デジタルカメラ情報サイト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ハッセルブラッド、中判ミラーレスカメラ「X1D」を発表(デジカメWatch)

5,000万画素CMOSセンサー 新マウントレンズ2本も用意

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (67)

    • 氷野
    • 2016年 6月 23日

    ペンタよりー ふつーうに ハッセルが 好っきー

      • 匿名
      • 2016年 6月 23日

      ペンタの645ZもハッセルのX1Dも645フルサイズじゃないんだよな。。
      面積比で言ったら、35㎜フルサイズの1.7倍程度。
      その程度の差なら、既存システム使った方がマシな気が。
      もっともペンタの場合は、いずれ645フルサイズも可能なマウントだが。

        • 匿名
        • 2016年 6月 24日

        >その程度の差なら、既存システム使った方がマシな気が。 もっとも

        単なる個人の主観を書いた後に、「もっとも」で文をつなげるのも、何なんだろうという気が。

    • ネガティブD800ユーザー
    • 2016年 6月 23日

    この後富士ブランドでも出るのかな?

    まさに645の発展後継機。

    >シャッター速度は1/2,000〜60分で、ストロボは全速同調する。

    素晴らしい。

      • ネガティブD800ユーザー
      • 2016年 6月 24日

      自己レス。

      どうやら今回はフジとは関係無いらしいですね。

      代わりに(?)クリップオンストロボはニコンのシステムが使えるようで、これまたかつてのフジとニコンの関係を思わせて、本当にフジは噛んでないのか怪しいですが。

      噂のニコンのフルサイズミラーレスがこのマウントで出てきたら面白いですね。

        •   
        • 2016年 6月 24日

        >これまたかつてのフジとニコンの関係を思わせて、本当にフジは噛んでないのか怪しいですが。
        国内向けにブロニカ来ないかなー。買えないけど。

          • ネガティブD800ユーザー
          • 2016年 6月 24日

          そういえば善三郎さんとこもニッコール使ってましたね。
          (それを言えばマミヤもだけど。)

          そしてブロニカを見受けしてくれたタムロンがニコンにレンズを供給と、これまたおもしろい縁?

            • ネガティブD800ユーザー
            • 2016年 6月 24日

            誤字訂正
            ×ブロニカを見受け
            ○ブロニカを身受け

        •   
        • 2016年 6月 24日

        用途違いだろ。
        動体を追うのにわざわざ大きくて重い中判で対応しようとはせんものだ。
        なんでCanonがAPS-H機なんかを作ってたのかとか考えよう。

          • たで
          • 2016年 6月 25日

          すいません、昔むかし、マミヤ645でラリー撮ってみたこと、ありました。
          周囲から、完全にイカれている…という目で見られました。ま、確かにね。
          フィルム交換するタイミングが辛かったです。

            • Ken
            • 2016年 6月 25日

            すっげー!
            確かにそれを見たらイカれてると思いますが
            それ以上にカメラマンとしてイカしてると思うでしょう!

            • ネガティブD800ユーザー
            • 2016年 6月 25日

            むしろ漢として尊敬します!

            マミヤ645なら基本はフォーカルプレーンだし、当時のカタログでもスポーツ写真の作例はあったような記憶が…。

            フィルムも220使えば意外と35mm判と大差無くなるし、巻き戻し要らずのバックごと交換なので、35mmフィルムよりもチェンジは早いかも?

            ちなみに僕の先輩で4x5を手持ちで舞台撮影している人もいました。
            まあ、昔はそれも当たり前のことだったんだけどね…。

            • ネガティブD800ユーザー
            • 2016年 6月 25日

            連投失礼!

            そういや昔、小学校の運動会にハッセル(プリズムファインダー付)を持って来てたいかにもハイアマチュアorカメラマニア的なじいさんを見たことがあります。
            しかもその年度だけでなく他の年度でも。

            彼の胸には他にコンタックスG1+ホロゴン16mm(グラデフィルター付)がぶら下がっていました。

            うん!適材適所な機材選びだね!

    • 匿名
    • 2016年 6月 23日

    645フルサイズは無理そうな口径だが、
    35mmフルサイズより1.67倍の撮像面積に意味を感じるなら需要はあるかもね。

      • ネガティブD800ユーザー
      • 2016年 6月 23日

      価格とカメラの小型化を優先してのことかもしれませんね。

      撮像面積の倍率だけでなく、ともすれば器用貧乏になりがちな35mm判と違い、センサーの特性に合わせて設計・調整されたであろうレンズが使えることのメリットも大きいと思います。

      あとくどいようだけど1/2,000までストロボ同調。
      これはむしろ撮像面積の大小の議論の次元を超えたメリット。

        • 古参者
        • 2016年 6月 23日

        中判デジタルではセントラルシャッターは珍しくない。
        脅威なのは価格破壊。
        ライカS2が30x45mmでほぼ同じサイズだがマウント径は大きいようだ。
        ハッセルはレンズシャッターだから大口径レンズは想定していなささそう。
        レンズは日本製のようだから非常識な価格にはならないハズ。
        レンズのロードマップが気になる。

          • M-KEY
          • 2016年 6月 23日

          α7RIIと較べ、画面面積は約1.7倍で価格は倍(レンズを含めると価格差は拡大)
          この価格差に納得できるか?という部分とレンズラインナップが課題ですね。
          レンズシャッターは魅力ですが、それならFE28-70mmF4にレンズシャターを
          つけてもらった方が嬉しいかも?

            • ネガティブD800ユーザー
            • 2016年 6月 24日

            そう、ホント35mm判メーカーはいい加減レンズシャッター内蔵レンズを出して欲しい。

            ペンタなんて645でやってるし、ニコンだって大判レンズでやってるんだから、やればできるはずなのになあ。

            このまま中判の価格破壊と小型化が進んだら、35mmフルサイズのアドバンテージは少なくなっていくのでは。
            フィルム時代の小型軽量中判カメラが台頭した頃と似ているように思えます。

            器用貧乏(褒め言葉)な35mm一眼レフだからこそ、その汎用性の高さを生かしたブレイクスルーに期待。

            • ネガティブD800ユーザー
            • 2016年 6月 24日

            訂正:器用貧乏(褒め言葉)な35mm一眼レフだからこそ

            器用貧乏(褒め言葉)な35mm判だからこそ

            ミラーレスも入れなきゃね。

            • たで
            • 2016年 6月 24日

            レンズシャッターの搭載は面白そうですが、光学手ぶれ補正のメーカーでは
            ユニットの場所の取り合いでレンズ設計は難しそう。ボディ内に手振れ補正
            ユニットを備えるEVF機では余り問題になりそうなものはなさそうですけど。

          • 匿名
          • 2016年 6月 24日

          ただでさえブレが見えやすいデジタルで、
          動きモノが止まりにくいレンズシャッターとか(笑)

          無い物ねだりだな。

          フォーカルプレーンシャッター無い方が痛いと思うが。

            • 匿名
            • 2016年 6月 24日

            レンズシャッターには原理的にこんにゃく現象は起きないのだから、動きものにはより適するのでは?? 

            「動きモノが止まりにくいレンズシャッター」の意味は??

            • M-KEY
            • 2016年 6月 24日

            レンズシャッターは全開の前後にも露光はされており、
            シャッター効率というかストップモーション効果は
            額面のシャッタースピードよりも落ちますが動体歪みはおきません、

            • nroff
            • 2016年 6月 24日

            やりとりを見ていて、

            ・縦走りシャッターのスリット動作時の時間差による歪み。
            ・センサーからの読み出し時間差による歪み。
            ・用語「こんにゃく現象」の定義。

            などいろいろ調べてみたくなりました。

            話の腰を折ってすみません。

            • 匿名
            • 2016年 6月 24日

            > 「動きモノが止まりにくいレンズシャッター」の意味は??
            こんにゃく現象が出ない代わりに被写体ブレが出やすい

            • 匿名
            • 2016年 6月 24日

            体感的に覚えてる世代は少数か。
            昔、同じ秒時でもブレ具合が違うのを師匠に言ったら、
            よく気付いたなと誉められた若き日。。

            専門用語で言えば、シャッター効率だね。
            フォーカルプレーンシャッターでさえ、
            センサーと遠い機種だと静止効果落ちるくらいで、
            デジタル移行期には、フイルム時代より
            一段高速秒時で撮らないと、
            なんて割と会話されていたもんだよ。

            • ネガティブD800ユーザー
            • 2016年 6月 24日

            このカメラはレンズシャッターで正解でしょう。

            フォーカルプレーンシャッターだったら、こんなに小さくできないでしょ。

            35mm一眼カメラ(レフ・レス共)に自前のフォーカルプレーンにさらにレンズシャッターの選択肢が増えるというのは、表現や撮影の自由度が広がる「鬼に金棒」なことだと思うんだけど、ここでは意外と否定派が多いですね。

            そのレンズだけで全部の撮影をするわけなんて無いのに。

            • 古参者
            • 2016年 6月 24日

            専用レンズで使う限り、レンズシャッターでも問題ないが
            Hレンズ用のアダプターには、シャッターが内蔵されているのかな?
            アダプター二段重ねでなく、一つでCFレンズが付けばいいのに。

            • たで
            • 2016年 6月 25日

            レンズシャッターにすることにより、ボディの薄化とシャッターと
            ミラーの振動から解放される訳だから、風景やブツ撮り、スタジオ
            撮影など、被写体ブレを厳しく考える必要がない場合に使えばいい。

            レンズマウントの信号伝達にレンズシャッターの信号を送れるだけの
            冗長性があるなら、現行フォーカルプレーンシャッター機であっても
            余りそれと意識しないで使える、レンズシャッター搭載レンズを開発
            できそうですが、ボディのファーム更新も要りますし、結構ハードルは
            高い気がします。マイクロレンズとかなら可能性があるかもですね。

        • 匿名
        • 2016年 6月 23日

        レンズシャッターだもの、全速同調は当たり前といえあ当たり前。
        ただ、フォーカルプレーンシャッターと違うから、
        ストップモーション効果が薄いのが難点といえば難点。
        レンズシャッター機とフォーカルプレーンシャッター機では、
        露出的には等価でも、被写体静止効果が違う。
        言うまでもないが、レンズシャッターは止まりにくい。
        この辺はトレードオフではあるけどな。

          • 匿名
          • 2016年 6月 24日

          その代りフォーカルプレーンシャッターには動体歪みがあるし、メカの振動も無視できない。

            • 匿名
            • 2016年 6月 24日

            最高1/2000までじゃ困るんだが……
            用途を限定してのカメラなら仕方ないが、
            FPシャッター無しってのは片手落ち感あるなぁ。
            ちなみに、いまの幕速なら動体歪みなんて気にならないよ。
            パナソニックGMみたく、異様に幕速が遅いのは別として。

            まあ、安く簡単にボディを作るには
            FPシャッターを省略する割り切りもありだとは思うけどさ。

            • 匿名
            • 2016年 6月 26日

            >FPシャッター無しってのは片手落ち感あるなぁ。
            >ちなみに、いまの幕速なら動体歪みなんて気にならないよ。
            こんな大雑把な神経で レンズシャッターの被写体静止効果を論じるのも 頭でっかちだと思うぞ。

          • 匿名
          • 2016年 6月 24日

          >最高1/2000までじゃ困るんだが……

          困るんだったら別のカメラを選べばよい。中判でフォーカルプレーンシャッターのカメラは他にもある。

            • 匿名
            • 2016年 6月 26日

            はっきり言って用途が限られるカメラだよね、これは。

            だから多用途性を求めるなら、
            ペンタックス645シリーズでしょう。

            • 古参者
            • 2016年 6月 26日

            ハッセルにはペンタ645以上にフレキシブルなHシステムがある。

            • ネガティブD800ユーザー
            • 2016年 6月 26日

            >用途が限られるカメラだよね

            元々カメラって、機械ってそういうもの。

            現在の35mm判デジタル一眼レフカメラが器用過ぎるとも言えます。

            • 匿名
            • 2016年 6月 26日

            議論中に申し訳ないが、
            信頼性が不安かな、今のハッセルじゃ。
            意欲は買うが、仕事で使うには怖いな。
            何度でも撮り直しのきく被写体なら良いが。

        • ネガティブD800ユーザー
        • 2016年 6月 23日

        いいんです。

        これでスポーツとか撮ろうなんて思わないから。

        光量のロスが大きいFP発光を使わなくても高速シンクロができる、これはフォーカルプレーンシャッター機には無理な芸当。

        機構を考えれば当たり前のことだけど、だからといってその価値の足を引っ張ることにはならないでしょう。

    • 匿名
    • 2016年 6月 23日

    マウント名称ってかぶってもいいのか?

      • 匿名
      • 2016年 6月 26日

      昔、ライカにクレームつけられて、
      M1→OM1に変えさせられたくらいだからな。
      富士は黙っているのだろうか?

        • ネガティブD800ユーザー
        • 2016年 6月 27日

        それもまたフジの関与が疑われるポイント…。

        ハッセルの中の人は否定してるけどね。

    • nroff
    • 2016年 6月 23日

    昔使ってたマミヤ6にプロポーションが似てる。7ならもっと似てるかな。
    レンズシャッターで「ペチン」とシャッターが切れるところもたぶん一緒。
    みなさんスタジオ利用っぽいコメントばかりですが、散歩写真に使ったらすごく楽しそう。

    遠い親戚の遺産が転がり込んだりしないかな。

      • ネガティブD800ユーザー
      • 2016年 6月 24日

      わかります。
      7は自分も使っていましたが、いいカメラでした。
      標準レンズが80mmと広角寄り過ぎたのが不満でしたが。(せめてRZと同じ90mmにして欲しかったですが、富士GW系への対抗のためという側面もあったように聞いています。)

      レンズシャッターは音が静かなのもいいですよね。

      フィルム時代と違い高感度にも強いですから、舞台撮りにもいいんじゃないでしょうか。

    • 匿名
    • 2016年 6月 25日

    たで :
    レンズシャッターの搭載は面白そうですが、光学手ぶれ補正のメーカーでは
    ユニットの場所の取り合いでレンズ設計は難しそう。ボディ内に手振れ補正
    ユニットを備えるEVF機では余り問題になりそうなものはなさそうですけど。

    35mmフルサイズ、APS-Cのフォーマットのカメラも交換レンズとしてレンズシャッター付交換レンズを出す場合、環境光のみで十分速いシャッター速度が使えるところで、デイライトシンクロをストロボの発光パワーのロス避けることに用途が絞られたレンズになるだろ。シャッター速度も高速でおまけにストロボも焚くような状況で手ぶれ補正って発想がおかしいだろ。1/500の高速シンクロで手ぶれ補正必要とするならカメラをどうもったらいいかのレベルからやり直すべきだろう。スタジオでProfotoのジェネやモノブロックでライティングを組んだ環境でPhase Oneのデジバック付のハッセルのVシステムのカメラでポートレ撮るときは手持ちだよ。シャッター速度1/125だけどストロボの閃光時間は1/2000以下だから全く問題なし。古いブロンカラーやプロペットやフォトナだと閃光時間長めだから注意必要だけどな。

      • ネガティブD800ユーザー
      • 2016年 6月 26日

      おっしゃることはわかるけれども、まあ、下のbambooさんも書かれているように、汎用性を高めるならばVRは有っても良い…というよりも数を売ってペイしようor儲けようと思ったら無いと本当に一部のプロにしか売れないかも。

      ま、自分の撮影スタイルは撮影中常にモデルと顔を合わせていたいから、基本的にスタンドか三脚に載せてしまうのでVRは要らないけど。

        • 古参者
        • 2016年 6月 26日

        いつの間にか手ブレ補正は、
        あると安心な機能から
        無いと不安な機能になってしまった。
        だが、中判を買う層にとっては
        無くても困らない機能だろう。

        • 匿名
        • 2016年 6月 26日

        一部のプロや海外発祥のストロビストという積極的にライティングに大型クリップオンに限らずライティングにストロボを積極的に活用するハイアマチュア以外に誰が必要として買うのかな。
        クリップオンをオンカメラで効果の怪しいディフューザーつけてポン焚きしている層には猫に小判だろう。
        逆に手ぶれ補正が必須なレベルにも媚びを売って中途半端なもの作ってほしくないね。

          • 匿名
          • 2016年 6月 26日

          ハッセルの手ブレ補正なんて無い方が安心。
          誤動作するくらいなら、シンプルな方がいい。
          細かい制御が必要なメカは国産の方が安心だし、
          そちらを選んだ方が得策。

            • Ken
            • 2016年 6月 26日

            手ブレ補正は画質低下に繋がるんですよね?(古い考え?)
            画質向上を目指して大きなセンサーのカメラ使うユーザーにとっては邪魔かもね。
            でもブレてたら使えないからそういう方々は画質低下にならない手ブレ対策をするんでしょうね。

            • M-KEY
            • 2016年 6月 26日

            ハッセルに限らず,必要性の低いからくりがなるべく搭載しない方が機械としての信頼度は上がりますね。
            私はOSSが搭載されたEマウントレンズを持っていますが、OSSから異音がするので修理を依頼したら
            新品を買うくらいの見積もりが出たので,修理せずに新品を買い足しました。
            センサーシフト式のブレ補正も、センサーが浮いているので放熱で不利な面もあります。
            レンズシャッターは、撮影スタイルによっては必須に近い機能なのでトレードオフで
            手ブレ補正がなくても問題とは感じませんし,そもそも中判に手ブレ補正が必須とも思えません。
            ソニーEの35mmフルなら、ブレ補正はレンズに載っていないので、28-70mmなどの
            一部のレンズにレンズシャッター内蔵もモノをラインナップしてもらえると嬉しいです。
            ニコンやキヤノンでもVRやISがないレンズシャッターの24-105mmF4とか85mmF2などがあれば
            それを必要としている人には歓迎されるハズです。

      • たで
      • 2016年 6月 26日

      自分が言葉足らずの結果、なんだか熱く語らせてしまって、むしろ申し訳ない。
      まず、このX1Dという機種について現状VRが欲しいと語ったわけじゃないです。

      レンズシャッター搭載レンズが、正しくストロボ使用時に撮影自由度を与える
      ツールとして理解しているユーザーにとっては、フォーカルプレーン機用の
      レンズシャッター搭載レンズが販売されれば福音です。しかし、メーカーは
      光学手振れ補正ユニットを搭載したレンズを優先して開発し、販売するだろう
      という意味で書いたもので、ニコンとかキヤノンを念頭に書いたものです。

      同じような2本レンズのスペックだが、片方にはレンズシャッターを搭載し、
      もう一方は、光学手振れ補正ユニット搭載というレンズをメーカーが出して
      くれるならユーザーが目的に応じて選べます。が、補助光を使わない撮影も、
      という場合に備えて、結局2本とも買わないといけないかもしれませんが。

      一方、ボディ内手振れ補正ユニットならレンズシャッターを搭載のレンズを
      一本メーカーが出してくれれば、こういうことを悩まなくて済むわけです。
      補助光を使う場合にレンズシャッターの利点を生かすもよし、低照度条件で
      同じレンズを使うもよしです。

        • 匿名
        • 2016年 6月 26日

        シャッター効率の悪いレンズシャッターでセンサーシフト方式の手ぶれ補正入れても効果はフォーカッルプレーンシャッターの場合での効果は半分以下ということはわかっているのかな。

          • たで
          • 2016年 6月 26日

          見落とさないでくださいね。冒頭でX1Dに対してではないと断っていますし、
          「フォーカルプレーン機用のレンズシャッター搭載レンズが販売されれば福音」
          と書いてますよね。レンズシャッターだけでそうしろとか書いていませんよ。

            • 匿名
            • 2016年 6月 27日

            > 一方、ボディ内手振れ補正ユニットならレンズシャッターを搭載のレンズを
            > 一本メーカーが出してくれれば、こういうことを悩まなくて済むわけです。

            レンズシャッターのシャッター効率の話は君の上記の書き込みに対するコメントだよ。見落としてるのは君だろ。
            SONYのα7の第2世代用に出てもレンズシャッターを使う場合には、バッテリー喰うのと解像悪化があるから、手ぶれ補正とレンズシャッターは同時に使わない方がましだな。
            ニコン、キヤノンならレンズシャッター内蔵レンズは手ぶれ補正なしで全く構わん。高度なストロボライティングsする上級者が手ぶれ補正なしだとまともに写真が撮れぬドビギナーなわけがない。そもそも、フォーカルプレーンの中判のMamiya/Phase Oneのレンズシャッター内蔵交換レンズからして高速シャッターでデイライトシンクロが必要な用途向けとしてラインナップされている。

            • たで
            • 2016年 6月 27日

            レンズのシャッターを開いた状態で、フォーカルプレーンで
            使えばいいでしょう。話が噛み合ってないな、と思ったので
            「レンズシャッターだけでそうしろとか」と書いております。

    • bamboo
    • 2016年 6月 26日

    もうハッセルは長いこと使っていませんでした。
    Phase Oneのデジバック付のハッセルのVシステム
    ではシャッター速度は1/125間で落とさないと同調しないのでしょうか。
    昔スタジオでストロボ撮影の時はモデリングの影響を避けるため1/250に設定した記憶があります。
    今自分はD810でコシナツァイス信者ですが(笑)たまにブレ防止の付いたニコンの望遠ズームを使うと安心と確かな画像がえらホッとします。
    ブレ防止はついているにこしたことはないおもいます。
    いつの状況のよいときばかりではないので。
    早く中型デジカメが自分の手に届くことを毎日ねがっています。

    ブロンからーのこと。
    20年以上前のブロンカラーpulsoA4をいまだに使用しています。

    確かに6400Wクラスはヘッド1つで飛ばせば閃光時間は大変遅かった記憶があります。
    現状3200wでフルパワーでヘッド1灯という使い方はあまりしないと思うのですがどうでしょう。
    ちなみにpulsoA4は3200wで1灯使用で確か1/125位の閃光時間です。
    2灯繋げば1/250くらいになります。
    古いブロンも結構ちゃんとしています。

      • 匿名
      • 2016年 6月 26日

      > もうハッセルは長いこと使っていませんでした。
      > Phase Oneのデジバック付のハッセルのVシステム
      > ではシャッター速度は1/125間で落とさないと同調しないのでしょうか。

      デジタルに触れるのは、最近の割には発想がデジタル的に0か1なんだね。
      実力的には1/250でも1/500でもデジバック付のハッセルVでもストロボ同調可能だろうね。
      構造と原理を理解したうえで少し考えればわかることだが、デジバックの同調にはシンクロターミナルから信号取ってストロボのシンクロよりも早いタイミング(シャッター作動直前でセンサーをCapture readyの状態にする)でデジバックを動作させる。ハッセルVシステムのシャッターは、比較的新しいCFEシリーズだろうとシャッターはガバナーも含めメカ制御だから、テンションスプリングの劣化でタイミングがずれて来るの。そのズレはレンズごとに違うわけだから、レンズ交換で急にシンクロエラーが出たらこまるでしょ。だから、マージン見込んで1/125かそれより遅いシャッター速度を選択するわけ。わかったかな。

      大型ストロボの閃光時間は、ピークの閃光時間。閃光はサインウェーブの様な状態で発光していて、サインウェーブの裾野まで含めたトータルの発光時間は、ピーク閃光の2倍から2倍になる。ステッピングモーターの発信回路のパルス信号の様に0か1かの様にピークの閃光時間=トータルの発光時間になるのは、クリップオンと同じシリーズカット調光じゃないとだめだから、電圧調光にせよコンデンサー調光にせよ大型ストロボの閃光時間をカタログ値を鵜呑みにするのは、軽率だな。閃光時間を正確に測れるアスペンのフラッシュメーターのPOLARIS Caratで計測すれば、実際の物理的なトータルの発光時間がわかるってものだよ。

    • 匿名
    • 2016年 6月 27日

    ペンタがボディ流用であの価格。
    ハッセルという会社でこの価格。
    国内メーカーが追随しても60万ぐらいがいいとこなのかと。
    であれば、デザイン含むハッセルブランドのほうが良いのかなと思わせるぐらいのパンチがある。
    できればあと10万安ければ即決した。
    5DsRで垣間見えた135の限界を知る者には、かなり気になる存在。

      • 匿名
      • 2016年 6月 27日

      プリズム無し、ミラー機構無し、専用位相差AFセンサー無し、FPシャッター無し、
      これだけ省略してペンタ645Zより高いんじゃ、
      個人的にはボッタクリ価格に感じてしまうけどなぁ。
      コスト掛かるところ、ごそっと無くしてるわけだから。
      舶来物に弱い世代には、内容は別にして多少は売れるのかも知れぬが、
      個人的には最初の感動は消えて、冷静になると・・・だなぁ。

    • 匿名
    • 2016年 6月 27日

    > レンズのシャッターを開いた状態で、フォーカルプレーンで
    > 使えばいいでしょう。話が噛み合ってないな、と思ったので
    > 「レンズシャッターだけでそうしろとか」と書いております。

    だから、「手ぶれ補正とレンズシャッターは同時に使わない方がましだな。」と書いているだろ。あんたに言われるまでもない。
    話がかみ合ってないというか、特性や市場規模やユーザー層の技量といった要素を考えないで思いつき言ってるのは、あんただよ。
    大体シャッター効率のことからして指摘されるまでは理解してなかっただろう。
    FP発光で綱領不足を感じているストロボライティング上級層は、FP発光になっても光量に余裕のあるProfoto B1/B2やBroncolor SIROSか資金に余裕がなければGodox Wistroを買っているわけで、更なる柔軟性を求めて専用レンズを買うということならば、手ぶれ補正との両立など不要だな。

      • たで
      • 2016年 7月 01日

      折角なので、お聞きしておきましょうか。お時間あるときに答えて頂きたく。

      Q1: 手振れ補正は写真撮影の領域を広げることに貢献していると思いますか。
      Q2: レンズシャッター付きレンズが使えるプレーンシャッター機はストロボ等
      補助光撮影時に写真撮影の領域を広げるために貢献できると思いますか。
      Q3: ボディ内手振れ補正と光学手振れ補正のどちらが、レンズ内にスペースが
      いるでしょうか。

      FP発光の機材前提で答えないでくださいね。

        • M-KEY
        • 2016年 7月 01日

        Q1:単に「三脚が不要」という部分では、デジタル化による実用感度の向上の方が
          はるかに恩恵が大きいと思いますが、揺れる船上などからの望遠撮影や流し撮り、
          プロペラ機の撮影など、今まで困難だった部分で貢献しているでしょう。
        Q2:日中シンクロで絞りを開けてボケを活かしたり、撮影距離の増大、定常光成分の
          ブレを抑制するという効果が期待できます。
          また,質問の意図とは違いますが、静穏なシャッター音というメリットもあります。
        Q3:光学式手ブレ補正

          • ネガティブD800ユーザー
          • 2016年 7月 01日

          たでさんの質問は上の匿名さん個人宛のものではないでしょうか。

          回答されたい気持ちはわかりますし好意のつもりでしょうが、この枠はたでさんと匿名さん二人だけのリングだと思うので、外野は余計な口出しをせず黙って見守っていればよろしいかと。

            • M-KEY
            • 2016年 7月 01日

            失礼しました。

    • bamboo
    • 2016年 6月 27日

    <実力的には1/250でも1/500でもデジバック付のハッセルVでもストロボ同調可能だろうね。
    新しいCFEシリーズだろうとシャッターはガバナーも含めメカ制御だから、テンションスプリングの劣化でタイミングがずれて来るの。そのズレはレンズごとに違うわけだから、レンズ交換で急にシンクロエラーが出たらこまるでしょ。だから、マージン見込んで1/125かそれより遅いシャッター速度を選択するわけ。わかったかな。

    ハッセルでときどきマゼンタ被りはこのせいなんですね。

    大型ストロボの閃光時間は、ピークの閃光時間。

    当方はブロンカラーの宣伝マンではありませんが一言。
    ストロボの閃光時間に着目して電子制御の(コンピューター)ジェネレーターを作ったのはブロンが初めてではないでしょうか。
    手持ちのpulso、grafitシリーズでは閃光速度を0.1sで1/6000までみじかくできます。

    ハンディのストロボみ負けない(笑)速さ。
    ブロンのメーター以外で閃光速度を測る機械があるとは知りませんでした。
    まあ今時こんな重いストロボをアシスタント無しで使う人はあんまりいないともいますが。
    今日はぎっくり腰でおやすみ。
    プロのB!とかほしいです。
    あとデータ処理で老眼がすすみ、酒の飲み過ぎで手が振れるのでやはり手ぶれ補正はは欲しいかも。

    • M-KEY
    • 2016年 7月 03日

    店頭予想価格が出ましたね。
    ボディのみ102万8,000円前後
    XCD 45mmレンズが24万8,000円前後
    XCD 90mmレンズが29万8,000円前後
    実売価格は一割程安くなるかな?
    思ったよりレンズは安いと感じましたが、
    それでも絶対的には高価ですね。

コメントは利用できません。

約20万円で買える“小さな業務用4Kカメラ”キヤノン「XC10」を試す(AV Watch)

オールジャンルに活躍する5倍対応の標準ズーム–ニコン「AF-S DX NIKKOR 16-80mm f/2.8-4E ED VR」(ITmediaデジカメプラス)

最近のコメント

アーカイブ