デジタルカメラ情報サイト

待望の35mmフルサイズ 注目機能を詳しくチェック–PENTAX K-1(デジカメWatch)

【新製品レビュー(外観・機能編)】
引き締まった小型ボディは健在
645Z譲りの握りやすいグリップ形状
静粛なシャッター
視野率約100%のペンタプリズムファインダー
透過型液晶スクリーン
フレキシブルチルトモニター
撮影環境に素早く適応できる「アウトドアモニター」設定
暗所撮影を助ける「アシストライト」
新搭載の「スマートファンクション」ダイヤル
ユーザー設定可能なコントロールパネル
ボタンの配置とデザインの変更
動体補正オフが追加されたリアル・レゾリューション・システム
明瞭コントロール/肌色補正
画質に余裕をもたらす3,640万画素。素晴らしい高感度性能
レンズシステムの現状
DAレンズでK-1を使うのはアリか?
満を持して投入された“フルサイズ”
by 大高隆

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (55)

    • 匿名
    • 2016年 4月 14日

    K-1のあと、645がどうなるかが気になります。
    値段をぐんと上げてもフル中判(?)にするのか、それとも645Zと同じ素子サイズでモデルサイクルをより長くして地味に継続するのか。。。
    やめないけど、新型ださないってのはやめてほしいなあ。

      • 古参者
      • 2016年 4月 14日

      例のソニーの1億画素センサーの新型が出るんじゃね?
      ハッセルの半額くらいで。

      • 匿名
      • 2016年 4月 14日

      サイクルは伸びたとしても
      ペンタックスは645やめないでしょ。
      30余年続けたマウントに対する責任を
      本気で背負ってしまう風土。

        • 雇われ息子
        • 2016年 4月 14日

        >30余年続けたマウントに対する責任を
        >本気で背負ってしまう風土。

        67は?

          • 古参者
          • 2016年 4月 14日

          http://store.ricoh-imaging.co.jp/g/gS0038454/

            • 匿名
            • 2016年 4月 14日

            開放測光できるからね、これ。使い勝手としては67と変わらない。便利だよ。

            まあ、ペンタにとってのフラッグシップは67であるわけで、環境が整ったら67Dを出してくれることに期待しよう。

            • 匿名
            • 2016年 4月 14日

            67のレンズを使って645で絞り優先AE使えるの?
            このクラスでそういうサポートがきちんとされてるって案外凄いこと。
            元中判ユーザーでも35㎜フルでそこそこ満足できる時代だけに、
            中判を2ラインやるのは難しいだろうね。
            現実的には無理でも、中の人はきっと気にしているんじゃないか、
            そんなことを思わせるのもこのブランドの特徴かも。

            • 匿名
            • 2016年 4月 15日

            絞り優先AE使えるよ。アホなんじゃないかと(褒め言葉)思いながら、75/2.8買うだけで645Zのシステムが完成して助かった。儲からないユーザでごめん。
            元中判ユーザよりも、厳しいのがデジタルから入ったAPS-C/135ユーザの存在じゃないかな。なぜだかステップアップしないよね。645Zを見たとき、これ、Kで画質が足りないって言ってるヤツは全員買うだろぐらいに思ったんだけど、さっぱりだった…。最高のボディ、最高のレンズを揃えても、ダメだったんだよ…。

    • 和久
    • 2016年 4月 14日

    試作品すら売りさばけるのか疑問。
    ラミレス一丸レフカメラじゃないなんて時代遅れ。

      • ボーエンだよ ボーエンだよ ワイドだよ
      • 2016年 4月 14日

      現行レンズラインナップから察するに、レンズ資産をお持ちの方以外が、キヤノニコ&SONYカラに乗り換えるとは到底思えませんネ。
      営業的にはかなり苦戦を強いられそうです。

      また、その現行レンズラインナップは、たとえばAPS-Cですが、バリバリ最新レンズを揃えたフジなんかと比較してもかなり劣ります。3600万に耐えるレンズがどれほどあることか。

      • 匿名
      • 2016年 4月 14日

      >ラミレス一丸

      DeNA球団のこと言ってるのか? 一丸となって頑張ってほしいよw
      「ラミレス一丸レフカメラ」・・・横浜球場専用だね。

      • 匿名
      • 2016年 4月 15日

      春休みはもう終わっただろうに・・・
      進学できなかった子かな?

    • 匿名
    • 2016年 4月 14日

    いまや一眼レフを設計製造できるメーカーは限られている中で、
    NともCとも違う独自性があるし、立派なモノだと思う。

      • 匿名
      • 2016年 4月 15日

      かつての最も売れたアサペンだからな。
      一眼レフの隆盛を確立させたわけだし、
      うちこそが一眼レフのパイオニアだという
      自負はあるだろうさ。
      古いレンズでも手ぶれ補正付きで、
      当時と同じ一眼レフファインダーで使え、
      場合によってはLVでも使えるし
      素直に存在を喜べるいい機種と思うよ。

        • 匿名
        • 2016年 4月 15日

        M42レンズでAE、手振れ補正できるんでしょ?
        神対応だよね。

          • 匿名
          • 2016年 4月 15日

          随分と安っぽい神様だな。
          そんなのペンタックスの従来機種でとっくに対応しているし、「M42をフルサイズで」という限定付きでもすでにソニーα7のIIシリーズで実現済み。

            • 匿名
            • 2016年 4月 15日

            アルファじゃ意味無いの。
            ペンタックスの光学ファインダーで使えてこそだよ。

            • 匿名
            • 2016年 4月 15日

            >ペンタックスの光学ファインダーで使えてこそだよ。

            非常にマイナーな意見。

            • 襤褸猫
            • 2016年 4月 16日

            ペンタックスはまともなファインダーを作ってくれますからね。
            それでオールドレンズで手振れ補正が効いて、極高感度(フィルム時代からしたらISO12800なんて魔法レベルw)が使えるんですも、神。
            ただし日本には八百万の神が居ます。w

      • 匿名
      • 2016年 4月 15日

      ビジネスでやってるのだからもっと売れた方が良いに決まってるだろうけど、ペンタの独自性というのは今のポジションにあるからこそ生まれてくるんだろうな。
      ずっと上の方でシェア争いをしてるブランドになってたらもっと幅広いユーザーに迎合して、このような形には発展してこなかっただろう。
      本体であるリコーもカメラメーカーの一翼としてそこの部分をよく理解してるし、HOYAのままだったら今頃どうなってたか分からんよね。

        • 匿名
        • 2016年 4月 15日

        リコーで良かったよね。
        元々Kマウントファミリーだし。

        • 匿名
        • 2016年 4月 15日

        645Dを積極的にすす他のがHOYAだってのを忘れたらいかんよ。
        会社の命を繋いだのも彼らだしね。

          • 匿名
          • 2016年 4月 16日

          医療分野の匂いを嗅ぎつけて、寄生虫のように美味しい所だけ頂いた後はもう要らない子だからリコーさん面倒見てよ。。。という経緯にしか見えなかったが?

            • 匿名
            • 2016年 4月 16日

            売り払うにしても、企業価値を高めないと売れない。さすがに金をどぶに捨てるようなことは許されないからね。
            価値を高めるための方策が生産体制の見直しや645の推進だった。会社の経営は慈善事業じゃないからね。

    • 匿名
    • 2016年 4月 15日

    いずれにしろK-1投入が、ペンタ(リコー)の撤退を早めることになったな。
    みんなもっとハッキリ言えばいいじゃないか、これは売れん、と。
    残念なことだが、これが現実。

      • 匿名
      • 2016年 4月 15日

      未発売の製品disってこれが現実とか何言ってんだか

      K-3後継機でこのままやっててもいずれジリ貧だろう
      それに俺はこういう細部に神経の行き届いた
      開発者の顔が見えるような製品は好きだから
      販売数がどうなるかは未知数だけど
      売れて欲しいという希望の方なものはある

      てかお金があれば俺的初フルサイズ機になってるとこだけど
      今は無理だ・・・

      • 匿名
      • 2016年 4月 15日

      売れる売れないは別としてNCと違うのは手ぶれ補正がボディ側にあること。銀塩機でも手ぶれ補正できるようにするにレンズ側に手ぶれ補正が付いているんだろうが、いまさら銀塩機を使っている人がほとんど皆無だから、手ぶれ補正はボディ側にあるべき。

        • 匿名
        • 2016年 4月 15日

        光学ファインダー機は そのボディ内手ブレ補正の効果が実感できないのがデメリット。まあ実写ではブレが軽減されているんだろうけど、超望遠系では覗いている画面は揺れている。
        ソニーがα99で光学ファインダーを捨てたのは その点もあるのだろう。EVFならボディ内手ブレ補正の恩恵をフレーミング中でも実感できる。

          • 匿名
          • 2016年 4月 15日

          Eマウントでも出来ることを、
          せっかく一眼レフが成立させられるAマウントで
          同じことやってもね。
          ミノルタの技術者がいなくなり、一眼レフが設計出来なくなっただけだろ。

            • 匿名
            • 2016年 4月 15日

            ソニーは一眼はもう作れないのかな?Aマウントは開店休業状態だけどやめるにやめられずというところかな。だったらAマウント機は思いっきりマニア向けにしてみたら?プロ向けでなくマニア向け。50万でも買うだろう。ファインダ倍率を0.8倍とかにするとか、スプリットプリズムを復活させたり。EVFとのデュアルファインダーとか。TLMはやめたほうがいいだろう。レンズはプレミアな24、28、35、50、85の単焦点を新設計する。俺なら飛びつくぞ。

            • 匿名
            • 2016年 4月 16日

            ほんとにそうですね。
            Aマウントの価値、つまりEマウントでは出来ないこと、
            まさしく光学ファインダーですよね。
            やっぱり難しいんですかね一眼の設計って。
            ソニー自身、ビデオカメラでEVFはさんざんやってますから、
            そちらの方が手っ取り早いのは分かりますが、
            一度やめると出来なくなるのがこの手の技術。

            ペースは遅いけれど、着実にやってくるペンタックス。
            一眼レフの先駆者アサヒペンタックスをルーツに持つだけに、
            おそらく最後まで一眼レフにこだわり続ける気もします。

      •   
      • 2016年 4月 15日

      看板機だから固定相のマニアが買う分で利益が出る値段にしてるのじゃ。
      もともとコレで数裁くつもりなんぞ無いだろう。

      • ken
      • 2016年 4月 16日

      LXみたいにメーカーの象徴フラッグシップとして長~く販売したりして。
      小銭はK-3以下のシリーズで稼いで。
      。。。稼げないか。。。

      でもペンタがこういうカメラを出してくれた意気込みは好きです。
      ニコンから移動はできませんが。。。

        • 塞翁
        • 2016年 4月 16日

        その感覚、同じです。
        私もニコンメインで、すぐにK-1を買うのは無理ですが、
        素晴らしい意欲作を見ると応援したいし、
        嬉しい気分になります。

        LX懐かしいですね。
        あの頃は、一眼レフのパイオニアというのが、
        旭光学の枕詞みたいでした。

        • 匿名
        • 2016年 4月 16日

        私もニコン(とオリ…)使ってますが、ペンタックスのこういう姿勢は好きですね。頑張って欲しいものです。最終的にHOYAではなくリコーに拾われたのは良かったのだと思います。
        で、だからこそソニーが気に入らないというところも正直あります。京セラはもうどうでもいいがw

          •   
          • 2016年 4月 19日

          ちょっとリコーも心配なんですけどね。
          一眼レフのPentaxを除いてしまうと、ペンタ由来の防水と現場監督モドキ、あとはGRで終わってしまう位にラインナップが縮小していしまっているので。
          せめてGRベースのズーム機位は欲しい気がする。
          他社みたいに1インチとかにまでは手が出ないとしても。
          Qを1インチで仕切りなおしてニコ1と互換性を持たせてくれると、嬉しいんだが。

      • 匿名
      • 2016年 4月 16日

      ここに居るような連中が買うだろうカメラなのに誰も買うという奴が居ないのが現実だろうね。
      ペンタは素晴らしいなんて言ってても口先だけなんだよね。

        • 匿名
        • 2016年 4月 16日

        K-1の登場は、私の解釈としては
        Kマウントで頑張るぞ宣言です。

        ということで安心してK-3Ⅱに行きました。
        わざわざ言う事もないですが、いろんな人がいるのですよ。
        勝手な思い込みはやめましょうね。

        • Ken
        • 2016年 4月 16日

        カメラには一眼レフ、ミラーレス、コンデジ問わず
        素晴らしいカメラはたくさんあります。
        でも個人で全部買うワケにはいきません。
        素晴らしいカメラが1台増えたことを喜びましょうよ!

          • 匿名
          • 2016年 4月 16日

          >素晴らしいカメラが1台増えたことを喜びましょうよ!

          その通り! そしてその素晴らしいカメラの光学ファインダーを覗いて撮るのも、独創性にあふれた背面液晶を使ってライブビューで撮るのも、どちらでもあっても写真を撮ることの喜びを否定しないようにしようね。

          • 匿名
          • 2016年 4月 16日

          散々あれ駄目これ駄目と言っておきながら「素晴らしいカメラが1台増えたことを喜びましょうよ!」...
          そんな上っ面だけのコメントばかり書いてるから余計に反感買うってくらいわかりそうなもんだけど。

            • 匿名
            • 2016年 4月 16日

            まあ多分反感買ってること自体わかってないんだろうね

    • 匿名
    • 2016年 4月 15日

    大高センセのハシャギっぷりがハンパないことはよく伝わってくる。

      • 匿名
      • 2016年 4月 15日

      老舗だからね。やっと揃った感はある。
      我がオリンパスはOMマウント廃止しちゃったから
      いまさら望むべくもない。
      正直、ちと羨ましいし、
      ペンタの粘り強さ(すぐに止めない)を見習って欲しい。

    • 匿名
    • 2016年 4月 15日

    誰も書かないけどソニーのセンサー工場が地震で操業停止してるぞ。この機種も初期生産分でしばらくストップか?一番影響を受けるのはニコンか?キヤノンが高笑いするような。

      • 匿名
      • 2016年 4月 15日

      あれおかしいなあ、テレビでは画像センサー工場と言ってたのに、調べるとCMOSは長崎と大分になってるな。

        • 襤褸猫
        • 2016年 4月 16日

        その後、最早余震とは言えない連続した地震によりその大分も極めて強い地震がありました。

    • 匿名
    • 2016年 4月 15日

    画素数は4000万でいいから画素ピッチが超広い(粗い)67判センサー機が出たらいいなあ。

    • 匿名
    • 2016年 4月 16日

    匿名 :
    アルファじゃ意味無いの。
    ペンタックスの光学ファインダーで使えてこそだよ。

    強く同意。
    光学ファインダーで撮ることこそ写真の愉悦だよ。

      • 匿名
      • 2016年 4月 16日

      そうだよ、光学ファインダーで撮影することが一番大事なんだよ。
      写真の出来栄え?
      そんなこと尋ねるなよ。光学ファインダーを覗くことに意義があるんだよ。
      ライカ爺がシャッター音にしびれて 寝る前に空シャッター切るのと同じ愉悦だよ。
      人生の目的は愉悦を追求することだよ。

        • 匿名
        • 2016年 4月 17日

        むむむ・・・否定できないw
        その側面も確かにあって、自分の中では結構重要だなぁ。
        ミノルタα-9のファインダー技術、もうなくなってしまったのだろうか・・・。

          • M-KEY
          • 2016年 4月 17日

          α900の修理がまだ可能なので、技術は残っていると信じたいですが・・・

            • 匿名
            • 2016年 4月 17日

            修理は最悪、部品の在庫があればできるからな
            修理技術と開発技術は全く別のもの

          • 匿名
          • 2016年 4月 18日

          光学設計に関してはEVFやHMDなんかに共通するものがあるので大丈夫じゃないかと思います。光路が長く、間に巨大なプリズムを挟む等の特殊性はありますが、「見え」を良くするにはどの要素を重視すればいいか等の知見は共通しており、それが現場に残りやすい。
          ソニーはカメラだけじゃなくプロジェクタなんかもやっているので光学部品とは親和性が高く、製造に関しても心配は少なそうです。SXRDデバイスはスケール的に近いですし、要求精度は高い。
          問題があるとすればスクリーンですかね。設計製造評価…ちょっと考えただけでもあれはかなり厄介そうです。

    • 匿名
    • 2016年 4月 17日

    この記事、視野率の評価してる?してるようには読めないんだけど。

コメントは利用できません。

プロファイルコントロールと新インターフェイスがもたらしたもの–OLYMPUS PEN-F(デジカメWatch)

全域F2のハイスペック広角ズームレンズ–AT-X 14-20 F2 PRO DX(デジカメWatch)

最近のコメント

アーカイブ