デジタルカメラ情報サイト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ニコン大井製作所「101号館」の見納めに行ってきた(デジカメWatch)

世界的名機を産んだ中心施設 まもなく解体
101号館の歴史
耐候試験室が残る屋上
カメラ生産ラインがあったフロア
昔の面影残す1階部分
大型望遠鏡のために作られた118号館
大井の町とニコン。解体を前にした人々の思い
by 鈴木誠@デジカメWatch

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (4)

    • 襤褸猫
    • 2016年 3月 19日

    101号館、3D撮影、VR構築して形態だけでも保存できないですかね。産業遺跡でしょうに。

    • 匿名
    • 2016年 3月 19日

    いかにも日本らしい、非常に端正で美しい近代建築だと思います。

    • 匿名
    • 2016年 3月 19日

    隣の公園(&西大井駅前)って昔は三菱重工業がいたんだよな。さすが三菱財閥だと思ったもんだよ。

    • 匿名
    • 2016年 3月 21日

    糸崎さんに、フォトモにして残してもらいましょう。

コメントは利用できません。

単焦点の高画質と心地よさを再認識–コンパクトなシステムにも魅了される(デジカメWatch)

ライカMレンズでAF可能なアダプターが国内発売(デジカメWatch)

最近のコメント

アーカイブ