デジタルカメラ情報サイト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

キヤノンEOS M3/EOS M10に、EF-Mマクロレンズ付きの新キット(デジカメWatch)

EF-M28mm F3.5マクロ IS STMは6月30日に発売

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (4)

    •  もう一つ
    • 2016年 6月 18日

    レンズがちっちゃい。
    レンズとLEDが近すぎない?
    レンズの内部にプリズムとLEDを搭載した方が、カッコ良かった。
    みんなを驚かせますし、宴会用に売れる。

      • ネガティブD800ユーザー
      • 2016年 6月 18日

      すみません、おっしゃっておられることがよくわかりません…。

      「レンズとLEDが近すぎない?」と「レンズの内部にプリズムとLEDを搭載」が矛盾している様に感じるのですが…。

      「レンズの内部」というのはレンズそのものではなく鏡筒かフィルター枠の内側かとも思えますが、プリズムがどのように使われるのかがイメージできません。

      すでに他にそのような製品が発売されているのでしょうか?

        •  もう一つ
        • 2016年 6月 18日

        >レンズとLEDが近すぎない?
        被写体に斜めから光を当てた方が、影ができて良い写真が撮影できることもあるだろうとの意見。
        >レンズの内部にプリズムとLEDを搭
        レンズの内部にプリズムを配置し、LEDの光をレンズの中から対象物に当てる方法もあるのではという意見
        この場合、レンズを大口径にできるメリットがある。
        実現性は、小さいと思います。トイレンズとして面白いと思います。
        スーパーマンが目からX線を出して透視するイメージ。

          • ネガティブD800ユーザー
          • 2016年 6月 18日

          ご回答ありがとうございます。

          リングライトの特性として「影を無くす」ということがあるのですが、片側だけの使用の場合のことですね、理解しました。

          内部からの発光照射、なるほど、ザクのモノアイを思い出しました。
          確かに面白そう。

コメントは利用できません。

連写こそ、子どものベストショットを撮る最大の武器だ!(デジカメWatch)

パナソニックのウェアラブルカメラが愛犬につけられるようになった!(ASCII.jp)

最近のコメント

アーカイブ