デジタルカメラ情報サイト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

プロファイルコントロールと新インターフェイスがもたらしたもの–OLYMPUS PEN-F(デジカメWatch)

【ミニレポート】
プロファイルコントロールとは何か
クリエイティブマインドを刺戟する自由度の高さ
by 礒村浩一

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (16)

    • 匿名
    • 2016年 4月 14日

    > RAW現像時の作業に近いものを、カメラ内で完結させてしまうことが可能だ。

    いや、それは自宅のPCでやろうよ。
    記事を読むとキヤノンのピクチャースタイルの方がまだ実用的にみえる。

      • ネガティブD800ユーザー
      • 2016年 4月 14日

      ホント同感。

      こんな専門知識も要りそうな面倒なことを、ファインダー覗きながらorモニター見ながらチマチマやらせようなんて、「作品づくり」と称して同じところに仁王立ちで居座り他の観光客とかの邪魔になる迷惑カメラマンが増える予感しかしない。

      他人様の迷惑にならないようRAWでササッと撮って、作品づくりは帰宅してからゆっくりじっくりキャリブレーションをしっかりしてあるモニターでする方が周りの人達に優しいんじゃないだろうか。

      それに別のスレでも書いたけど、PCとカメラ、両方のモニターで同じ色に出せるようセッティングしてあるならともかく、合ってないことの方が多いカメラ側で追い込みなんて、個人的には無駄な作業にしか思えない。

        • 匿名
        • 2016年 4月 14日

        >「作品づくり」と称して同じところに仁王立ちで居座り他の観光客とかの邪魔になる迷惑カメラマンが増える予感しかしない。

        貴方が普段そういう事やってるからそう思うんでしょうけど、迷惑とかは機種や機能に関係なく使う側の問題ですよ。

        三脚使うと同じところに仁王立ちで居座り他の観光客とかの邪魔になる迷惑カメラマンが増える予感しかしない。
        だから三脚なんて必要ない、無くなればいいなんて言ってるのと同じで使う側の問題だってのはわかりそうなもんだけど。

        ここ最近急にネガにキャンキャン言うのが増えてるけど春だから?

          • 匿名
          • 2016年 4月 15日

          ネガティブの文章のどこをどう読んだらそんなレスになるんだ?w
          ろくに読解力も無いのにキャンキャン噛み付く輩が増えてるが、春だからか?

        • 匿名
        • 2016年 4月 14日

        考え杉

        • 匿名
        • 2016年 4月 15日

        そのスレでそういうのはプロ機でって書いた匿名だけど
        レフ機でも例えばFヒトケタとか1Dsみたいな明確なプロ機でも
        背面液晶のキャリブレーションまではやってないんじゃないの?
        もちろんOVFだから元々キャリブレーションの必要性が薄いんだけど
        EVF/ミラーレスだからって必要になるとも思えないんだよな
        (あっちで本当の需要と書いたのはそういう意味)

        この機能もフードポルノとかを撮るような人らが
        ちょっとテーブル上で画像いじって見せあいっこする用の機能じゃないの?
        そんな誰でも何でもプロ基準でやる必要はないと思う

        あとはもしかしたらiPad Proみたいなデバイスで
        結果表示しながら現場で追い込むみたいな可能性はあるのかも?
        プロの現場とか知らんから何とも言えんが
        個人ブロガーとかフリーライターには需要あるのかもしれんよ

          • ネガティブD800ユーザー
          • 2016年 4月 15日

          自分は残念ながらデジタルになってからはフラッグシップ機は使ったことがほとんど無いのでわかりませんが、おそらく少なくともD3までは液晶モニタの調整は明るさのみで、色の調整まではできなかったような?

          手元のD800とD200ベースの富士S5proとD80も明るさ調整だけですね。

          D750は色調整機能がついて、「やっとか!」と思いました。
          すぐにチャート見本を撮ってEIZOのモニタと突き合わせて調整しましたよ。

          基準露出値やWBの微調整なども調整してかなり近づけることができ、今までのような「カメラのモニタでバッチリと思ってたのに帰ってPCで見るとガッカリ」が激減しました。(それでも100%完璧にとはいきませんが。)

          そうですか、そういうズレやバラツキを気にしない人の方が多いんですかね。

          もっとも、こういうことが気になる感覚というのにプロかアマかというのは関係無いとは思いますけどね。

          フィルム時代でもプロよりも発色やフィルム選び、機材選びにこだわるアマチュアはいましたし。

          自分もプリントショップでバイトしていた時代、同時プリントと違う日に焼き増しプリントを注文されたお客様に「なんでこの前と色が違うんだ!」とお叱りを受けることはよくありました。
          逆に同じ日でも自分が見ると「あちゃー、さっきと違ってるなー」と感じてお客様に「前とちょっと変わっちゃいましたけどよろしいですか?」とお聞きしても「え?そうなの?」ということもよくありました。

          そういう経験上、アマチュアだからキャリブレーションの必要性は「無い」とは思えないんですよね。
          どんな世界でもそうだと思いますけど、プロでもわからない人はわからないし、アマチュアでも気づく人は気づく。

          今までは「そういう機能自体が無いからできなかった」のであり、「元々無いからやれない」のと「機能があっても使わない」「あるなら使う」という選択ができるのとではかなり違うのではないかと。

          とはいえ、これは私個人の考えなので、他者に押し付けることはできませんね。

            • 匿名
            • 2016年 4月 16日

            >手元のD800とD200ベースの富士S5proとD80も明るさ調整だけですね。
            >D750は色調整機能がついて、「やっとか!」と思いました。

            ペンタックスはK-7の時代から色調整が装備されてますよ。
            ニコンはD750以前にD4Sで搭載。

            ペンタックスK-1は外光の状況に合わせてワンタッチで
            調整できるアウトドアモニターという機能を新設して、
            また一歩先を行く感じです。

          • ネガティブD800ユーザー
          • 2016年 4月 15日

          連投失礼。
          長くなったので別枠で。

          同じカメラのEVFと液晶モニタ同士での同期というか、明るさ・色合わせはやっぱりできた方がいいと思います。

          それと念のためですが、自分はEVFを否定してはいません。

          むしろ

          ・晴天下などで背面モニタが見えづらい時
          ・ピクチャコントロールやアートフィルタ、モノクロ撮影などの仕上がりが事前に見える

          というメリットは素晴らしいと思い、レフ機にもオプションで着けられないものかと思うくらいです。
          富士のXシリーズ上位機のハイブリッドファインダーのレフ版が出たら最高ですね。

            • 匿名
            • 2016年 4月 15日

            アクセサリシューに付けるようなやつで背面液晶の内容をそのまま映すEVFは今すぐにでも対応可能じゃないですか?さらに欲言うならソニーがα7用の外付けHD解像度モニタもあったらいいですね。

            • 古参者
            • 2016年 4月 15日

            http://www.sony.jp/ichigan/products/CLM-FHD5/spec.html

            • 匿名
            • 2016年 4月 16日

            連投だったので下の方に書くけど
            機能があるかないかで言えばまああってもいいよね
            だけどそれがコストに跳ね返るようなら
            一部を除いたアマチュアにとっては無用じゃない?って話

            まあ俺はドシロートなんで
            家でモニタ見てガッカリ、という経験がそんなにない
            (そもそもそこまで追い込んだ作品を撮らない)から
            プロとかコダワリ派の人達とはまあ感覚も違うだろうけど
            そういう声がこれから大きくなってくれば
            背面液晶の精度も上がってくるのかもしれんね
            大きくなればだけど
            (皮肉とかではなく、うまく想像できてないだけ)

            • ネガティブD800ユーザー
            • 2016年 4月 16日

            わかる話です。

            カメラに限らずあらゆる物事で起こること、自分も興味が薄いものに対しては同じ感覚になるでしょう。

            例えば自分は自動車は好きですが、クルーズコントロールは使ったことが無く、標準装備されてたら「要らないからその分安くして」と思います。(笑)

            ただ、液晶モニターの調整機能は、とりあえずニコンではD750に搭載されました。
            高級機でなく入門機に近い中級機に搭載されたということは、今後の新機種にも載る可能性は高いでしょう。(D5やD500は未確認。)

            なぜ今まで無かったものが搭載されたのかは、やはりそれを望む声が無視できないレベルまで大きくなっていたからだろうと推理するのは、決して不自然なことではないと思います。

    • 匿名
    • 2016年 4月 14日

    あらためて、このゴテゴテであっちこっちから寄せ集めたようなデザインは好きになれないな。
    ダイヤル加工とかに金かかってるんだから、値段が高いのはしょうがない的な記事を誰かが書いていたけど「金のかけどころ間違ってるから」と言いたいわ。

    • M-KEY
    • 2016年 4月 14日

    ゴテゴテやメインスイッチの場所もそうですが、いくら優秀な手振れ補正があっても
    E-M1、E-M5II、PEN-Fの操作部が全部バラバラと、操作ロジックがブレブレですね。
    もういいかげんに基本の操作体系を整えて欲しいです。

    • 匿名
    • 2016年 4月 15日

    まあ、こういったオマケ機能ってのは最初だけで、結局使わなくなるのがオチ。
    オリの技術者もそんなことわかっちゃいるけど、経営陣と営業がそれを許さない。
    何かキャッチーなのを付けろ、と。こんなことやってるヒマがあったら、
    RAW現像ソフトの使い勝手をさっさと改善して欲しい。
    それにしても、くだらないライターだな、不要だ。

コメントは利用できません。

sd Quattroに人気が集中!シグマ「新製品体感イベント」(デジカメWatch)

待望の35mmフルサイズ 注目機能を詳しくチェック–PENTAX K-1(デジカメWatch)

最近のコメント

アーカイブ