デジタルカメラ情報サイト

なめらかな4K動画は期待大 キヤノンの旗艦カメラ「EOS-1D X II」を試す(日経トレンディネット)

外観の変更は最小限だが、デザインの変更で現代的な印象に
グリップの形状やボタン配置の変更を図り、扱いやすさを向上
ファインダーは情報の表示量が増えた点を評価したい
シャッターの切れやオートフォーカスの追従性能も向上した感触
60pに対応した4K動画撮影機能は高く評価したい
by 吉村 永

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (2)

    • 匿名
    • 2016年 3月 16日

    いつまでこんなデザイン?

      • 匿名
      • 2016年 3月 16日

      初代から少しづつ変わってはきたけど、一見してEOS-1と分かるこのカタチは続ける気がする。
      キヤノンは良くも悪くも慎重かつ頑固一徹なところがあるからね。

コメントは利用できません。

総合ランキング、トップ10の半数をニコン勢が占める(ITmediaデジカメプラス)

6K信号からキレのいい4K映像を記録。ソニー初のAPS-C 4Kカメラ「α6300」(AV Watch)

最近のコメント

アーカイブ