デジタルカメラ情報サイト

ライカMレンズでAF可能なアダプターが国内発売(デジカメWatch)

α7 II、α7R II、α6300に対応

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (9)

    • 匿名
    • 2016年 3月 20日

    オールドレンズをアダプター経由でフルサイズで使うために、ボディも昔のレンズに合せてできるだけ昔の銀塩カメラボディサイズに近い大きさ(小ささ)にしたい、というような場合にはα7の存在価値が光りますね。
    オールドレンズだから画質も今のデジタル時代のレンズよりは劣ることも多いだろうから電子補正前提にマウントも小さくして小型化を計る。周辺減光や色カブリは電子補正で目立たなくする。
    そういう点ではよくできた規格だなぁと思います。

    • 匿名
    • 2016年 3月 20日

    >オールドレンズだから画質も今のデジタル時代のレンズよりは劣ることも多いだろうから…

    それが当てはまるレンズもあるし、古くても現在のレンズと比べた殆ど遜色のないものもあって面白いよ。
    一般に 単焦点レンズは古いものでも非常に良好な描写性能を持っている優秀なものがあって全く不満を感じない。
    絞りが円形でなかったり 逆光に若干弱いと言うことはあるけど。

    • 匿名
    • 2016年 3月 21日

    最近のライカ純正フローティングレンズはダメだけどオールドレンズは楽しめそう。α7系は対称系広角の周辺は色も解像もかなり落ちるけどね。

    • 匿名
    • 2016年 3月 22日

    あれ? その件は7S以降は対応してるんじゃありませんでしたっけ?
    で、今回のアダプタの対応は7II以降なんで問題ないもんだと思っていました
    騙されるところだった

      • 匿名
      • 2016年 3月 22日

      あ、マウント径で周辺が厳しいという話でしたか
      「色被り」の件と混同していたようです

      • 匿名
      • 2016年 3月 22日

      7Sや7IIでも対称系広角は周辺解像が甘いですよ。その点ではライカMが上。

        • 匿名
        • 2016年 3月 24日

        >7Sや7IIでも対称系広角は周辺解像が甘いですよ。
        そうでないレンズがあることは知らないんだね。全部が周辺甘くなるわけじゃない。

          • 匿名
          • 2016年 3月 28日

          そういうレンズがあることを知っているのが自慢なんだね。

          • 襤褸猫
          • 2016年 3月 28日

          原理的にビオゴンに代表される対称型光学系は端に行くに従って光線が斜めに入射していき、井戸型の構造にどうしてもなる画像素子と相性が悪い、てのをイチイチ説明して、レトロフォーカスだとテレセントリック性を確保できるから、まで言いたいのかなー。

          個人的には有機CMOSに全面的な期待をしています。アレは表面で光を電荷に変換するから入射角のきつい光でも問題ありませんので。

コメントは利用できません。

ニコン大井製作所「101号館」の見納めに行ってきた(デジカメWatch)

総合ランキング、キヤノン、ニコン、オリンパスのトップ3が崩れる(ITmediaデジカメプラス)

最近のコメント

アーカイブ