デジタルカメラ情報サイト

キヤノン、EOS Mクリエイティブマクロキットを7月29日に発売(デジカメWatch)

新レンズEF-M28mm F3.5 マクロとEOS M3/M10のセット

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (20)

    • 匿名
    • 2016年 7月 15日

    EOS Mって明るいレンズはたった1本しかないのか!
    やる気のないシステムだなぁ。

      • 匿名
      • 2016年 7月 16日

      気軽に使うカメラだもん。
      本気で使いたい向きには一眼レフを使えばいい。

        • 匿名
        • 2016年 7月 16日

        その程度のカメラなのかぁ….買わない方がいいようだね。

          • 匿名
          • 2016年 7月 17日

          難癖つけるだけの人は買わない方がいいだろうね。カメラだけじゃなく全てに対してもね。

            • 匿名
            • 2016年 7月 20日

            何で噛みついてくるんだろう。キヤノンの社員なのかな?

      • 岩清水
      • 2016年 7月 16日

      EF-Mってキット用レンズ以外は広角ズームとマクロしかない。ニコワン以上にやる気ないですね。

        • 匿名
        • 2016年 7月 19日

        1インチセンサーに10万円もする大口径単焦点レンズでやるき出されても…

          • Ken
          • 2016年 7月 20日

          Nikonのはこんなのも出せるんだぞ!ってレンズなのでしょう。
          ただ評判はいいみたいです。
          使ってみたいですが僕には使いこなせないかな。。。
          1型センサーだろうとそれを理解してきっちり使いこなせる方々には
          必要なレンズだと思いますよ。
          上の匿名さんはもちろん1型センサーのカメラを使ったことありますよね?

          さて岩清水さん!
          あなたなら使いこなせそうですが
          人柱になってみませんか〜?

          • M-KEY
          • 2016年 7月 20日

          1 NIKKOR 32mm f/1.2は、35mmフル換算で約85mm相当の画角でボケ量はF3.5相当でしかなく
          これならDX機に50mmF1.8を使って少しトリミングする方が、ずっとリーズナブルです。

            • 匿名
            • 2016年 7月 20日

            全然別のシステム勧められても、リーズナブルってより野暮ですな。

            • Ken
            • 2016年 7月 20日

            ボケだけが写真ではありません。
            でもこのNikonのはボケを活用したい方々が使うのかな。
            F3.5相当だって使い方によってはいい感じにボケると思いますよ。
            まあそれがM-KEYさんの望むものではないのかも知れませんが。。。

            • M-KEY
            • 2016年 7月 21日

            ボケが全てではないどころか、記録用途ならしっかりピントが合う方が重要です。
            でも、1 NIKKOR 32mm f/1.2の存在に無理を感じます。
            Nikon1しか使っちゃいけないなら仕方ないでしょうが、
            10万出すならDX機+50mmF1.8を買え,その方が好結果を得やすいです。
            EOS Mは本気ではないでしょうが、少なくともNikon1よりは将来性は感じます。
            今後、EVF内蔵ボディや50mmF2.0マクロ、対角線魚眼などをラインナップすれば
            一眼レフのEOSのサブとして重宝しそうです。

            • 岩清水
            • 2016年 7月 21日

            >>10万出すならDX機+50mmF1.8を買え
            あ、やっぱりそういうことですね?ちょっとスレチですがいろいろニコワンの使い方を考えていたのですが、10-30との組み合わせはほとんどコンデジ並みの大きさと重さで十分普段から持ち歩けますし、マクロも一眼用のマクロレンズを付ければとんでもない倍率で撮れます。優れた動体追尾性能と連写性能でスポーツや野鳥撮影もいいでしょう。
            苦手なのがポトレや超広角を必要とする風景とかですね。高感度はどうしても苦手ですがISO1600までなら使えます。DLが出たらニコワンいらない論がありますが、私は決してそうは思わないです。他社のは知らないけどニコワン用のマウントアダプタはAFのスピードが落ちないのがいいです。
            個人的にはF4通しの望遠ズームを出してもらいたいですね。逆にEOS-Mはあまりミラーレスならではの特徴の少ないカメラだな、と感じるわけです。

            • M-KEY
            • 2016年 7月 21日

            ソニーRXやニコンDLをみていると、一型センサー機でレンズ交換式にするメリットに疑問を抱きます。
            逆にクールピクスAやリコーGRをみると、APS-Cのレンズ一体型もツラいかな?と。
            たしかにマクロや望遠でのメリットはあるのですが、DXでの×1.3クロップと比べて優位性がどうなのか?
            ペンタックスAuto110のように、基本のレンズの明るさをF2.8とするなど
            (センサーサイズを考慮すればF1.8でもいいくらいですが)スジの通ったコンセプトがなく、
            それこそ「暗黒ズーム」と「中庸な口径の単焦点」という魅力のないレンズラインナップで、
            それなら「6.7-18.5mm f/1.8-2.8」「8.8-31.3mm f/1.8-2.8」「8.8-185mm f/2.8-5.6」という
            DLのレンズの方が魅力的です。(望遠は8.8-110mm f/2.8でよかったですけど)

            • 岩清水
            • 2016年 7月 21日

            確かにセンサーサイズが小さいほどコンパクトな高倍率ズームが作れるのでレンズ交換式のメリットが少ないですね。レンズのラインナップも少なくて、システムとしての魅力が少なくカメラを持っていない人が買うものではないでしょう。
            まあどちらかと言うとこのカメラはFマウントのマクロや明るい望遠レンズを付けて遊ぶのが正しい使い方かなと思っています。
            私はシグマの70-200/2.8を付けて野鳥を撮ろうかと思うんですが、200mmなら換算540mmですから、それを35mm用にしたらシグマのエビフライになってしまうので、レンズ交換式のメリットが享受できると思います。でも1 NIKKOR 70-200/2.8があればキヤノンユーザーの鳥屋さんが飛びつくはずですよね。それと救いなのはEOSMと違ってAF-Cで高速連写できるところです。

            • 匿名
            • 2016年 7月 21日

            32mm f/1.2 無くなる前に手にいれおかないと。。。
            旧ノクトみたいなプレミアムレンズになりそうな予感。

          • 岩清水
          • 2016年 7月 20日

          Kenさんまたまたご謙遜を。素人の私がプロのKenさんの腕にかないっこないですよ。
          さて鉄道写真はぼかすよりむしろパンフォーカスで撮ることが多いのですが(ただしこれはその人の作風によって違うことがあります)、D810に85mmだと周りの風景にピントを合わせると手前はかなりの距離がボケますので割と使いにくいことが多いです。
          だから鉄道写真ではパンフォーカスの得やすい小フォーマットのほうが有利になる場合がありますが。。。やっぱりこの32mm/1.2はポトレ用なんでしょうね。
          ただボケをこだわるのなら素直に35mm判を使うべきでM-KEYさんの仰ることがイマイチわからないんですが、DXで安く楽しみたいということならそうなのでしょうか。

            • Ken
            • 2016年 7月 20日

            いや〜J5を使いこなしてる岩清水さんの方が
            このレンズをうまく活用されると思います。
            (人柱へのイザナイ)
            価格.の書き込みを見てもポトレばかりじゃないし。
            (ポトレは投稿しにくい?)

            プロ(ここでは芸術のセンセイじゃなく職業として)というのは
            毎日の撮影で80点以上取ってないと商売になりませんが
            アマチュアの方々はたまに100点満点を取ることがありますし
            個々の分野ではプロを上回っている方々もいらっしゃいます。
            つまりコンスタントに高得点が取れるかどうかなので
            実をいうと腕自体はそんなに差があるわけではありませんよ。

        • 岩清水
        • 2016年 7月 19日

        ニコワンでポトレはさすがにやる人あんまりいないと思います。それより150-300/F2.8とかが10万台だったら買いますね。

    • 古参者
    • 2016年 7月 20日

    便利ズームのF値を換算して「暗黒ズーム」呼ぶのはどうかと思うが
    たいしてボケない単焦点レンズを、ボケをアピールして売るのはズルい。
    そもそも小型センサー機でボケ量を求めるのは無理があるし、
    暗所性能でもハンディキャップを背負っている。
    ボケ量と機材サイズ、費用対効果を総合すればAPS-Cが妥当。
    アダプターでもいいけどEOSM用の50mmF1.8があるといいね。

コメントは利用できません。

“G Master”の銘にふさわしい最高峰の標準ズーム–ソニー「FE 24-70mm F2.8 GM」(ITmedia デジカメプラス)

より頼もしく仕上がった高速ミラーレス–FUJIFILM X-T2(デジカメWatch)

最近のコメント

アーカイブ