デジタルカメラ情報サイト

シャープネス、ボケ味とも期待通りのカールツァイス新ライン–Milvus 1.4/50(デジカメWatch)

【交換レンズレビュー】
by 大浦タケシ

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (7)

    • 匿名
    • 2016年 3月 11日

    いまどきのOVFの一眼レフで開放付近のピント合わせは困難だと思う。
    最適なのはソニーα7IIシリーズか。

      • 匿名
      • 2016年 3月 11日

      一眼レフは光学ファインダーがあるが、
      ライブビューにすれば、ミラーレスのように
      拡大してピント合わせ出来るんだが。
      どちらでも都合で使い分ければよろし。

        • M-KEY
        • 2016年 3月 11日

        「拡大してピント合わせ」をするためにEVFが有効なんですね。
        背面モニターにルーペフードを付ける方法もありますが、
        嵩張るし解像度もEVFよりは低く、カメラのサイズも含め
        ライブビュー撮影での快適性では一眼レフよりもミラーレス機の方が上です。
        一眼レフで片方がEVFの親子ファインダーなら、せめて外付けのEVFが
        付けられるなら、ありがたいです。

        • 匿名
        • 2016年 3月 11日

        >ライブビューにすれば、ミラーレスのように拡大してピント合わせ出来るんだが。

        それで手持ち撮影は無理だろう。あたりかまわず三脚広げられても周りが迷惑するし。

      • 匿名
      • 2016年 3月 11日

      EVFでMFって、どうも苦手。
      まだ一眼レフでフォーカスエイドの方がいい。

        • 匿名
        • 2016年 3月 12日

        気持ちは分かるな、それ。
        自分はビデオカメラも古くから使ってきてるからEVFには慣れているけれど、
        スチルカメラの場合は、光学式のほうがしっくりくる感覚がある。
        連続的に撮るか、瞬間で撮るかの違いなのかな。

          • M-KEY
          • 2016年 3月 12日

          拡大ライブビューで動体相手のMFはほぼ不可能ですし、
          相手が静止していても手持ちだと、かなり厳しいです。
          ピーキングならなんとかなりますが、
          それでもMFはライブビューよりも光学ファインダーが使いやすく
          AFの追従性も含め、動きもの相手なら一眼レフでしょうね。
          でも、三脚に据えてじっくり撮るならライブビューですね。

コメントは利用できません。

キヤノン、「EOS学園オンライン」をスタート(デジカメWatch)

オリンパスとソニー、共同コラボの衝撃(デジカメWatch)

最近のコメント

アーカイブ