デジタルカメラ情報サイト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フルサイズ一眼はじめるなら「α7R II」と「PENTAX K-1」をチェック!(ASCII.jp)

【そろそろあこがれのフルサイズ一眼を買おうじゃないか!:第3回】
一般デジカメユーザーにおススメなのは
ソニー「α7」シリーズとリコー「PENTAX K-1」
コンパクトでエフェクト機能も豊富。幅広いユーザー層で受け入れられる「α7R II」
 プロでも、プロじゃない人でも使いやすい
 高感度撮影に強い! α7R IIの画質をチェック
 今回使用したレンズの画質もチェック!
手ブレ補正やLEDライトなどいろいろ親切装備が詰まったPENTAX K-1
 Kマウント採用でオールドレンズマニアもたまらない!?
使いやすくなったフルサイズ一眼。そろそろ購入を検討してみては?
by 周防克弥

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (16)

    • 匿名
    • 2016年 5月 16日

    あこがれているからといって、買うとは限らないけど
    そんなことやってたら、金がいくらあっても足りない

      • 匿名
      • 2016年 5月 16日

      御意。

      • 匿名
      • 2016年 5月 16日

      さもありなん

    • 匿名
    • 2016年 5月 18日

    K-1が36Mで25万、α7R2が42Mで47万。
    K-1はレフ機なのでミラー駆動機構や光学ファインダー、可動液晶などメカ・光学式なシロモノ。
    αはミラーレスなので、センサー・シャッター周りを除けばほぼ電子的なシロモノ。

    なんでα、こんなに高いの?
    ボディもどこまで行っても安っぽいし、シャッター音もパコパコだし。
    ユーザーの人には悪いが、これに47万とかガイキチ過ぎるw

      • 古参者
      • 2016年 5月 18日

      センサーが高い(事にしている)んだろうよ。
      いくら高くてもα7IIの10万高が限度じゃね?

      • 匿名
      • 2016年 5月 18日

      裏面照射型のセンサーを作るにはセンサーを薄く削る工程があってそれに高度な技術を必要でソニーしかできないのだそうだ。最初のうちはコンデジや携帯用のセンサーだけしかできないと言われていたのだが、フルサイズでも成功したようで、相当コストがかかるのかもしれない。

        • M-KEY
        • 2016年 5月 19日

        裏面照射のセンサーのコストが高いのは理解できます。
        でも、ほぼ同じ筐体のα7 IIが189,880 円+税(ソニーストア)なのに対して
        α7R II が20万円以上高い438,880 円+税というのは、いくらなんでも高過ぎでしょう。
        ま、α7S が230,000 円+税とほぼ同じ筐体のα7(134,880 円+税 ~)の
        約10万円高なのに、α7Sと同じセンサーのα7S II は418,880 円+税と
        α7 II の18万円高と、センサーの価格差とカメラの値段はリンクしていません。
        α7R II や α7 S II が割高なのか、α7 II のコスパがいいのか・・・

          • 匿名
          • 2016年 5月 19日

          > α7R II や α7 S II が割高なのか、α7 II のコスパがいいのか・・・
          4K動画対応で、内部回路の全体的な高速化や超高速バッファメモリーなどにコストをかけているのではないかと。

        • 匿名
        • 2016年 5月 19日

        なんで高感度性能が高いフルサイズでわざわざ裏面照射センサーが要るのかと

      • 匿名
      • 2016年 5月 19日

      その理屈だとD5やEOS-1D X Mark IIがなんでK-1に比べて馬鹿高いのか不思議に思ったりしないの?
      K-1のミラー駆動機構や光学ファインダーははるかに安物とでもいうのかな?

        • 匿名
        • 2016年 5月 19日

        K-1が安物とは言いませんがD5やEOS-1D X Mark IIのコストは撮影業務で酷使された場合の耐久性や信頼性の部分が大きいので、K-1とは比べられませんね。
        歴代のこの2機種はさすがに別格と感じますよ。
        αが初代機がベースのままのⅡ型で価格が倍になったという話とは全く次元が違う。

          • 匿名
          • 2016年 5月 19日

          同感。
          例えばキヤノンで1D系と5D系では、
          感触から作りから全く別物です。
          手荒く使われても写せる力、
          その信頼性にコストが掛かってますし、
          サポート代を先に回収されている面も。

          • 匿名
          • 2016年 5月 19日

          K-1に耐久性や信頼性がないって話しでいいって事だね。

          初代との値段差に関して何かいうわけではなく、レフ機工がないのに何故高いって話しで書いただけなんだけどね。

          自分は製造業に居るんでここでよく言われる~がないから安く出来る、小さいから安いだろうって当たり前に言ってるのは凄い違和感あるんだよね。
          素材価格=原価と思ってる馬鹿なんだろうかとね。
          最近のソニーの様に値段倍なんて余程根拠があるから出来る値付けで買い手圧力の強い自分のところからすればうらやましい限り。

            • M-KEY
            • 2016年 5月 19日

            K−1は、その想定の使用目的には充分なマージンの耐久性や信頼性はあるでしょう。
            むしろD5やEOS-1D X Mark IIがオーバースペック気味なのと
            法人ユーザーが多いので、サービスデポなどの経費を見込んんで
            若干高めの各区設定をしていると思います。

コメントは利用できません。

フルサイズ一眼のツートップ! キヤノン「EOS-1D X MarkII」&ニコン「D5」の極上画質!(ASCII.jp)

フルサイズ対応で約3万円! お散歩レンズにもいいソニーEマウント50mm(ASCII.jp)

最近のコメント

アーカイブ