デジタルカメラ情報サイト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ライカレンズのカメラを2基搭載。HUAWEI最上位スマホ「P9」は59,800円(AV Watch)

独ライカと共同開発したダブルレンズ「LEICA SUMMARIT H」を搭載したフラッグシップスマートフォン「HUAWEI P9」6月17日に発売
「従来のスマホ撮影の概念を覆す程に進化した」というカメラ機能が特徴
モノクロセンサーとRGBセンサーを組み合わせる事で、鮮明な画質を実現

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (11)

    • 匿名
    • 2016年 6月 11日

    一方を輝度信号、他方を色信号と役割分担をすることで、極小ピクセルの欠点を改善する方式ですね。方式自体は良く知られていますが、それをスマホに応用した点で意欲を感じさせます。従来、マネするだけと言われたHUAWEIが、独自の技術を示し始めたという点でエポックメーキングな出来事と認識します。

      •   
      • 2016年 6月 13日

      ついでに距離情報も取り込んでいるね。
      HTCがやったけどちょいと売れなかった奴(まぁ、カメラのせいではなく熱設計が主問題だったっぽいが)をもうちょっと綺麗に乗っけて来た感じか。

    • 匿名
    • 2016年 6月 11日

    近距離でパララックスとか影響ないん? 今時のハイテクノロジーは

      • 匿名
      • 2016年 6月 11日

      多少ずれていても、画像処理で移動して合わせることはできるでしょうね。実際どうやっているかはわかりませんが。

        • 匿名
        • 2016年 6月 12日

        キーストン歪の補正なんか、フリーソフトで出来るのあるよ。華為(HWAWEI)がちょっと金積めば、作者からソースコード買うことなどわけないだろ。

    • 匿名
    • 2016年 6月 15日

    次期iphoneもデュアルレンズの噂がありますね。実現すればデジカメは危機を迎えるでしょうね。
    正直、スマホでもボケ味がある程度出せれば大きなカメラを使う場面はガクッと減ると思います。

    • 匿名
    • 2016年 6月 15日

    これ、どうなんですかね。
    このデュアルレンズの効果は我々写真に興味ある人間には分かると思うのですが、一般人に受け入れられるのかな?
    http://www.dmaniax.com/2016/06/11/huawei-p9-vs-leica-q/

    ようはデュアルレンズの恩恵はセンサーサイズの大きなカメラ並みのボケ味を演出する事でしょ?一般人はボケ味って理解できるのかな?

    実際一眼レフ入門機とか買った一般人の動向を見てもボケを生かした写真を撮る事も無く写真に興味を無くす人が大半だし、その昔にカメラより手軽な写ルンですで十分となったのと同じく今はスマホで撮れれば十分となっているのに、ボケ味がどうのとかそんな事に今更興味を持ち出すようには思えないんですよね。

      • 匿名
      • 2016年 6月 15日

      原理原則の理解はともかく、理解は出来なくても使う事は出来ると思いますよ。
      一眼レフなんかよりも画像処理でいじる方が実は慣れてるんじゃないですかね?
      プリクラとかスマホの写真もいじりまくってますしね。

      • 匿名
      • 2016年 6月 16日

      インスタ見てれば、大多数がアプリのボケやビネットを使って雰囲気作っているのがわかります。デュアルレンズでさらに強化されれば、普通の用途でカメラは要らんでしょう。

        • 匿名
        • 2016年 6月 16日

        Xperiaでぼかすアプリがありますが、被写体次第では違和感なく撮れますね。
        ただ複数枚撮っての合成なので、一度で出来るようになれば使いやすいでしょうね。

      •   
      • 2016年 6月 17日

      一応、他にも距離情報が得られる=簡易であるが3次元的に捉えられるってのも。
      2つレンズが有るってことは、すなわちそれはレンジファインダーでもある、って事だし。
      事後のフォーカス移動とかはそちらを使っている。

      つかなぁ、写真ってボケが大きければいいって訳でもないんだから、使い方は個人しだいだろ。

コメントは利用できません。

いま話題のXQDとは?ベンチマークでその実力に迫る!(デジカメWatch)

作品撮りも楽しめる、高い完成度の1型コンパクト–PowerShot G7 X Mark II(デジカメWatch)

最近のコメント

アーカイブ