デジタルカメラ情報サイト

LAOWAのボケ味追求レンズ「Bokeh Dreamer」が発売に(デジカメWatch)

キヤノンEF・ソニーE/A・ニコンF・ペンタックスK用

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (14)

    • 岩清水
    • 2016年 6月 29日

    支那製か。絞りを二つ備えているというのはユニークな設計ですね。しかしAFは当然できないし絞りも手動で電気的なインターフェイスはないみたいだから、まだまだ遅れているなあ。

      • 匿名
      • 2016年 6月 30日

      要はSTFレンズですよね…

      • 匿名
      • 2016年 6月 30日

      いやいやいや、発想とアイデアは面白いですし、AFできないのはコシナとかでも普通に出してるから遅れてるとは断言できない所はありますよ。
      それに商業的にも尖った特徴があるからレンズマニアの購入意欲を刺激して良い結果に転がるかも。
      立ち位置はペッツバールレンズみたいな感じなんじゃないかな?常用はしないけど尖った特徴が面白いから一本持っておこうみたいな。
      それとも絞り二つってのが実は超便利でポートレート用にすごい使い出があったりとか。

        •  
        • 2016年 6月 30日

        いや、暗に「未だにAF出来ないままのSTFレンズを売っているソニーが遅れている」と仰っているんでは?

        • 古参者
        • 2016年 6月 30日

        コシナで普通に出してるレンズは何?
        アポダイゼーションエレメントを採用しているのは
        メジャーどころではミノルタ(ソニー)しか知らないが、
        もし良かった教えて欲しい。

          • Ken
          • 2016年 6月 30日

          聞く前に調べろ!と言いたいトコですが
          古参者さんが聞くくらいだからネットには載ってないのでしょう。

          ボケ云々で思い浮かべるのはNikonのDCと
          ミノルタのT数値のヤツですが(24ミリの特殊なヤツもあった?)
          正直僕には使いこなせないので敬遠してました。(取れないブドウは酸っぱいブドウ)
          詳しい方お願いします。

          あんまり普通に出てるレンズじゃないような。。。

            • 匿名
            • 2016年 7月 01日

            >古参者さんが聞くくらいだからネットには載ってないのでしょう。
            ネットにいくらでも出ている。フジがネットでも商品説明しているわけだから。

            >(24ミリの特殊なヤツもあった?)
            それはボケをコントロールするものではなくて像面湾曲の度合を調整するレンズのことじゃないか?
            「VFCロッコール」で検索するとわかる。

            • Ken
            • 2016年 7月 01日

            そうでした〜!
            VFCロッコール!
            当時はどのような用途かわかりませんでした!
            で、検索してみると。。。
            やっぱりおぼろげにしかわからない〜!
            真ん中と周辺のピント位置をずらすレンズ。。。でいいのかな?

          • 匿名
          • 2016年 6月 30日

          > AFできないのはコシナとかでも普通に出してる
          アポダイゼーションエレメント関係なく単にMFレンズという意味では?
          あとフジノンXF56mmF1.2 R APDの事もたまには思い出してあげて下さい

            • 古参者
            • 2016年 7月 01日

            他人に読解力が無いと言いながら、
            コシナとかでも普通に出している
            を単なるMFレンズだと気付けなかったし
            アポダイゼーションエレメント採用レンズで
            フジを失念していたのは反省する。

            • M-KEY
            • 2016年 7月 01日

            たしかに,流れを考えると「コニナのアポダイゼーション」という風に
            受けとる事もできそうですが、「普通に」という部分に注目すれば
            そうでない、「MF=遅れている」というのはわかりそうな気がします。
            実際にはマクロや超広角レンズなどでは,AFでない方が使いやすかったり
            動画でAFが迷うのは見苦しいので、MFの方が優れている場面も多く
            MFが決して遅れているとはいえない、むしろスムーズなMFを実現する為には
            精密な金属加工の技術が必要です。

            VFCロッコール、α900で何とか使えないか?と話題になっていましたが
            もっと簡単に使えるα7での実写レポートが見つかりません。

          • M-KEY
          • 2016年 7月 01日

          フジのXF56mmF1.2 R APDがアポダイゼーションレンズを使っている唯一のAFレンズですね。
          ソニーは、EマウントでAF用のアポダイゼーションレンズを出さないのか、出せないのか?
          でも、このレンズを「Techart PRO 」と「F-Mマウントアダプター」を介してEマウント機に
          つけると(多分早くはないでしょうけど)AFは出来るハズです。
          http://www.dmaniax.com/2016/02/12/techart-pro-leica-m/
          それに最短撮影距離が短くなるという副産効果も得られますね。

            •   
            • 2016年 7月 01日

            ああ、いいですねその使い方は。
            たけどそのアダプタは当然のことながらレンズの重さ・大きさに制限があるので難しいのではないかと
            メーカーが公表している制限の範囲内であっても、
            AF動作によってレンズが前に繰り出したときにアダプタからすっぽ抜けん勢いで傾いている写真を見ました

            • M-KEY
            • 2016年 7月 01日

            こんな感じのレンズサポートが必要かもしれませんね。
            http://www.markinsjapan.com/vr-holder/vr15j-ls/

コメントは利用できません。

Wi-Fi搭載SDカード“FlashAir”から写真をまとめてPCへ転送「FlashAirDownloader 2」(窓の杜)/a>

ストックフォトとは何か? どのような場合にどういったライセンスが必要なのか? 「Adobe Stock」のライセンス形態と使用できる範囲(デジカメWatch)

最近のコメント

アーカイブ