デジタルカメラ情報サイト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ライカブランドを冠した、待望の大口径プレミアム・ワイド–LEICA DG SUMMILUX 12mm / F1.4 ASPH.(デジカメWatch)

by HARUKI

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (18)

    • nroff
    • 2016年 8月 01日

    作例をみても画質のアドバンテージをさして感じないのでコメントしますが、

    フルサイズに換算して24mm/F2.8相当の画角とボケ量のレンズが15万円では、
    フルサイズのユーザーに呆れられてしまいます。
    m4/3で高価格のレンズを作りたいなら、
    (ピンの深い、名ばかりの)大口径以外の付加価値で勝負しないと厳しいのでは。
    (だから)ライカブランドだよ、も芸がないと感じます。

    フォクトレンダーやコーワとも被らない商品コンセプトで、となるとなかなか難しいとは思いますが……。

      • M-KEY
      • 2016年 8月 01日

      オリンパスの12mmF2.0が7万円弱なので、それより1段明るくライカブランドを加味すれば、15万円というのも妥当な気はしますが、35mmフルなら24mmF2.8で同じ表現ができるわけで、いくら「非球面レンズの採用によって開放値から画面周辺部でもサジタルフレアの発生を抑え歪みや滲みが少ない画質性能を持つ」といっても、やはりコスパは悪いと言わざるをえないですね。
      ボケ量を諦めて小型軽量に徹するというのに7万円は出せても15万円は出しづらいです。
      シームレスで望遠端では3倍相当まで寄れる30-60mmF4のズームマクロとか、
      25-250mmF5.6で全長変化がなく防塵防滴にすぐれたオールウェザー望遠ズームとか、
      大きな画面サイズでは代わりの利きにくいレンズを目指した方が良さそうですね。

        • 襤褸猫
        • 2016年 8月 01日

        写真がボケ量だけで決まるならフルサイズ換算でのボケ量で価値を図ってもいいのでしょうけど…
        35㎜サイズですと確かに絞りの表現の幅も広げる事が出来ますが、シグマの24㎜F1.4に35㎜サイズの一眼レフとなると、システム重量はなかなかの物です。(それはともかく、シグマのF1.4単焦点シリーズのペンタックスマウントは揃えてほしいです。K-1ともども5年計画で買いますw)

        個人的には換算24㎜の超高解像度の「小型」のシステムが仕事柄欲しいので、このレンズも欲しいですね、暫く買えませんがw 今日は堪えた、外あっつくて。北海道なのに。正直フルサイズデジイチだったら撮影やめたかもしれんw

          • M-KEY
          • 2016年 8月 02日

          明るいレンズを使う理由で大きなのは、暗所とボケ量でしょう。
          35mmフルで24mmF1.4に相当する画角とボケ量をMTFで得るなら
          12mmF0.7というレンズが必要になり、ノクトン10.5mmF0.95よりも
          ふた周りは大きく、30万延コースになりそうな予感がします。

          MFTしか使ってはいけないという制約がなければ、高感度特性に優れ
          ボケ量も大きい35mmフルを使った方がリーズナブルだということです。
          逆に、単に「換算24㎜の超高解像度の「小型」のシステム」なら
          オリンパスの12mmF2.0でもいいし、マウントアダプターで
          ウルトラワイドヘリアー12mmF5.6という選択肢もあります。

            • 匿名
            • 2016年 8月 02日

            呆けの大小でしかレンズの描写を判断できない四国のカメラマンが降臨ですよw
            ボケが小さいと暗黒レンズなのだそうですww

        • 匿名
        • 2016年 8月 03日

        同感です。
        マイクロ4/3でボケ求めても虚しいだけ。
        ラージフォーマットでは難しいレンジのレンズや、
        全長変化なし且つ小型とか、
        別の価値観で開発してほしいわ。

    • 匿名
    • 2016年 8月 02日

    名前貸すだけの商売は楽だなぁ。byライカ

    • 持ってますが
    • 2016年 8月 02日

    なんか、買えないので僻んでるようにしか思えませんね。
    歪み、ヌケ、解像度、どれをとっても優秀なレンズですよ。
    ボケ? それってそんなに重要ですか?

      • nroff
      • 2016年 8月 02日

      買った方には、どうぞ楽しんで撮影してくださいとしか。
      できればいい写真が撮れたらどこかで共有してください。
      元記事の作例には全く心動かされなかったので。

        • 古参者
        • 2016年 8月 02日

        フジの16mmF1.4を買ったほうが幸せになれそうだ。

          • M-KEY
          • 2016年 8月 02日

          ゼロベースで「35mmフル換算で24mm相当の画角の設計の新しいレンズ」なら
          MFT以外では、キヤノン、ニコン、シグマの24mmF1.4、ニコンの24mmF1.8、
          ソニーAの24mmF2.0ZA、フジ16mmF1.4という選択肢があります。
          一番リーズナブルなのは、D610+24mmF1.8という組み合せでしょう。

            • 匿名
            • 2016年 8月 03日


            コスパとボケの大小しか判断基準の無いカメラマンの有り難いお言葉ですよ、みなさ~んw

        • 匿名
        • 2016年 8月 03日

        ここの住人は陰湿で嫌な奴ばかりだな

      • 匿名
      • 2016年 8月 03日

      MFTでシステムを揃えている人にとっては貴重なスペックですが、フルサイズで揃えている人はこのレンズのために新規でMFTを揃えようとはあまり思わないかもなあと。
      強いて言えば、明るさと深度の深さを両立させたい場合には良いし、動画にもいいでしょうね。

        • 匿名
        • 2016年 8月 03日

        > このレンズのために新規でMFTを揃えようとはあまり思わないかも
        では例えばキヤノンで揃えてる人が、このレンズのために新規でニコンを揃えようと思わせるレンズがニコンにはあるのでしょうか?

          • M-KEY
          • 2016年 8月 03日

          レンズラインアップを見比べてみて、キヤノンに無くてニコンにあるのは
          14-24/2.8、24-120/4、DX18-300/3,5−5.6、200-500/5.6に
          20mm、24mm、28mm、35mmのF1.8シリーズ、105/1.4くらいなので
          「このレンズのために新規でニコンを揃えようと思わせるレンズ」
          と言われると厳しいと言わざるをえないですが、逆にニコンに無くキヤノンには
          8-15/4魚眼ズーム、11-24/4、TC17/4、50/1.2、85/1.2などがあり、
          これらのレンズが必要なら、新規でキヤノンを揃えたくなるでしょう。

          • 匿名
          • 2016年 8月 03日

          大雑把に言えばキャノンとニコンはほぼ同じだから乗り換えの必要性は薄い。
          フルサイズとMFTの関係とは違うと思う。

          • M-KEY
          • 2016年 8月 03日

          逆に魚眼で星を撮りたいなら、オリンパスのライブコンポジットが可能なボディと
          MZD ED 8mm F1.8 FisheyeE-M5などPROの組み合わせは魅力的です。
          高感度特性の差もF1.8という明るさでほぼ相殺しますし
          センサーが小さい分消費電力も少ないというメリットもあります。

コメントは利用できません。

オリンパス、TG-4 Toughを使った小学生向けイベント(デジカメWatch)

オリンパス「PEN Lite E-PL7 EZダブルズームキット」が初のトップ(ITmediaデジカメプラス)

最近のコメント

アーカイブ