デジタルカメラ情報サイト

強力AFに4K動画。マグネシウムボディを手に入れた快速ミラーレス–α6300(デジカメWatch)

【新製品レビュー(外観・機能編)】
各部を本格仕様にブラッシュアップ
一層強化されたAFシステム
高解像でなめらかなEVF。4Kやスロー動画も
α6000に比べて、割高?
by 北村智史

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (7)

    • 匿名
    • 2016年 3月 24日

    NEX-6はEVF235万ピクセル、マグネシウムボディ、電子水準器付き
    α6000はEVF144万ピクセル、プラボディ、電子水準器なし
    α6300はEVF235万ピクセル、マグネシウムボディ、電子水準器付き

    α6000だけがEVFとボディ材質、水準器に関してグレードダウンしていた。

    • 匿名
    • 2016年 3月 24日

    なんでタッチパネルじゃないんだろ

    • 175でした
    • 2016年 3月 25日

    さあ!
    熱くなってまいりました。

      • 匿名
      • 2016年 3月 25日

      ……物理的にww

    • M-KEY
    • 2016年 3月 26日

    テストしてみました。
    気温20度だと制約いっぱいの29分59秒、問題なく撮れました。
    ボディやバッテリーは「ほんのり暖かい」くらいでしした。
    もう一回29分59秒まわそうとしたけど、25分くらいでバッテリーが落ちました。
    (フル充電のバッテリーでしたが、いろいろ設定を弄ったり再生したりしました)
    その時も体感上の温度は変わらず、このくらいの気温ならオーバーヒートの心配はなさそう。
    長回しが目的ならムービー専用機を使うのがスジでしょう。
    メインはムービー専用機で、α6300をワンポイント的に使うなら問題ないです。

      • 匿名
      • 2016年 3月 26日

      しかし、他サイト
      http://digicame-info.com/2016/03/6300-1.html
      あたりを読むと(個体差かもしれないけど)そんな生易しい話じゃなさそうです。

      炎天下のハワイ・沖縄でとは言いませんが、夏休みに家族旅行に出かけて毎回1,2分で落ちるようなら怖くて使えないですよ。

        • M-KEY
        • 2016年 3月 26日

        NEX-5の場合、外気温が27度を超えると数分で止まっていましたが
        その時はモニター裏面が淹れたてのコーヒーカップくらいに熱くなっていました。
        モニターを開いて、そこにUSB電源のファンで風を当てることで撮影していました。
        その後、VG10を買ったので、NEX-5で長回しはしなくなりました。
        今は手元になく直接較べていないですが、NEX-5よりは発熱は少ない印象です。
        実際にα6300を動画で長時間運用するなら、USB給電で使うでしょうから
        2口あるモバイルバッテリーで片方にファンを付ければ、真夏のひなたでなければ大丈夫そうです。

コメントは利用できません。

キヤノン、EOS 8000D「ハイスピードAF」キットを発売(デジカメWatch)

映画「金沢シャッターガール」が出演者を公募中(デジカメWatch)

最近のコメント

アーカイブ