デジタルカメラ情報サイト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

クラス最高レベルの連写と高感度性能を味わう–D500(デジカメWatch)

【新製品レビュー(実写編)】
まとめ:長く待った甲斐のある1台
by 永山昌克

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (6)

    • 匿名
    • 2016年 5月 19日

    待望の機種だが、待つ甲斐があった、とは思えない。

    1年前だったら搭載出来なかった新技術が盛り込まれている、という訳でもないし。

      • 匿名
      • 2016年 5月 19日

      使ってみては? その後でもそんな感想を持てるかな?

      • ネガティブD800ユーザー
      • 2016年 5月 20日

      カタログスペックだけ見てるだけじゃわからないこともあると思いますよ。

      自分は実機を手にした瞬間「おおっ!これだ!この感覚だ!」と思いましたけどね。

    • M-KEY
    • 2016年 5月 19日

    1年前だったら搭載出来なかったかどうかはわかりませんが、
    D500のAFはD5よりは前に発表できないと思います。
    4年前にD4のAFのD400が出ていて欲しかったけど、
    もう諦めかけていたのに出ただけでも充分に満足しています。

    • 匿名
    • 2016年 5月 20日

    発表当時のずば抜けた好感度特性というのとはちょっと違う気がするが、それでもISO12800とか見ると、APS-Cとしてはかなり綺麗だと思う。

      • 匿名
      • 2016年 5月 20日

      好感度特性じゃなくて高感度やね

コメントは利用できません。

待望の“ストリートフォト一眼”「LUMIX GX7 Mark II」はどこが進化した?(ITmedia デジカメプラス)

富士フイルム、Xマウント用テレコンに2倍タイプ(デジカメWatch)

最近のコメント

アーカイブ