ISO500 / ±0.00
F11.0
img
α7II / FE 90mm F2.8 Macro G OSS / 6000 x 4000 / 90.0 mm / 1/100 秒 / F11.0 / ISO800 / ±0.00

 被写体の大きさ(全高)は8cm程度。

 手持ちで撮ったので厳密に同じ構図ではないが、傾向はわかってもらえると思う。

 F11でも背景はかなりボケている印象。F2.8やF4.0の時のボケも、嫌な感じではなく、いい味を出していると思う。

中望遠レンズとして使う

「マクロレンズ」だけではもったいない?

 このレンズ、もちろん立派に「マクロ」と言える撮影倍率のレンズではあるが、撮像素子の小さなデジカメでは1倍を超える撮影倍率のカメラが珍しくない。マイクロフォーサーズのM.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macroなら2倍相当で撮れるし、カメラとセットでももっと軽い。(OM-D EM-1とのセットで682g、α7II+SEL90M28Gは1,201g)

 もちろん、マクロ撮影でフルサイズ機の浅い被写界深度が有効な場合もあると思うが、実際にはマクロ撮影以外で力を発揮する場面が多そうなので、マクロ域以外の撮影にも使ってみた。

一般的な中望遠レンズとして使う

 SEL90M28Gをα7IIに付けて、近所でスナップを撮ったり庭で犬を撮ってみた。

img
α7II / FE 90mm F2.8 Macro G OSS / 6000 x 4000 / 90.0 mm / 1/100 秒 / F5.6 / ISO200 / ±0.00
img
α7II / FE 90mm F2.8 Macro G OSS / 6000 x 4000 / 90.0 mm / 1/100 秒 / F8.0 / ISO1000 / ±0.00
img
α7II / FE 90mm F2.8 Macro G OSS / 6000 x 4000 / 90.0 mm / 1/400 秒 / F2.8 / ISO100 / ±0.00
img
α7II / FE 90mm F2.8 Macro G OSS / 6000 x 4000 / 90.0 mm / 1/100 秒 / F2.8 / ISO500 / ±0.00
img
α7II / FE 90mm F2.8 Macro G OSS / 6000 x 4000 / 90.0 mm / 1/100 秒 / F4.0 / ISO250 / ±0.00

 開放絞りでもピントが合った部分のカリッとした描写はマクロレンズならではと思うが、ピントが合っていない部分のボケ味も柔らかであり、(それなりに)大口径の中望遠レンズとしても充分に使えると思う。

 今回みたいな街歩きに持って行くレンズとしては、標準ズームか35mm程度の広角レンズが多かったが、この手の中望遠レンズだけを持ち歩いて被写体を絞って撮るのもなかなか面白かった。

ポートレートを撮ってみた

 フルサイズで90mmの画角はポートレートに最適と言われている85mmに近い。ちょうど知り合いの結婚式があったので出席者を撮らせてもらった。(掲載許可はいただいています)

img
α7II / FE 90mm F2.8 Macro G OSS / 6000 x 4000 / 90.0 mm / 1/100 秒 / F2.8 / ISO125 / ±0.00

 解像度の高さは言うまでもないとして、背景のボケ具合は85mm F1.4(またはF1.8)の開放絞りで撮った場合と比べると足りないのはもちろんだが、これはこれでいい味だと思う。

味のあるFEレンズ

 買ってから約4ヶ月使ってみたが、SEL90M28Gは、マクロレンズとしてはもちろん中望遠レンズとして使っても満足できるレンズである。

 特に、カリッとした解像度と柔らかなボケ味を両立させているところは、さすがに最新のマクロレンズであると思う。

 個人的には、これまで買ったEマウントのレンズの中で一番気に入っている。

 ソニーのEマウントレンズ、特にフルサイズ対応のFEレンズのラインナップは徐々に整備されてきたが、実用的なズームレンズが多く趣味性の高い単焦点レンズが少ない印象だった。それが、2015年の後半には「Distagon T* FE 35mm F1.4 ZA(SEL35F14Z)」やこのSEL90M28Gの登場で、その面でも徐々に役者が揃ってきた印象である。

 CP+2016前に発表された24-70mm F2.8や85mm F1.4も含めて、フルサイズミラーレス用という(現在のところ)唯一のレンズを、これからも楽しんでいきたいと思う。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (10)

    • 匿名
    • 2016年 3月 04日

    やっぱり口径食はそれなりにデカイな

      • 匿名
      • 2016年 3月 04日

      最後の写真が顕著だね。
      しかし口径食?も目立つが、フルサイズ機なのにISO125程度の画像でカラーノイズが多いような気が・・・。
      こんなもんなんでしょうか。

        • 匿名
        • 2016年 3月 05日

        カラーノイズというよりモアレ?

        • 匿名
        • 2016年 3月 06日

        オートで諧調補正されて、暗部が引き上げられてるんじゃないだろうか?
        髪の毛がザラザラになってるのが気になるな~。
        レンズより画像処理エンジンの問題だと思うけど。

          • 匿名
          • 2016年 3月 06日

          言われてみればなんとなくマッハバンド的な帯のようなのが見えなくもない・・・。
          やっぱりフルサイズEマウントの周辺はデフォの画質が厳しいのかな?

      • 匿名
      • 2016年 3月 07日

      もしかして、いつまでたってもα最強の武器STFレンズがリリースされないのは口径食の影響?

        • 匿名
        • 2016年 3月 07日

        アダプター経由での作例無いかね?
        出てもおかしくはないと思うけどね。

          • 匿名
          • 2016年 3月 07日

          http://upload.a-system.net/photo/list
          ここで検索すると出てきますね

          自分で探してきて言うのもなんですけど、こういうのやめてほしい
          現在Aマウント機を一台も持っていない&どうなるかわからない状況なので絶対に買うつもりはなかったのに
          欲しくてたまらない
          たまらなくなったんだ

          あ、ちなみに先の書き込みの後にググったのですが、
          135mmSTFに関しては、F2.8のスペック以上に巨大なレンズを使い、正面から光が当たるように設計しているので口径食が出づらいとかナントカ(真偽は不明)
          その為、Eマウントボディには不釣り合いな巨大なレンズしか作れないので今のところ存在しないんでしょうかねぇ
          「Aマウントのレンズをアダプタ込みで使う」のは「分かってる人」であって、
          望遠レンズでもないのにアダプタ無しでも巨大なのはNG、みたいな

            • M-KEY
            • 2016年 3月 08日

            135mmSTFが欲しい場合、別にα99を買う必要は無くα7シリーズにLA-EA3併用でいいと思います。
            それでも機材トータルならα99よりは小さいし、マウントアダプター側の三脚座を使えるので、一型でもボディの弱いのは気になりません。
            ボディとレンズのバランスと言うなら、GMレンズも相当なアンバランスです。

    • 175でした
    • 2016年 3月 10日

    レンズは良いのだけどね。
    画像処理エンジンを一から組み直すか、他社に外注してくれないかなあ。

コメントは利用できません。

旧ソビエト時代のレンズが手軽に楽しめる–ギズモン「Industar-61 L/D 55mm f/2.8 for ミラーレス」(デジカメWatch)

ニコンの高級コンデジ「DL」に触発されて……Nikon 1で猫撮影!(ASCII.jp)

最近のコメント

  • User Avatarふーま小型ボディに秘められた実力を検証――Nikon Z 50(デジカメWatch)へのコメント(10/22 12:10)
    →素のパイプなら太い方が強いのは当然だけど勘合部は??? どうなんだろうね? 俺も良くわからん。
  • User Avatar写真で見る――SIGMA fp(デジカメWatch)へのコメント(10/22 12:08)
    →MSNに 「コンパクトフルサイズミラーレス一眼「SIGMA fp」ハンズオン:持ち運びのしやすさに対して画質良すぎ」 という記事へのリンクがあったのでみてみたんだけど、 写真のサンプルに添えられたテキストで「出てくる写真がこんな感じなんですよね。」とか言ってる割に 作例が、こう、なんというか、「虚無」としか言いようのないもので、さっぱり伝わってこない GIZMODだし、読み手はスマホの写真と比較すること前提なのだろうけど 最近はiPhoneやファーウェイはデジタル処理でぱっと見キレイなのも多いし・・・
  • User Avatar小型ボディに秘められた実力を検証――Nikon Z 50(デジカメWatch)へのコメント(10/22 11:53)
    →ソニーα7Ⅱを使ってるけど 眼の悪い私には、EVF内蔵は便利だけど、なんか愛着が湧かない。 α9とかα7R III 2~3万の値段ならともかく 40万弱とか50万 とてもじゃないけど付いて行けない。
  • User Avatarkenオリンパス、エントリーミラーレス「PEN E-PL10」(デジカメWatch)へのコメント(10/22 11:29)
    →【別に表明してもいいと思うが、ユーザー以外裏切ったと言えないならあなたが裏切りと思えないとわざわざ表明するのと矛盾してる】 ごめんなさい!僕の読解力の無さなんでしょうが、表明とか何を言ってるのかわかりません! 裏切りを全部書けとは言いませんが、一社だけを責めるのはどうなのかな。。。と。 僕にとってはOM廃止よりFD廃止の方がショックでしたね。
  • User Avatar小型ボディに秘められた実力を検証――Nikon Z 50(デジカメWatch)へのコメント(10/22 11:26)
    →ニコン好き : M-KEYさん今日は >どちらもメイン使用はAPS-Cで, だったらメモリーがシングルスロットで問題ないじゃん まるで鬼の首を取ったようにニコンZ7/Z6を、ぼろくそに叩いて >(ソニーAPS-Cでダブルスロットが必要ならα7RM3を使っています) それで良いじゃん。 >単焦点を徐々にFEレンズに入れ替えている途中です。 キヤノンがボディー内五軸手ぶれ補正機能を載せて ソニーの旗色が悪くなったら、どうするんでしょうね。 >ZのF1.8単焦点は光学性能の偏重で大きく重く高価で、 ニコンZは、大きく重く高価なのは、駄目だけど ソニーとかカールツァイスで出してるレンズは、 大きく重く高価なのはOKなんですか? >ZシステムそのものがFXとDXの併用を重視していないように見えます。 想定してる客層が違う。 フルサイズZレンズを使いたい方はAFが使えるから、どうぞお使い下さい。 M-KEYはD7500のシングルスロットも叩いていたな α6600はどうなんだろう?
  • User Avatarニコン好き小型ボディに秘められた実力を検証――Nikon Z 50(デジカメWatch)へのコメント(10/22 10:55)
    →フルサイズ用ニコンZレンズは、ニコンZ7/Z6で使うのが 本来の使い方だから、何も問題は無い。 ニコンZ50で使うのは応用だね。 >ZDXのしょぼいラインナップ EOS Kiss Mを買った人は、ほとんどは、キットレンズだけなのでは?
  • User Avatar小型ボディに秘められた実力を検証――Nikon Z 50(デジカメWatch)へのコメント(10/22 10:38)
    →『ニコンZ50は、フルサイズ用のZレンズが使いたい人は、 AFは出来るからどうぞお使い。下さい』 バカですか? あんたのいい口では「ニコンZには、VRの付いてないレンズしかないが、これをどうする?」 だろ。 『キャノンRFレンズは、IS(手ぶれ補正機能)の付いてないレンズが ゴロゴロ転がってるが、これをどうする?』 まだ理解できてないのか。ZDXの2本のような標準、望遠ズームはRFでもIS付き。Fマウントもそうだが、多数のレンズを揃えてすべて手ブレ補正付きというラインナップはない。ZDXのしょぼいラインナップをメリットと勘違いする愚かさ。
  • User Avatarニコン好き小型ボディに秘められた実力を検証――Nikon Z 50(デジカメWatch)へのコメント(10/22 10:35)
    →>今後APSーC用単焦点はVRなしのがゴロゴロ出てくると思うけどね。 出るかどうかは、知らんけど。 私は、買わないと言うか ニコンZ7が有るから普通にフルサイズ用Zレンズを買うね。
  • User Avatarニコン好き小型ボディに秘められた実力を検証――Nikon Z 50(デジカメWatch)へのコメント(10/22 10:26)
    →M-KEYさん今日は >どちらもメイン使用はAPS-Cで, だったらメモリーがシングルスロットで問題ないじゃん まるで鬼の首を取ったようにニコンZ7/Z6を、ぼろくそに叩いて >(ソニーAPS-Cでダブルスロットが必要ならα7RM3を使っています) それで良いじゃん。 >単焦点を徐々にFEレンズに入れ替えている途中です。 キヤノンがボディー内五軸手ぶれ補正機能を載せて ソニーの旗色が悪くなったら、どうするんでしょうね。 >ZのF1.8単焦点は光学性能の偏重で大きく重く高価で、 ニコンZは、大きく重く高価なのは、駄目だけど ソニーとかカールツァイスで出してるレンズは、 大きく重く高価なのはOKなんですか? >ZシステムそのものがFXとDXの併用を重視していないように見えます。 想定してる客層が違う。 フルサイズZレンズを使いたい方はAFが使えるから、どうぞお使い下さい。
  • User Avatar小型ボディに秘められた実力を検証――Nikon Z 50(デジカメWatch)へのコメント(10/22 10:15)
    →ははは、ニコンのことになると急に都合のいい解釈するんだな、恥ずかしいやつ。 今後APSーC用単焦点はVRなしのがゴロゴロ出てくると思うけどね。
  • User Avatar小型ボディに秘められた実力を検証――Nikon Z 50(デジカメWatch)へのコメント(10/22 09:54)
    →>こっちが本業で稼いでる ニコンも稼げるようになろうね。
  • User AvatarM-KEY小型ボディに秘められた実力を検証――Nikon Z 50(デジカメWatch)へのコメント(10/22 09:35)
    →私は、FマウントとEマウントの35mmフル機とAPS-C機をシームレスで使っています。 どちらもメイン使用はAPS-Cで,35mmフル機でもAPS-Cで使う事が多く 画角や要求解像度で必要な場合にのみ35mmフルを使います。 (ソニーAPS-Cでダブルスロットが必要ならα7RM3を使っています) Eマウントの場合は先にAPS-Cでレンズを揃えていたので、 単焦点を徐々にFEレンズに入れ替えている途中です。 (コンパクトな35mmF1.8はAPS-C用を継続使用) FマウントのDXは10-24mmと18-200mmのみで後はFXです。 (18−55はイベント貸し出し用で自分では使っていません) 35mmフル用レンズをAPS-Cで使うと口径食が目立ちませんし 最大撮影倍率が稼げると言う効果もあり、リーズナブルで小型軽量の FマウントのF1.8単焦点レンズの恩恵は大きいです。 が、ZのF1.8単焦点は光学性能の偏重で大きく重く高価で、 DX機ユーザーにとっては手を出しにくいのが残念です。 ZシステムそのものがFXとDXの併用を重視していないように見えます。
  • User Avatarオリンパス、エントリーミラーレス「PEN E-PL10」(デジカメWatch)へのコメント(10/22 09:27)
    →何とかして自分の主張を正当化しようとそれぞれのコメントにあの手この手で言い返してるから、だんだん支離滅裂になってくる。 最低だな。
  • User Avatarオリンパス、エントリーミラーレス「PEN E-PL10」(デジカメWatch)へのコメント(10/22 09:19)
    →>だってM4/3ユーザーじゃないのに裏切った!と騒げないでしょ。 別に表明してもいいと思うが、ユーザー以外裏切ったと言えないならあなたが裏切りと思えないとわざわざ表明するのと矛盾してる。言い逃ればかり考えるから辻褄あわなくなるんだよ。 >OLYMPUSだけが裏切りばかりするみたいな感じで。 いちいち全部書かないといけないって、正気ですか? それにOLYMPUSは群を抜いて、ユーザーにデメリットが大きい裏切りの回数が多いと思う。スマメに失敗したあとxdピクチャーカードで同じ失敗をしたことなどは、同情の余地はない。
  • User Avatar小型ボディに秘められた実力を検証――Nikon Z 50(デジカメWatch)へのコメント(10/22 09:14)
    →DX16-50mm は軽くて小さくて、よく頑張ったなあと思うよ。 DXミラーレスにふさわしいレンズ。 でも50-250mm は一眼レフ用のエントリークラスと何ら変わらない スペック。間に合わせ感が半端ない。 到底エンスージアスト向けとは思えない。 まあ手抜きじゃなくて、標準ズームで力尽きちゃったんだろうね。
  • User AvatarM-KEYオリンパス、エントリーミラーレス「PEN E-PL10」(デジカメWatch)へのコメント(10/22 09:10)
    →一眼レフのフォーサーズユーザーでしたが、MFTが裏切りだなんて 微塵も感じていません。 むしろ、ミラーレス化によって大幅に小型軽量化することで フォーサーズが延命できる訳で歓迎でした。 充分な移行期間もありましたし。 FDからEFマウントへの変更も、当時はショッキングでしたが、 実際には、EOS発売後もFDシステムも並売されていましたし マウント変更しなかったニコンやペンタックスでもAFの恩恵を 受けるなら、AFボディとレンズを購入する必要はあり、 結局は、どちらもユーザーの負担はたいして変わらないと。 旧ユーザーが置いてけぼりになったと言う点ではミノルタの方が 深刻だったと思います。 オリンパスだってOMのAF化には失敗したものの、OMシステム自体は 21世紀になるまで継続(新製品も登場)していました。 xDピクチャーカードは廃止よりも、むしろ出した事の方が デジタルカメラ業界全体に対しての裏切りというか愚行でしたね。 (当時のレンズ一体型デジタルカメラのリーディングだった驕り) 当時、スマートメディアからSDカードへの移行は、ほぼ既定路線で 第4のメディアが出るなんて誰も想像していませんでした。 裏切りというなら、あれだけ期待されたDLの発売中止、 不変と言いながらも,どんどん古い製品を切り捨てるFマウント、 まったくの期待外れのZ7/6を出したニコンの方が罪は重いかも? 廃止のプロという観点でも「Nikon1」「KEYMISION」「NIKONOS」と 代替手段を用意しないという点では、なかなかあなどれません。
  • User Avatar小型ボディに秘められた実力を検証――Nikon Z 50(デジカメWatch)へのコメント(10/22 09:07)
    →AFもVR手ぶれ補正機能も使えますよ。 訂正 AFもボディー内手ぶれ補正機能も使えますよ。
  • User Avatarニコン好き小型ボディに秘められた実力を検証――Nikon Z 50(デジカメWatch)へのコメント(10/22 09:03)
    →まず ニコンZ7/Z&とEOSR・RP それと ニコンZ50とEOS Kiss M は、想定する客層が違う。 ニコンZ50とEOS Kiss Mは、ダブルズームレンズキットでお使い下さい。 と言う客層 ニコンZ50は、フルサイズ用のZレンズが使いたい人は、 AFは出来るからどうぞお使い。下さい EOS Kiss Mは、RFレンズは、使いたくても使えない。悲しい~~~ ニコンZ7/Z&とEOSR・RPは、どうぞフルサイズ用レンズ ZレンズとRFレンズをお使い下さい。 ただし ニコンZ7/Z&は、フルサイズ用ZレンズもAPS-C用ZDXレンズも両方 AFもVR手ぶれ補正機能も使えますよ。 EOSR・RPは、フルサイズ用RFレンズレンズは、使えるけど APS-C用EF-Mマウントレンズは使えない。悲しい~~~ しかも キャノンRFレンズは、IS(手ぶれ補正機能)の付いてないレンズが...
  • User Avatar小型ボディに秘められた実力を検証――Nikon Z 50(デジカメWatch)へのコメント(10/22 08:53)
    →のび太とスネ夫とジャイアンの悪いところを足して5倍した感じだな。
  • User Avatarkenオリンパス、エントリーミラーレス「PEN E-PL10」(デジカメWatch)へのコメント(10/22 08:52)
    →【自分本位で他者の立場におきかえられない、それがあなたの悪いところだよ。】 だってM4/3ユーザーじゃないのに裏切った!と騒げないでしょ。 OMのときは少し残念でしたが。 【おれは:Canonが裏切りじゃないなんて一言も言ってないが?】 裏切ったとも一言も言ってないよね。 OLYMPUSだけが裏切りばかりするみたいな感じで。
  • User Avatar小型ボディに秘められた実力を検証――Nikon Z 50(デジカメWatch)へのコメント(10/22 08:49)
    →>口径が大きいと強度が増す マウントとの接合面積の違いでは?

アーカイブ