デジタルカメラ情報サイト

最短90cm! ソニーの寄れるズームレンズ「FE 70-300mm」は手頃価格でかなり遊べる(ASCII.jp)

【ちょっと気になる! 小便利そうな周辺機器レビュー:第44回】
SEL90Gベースのデザインを採用
ブラブラ歩いて撮影してみた! 最短90cmがやはり小便利
実売価格16万円前後だが当分使う1本ならばイイ感じ
by 林佑樹

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (4)

    • M-KEY
    • 2016年 5月 18日

    描写性能はいいだろうけど、けっして「手頃価格」じゃないし、
    そもそも、SAL70300Gもコスパが良いかと言われると微妙。
    APS-C用の55-210のコスパが異常に良過ぎ,それと較べてしまうのも原因?
    それに記事内にもありますが、オプションでいいから三脚座を用意して欲しかった。
    70-200mmF2.8GMと同時発表のテレコンが70-200mmF4Gにも使えるなら
    そっちの方が欲しいですね。

    • 匿名
    • 2016年 5月 18日

    コストかかってるのは明白なんだけど、スペックが控えめだから、昔からあるダブルズームキットの望遠用みたいなものと勘違いしちゃう人も居そうだ。
    まあそれにしてもF5.6クラスの望遠ズームで手頃価格というには純正であっても自分の感覚じゃ5万円以上は高いけどねぇ。

      • 匿名
      • 2016年 5月 18日

      勘違いだよって言えるほどに、コスト差を納得させられるのかね、このレンズ。

        • M-KEY
        • 2016年 5月 19日

        Aマウントの70-400mmGは当時の400mmズームの中ではトップの描写性能でしたが
        Aマウントの70-300mmGの描写性能はは「それ以上」でした。
        SEL70300Gは、そのSAL70300Gを凌駕するのですから、描写性能は「鉄板」でしょう。
        それだけに三脚座が付けられないのが惜しいです。(90マクロも同様)
        タムロンA005(70-300mmF4-5.6 DiVC USD)ベースのEマウントレンズ出ないかなぁ。

コメントは利用できません。

フック付き脱落防止ストラップ装備のレンズキャップ(デジカメWatch)

中間距離だけがボケる?「魚眼マクロ写真」(デジカメWatch)

最近のコメント

アーカイブ