デジタルカメラ情報サイト

ソニー、25倍ズームになった「RX10 III」を海外発表(デジカメWatch)

積層型の1型CMOS 4Kや960fps動画など継承

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (34)

    • 古参者
    • 2016年 3月 30日

    DL24-500の対抗だね。
    DL18-50の対抗は出ないのか?

    • nroff
    • 2016年 3月 30日

    記事には無いけど、元プレス記事の動画性能のアピール、

    > full pixel readout and no pixel binning

    RX IIは「全画素読み出しピクセルビニング無し」じゃなかったのかな?
    いずれにせよ、動画撮影時も全画素読み出しが「当たり前」になりそうで何より。

    • 匿名
    • 2016年 3月 30日

    10-Ⅱの後継機では無いと言っているそうだけど、それならばRX20とかにすれば良かったのに。
    それともそのナンバー位置の新モデルが用意されているのか?

    •  
    • 2016年 3月 30日

    PowerShot G3 X に追いついてきました。
    ストロボの発光部がもっと大きかったら、かっこよかった。

      • 古参者
      • 2016年 4月 04日

      画角は追いついたが明るさは追い越しているね。
      望遠端の一段差は大きいよ。

      • 匿名
      • 2016年 4月 04日

      G3Xにはもう勝ち目はない。値段を下げて売るしかない。

        • 匿名
        • 2016年 4月 04日

        わざわざ下げなくても、向こうが高いから大丈夫。
        それにG3XとFZ1000はもうそれなりに数売っただろうし。
        DL24-500は・・。

    •  
    • 2016年 3月 30日

    価格は1500ドル。う~ん。う~ん。う~ん。。。

    • 匿名
    • 2016年 3月 31日

    業界全体で高付加価値=高価格帯に誘導してるのは分かるんだけど、ソニーはえげつないな。

    • 襤褸猫
    • 2016年 3月 31日

    いや、スペックは申し分ない、換算600㎜でファインダー無しはあり得ないので当然として…
    名前…、いい加減にしてほしい…、RX100ファミリーだってⅣまで行って何が何やらなのに何一つ学んでいない…

    値段については分相応だと思いますよ。換算600㎜でF4でその明るさにふさわしい描写をするでしょうから。

      • 匿名
      • 2016年 4月 01日

      >RX100ファミリーだってⅣまで行って何が何やら

      その思考能力では、理解できる事柄の方が少ないのでは?

        • 襤褸猫
        • 2016年 4月 02日

        ある意味RX100Ⅴが楽しみではあるw
        レンズの守備範囲が別物になって同じ名前にギリシャ文字だけ足すのを善しとする位なら、使えない思考能力で構いませんがまぁw

          • 古参者
          • 2016年 4月 02日

          RX100mk4は16-50mm相当の広角ズーム付きだと見た。

            • 匿名
            • 2016年 4月 02日

            >RX100mk4は16-50mm相当の広角ズーム付きだと見た。

            見たもなにも…RX100mk4は画角24-70ミリ相当のレンズ付きで販売中だ。
            http://www.sony.jp/cyber-shot/products/DSC-RX100M4/spec.html

            • 匿名
            • 2016年 4月 02日

            ここのコテハンはどうしてこうなのか

            • M-KEY
            • 2016年 4月 02日

            もし「16-50mm相当の広角ズーム付き」のRX100シリーズが出るなら
            ネーミングは「RX100W」にして欲しいです。
            内蔵フラッシュは要らないから、EVFとマルチインターフェースシューで!

            • 匿名
            • 2016年 4月 03日

            1インチ機も戦国時代になってきましたね。
            確かに、DL18-50やパナTX1あたりにぶつけるモデルは出してもおかしくないです。
            でも僕は原点に帰ったシンプルで小型でかつ安価なRX100初代の真の後継機といえる、リフレッシュされたモデルも望んでいます。
            G9 Xのように薄くなったら嬉しい。

            • M-KEY
            • 2016年 4月 03日

            RX100M3の背面モニターを固定式にしたようなモデルはアリでしょうね。

      • 匿名
      • 2016年 4月 01日

      RX100の初代から4型まで、実質モデルチェンジだろうから、旧型としてディスコンにしても良さそうなものだが、下位モデルという位置付けにして何世代もラインナップに残すやり方ですね。
      そういう販売戦略だから良い悪いというものじゃないが、新型は上位機種なんだから、より高価になるのは当然です。。。と、どんどん価格を吊り上げていく言い訳はし易いよね。

    • M-KEY
    • 2016年 4月 03日

    無印のRX10を使っています。
    スチル機というより、ムービーとして使う頻度が高いのですが、
    ズームスピードに自由度が少ないのと30分縛りが不満です。

    この機種だとAPS-C機のF6.3よりは望遠域のボケ量は大きくなるので
    α6300でオーバーヒートを心配するくらいなら、コッチだろうと思います。
    ズーム、フォーカス、アイリスの3リングでスーパースローに4K収録可能。
    バッテリーサイズが小さいのと30分縛りを除けば動画機としてかなり魅力的なスペックです。

      • 匿名
      • 2016年 4月 03日

      望遠がそこまでいらないならGH4でいいような気はする。

        • M-KEY
        • 2016年 4月 03日

        レンズ一体型ムービー機なら、望遠端が無印やII型RX100の200mm相当は少し足りず
        そうかと言って野鳥や飛行機を撮るのでなければ、600mm相当も必要はないような気もします。
        300mm相当くらいあれば充分で、MFT機14-150mmやAPS-C機+18-200mmが該当します。
        私はEマウントの18−200mmを持っていましたが、ボディに対してレンズが大き過ぎと感じ、今は55-210mmを使っています。
        一方、MFTの14−140mmは,それほど大きいとは感じずサイズ感はいいのですが、ボケ量は全域F2.8のRX10の方が大きいです。
        また、動画時にズーミングするとE-M5II+14-140mmではフォーカスが暴れますが、RX10では安定しています。
        そういう事もあり、MFT機はスチルメインにRX10を動画メインに使うようになりました。

          • 匿名
          • 2016年 4月 03日

          だからGH4でって話しをしてるんだけど。
          オリに動画は期待してないしボケ云々基準は貴方の基準なだけなので必要ない情報。

            • M-KEY
            • 2016年 4月 03日

            GH4+14-150mmで動画撮影中にズーミングでのピントはどうでしょうか?
            ボケ量が要らないならムービーは2/3〜1/3型の方がいろんな面でメリットが大きいです。
            わざわざMFTやスーパー35mmで動画を撮るのは、ボケ量≒空気感を求めているからでしょう。
            レンズ一体型4/3黄のDVX200が人気のようですが、どうなんでしょうかね?

            • 匿名
            • 2016年 4月 03日

            GH4を出してるのは時間制限とかないのと動画に特化出来てる機種だからでm43だからって話じゃないんだけどね。
            後は値段が安くなってるから選択肢としてはありだろう。
            ボケを求めるなら1DXm2でも買えばいいだろうと(値段も無視して)

            • M-KEY
            • 2016年 4月 03日

            >時間制限とかないのと動画に特化出来てる機種
            >値段が安くなってる
            それならAX55とかWX990Mあたりで問題ない訳で
            MFTであるGH4を使う理由が見当たりませんね。
            「APS-C機のF6.3よりは望遠域のボケ量は大きくなる」が
            単板の1/3機よりもSN比がいいのともにRX10で動画を撮る理由の一つです。

            • 匿名
            • 2016年 4月 03日

            中途半端にプロ意識持ってる人の映像なんか興味なくて、
            自分の好きなように映像作る人たちにとってGHは結構いい機種。
            いろいろ拡張もできるし。

            • 匿名
            • 2016年 4月 03日

            スチル機や民生機はAFできますがプロのビデオ屋の人たちはMFですからある意味すごいと思いますけどね

            • 匿名
            • 2016年 4月 03日

            >AX55とかWX990Mあたりで問題ない訳
            じゃそれでいいんじゃね?

            言うだけ無駄だろうけど誰もがボケ基準でものを選ぶわけじゃない。
            動画の話しだけどスチル機の話しでもあるんで値段とサイズ的にGHを出しただけで。

            • 古参者
            • 2016年 4月 03日

            RX10がレンズ一体型のスチル/ムービー兼用機として優れており
            α6300に高倍率ズームを付けるのとボケ量でも匹敵という話だろ?
            何の説明もなく望遠が不要ならGH4なんて言われても唐突。
            GH4に30分縛りがないのは知らなかった。
            ムービーでMFTを選ぶ理由にボケ量は大きいよ。

      • 襤褸猫
      • 2016年 4月 03日

      最早FZ1000後継機に期待>動画の30分縛りの無い1インチ望遠機。パナなのになして30分縛りにした…それが無ければ最強の学芸会用ムービーカメラなのにw

      なお、GF1が出ている頃だと動画の長回しが出来るのがパナ位しか無く、単焦点で動画を取る方法が極めて限られていたせい、というのが個人的理由。今は好きな画素大きさ(≒被写界深度コントロール)の機種を使えば宜しいかと。

        • M-KEY
        • 2016年 4月 04日

        FZ1000、9万円くらい売り出されましたが、今は5万円台と安くなっていますね。
        たしかにコレで30分縛りがなければ、価格も含めて最強のファミリー向けムービー!
        しかし(ソニーも含め)国内向けは日本語以外の言語が使えない仕様なので
        30分縛りなんて不要な気がするのですがねぇ・・・

        • Ken
        • 2016年 4月 04日

        ボケがいらないなら普通のムービー専用機買えばいいのでは?
        当然、30分縛りはないし
        毎年新型出るから型落ちならかなり安いし。
        結構前にパナソニックの3CCDを4万円で買ったけど
        子供にイベント撮るくらいなら充分です。

        やっぱり動画専用民生機と
        スチルカメラの動画ではかなり画質が違うんですか?

          • 襤褸猫
          • 2016年 4月 05日

          違うと言えば、まぁ別物ではあります、デジカメ動画とビデオカメラでは。
          利便性ではビデオカメラが圧倒的優位、私もガングリップザクティ(アレはデジカメだろという意見は聞こえませんw)も使っていますから。
          ビットレートの違いもあるのですが、解像度も一眼カメラの方が殆どの場合上なので、高精細なのはデジカメ動画ですね。一般的なビデオですと色がどぎつい、というのもありますが。

コメントは利用できません。

「R」のオレンジつながりドレスアップ–RX1R II(デジカメWatch)

ソニー、Eマウント望遠Gレンズ & 50mm F1.8を海外発表(デジカメWatch)

最近のコメント

  • User Avatar2018年3月のMap Cameraデジカメ売上ランキング(デジカメWatch)へのコメント(04/20 10:40)
    →>レンズ交換できるけど『システムカメラ』として考える部類のカメラなんでしょうか? ニコンがシステムカメラだと言っているねhttps://www.nikon.co.jp/news/2011/0921_nikon-1-brand_04.htm
  • User AvatarM-KEY2018年3月のMap Cameraデジカメ売上ランキング(デジカメWatch)へのコメント(04/20 09:57)
    →「同じシリーズなのに製品ごとにバッテリーが違うのはシステムカメラとしては致命的です」 百回くらい読んでからレスしてもらいたいですね。 一度リリースしたら未来永劫バッテリーの変更はままならん!なんて言ってません。 技術の進歩、要求性能の変化、法令などの環境に合わせて、 しかるべきタイミングでバッテリーが更新していくのは仕方ないというか ユーザーメリットにもつながります。 NIkon 1は互換性への配慮が足りず、システムカメラとしては落第、 その一つの例としてバッテリーをあげました。 ま、不変と言いつ長年のユーザーでさえ互換性に悩むFマウントのメーカーですから メインストリームでないNikon1に望むのは酷かもしれませんが・・・
  • User Avatar2018年3月のMap Cameraデジカメ売上ランキング(デジカメWatch)へのコメント(04/20 08:46)
    →Ken爺は「ベット」とか「カメラバック」とか「ビビット」って書くんだねw
  • User Avatar子供をキレイに撮るたったひとつの冴えたやり方(その2)(デジカメWatch)へのコメント(04/20 08:44)
    →タイトルと乖離した内容の漫画ですねえ(笑)
  • User Avatarken2018年3月のMap Cameraデジカメ売上ランキング(デジカメWatch)へのコメント(04/20 08:03)
    →ではスパンの話。 四年でフルモデルチェンジするフラッグシップ機と 一年半でフルモデルチェンジした1型機に 相対的な時間の流れを当てはめるのは意味がないのでは? カメラユーザーは千差万別いてたとえばV2から始めてV3に買い替えたユーザーと D3sから始めてD4に買い替えたユーザーとでは1.2年でバッテリー変わっちゃたのは同じで『いや〜、D3sのバッテリーはD2Hから8年も経ってるから変わって当然!』みたいなこと言われても予備バッテリーを買い替えしなきゃいけないのは変わりありません。 α(ホームページはバッテリーの対応機種調べるのに非常に見にくい!)にいたっては現行機種で同じような種類なのにバッテリーが違うのだから、こっちの方がM-KEYさんのいう『バッテリーが変わるのはシステムカメラとしては致命的』に当たるんじゃないでしょうか? wからZになった持ちが良くなったそうですが、互換性を持たせることはできなかったのかな?バッテリー設計技術じゃないからわからないけど。 (ニコンのD7000のバッテリーは互換性持たせながらちまちま良くなってる) 話を始めに戻すとバッテリーがコロコロ変わるのはそのシリーズを買い替えたりして愛用しているユーザーからとっては非常に不便であり経済的にも痛くなります。 ただそれをカメラ一個体の評価として『致命的』と言っちゃうのはどうか?ということです。 そもそもVシリーズは各個体を同時に持ち歩いたり レンズ交換できるけど『システムカメラ』として考える部類のカメラなんでしょうか?
  • User Avatarken2018年3月のMap Cameraデジカメ売上ランキング(デジカメWatch)へのコメント(04/20 01:33)
    →匿名さん アグレッシブに写真撮影してると落とす可能性は結構高いんですよ。 精密機械だからと言って機材に余りに気をかけるのは撮影条件に自ら壁を作ってしまいます。 (ガサツに扱っていいわけではない) だから充分注意するけど事故は少なからず起きてしまう。 まあベットの上でゴロゴロしながらカメラいじって悦に入ってる方々は落とすなんて考えもしないでしょうが。。。(それもカメラの楽しみ方のひとつですが) 使用時はわりかしハードに!終わったら優しくメンテナンスが僕個人のやり方です。 F5のときは僕の不注意だったけど。
  • User AvatarM-KEY2018年3月のMap Cameraデジカメ売上ランキング(デジカメWatch)へのコメント(04/20 01:25)
    →ソニーのEマウント機は小型軽量を重視しすぎで強度は二の次のようですが ミラーレス化=強度不足ではなく、むしろフランジバックが短い方が有利です。 別に現行のFX用レンズの全てをミラーレス用に刷新する必要はありません。 新マウントは12-24mmF4、24-85mmF4、Fisheye 16mmF2.8があれば当初は十分、 Fマウントの24-120mmF4や70-200mmF4、Micro60mmF2.8は比較的設計年次が古いので マイナーチェンジでAF-P化すればマウントアダプターで対応できます。
  • User Avatarken2018年3月のMap Cameraデジカメ売上ランキング(デジカメWatch)へのコメント(04/20 00:51)
    →もう一度書くけど 法律の権は解決でよろしいのでしょうか? スパンの話に流れる前に決めときましょう。
  • User AvatarM-KEY2018年3月のMap Cameraデジカメ売上ランキング(デジカメWatch)へのコメント(04/20 00:44)
    →落下時の壊れやすさについては 経験上、自重の軽いカメラの方がダメージは少ないと感じています。 スポーツなどでカメラのパワーが必要で、縦位置の頻度が高いなら D5や1DX、D850やEOS 5Dmk4にバッテリーグリップが必要でしょうが D5や1DXのサイズや縦位置グリップは私の用途にはナンセンスです。 手持ちはもちろん、三脚使用時にも縦位置だと重心がセンターポールから 離れる為に安定性が悪いので銀塩時代もF4やEOS-1はバッテリーグリップ (ブースター)無しが基本でしたし F5を買ったもののメイン使用機はもっぱらF100でした。 デジタルになってもD2XよりもD200を多用、高感度対策でD3を買っても 結局はD300を多用し、D3Xでなくα900を選びました。 (D700がD3と同時発売なら迷わずD700を買っていたでしょう) 単に解像度や高感度特性、超広角が必要というなら、 35mmフルであってもコンパクトな方が優位だと考えていあmす。
  • User AvatarM-KEY2018年3月のMap Cameraデジカメ売上ランキング(デジカメWatch)へのコメント(04/20 00:22)
    →互換性を保ったままで改正電気用品安全法に適合できたかもしれませんが 登場から8年経っており、 使用機種もD2H、D2X、D2HS、D2XS、D3、D3X、D3Sと変遷していれば、 新型に替わっても(同じ理由でEN-EL3系もEN-EL15にチェンジ)納得できますが、 Vシリーズは機種ごと、それも1年半に満たないスパンなので比較になりません。 ソニーにかんしても、2013年11月にα7/7Rが発売されてα9までに4年、6機種出ており 「製品ごとにバッテリーが違うのはシステムカメラとしては致命的」 にはあてはまらないのですが、これにかんしてはα7IIで変更すべきだたったと思います。 それにWバッテリーをキャリーオーバーされて予備電池を大量に持つよりは Zバッテリーで半分の個数で済む方がユーザーメリットははるかに大きく バッテリー変更を歓迎する声は多いですが、非難する声はほとんどありません。 Nikon 1のバッテリーをソニーEマウント機にあてはめるなら NEX-5はFM500で出して、NEX-5Nで新型バッテリーに NEX-6でNEX-3などと同じFW50にして、α6000でFZ100にして 同時にα5000も未知のバッテリーにするような感じです。
  • User Avatar2018年3月のMap Cameraデジカメ売上ランキング(デジカメWatch)へのコメント(04/19 23:55)
    →しかし巷にはカメラを落とす話があふれているが、なんで落とすかね。あまりに機材の扱いが杜撰すぎやしないか。ガサツな輩はカメラなんて精密光学機器を扱うのやめたほうがいいよ。
  • User Avatarken2018年3月のMap Cameraデジカメ売上ランキング(デジカメWatch)へのコメント(04/19 23:17)
    →岩清水さん カメラを何度も落としちゃダメですよ! ストラップをちゃんと首からかけなきゃ! まあ個人の機材なので誰に謝る必要はないけど。 でも雪山でネックウォーマーしてて暑くなったので外した瞬間 首からストラップでかけてたF5が凍った雪の上に飛んでいったトラウマが。。。 マウントイカれました。
  • User Avatarダブルカメラを搭載した低価格モデル――HUAWEI nova 2(デジカメWatch)へのコメント(04/19 23:08)
    →天体写真のタイリングは、解像度があがる訳ではなく、多数の画像の中から、シンチレーションの落ち着いた部分を取り出してつなぎ合わせてる。 だから、同じ多数の画像から合成するなら、2/3インチのカムコーダーで口径5cm程度の望遠鏡で撮ったものよりは、20cmシュミカセにSuper35のシネカメラで撮ったものをタイリングした方が遥かに高分解能、高解像度。タイリングは、寧ろシンチレーションの影響の大きい大口径シュミカセの方が効果がわかりやすい。 あと、連星や球状星団の個々の星の分離は小口径の望遠鏡で小センサーで撮ったものは、いかに多くの画像をタイリングしても大口径の望遠鏡にAPS-C以上のセンサー撮ったものには絶対に歯がたたない。
  • User Avatarken2018年3月のMap Cameraデジカメ売上ランキング(デジカメWatch)へのコメント(04/19 23:06)
    →もちろんミラーレスになったも 今あるレンズ資産を活かせるFマウントの固執してます。 僕の場合、解放1.4とか短いフランジバックによる小型化とかは 大三元レンズ全て買い替えというリスクに比べれば 全く必要ありません。 でもZマウントになっちゃうんですよね。 それで高級Fマウント保持者がどっかに行っちゃわなきゃいいけど。 新しく揃えるなら他社でも費用的に変わらないだろうし。
  • User Avatarken2018年3月のMap Cameraデジカメ売上ランキング(デジカメWatch)へのコメント(04/19 22:12)
    →岩清水さん よいかどうかは僕に判断権はありませんが 間違ったことをしたのに気づいたときに正直に謝るというのは 社会人として正しいと思います。 (ある意味、岩清水さんをダシに使ったようで申し訳ありません) あと話題転化として持ちうる知識(及びググったデータ)を駆使して 全くベクトルの違う方向に話を持ってって 絶対に自分の過ちを認めないという方法もありますぜ!
  • User Avatarken2018年3月のMap Cameraデジカメ売上ランキング(デジカメWatch)へのコメント(04/19 22:03)
    →え〜っと 法律の件は解決でいいのかな?
  • User Avatar襤褸猫ダブルカメラを搭載した低価格モデル――HUAWEI nova 2(デジカメWatch)へのコメント(04/19 21:59)
    →逆にラインスキャンが可能な物はそれで対応、天体向けなんてどっちにしても一品物なので、センサーアレイで対応、複数視点合成は仕事で散々恩恵を受けているので(SfM万歳)画像合成もまだまだ進化するでしょうし、そこまで大型センサー万歳、となるの?とも思いますが。 美術品も天文もマルチスペクトルの有難味が大きい世界なので、小型+バンドパスフィルタでアレイ組んで撮影、もあり得ます。 GMと同じ以上の能力があって重さ100g、とかなら私も乗り換えますも、仕事カメラ。
  • User Avatar襤褸猫4K対応マイクロフォーサーズシネマカメラなど、展示会に見る動画機材のトレンド(デジカメWatch)へのコメント(04/19 21:48)
    →値段は本体価格こそ安いですが、メディアにそれなりにかかり、4Kで撮影フローを組むならPCもそれなりのスペックが必要なのでそこそこな出費に。 でも、50万でとりあえずのワークフローが出来、Davinchi resolveが手に入るからそれなりに魅力ではありますが。 GH5SというかGHシリーズはmp4で撮影が出来るのでさっと録るYoutuberなんかは完結できるカメラとしてパナを買う気はします。 まぁ仕様も、工業製品と手工品の差があるらしいですが、ブラックマジックデザイン製品は。熱対策は某メーカーと違ってしっかりやっているかもしれませんが、その辺はパナは絶対的な信頼がありますし。
  • User Avatar2018年3月のMap Cameraデジカメ売上ランキング(デジカメWatch)へのコメント(04/19 21:28)
    →D3100を落としたが、キットズームが曲がっただけで本体は無傷だったよ。
  • User Avatar岩清水2018年3月のMap Cameraデジカメ売上ランキング(デジカメWatch)へのコメント(04/19 21:06)
    →初代EOS-1Dを何度か落としましたが傷がついただけで本当に丈夫なカメラでした。D800を落としたらマウントごとレンズが取れました。
  • User Avatar2018年3月のMap Cameraデジカメ売上ランキング(デジカメWatch)へのコメント(04/19 20:39)
    →既存のミラーレス用のEVFは糞だね。今となっては画素数で負けるが3.5インチ液晶使ったシネカメラ用のEVFを知っているとトーンの再現が滅茶苦茶でソニーを中心に糸巻歪曲が目立つ0.5~0.7インチクラスの豆粒液晶を宝石鑑定ルーペよりも安っぽいアイピースで拡大してるEVFなんて無理だね。あのレベルじゃとてもOVFに取って代われるものではない。

アーカイブ